5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

やとわにぃすわわむ

1 :名無しの挑戦:2008/05/26(月) 21:10:33 ID:???
http://www.imeem.com/groups/q8qBDdXu/music/e5ibyrVG/tosca_ambient_emely/
http://www.imeem.com/groups/tPsIkF95/music/m7lEy2d2/steven_halpern_om_suite_om_1/
http://www.imeem.com/groups/eBMMc94p/music/t7KNh70J/streamline_the_earth_ambient/
http://www.imeem.com/people/84gLyP/music/T4orZ7MN/tangerine_dream_nebulous_dawn/
http://www.imeem.com/tealarizona/music/mmFrLErL/lifescapes_meditation/

2 :名無しの挑戦:2008/05/26(月) 21:22:00 ID:???
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        
                        

3 :名無しの挑戦:2008/05/28(水) 14:57:15 ID:???
ウェブ魚拓、音声機能を追加--声の引用が可能に

アフィリティーは5月28日、指定されたウェブページをキャッシュで保管するサービス「ウェブ魚拓」に音声機能を追加した。
音声をアップロードすることで、声の引用が可能となった。

ウェブ魚拓は、日本の著作権法で認められた「引用」をウェブ上で仲介するサービスとして開発された。
政治家がブログで暴言を吐いた記事や、長年掲載していた主張を何もなかったかのように削除してしまうケースを明らかにすることなどが利用シーンとして想定されている。

今回の音声機能の開発目的は、公的団体などに電話をかけたり、企業の素晴らしいサポート対応に感動したり、警察に相談した際にひどい対応を受けたりしたときなど、
これまで証拠として残ることがなかった音声を録音して公開することにより、インターネットユーザーに事実を知らしめることにあるという。

http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20374091,00.htm?ref=rss

4 :名無しの挑戦:2008/05/28(水) 14:58:29 ID:???
IT情報に特化した検索エンジン「Paglo」のベータ版が公開

米Pagloは米国時間2008年5月27日,IT情報に特化したSaaS(Software as a Service)モデルの検索エンジン「Paglo」のベータ版を公開した。
同サービスにより,社内に導入しているコンピュータやソフトウエア,ネットワークに関する情報などを容易に検索できるという。

同サービスを利用するには,アカウントを作成してクローラ(検索ロボット)「Paglo Crawler」をダウンロードする。

同クローラがネットワーク上にあるデスクトップやサーバーを巡回し,社内のIT資産に関する情報を収集する。
インデックス化された情報は非構造データとして,各アカウントの「Paglo Search Index」に保存される。

通常の検索エンジンと同じように,検索ボックスにキーワードを入力して検索する。
たとえば「Excel」をキーワードに検索すると,何台のパソコンに同ソフトがインストールされているか知ることができる。
また,ネットワークに接続されているデバイスの数や,特定サーバーのトラフィックなども検索できる。
検索結果は通常の一覧表示のほか,チャートやグラフとしても表示できる。

同サービスでは,インストールされているソフトウエアのバージョンやパッチ適用などを管理できる「Audit Software」,
ノート・パソコンやモバイル機器からもアクセスできる「Remote Monitoring」,特定のイベントを指定して通知を行うことができる「Alerting」といった機能も用意する。

また,各種機能に容易にアクセスできるダッシュボードを作成できるほか,「Share-its」を利用して,
同サービスのユーザーが投稿した検索内容やダッシュボード,アラートなどを共有できる。

同社は2007年,ベータ版を限定公開しており,すでに800社以上の企業が利用しているという。
なお米メディア(InfoWorld)によると,今夏までベータ版が無償で提供されるが,それ以降は有料サービスになる見通し。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080528/304377/

5 :名無しの挑戦:2008/05/28(水) 20:22:06 ID:???
未踏ソフトで開発したグーグル八分発見システム,「パソコンの空き時間を提供してくれる協力者募集」

 「パソコンの空き時間を提供してくれる協力者を募集しています」---イベントIPAX2008で,「グーグル八分発見システム」がデモを展示した。
「グーグル八分発見システム」は独立行政法人情報処理推進機構(IPA)の未踏ソフトウェア創造事業に採択され,吉本敏洋氏が開発した,Googleの検索結果に表示されないページを発見するシステム。

 IPAX2008はIPAが2008年5月27日から28日にかけて開催したイベント。
「グーグル八分発見システム」はGoogle,Yahoo!,百度の検索結果を比較することで,検索結果に表示されなかったり,極端に順位が低下したページをリストアップする。

 検索エンジンは,名誉毀損や著作権侵害などを理由にした申し立てにより,あるページを検索結果に表示されないようにしたり,表示順位を極端に低くしたりすることがある。このような状態が“グーグル八分”と呼ばれることがある。
吉本敏洋氏は消費者問題に関するサイト「悪徳商法マニアックス」を運営しているが,実際にGoogleの検索結果に表示されなくなっている。

 ある検索エンジンでは表示されるのに,別の検索エンジンでは表示されないページがあれば,そのページは検索結果から削除されている可能性が高い。
「グーグル八分発見システム」はこのようなページを発見するシステムである。

 削除されたページの発見は,協力者のパソコンの上で動作するプログラムによる分散コンピューティングで行われる。
協力する方法は,グーグル八分発見システムのサイトで配布されているクライアント・ソフトウエアをインストールするだけだ。
インターネットに接続されていれば,空き時間に処理を行い,結果をグーグル八分発見システムのサーバーにアップロードする。
サーバー側プログラムはRuby on Railsを使用している。クライアント側の対応OSはWindows,対応ブラウザはIEおよびFirefox。

 クライアント・ソフトウエアは2008年2月23日にバージョン1.0が正式公開された。
2008年5月28日17時時点で37069URLをチェックし,表示されない43URLを発見,グーグル八分公式サイトで公開している。
吉本氏は「サーバーをAmazon Web Serviceに移行し,多数のクライアントからの接続に耐えられるようになった。
多くの方に協力してほしい」と話している。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080528/304530/

6 :名無しの挑戦:2008/05/28(水) 23:11:52 ID:???
「縦書きで読めるソフト」の新版が無償公開

「Linuxマニア」ブランドで低価格Linuxマシンを販売するソーソーは2008年5月28日,電子図書館「青空文庫」の電子書籍の文章を縦書き表示するビューアの新版「Aozora Viewer ver 2.0」(写真)を公開した。
同ビューアは無償で利用できるソフトウエア。
LinuxやWindows,Mac OSなどのJava実行環境上で動作する。

新版はJava開発・実行環境「Java SE 6」に対応したほか,表示の高速化やアンチエイリアス対応,外字やルビ対応などにより電子書籍の文章が読みやすくなった。
縦書き表示パネルのデザインを一新し,しおりを開くボタンやしおりの削除機能,新着作品トピック機能などを追加。検索機能の不具合も修正した。

同ビューアは同社のWebページにある[Launch]ボタンをクリックすると,デスクトップ上に起動する。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080528/304541/

7 :名無しの挑戦:2008/05/29(木) 19:14:13 ID:???
MSN、雑誌のバックナンバーを検索・閲覧できる「マガジンサーチ」開始

マイクロソフトは5月29日、雑誌のバックナンバーを無料で閲覧したり、検索したりできる「MSNマガジンサーチ」を開始した。
サービス開始時点で閲覧できる雑誌タイトルは、マガジンハウス発行の「Tarzan」「Hanako」のバックナンバーだ。

http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20374221,00.htm


MSN、「Tarzan」「Hanako」のバックナンバーを無料で読める新サービス

マイクロソフトが運営するMSNは29日、雑誌のバックナンバー記事を無料で閲覧できる新サービス「MSNマガジンサーチ」を開始した。
第1弾はマガジンハウスの「Tarzan」と「Hanako」の2誌になる。

http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/22014.html


マイクロソフト、マガジンハウスの雑誌2誌の無料閲覧サービスを開始

マイクロソフトは2008年5月29日、雑誌のバックナンバーを無料で閲覧できるサービス「MSNマガジンサーチ」を始めたと発表した。
当初はマガジンハウスの「Tarzan」と「Hanako」のバックナンバーを見られる。
マイクロソフトはバナー広告を掲載し、マガジンハウスと収入を分け合う。
マガジンハウスは、雑誌の部数拡大と読者ニーズの把握に役立てる狙い。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080529/305085/

8 :名無しの挑戦:2008/05/29(木) 19:14:35 ID:???
2010年の冬には日本のIPv4アドレスがなくなる

ジュニパーネットワークスは5月28日、タイ・バンコクにて「APAC J-Tech Forum」を開催。
ユーザー提言として、NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)先端IPアーキテクチャセンタ/担当部長の宮川晋氏が「IPv4アドレスの枯渇問題」に関しての講演を行った。
2010年の冬には日本のIPv4アドレスがなくなる

日本全体のインターネット事情では、ここ数年ADSL/FTTH加入者が爆発的に増加したため、世界一のブロードバンド大国になったと紹介。
2007年5 月にはFTTH加入者が880万人を超え、2010年にはFTTHが2000万人、ADSLが1000万人にまで増加するとした。
宮川氏は、「月額50ドル程度で100Mbpsが使える。これはネットワークベンダにとっては、まさにクレイジーな状態だ。
しかも、まだ毎年70万人づつ増えていっている。このような勢いでユーザーが増加していけば、常時接続が基本となるブロードバンド回線においてIPv4アドレスが枯渇するのは当然ともいえる」と説明した。

宮川氏は、「現在の勢いから考えると日本国内のIPv4アドレスがなくなるのは2010年。2010年の冬には確実に深刻な問題になる」と予測した。

http://www.atmarkit.co.jp/news/200805/29/nttcom.html

9 :名無しの挑戦:2008/05/29(木) 19:14:56 ID:???
思考でロボットアームを操作、猿で成功

猿が脳でロボットアームを操作して、食べ物を取ることに成功した。
この研究は脳で操作できる人工肢の実現につながるかもしれない。

猿が思考のみを使ってロボットアームを操作し、くしからマシュマロを取って自分の口に運ぶことが可能だということを、研究者が5月29日に報告した。

「電動の人工アームを使って、食べ物をつかんで顔に持って行く」と米ピッツバーグ医科大学のアンドリュー・シュワルツ氏は語る。
同氏の研究は次号のNature誌に掲載される。
同氏は、この研究で使われた技術が、脊髄損傷や身体的障害によりこのような単純な作業が不可能な人のための、脳で操作できる人工肢実現につながるかもしれないと語る。


http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0805/29/news044.html

10 :名無しの挑戦:2008/05/29(木) 23:02:06 ID:???
裏サイトの存在「社会問題の側面だけではない」--サイブリッジが登録型の検索サービス

サイブリッジは5月29日、学校裏サイトの検索サイト「学校裏サイトチェッカー」(http://schecker.jp/)を正式公開した。

学校裏サイトチェッカーは全国の小学校、中学校、高校の各学校裏サイトをエリア、学校別に検索する事ができる登録型の検索サイト。
認証などの閲覧制限の有無やPCおよびモバイルでのアクセスの可否といった情報も掲載される。

現在約100サイトが登録されているが、今後は同社内のスタッフが年内を目標に1万サイト程度を登録していく。
その後外部のボランティアスタッフと協力しながら年内にはすべての学校裏サイトを登録したいとしている。
また、申請フォームを用意しており、ユーザーが自由にサイトを登録することもできる。

サイブリッジでは、教育問題に発展している学校裏サイトを、各学校の学生や父兄など誰もが簡単に検索・閲覧できるようにすることで、学内、学外のトラブルを抑える手助けをしていくのがねらいとしている。

しかしその一方で、このサイトを通じて裏サイトの運用自体が活性化する可能性もあるが、同社では「裏サイトは社会的問題としての側面だけではなく、友好的な情報も共有できるものだと考えている」とした。
収益化については現在検討しておらず、「登録件数が増えてから検討したい」としている。

http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20374235,00.htm

11 :名無しの挑戦:2008/05/30(金) 19:39:32 ID:???
「宇宙はドーナツ型」説、復活へ?

宇宙は「ドーナツ型」であるという説が復活の兆しを見せているそうだ
(Nature.com記事http://www.nature.com/news/2008/080523/full/news.2008.854.html)。
以前にも宇宙はドーナツ状で、有限のものが宇宙内で繰り返し写し出されているのではないかという説があったが、何らかの繰り返しパターンを観測することができず下火となっていた。
しかし最近の研究では三次元トーラスなどの「ドーナツ型」宇宙モデルがWMAP観測データと合致する可能性が見えてきたとのこと。
ちなみに三次元トーラスとは、立方体の上面と下面を貼りあわせて筒状にし、その筒の端の面(左面と右面)を貼りあわせ、さらに前面と後面を貼りあわせたものだそうです。

http://slashdot.jp/science/article.pl?sid=08/05/30/0744221

12 :名無しの挑戦:2008/05/30(金) 23:04:09 ID:???
人の心を読むコンピュータ、単語のイメージの言い当てに成功

訓練されたコンピュータは、人が特定の言葉を与えられたときに脳が起こす反応を画像化したものを言い当てることができた。
米カーネギーメロン大学の研究チームが、特定の言葉を思い浮かべたときの人の脳をスキャンしてコンピュータで心を「読む」ことに成功したと、5月29日のScience誌に発表した。
この研究は、脳の情報を記憶する部分の特定と記憶の仕組みの解明に役立つかもしれない。
さらには言語障害と学習障害の治療向上につながる可能性もあると、研究を主導した米ピッツバーグのカーネギーメロン大学機械学習学部のトム・ミッチェル氏は話す。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0805/30/news052.html

13 :名無しの挑戦:2008/06/02(月) 03:51:42 ID:???
http://www.imeem.com/gotgroove/music/vk7mv8oU/pete_namlook_mixmaster_morris_aquarium/
http://www.imeem.com/people/0rH_YYX/music/nFjgzhTr/basinski_william_dlp_11/
http://www.imeem.com/groups/Nvmcp3mW/music/-DZmkmO6/harold_budd_10_rue_casmir_delavigne_for_daniel_lentz/
http://www.imeem.com/people/LQCx136/music/NEr76ZNn/zoviet_france_neptune/

14 :名無しの挑戦:2008/06/02(月) 12:28:52 ID:???
50歳以上のネットユーザーは何を見ているのか?

このコラムの読者なら50歳以上のご両親をお持ちの方も多いのではないかと思われるが、最近どうも親の世代の行動が気になる。

突然の大型2輪車のカタログ、NPO法人設立セミナーへの参加、郵便受けの「お試し版 やさしいFX基礎講座」。
最近ナゾの多い親の世代の周辺だが、彼らはいったいネット上ではどのようなサイトを閲覧しているのであろうか?
今回は50歳以上の利用者にフォーカスして、その利用動向を見てみたい。

2008年4月はインターネット利用人口の23%(4.4人に1人)が50歳以上の利用者であり、利用者数は前年同月比で18%増加していることが分かる。
また60歳以上の利用者のみでもシェアは10%あり、伸び率に至っては22%となっている。
若年層がケータイや他のデバイスからのネットアクセスに流れている中、50歳以上のネット利用者は、家庭におけるPCからのアクセスにおいては利用者数、シェア共に確実に増加しているようである。

50歳以上の利用者がどのようなサイトを閲覧しているのか見てみよう。
単純に利用者数でランキングすると、一般的に利用者規模の大きいサイト(ポータルなど)のみがリストされてしまうので、50歳以上利用者の「シェアが高い」ドメインのランキングを出してみた。
上位10ドメイン中、実に7ドメインが証券取引関連という結果となった。
年齢別インターネット利用者数では50歳以上の利用者シェアは23%なので、各ドメインにおける71%、59%といったシェアの数字がいかに大きいかが分かる。

また3位にクラブツーリズムが見られるが、ランキング外13位にゆこゆこネット(yukoyuko.net)、14位に阪急交通社(hankyu-travel.com)など、旅行関連サイトも証券取引関連に次いで上位に見られる。
インターネット全体の利用動向では、動画サイト、ブログ、CGMなどの話題が尽きないが、我々の親の世代では、ネットは証券取引や旅行情報収集のツールとして威力を発揮しているようである。

兜町の電光掲示板前でサブプライム問題についてインタビューされている紳士たちは、今後は更に自宅PCで同じ電光掲示板を眺めるようになっていくのだろうか。

50歳以上の人口は今後も増え、ネットリテラシーも高まる傾向にある。引き続き、この世代のネット利用動向にも注目していきたい。

http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20374402,00.htm

15 :名無しの挑戦:2008/06/03(火) 00:17:30 ID:???
マイクロソフトは2008年5月31日、アップルのWebブラウザー「Safari」をインストールしているWindowsパソコンには、セキュリティ上の問題(脅威)があることを明らかにした。
Windows版Safariを使って、細工が施されたWebサイトにアクセスすると、悪質なプログラム(ウイルスなど)を勝手にダウンロードおよび実行される恐れがある。
セキュリティ更新プログラム(修正パッチ)などは未公開。

2008年5月中旬、Windows版ならびにMac版のSafariには、ユーザーに許可を求めることなくファイルをダウンロードする問題があることを、セキュリティ研究者などが報告している。
同報告によれば、アップルではこの問題を「セキュリティ上の問題」としては扱わないと返答したという。

セキュリティ組織の米サンズ・インスティチュートなどによれば、今回マイクロソフトが報告した問題は、5月中旬に報告された「問題」と関連がある模様。
詳細については明らかにされていないものの、Safariの「問題」とWindows(あるいはInternet Explorer)の「問題」を組み合わせることで、任意のファイルをダウンロードおよび実行させることができると考えられる。

実際、あるセキュリティ研究者は、Windows版SafariでWebサイトにアクセスするだけで、「電卓(calc.exe)」プログラムが実行されるデモの画像を公開している。

現時点では、修正パッチは未公開。
このためマイクロソフトでは、「アップルまたはマイクロソフトから、適切な更新プログラムが提供されるまでの間、SafariをWebブラウザーとして使用することを控える」ことを対策(推奨するアクション)として挙げている。

そのほか、Safariがダウンロードしたコンテンツ(ファイル)の保存先を、初期設定の「デスクトップ(Desktop)」から、別のフォルダーに変更することを「回避策」としている。
具体的には、Safariの「編集」メニューから「設定...」を選び、「一般」タグの「ダウンロードしたファイルの保存先」で「その他...」を選択し、別の場所(フォルダー)を指定する。

ただし、前述のデモ画像を公開する研究者によれば、この回避策は不十分であると指摘。
この回避策を実施していても、今回の問題を悪用することは可能であるという。
また、Windows(Internet Explorer)以外のソフトの問題と組み合わせることも可能なので、アップルから修正パッチ(修正版)が公開されるまでは、Safariの利用をやめることが最善の対策だと強調している。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080602/305624/

16 :名無しの挑戦:2008/06/03(火) 00:17:54 ID:???
幼児期の鉛曝露は成人になってから犯罪的傾向を増加させる、米研究者

幼少期に鉛に曝露されることは中枢神経系と末梢神経系に損傷を与えることを通じて、成人になってから犯罪的傾向を増加させるという研究成果が5月27日、米研究者によって発表された。

この研究を行ったのは米シンシナティー大学のキム・ディートリッヒ博士を中心とする研究グループ。

研究グループは1979〜1984年にかけて高度の鉛に汚染された環境で妊娠、出産、育児を行った女性の子供を対象に、それらの子供が成人に達してからどれだけの犯罪を犯したのが追跡調査を実施。
その結果、調査を行った子供の55%が成人に達してから逮捕歴があること、27%が薬物犯罪や重い自動車関連の違反を犯していることが判ったとしている。

研究グループでは幼児期の鉛曝露は中枢神経系と末梢神経系に損傷を与えることで、成人になってから犯罪に対する抑止力を失わせるのではないかと推論している。

http://www.technobahn.com/news/2008/200806021642.html

17 :名無しの挑戦:2008/06/03(火) 00:18:16 ID:???
「Skype」と連携して多人数でP2P方式のファイル共有ができる「RieN」

「RieN」は、「Skype」のP2Pネットワークを利用してコンタクトリストに登録された複数ユーザーとファイル共有ができるソフト。
Windows XPに対応するフリーソフトで、編集部にてWindows Vistaでも動作確認した。
作者のWebサイト(http://www4.ocn.ne.jp/~dragonoo/)からダウンロードできる。

「Skype」は複数のユーザーへ一括でファイルを送信する機能を備えているが、ユーザーおよびファイルごとに送信ダイアログが開く仕様のため、多人数にファイルを送る場合や多数のファイルを送る際には煩わしい。
また、ネットワーク越しに共同作業をする場合は、ファイルを更新するたびにファイルを送信しなければならず面倒だ。

「RieN」を使うと、特定のフォルダ内にコピーまたはショートカットを作成したファイルや本ソフトのウィンドウ上にドラッグ&ドロップしたファイルを、あらかじめ指定した「Skype」ユーザーと共有することができる。

共有したファイルが更新されると自動で共有相手のファイルも更新される仕組みで、たとえばネットワークを介して共同作業をする際などに便利。
また、進捗ダイアログなどが別途表示されることもないので、多数のファイルを送りたい場合や多人数にファイルを送信したい場合も利用できる。

さらに、ファイル共有の有効期限を設定する機能を備えており、共有を開始してから指定した日数を過ぎたファイルは自動で共有が解除され、共有相手のフォルダからも削除することが可能。

そのほか、IPアドレスを指定してTCP接続でファイルを共有する機能も備える。

http://www.forest.impress.co.jp/article/2008/06/02/rien.html

18 :名無しの挑戦:2008/06/03(火) 00:28:30 ID:???
シュルレアリスム創始者の直筆原稿がオークションに

1924年に始まった芸術運動 「シュルレアリスム」の創始者アンドレ・ブルトンの直筆原稿9点が、
21日パリで開催されたオークションにかけられ、320万ユーロ (約5億2000万円)で落札された。
この中には1924年に書かれた 「シュルレアリスム宣言」 の原稿も含まれていた。

http://artgene.blog.ocn.ne.jp/news/2008/06/post_c2ac.html

19 :名無しの挑戦:2008/06/03(火) 22:25:50 ID:???
技術を伝承し、ギネスにも挑戦!
世界最古級コンピュータが頑張っている!

富士通(株)は自社の世界最古級のコンピュータ「FACOM-138A(1957年製造)」「FACOM-128B(1958年製造)」を、このコンピュータが還暦を迎える2019年まで寿命を延ばすプロジェクトに挑戦しているという。
5月23日、コンピュータの黎明期を支えたOB技術者が、現役若手技術者にこのコンピュータの保守ノウハウなどを伝承するというのでお話をうかがった。

http://ascii.jp/elem/000/000/138/138649/

20 :名無しの挑戦:2008/06/03(火) 22:26:17 ID:???
あなたの体を売ってお金に変える8つの方法

よく映画やマンガ、小説などでは最終的に「お金に困ったら体をバラバラにして売り払う」というとんでもない最終鬼畜手段が登場しますが、実際に合法か違法かを問わない場合、体のパーツを売る方法としてどのような選択肢が存在しているのでしょうか?

1:髪の毛
髪の毛は「かつら」として、さらにはヘアピースとして大きな需要があるとのこと。以下のサイトで売買できます。

Sell Your Hair, Hair Classifieds, Hair Products
http://www.thehairtrader.com/

当然ながら美しい髪でなければ商品価値はなく、パーマをかけられていたり、脱色していたり、染色しているものなどはダメ。
また、年寄りの髪の毛も価値が無いとのこと。
現時点までで最も最高値の髪は明るい茶色の髪で2500ドル(約26万3000円)の値が付いたそうです。

2:尿
もしあなたが薬物中毒でもなく、アルコールも飲まないのであれば、その尿は黄金を生み出す水に変わるそうです。
というのも、薬物検査をくぐり抜けるためにそういった清潔な尿を欲しがる層が存在しており、仲介業者を抜いて直販するのであれば、1回当たり約200ドル(約2万1000円)で販売できるそうです。
実際に、尿を使った薬物検査をパスするためのキットが以下のサイトで販売されています。

Passing a Drug Test Products from UreaSample.com
http://www.ureasample.com/buy-drug-test-solutions/store/comersus_dynamicIndex.asp

3:顔・首・二頭筋・背中
何に使うかというと、広告スペースとして自分の身体の一部を売るというわけ。
実際に2006年にウェブホスティング会社のGlobatがペンシルバニア州のランカスターに住んでいる人の首を広告用スペースとして購入しており、以下のページで実際にどのようにして首に後ろに広告を入れたかという一部始終の写真記録があります。

Globat Tattoo
http://www.defyinggravity.com/gallery/tattoo-gallery/index.htm

4:母乳
母乳フェチの男性やカップルのための闇市場が存在しており、そこで母乳を売ることができるそうです。
実際に海外のクラシファイドサイトで時々募集がかけられており、BeautifulPregnant.comというマニア向けサイトでは実際にそのような特殊性的嗜好を満たすための写真のモデルとして2000ドル(約20万円)を稼ぐことができるそうです。

BeautifulPregnant.com
http://www.beautifulpregnant.com/

5:血液
臓器や組織を売ることは違法ですが、それらの代わりとして「血液」を使うことができる場合があるとのこと。
どのようなケースかは不明ですが……。参考程度に、1パイント(約473ミリリットル)の血液を寄付すると約650キロカロリーを消費することと同じだそうです。

6:子宮
いわゆる代理妊娠、子宮を貸すわけです。大ざっぱに価格は2万5000ドル(約260万円)ほど。
これに加えて医療費の請求や出張旅費、マタニティー用の衣料なども追加で無料支給されます。

7:治験
治験とは、「医薬品もしくは医療機器の製造販売承認を得るために行われる臨床試験」のこと。
とにかく健康な体だけが取り柄だという場合には自分を丸ごと治験に提供すると、場合によっては一日あたり数百ドル(数万円)をもらうことができるそうです。
また、治験によっては健康でないことが理由になっている場合もあり、例えば糖尿病・高血圧・不眠症・うつ病などの病歴を必要とするケースがあったそうです。

8:涙
これは自分の体を売るわけではないので本来の趣旨には反しますが、実際に涙をネットオークションで販売することができた事例が存在します。
その涙はパリス・ヒルトンの涙。
実際にイーベイで競売にかけられたそうです。量は8分の1オンス(3.5グラム)、一時的には1万6499ドル(約171万円)まで値が付いたそうですが……。

21 :名無しの挑戦:2008/06/03(火) 22:26:45 ID:???
東京大学と日立、裸眼で立体ライブ映像が見られるシステム

東京大学大学院情報理工学系研究科(苗村健准教授)と日立製作所(古川一夫執行役社長)は6月2日、カメラで撮影した映像を高速で処理し、特殊な眼鏡をかけずにライブで立体映像を見ることができるシステムを共同で開発したと発表した。

東京大学が開発した、64台のカメラを搭載した可搬型カメラアレイシステムと、日立が開発した特殊な眼鏡をかけずに立体映像を見ることができる「裸眼立体視ディスプレイ」を組み合わせ、画像を高速に処理できる技術を開発したことにより実現した。

「裸眼立体視ディスプレイ」が表示する被写体の位置を、リアルタイムで前後・左右・上下方向に自由に変えることができる。
また、一般的なPCでデータ処理ができ、かつカメラアレイシステムも可搬型であることから、システム全体の移動も手軽。

なお、本システムは、7月10-11日に東京大学で開催する「3次元画像コンファレンス」で実演展示する予定。

http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20374488,00.htm?ref=rss

22 :名無しの挑戦:2008/06/03(火) 22:33:10 ID:???
文書内に混在するURLを一括で開けるFirefox拡張機能「Copy All Urls」
現在タブで表示している全WebページのURLをクリップボードへコピーする機能も

「Copy All Urls」は、複数のURLをクリップボード経由で開いたりコピーできるFirefox拡張機能。
Windows XP/Vista上の「Firefox」に対応する寄付歓迎のフリーソフトで、作者のWebサイト(http://plasser.net/)からダウンロードでき、編集部にてWindows XP上の「Firefox」v2.0.0.14で動作確認した。

文書やメールに記載されているURLのWebページを閲覧したいとき、とくに全URLへアクセスすることが前提となっている場合には、ウィンドウを行き来しながら各URLを1つずつクリックしていく必要があり、その機械的な作業にうんざりする。

本拡張機能を導入した「Firefox」では、[Ctrl]+[Alt]+[V]キーを押すと、クリップボードに格納されているテキストデータからURLだけを抽出し、それぞれのWebページを新規タブで一括表示してくれる。
つまり、URLが混在する文書全体をクリップボードへコピーし、ショートカットキーを押すだけで、一連の作業が完了するというわけだ。

また逆に、[Ctrl]+[Alt]+[C]キーを押すと、現在タブで表示している全WebページのURLをクリップボードへコピーしてくれる。
標準の設定では、URLとページタイトルのセットをタブの並び順に改行で区切るというシンプルな書式だが、HTMLタグつきの書式なども設定画面で選択できる。

なお、本拡張機能のショートカットキーが、すでに他アプリケーションのホットキーで利用されている場合には、本拡張機能のツールボタンを「Firefox」のツールバーへ追加して利用するとよい。

http://www.forest.impress.co.jp/article/2008/06/03/copyallurls.html

23 :名無しの挑戦:2008/06/03(火) 22:34:30 ID:???
URFCとNICT、立体ハイビジョン映像のIP伝送実験に成功

超臨場感コミュニケーション産学官フォーラム(URCF)と情報通信研究機構(NICT)は2日、立体ハイビジョン映像のIP伝送実用化実証実験に成功したと発表した。

URFCでは、IEEE 1394をベースにして、立体ハイビジョン映像をIP伝送する技術とその装置を開発。
NICTが運営する広帯域回線「JGN2plus」などを利用して、2チャンネルのHDV規格のハイビジョン映像を伝送する実証実験に成功した。

2007年度には、映像の横幅を半分に縮めた上で2つの映像を1つの映像に合成して伝送するローエンドタイプ(約30Mbps)の実証実験を行なったが、今回は2つのハイビジョン映像をそのまま伝送するハイエンドタイプ(約60Mbps)の実証実験を実施。
2つの映像がずれることのない完全同期伝送と、ジッターやパケットロスの吸収補正を行なうエラー補正機能の改善を実現した。

URFCでは、6月4日に東京の大手町サンケイプラザにおいて、京都のNICTけいはんな研究所との間を結んだ実証実験を一般に公開する。
また、今回の成果をもとに、NGNを用いて家庭への立体ハイビジョン伝送配信実験を行ない、立体コンテンツのIP配信に関する本格的な商用サービスにつなげる計画としている。

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/06/02/19788.html

24 :名無しの挑戦:2008/06/03(火) 22:37:32 ID:???
セキュリティ企業、「PDFウイルス」作成ツールを偶然“捕獲”
「PDFウイルス」に埋め込まれていた、ウイルス作者がテスト用に作成?

セキュリティ企業であるフィンランドのエフ・セキュアは2008年6月2日、悪質なPDFファイル(PDFウイルス)を簡単に作成できるツール(ソフトウエア)を確認したことを明らかにした。
ウイルス作者がテスト用に作成したと思われるPDFウイルスに埋め込まれていたという。
今回確認されたツールは「Y08-04」あるいは「GenMDB」と呼ばれるもの。
インターフェースは中国語。
ダミーとなるPDFファイルと、そのファイルに埋め込みたい実行形式ファイル(通常はウイルス)、攻撃対象の環境(OSとAdobe Readerのバージョン)を指定するだけで、その環境で動作するPDFウイルスを作成できる。
その環境のユーザーがPDFウイルスを開くと、Adobe Readerの脆弱(ぜいじゃく)性が悪用されて、埋め込まれた実行形式ファイルが勝手に動き出す。
それと同時に、ダミーのPDFファイルを表示し、ユーザーの目をあざむこうとする。
今回のツールは、同社が入手したPDFウイルスの中に埋め込まれていたという。
同社スタッフが想定するシナリオは以下の通り。
このツールでウイルスを作成しようとした人物は、最初にテスト用のPDFウイルスを作成。
その際、埋め込む実行形式ファイルに、このツール(Y08-40)を指定した。
テスト用だったので、何でもかまわないと考えたのだろうとしている。
そして、作成されたPDFウイルスがウイルス対策ソフトに検出されるかどうかを調べるため、同社が無償で提供するオンラインスキャナーにアップロードした。
そのオンラインスキャナー経由で、同社はPDFウイルスの検体を入手。
解析したところ、ツールが埋め込まれていることに気付いたという。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080603/305893/

25 :名無しの挑戦:2008/06/03(火) 22:39:18 ID:???
「日本企業が受信するメールの32%がスパム」、シマンテックが調査

シマンテックは2008年6月3日、企業によるスパム(迷惑メール)対策に関する実態調査の結果を公表した。
日本企業の平均スパム受信比率は全メールのうち32%と、4年前比べ倍増していることがわかった。
調査は国内企業のシステム管理者を対象に08年3月に、企業内ユーザーを対象に08年4月に実施した。

システム管理者を対象にした調査では、回答者が管理するメールシステムで受信する1日当たりの平均メール数は11万5394通となった。
2006年の調査では7万通だったため、2年間で6割以上増えたことが分かった。

スパム受信比率に関する回答は平均で32%。
1社1日あたり3万7000通のスパムを受信している計算になる。
メールの受信数だけでなく、スパム受信率も年々上昇していることから、スパムの勢いが強まっていることが分かる。

メールシステムを運用する上での課題を聞いたところ、「トラフィック増によるネットワーク負荷の増大」との回答が28.8%と昨年の調査結果より4.4ポイントも増えた。メール受信の負荷やスパムを処理する際の負荷が、システムの負担になっているとみられる。

企業内ユーザーへの調査でも、スパム受信比率が31%と2006年の調査結果より10ポイント増加した。
「スパムによって、仕事のメールが探しにくくなった」との声が回答者の30.4%から上がっているという。

回答数はシステム管理者が534件、企業内ユーザーが848件。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Research/20080603/305911/

26 :名無しの挑戦:2008/06/03(火) 22:44:33 ID:???
あなたの考えていることは全てお見通し! 米研究機関が人の心を読む機械を開発

米カーネギーメロン大学が人が考えていることを読み取ることが可能なシステムの開発していたことが2日までに同大学の発表により明らかとなった。

この研究・開発を行ったのは同大学で人工知能の研究を行っているトム・ミッチェル(Tom Mitchell)教授を中心とする研究グループ。

研究グループは核磁気共鳴スキャナを用いてヒトの脳の活動パターンをリアルタイムで解析を行うことにより、今、どういったことを考えているのかを読み取ることが可能なシステムを開発に成功した。

この「マインド・リーディング・マシン」がヒトの心を読み取るためには、予め、被験者が特定の単語の意味することを連想した際の脳の活動パターンを解析しておく必要があるが、
9名のボランティアを使った実験では、「建物」「食べ物」といった58種類の単語のどれを考えているのか、90%の精度で当てることに成功したとしている。

研究グループでは「マインド・リーディング・マシン」の研究を進めることによって、ヒトがどういった過程を物事を考えているのか、脳内における思考アルゴリズムの解明につながるとしている。

http://www.technobahn.com/news/2008/200806031530.html

27 :名無しの挑戦:2008/06/03(火) 22:45:59 ID:???
米OCXテクノロジー、脳波で操作するブレインマウスを出荷開始

脳波を使ってコンピューターを操作することを可能とする「ニューラル・インパルス・アクチュエーター(Neural Impalse Actuator)」が出荷開始となったことが2日までに明らかとなった。

「ニューラル・インパルス・アクチュエーター」は米OCXテクノロジーが開発を行った製品で、2007年3月に開催された家電製品の総合見本市「CeBIT」で最初に発表されたものとなる。
脳波を読み取るためのヘッドセットと、脳波をコンピューターシグナルに変換するためのセットアップボックスから構成されており、脳波を使ったゲームなどへの応用が期待されていたが、
脳波のような非線形的なデータ構造をゲームなどに応用することは考えていた以上に困難で、実際の販売にあたっては脳波を線形的なデータ構造を抽出するためのドライバの開発に予想以上の時間がかかったものと見られている。

製品に添付されているドライバは汎用のゲームコントローラーの機能をもっているため、慣れてくれば、市販のPC用3次元アクションゲームを脳波を使って操作するといったことも可能。

ドライバの他、脳波によるPC操作に慣れるための単純なテーブルテニスゲームなどのソフトも添付されている。

北米市場での販売価格は200ドル前後となる見通し。

http://www.technobahn.com/news/2008/200806031616.html

28 :名無しの挑戦:2008/06/03(火) 22:51:53 ID:???
味覚変化を起こす『ミラクリン』:タブレットでパーティーも

『ニューヨーク・タイムズ』紙の記事(http://www.nytimes.com/2008/05/28/dining/28flavor.html?_r=1&oref=slogin)
によると、酸っぱいものを驚くほど甘くすることができるアフリカ産のベリー系の果実[Synsepalum dulcificum、ミラクルフルーツ]を使って、「フレーバー・トリッピング・パーティー」を開くのが、食を楽しむ新しい方法として流行しているという。

『ミラクリン』という物質が、数年から話題になっている。
ミラクリンはタンパク質の一種で、味蕾にある、甘さを感じる受容体と結合し、pHが一定以上に低い場合に、この受容体を活性化する。
一般に酸性のものは酸っぱい物であるため、不思議な味覚が引き起こされることになる。

2006年12月にワイアードでは、筑波大学の研究者が、遺伝子を操作したレタスからミラクリンを採取できるようになったことなどを報告した(英文記事http://www.wired.com/science/discoveries/news/2006/12/72251)
なお、ミラクリンの味覚変換効果は1時間ほど続くという。

それ以来、筆者は数回にわたって日本のウェブサイトで『ミラクルフルーツ・タブレット』(http://www.miracle-fruit.net/)を注文し、友人たちに試してきた。
[サイトによると、収穫されたミラクルフルーツから、ミラクリンを抽出して原料にしている。パーティーなどで話題を楽しむほか、糖分制限が必要な人向けの製品という。]

私の経験だが、遺伝的な理由からか、誰にでも作用するというものではないようだ。
オンラインで生の果実も購入できるが、安いものではない。

http://wiredvision.jp/news/200806/2008060321.html

29 :名無しの挑戦:2008/06/03(火) 22:57:43 ID:???
米国の政府高官や企業幹部、中国でデータ窃取の標的に?

『National Journal』誌は、米商務長官のCarlos Gutierrez氏が2007年12月に通商交渉で北京を訪れた際に利用した複数の電子機器からスパイウェアが見つかったと報じている。

記事を書いたShane Harris氏によると、中国滞在中に情報を「吸い取られた」ことがある米国の企業幹部は複数存在し、
商務長官の機器から見つかった悪意あるコードは、こういった企業幹部のノートパソコンから見つかったコードと同一のものだという。

[この記事の中で、]米国政府の対敵諜報活動当局の幹部[CIA傘下のOffice of the National Counterintelligence Executive局長]であるJoel Brenner氏は、
ある米国の大手企業の話として、中国で商談を行なった際、事前に相手方が交渉上のポイントや秘密情報を入手していたことがあると語っている。

「中国は実際に、対敵諜報活動上の脅威、特にサイバー諜報活動上の脅威となっている。
大企業の研究主任や最高経営責任者(CEO)といった立場にある人が国外へ旅行すると標的にされる」とBrenner氏は発言している。

一方、AP通信もスパイウェアに関する記事を配信しているが、こちらは米商務長官の一件を報じたうえで、Brenner氏が2007年12月に行なった談話の内容を紹介している。

Brenner氏はその中で、ある米国人が企業の財務担当幹部として北京を訪問中、自身の携帯情報端末(PDA)に遠隔から監視ソフトウェアを仕込もうとする動きに気付いたという話をしている。
Brenner氏によると、匿名のこの企業幹部は、「北京で飛行機を降りてからホテルの部屋に着くまでの間に、PDAがビーコンを5度受信した」という。
この企業幹部が、National Journal誌の記事で氏名を挙げずに言及されている米国企業幹部の1人かどうかはわからない。

『National Journal』のこの記事は長文のもので、その中には、米国の大停電は中国のサイバーテロだった可能性があるとして、「サイバー脅威」を過度に煽る内容も存在する。
今回紹介したスパイウェアに関する部分も、そういった内容であるかどうかについては判断できない。

ところで、私がHarris氏の書いた記事で、(いままで言及してきた箇所を除いて)もっとも興味深く感じたのは、中国政府がこのような攻撃を行なうにあたって悪質なハッカー集団たちと手を組んでいる、と記述されている部分だ。

「[米国防総省や商務省などのネットワークへの侵入事件が続いているが、こういった攻撃の]一部は、政府が支援するサイトから仕掛けられているということを、われわれは確信している」とBrenner氏は話す。
「中国はわが国と同様に政府機関を通じて活動しているが、同時に、この種の国際的ハッキングに手を染めている別の組織を支援する形でも活動しており、[政府の]具体的な指示があってもなくても[ハッキングが]行なわれている。
一種のサイバー民兵組織のようなものだ。(中略)それが驚くほどの数に増えつつある」

(中略)中国では、政府機関に所属して仕事をするハッカーと、政府に代わって危険なインターネット活動を請け負うハッカーとの間にほとんど区別がない。
米国の民間情報機関Stratfor社の上級中国アナリストであるRodger Baker氏は、「個人、学生、研究者、失業者、どんな立場であれ、少なくともこうした試みを実行することに躊躇しない人々が中国には大勢いる」と話す。

こういったいわゆる愛国的ハッカー集団は、多くの場合、中国に不快感を与えた、または中国の戦略上の利益にとって脅威になると彼らがみなした人々を標的に、中国国内から攻撃を仕掛けている。

高いスキルを持ち、国家主義的な傾向の強い若者によって構成されることの多いこれらの集団に対して、中国政府は少なくとも、活動を停止させるための措置をほとんどとっていない。
中国の軍および外交当局は、公的には、他国政府のシステムを攻撃する方針はとっていないと述べている。

http://wiredvision.jp/news/200806/2008060320.html

30 :名無しの挑戦:2008/06/03(火) 23:07:27 ID:???
ZAKZAKの記事(http://www.zakzak.co.jp/gei/2008_05/g2008053114_all.html)によると、
住友商事・ケーブルテレビ最大手のJ:COM・東京大学 人工物工学研究センターの三者が、テレビの視聴率予測に関する共同研究を行うそうだ。

特徴的なのは、現実のテレビ視聴履歴データを使い、個人の趣向とライフスタイルを反映させた仮想個人を用いた仮想社会を構成してシミュレーションを行うこと。
研究が成功すれば、番組データを入力するだけで新番組の視聴率予測ができるようになるそうだ。
研究の背景として番組編成力強化による視聴率や加入者数の向上を目指したいCATVの思惑があるようだが、さて、どんな母集団の視聴率予測を見てみたいですか?

http://slashdot.jp/articles/08/06/03/0121200.shtml

31 :名無しの挑戦:2008/06/03(火) 23:10:48 ID:???
MITMアタックを完全に防止可能な「蒸発鍵」方式を実用化?

三重県四日市市のベンチャー企業、エヌクリプトが、OATHに準拠したワンタイムパスワード技術を応用し、
暗号通信ラインの双方向常時認証を実現する「Dynamic OATH認証システム」を開発したそうだ(日経BPnetの記事http://www.nikkeibp.co.jp/news/it08q2/573193/)
記事によれば、MITM(Man-In-The-Middle)アタックを完全に防止できる蒸発鍵方式を、世界で初めて実用化した認証システムとして注目を集めている、とのこと。
タレコミ子は寡聞にして「蒸発鍵方式」というものを聞いたことがなかったのだが、この会社のページで説明されている瞬在鍵というのが実装のようだ。
これを見ると、セッション鍵を大量に更新させ続けるだけにも見えるわけだが、これこそ画期的な技術なのだろうか?
「超非線形アルゴリズムを用いた暗号発生メカニズム」というあたりも興味深い。

http://slashdot.jp/security/article.pl?sid=08/06/02/232224


32 :名無しの挑戦:2008/06/03(火) 23:24:03 ID:???
15分間だけ有効なメールアドレスを発行「クイックメール」

http://15qm.com/

33 :名無しの挑戦:2008/06/03(火) 23:38:28 ID:???
クイックメール:15分間だけ有効なメールアドレスを発行
http://15qm.com/

Super Mailer:フリーメールを2秒で取得
http://www.supermailer.jp/

アプ研
http://www.upken.jp/junk/

GOGOメール
http://55mail.cc/

−メール
http://ichimail.com/

10分メアド
http://www.10minutemail.com/10MinuteMail/index.html

myTrashMail
http://www.mytrashmail.com/meiwakume-ru.aspx?language=jp

PookMail
http://www.pookmail.com/

34 :名無しの挑戦:2008/06/04(水) 01:43:16 ID:???
商用HTMLパッカーのジレンマ

多数のWebサイトを悪意のあるJavaScriptで改ざんし,様々なぜい弱性を悪用してコンピュータに感染するインジェクション攻撃が世間を騒がせていることを受け,これまでの経過に目を向けてみることにした。
その結果は,非常に興味深いものであった。

筆者は2008年5月上旬,数多くのWebサイトが不正な動作をすることに気づいた。
多くのWebページで,(今回のケースでは)「addr.js」という名称のJavaScriptを読み込んだInternet Explorer(IE)7がActiveXの警告を出したのだ。
こうしたWebページの大半が中国を拠点としていることは,驚くに値しない。
読者の大半はおそらく既に把握しているだろうが,以下にそのJavaScriptコードの一部を示す。

(中略)

これまでに筆者は,これらエクスプロイトを配信しているドメインと,JavaScriptファイル名にいくつか種類があることを確認済みで,今後拡散するかどうか動向を監視する予定だ。

現在までに検出できたサンプルは,どのアンチウイルス(AV)でも検出されない。いや,例外が一つだけある。読者ならそれが何か分かるだろう。

もう一つの注意点は,Webページ上の攻撃用JavaScriptを難読化するのに用いられる手法が高度化しており,通常のアンチウイルス・エンジンで判別がますます困難になっていることだ。
現在のところ,上記ツールと同様のものが多数出回っており,マルウエアの作者はたやすく難読化が行える。

バイナリ・ファイルと各ファイルの難読化に使用されたパッカー(圧縮/保護/暗号化などを行うツール)を簡単に対応させたところ,今回のケースは新しい手法でないものの,
パッカー「UPX」に対して同「Armadillo」「ASProtect」などを用いるといった具合に,既に述べた通り一段と手間がかかっている。

理想的には,難読化のような複雑な方法によるコード隠ぺいを商用保護ソフトウエアに求めず,コードの著作権/商標を守るほかの手法をWeb開発者に知ってもらえるとよい。
例えば,サーバー・サイド・スクリプティングやAjax/Javaサーブレットを使うと,コードを保護できる。

仮に,筆者が人気の高いWebページのコードを改ざんしようとしていて,その際JavaScriptやIEのJScriptといったスクリプト言語に精通しているとしたら,数回クリックするだけ,
あるいは「Mozilla Java-Script C Engine」のような最新のブラウザ・エンジンを使うだけで簡単に復元できる程度のコード隠ぺいでは,悪事をやめようと思わないだろう。

パッキングで生じるマルウエアの亜種に対処する方法については,たくさんのアイデアが示されている。
おそらく,合法的にソフトウエアやWebページのHTMLコードを作成/記述する人たちは,「Security through Obscurity(隠ぺいによるセキュリティの確保)」があまりにも実践できていないという現実と,
製品をシンプルにすればするほど不正なソフトウエア /コードが特定しやすくなり,犯罪者たちを突き止める手間がほんの少し軽減するという事実を把握すべきだ。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080603/305861/

35 :名無しの挑戦:2008/06/04(水) 16:49:59 ID:???
NextReality
2008-06-04
Organic User Interfaces

http://d.hatena.ne.jp/rkmt/20080604/1212532127

36 :名無しの挑戦:2008/06/04(水) 16:50:19 ID:???
ひまぐらま
2008年06月04日
FFFTPにセキュリティホール発見

http://blog.livedoor.jp/hpg/archives/50336987.html

37 :名無しの挑戦:2008/06/04(水) 16:50:40 ID:???
ひろゆき日記@オープンSNS。
2008-06-04 06:41:00
なんでもデジタルデータに変換

世の中には、3Dスキャナーというものがあって、
模型とか器とか、立体のモノの形を読み取って、
デジタルデータに変換してくれる機械というのがあるんですね。
お値段のほどは、100万円近くしちゃうんですが、、

んで、そんな3Dスキャナーを1000円で作っちゃった人の動画が
ありましたよ、、と。

市販品のほうは自動化されていたり、
データの補正が出来たりと、
それなりに機能は多いのですが、
基本的なデータの取り込みが1000円で出来るってのは
すごいなぁ、、と。

http://www.asks.jp/users/hiro/45132.html

38 :名無しの挑戦:2008/06/04(水) 16:51:03 ID:???
まるで生きているかのように成長するルーマニアの自然石

ドラキュラの城として知られるブラン城があるルーマニア。
ドラキュラだけでなく「Trovant」という成長する石もあり、雨が降った後にどんどん大きくなっていくなっていくとのこと。
見た目からして曲線の多い有機的な形状で、気持ち悪い感じになっています。

現地の人でも大雨の後に形成される石の形状には感動するらしいです。
「Trovant」の中心部分は硬い石なのですが、表面は砂で構成されていて、多くの「Trovant」は砂の多い地域で発見されるとのこと。

ルーマニアのホレズから8kmの位置にあるTrovant自然保護区はユネスコの世界遺産にも認定されていて、数ミリの小石から8メートルの巨大なTrovantまで存在しているようです。
他のTrovantの写真はリンク(http://www.foto-magazin.ro/fotolocation_open.php?art=ftm20/archives/2006/11/trovanti_galeri.html)(http://www.descopera.ro/galerie/928916-trovanti-formatiuni-geologice-costesti-jud-valcea)から

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080604_grow_stone/


39 :名無しの挑戦:2008/06/04(水) 16:51:24 ID:???
第二次世界大戦後の世界をどうするつもりだったかが描かれた地図

太平洋戦争(大東亜戦争) が始まる直前の1941年10月に制作されたのがこの「POST-WAR NEW WORLD MAP」。
内容は、第二次世界大戦後の世界がどうなるのか描いたもので、フィラデルフィアの地図職人モーリス・ゴンバーグが1942年にカラー印刷して店に張り出していたもの。
ヘレン・サマーズという人が地図の意義を認めて数枚購入し、現在も最初に印刷されたもののうち一枚がワシントンD.C.の連邦議会図書館に一つ所蔵されているそうです。

地図には詳細に計画が書き込まれており、下側には新世界秩序(New World Order)のための米国の政策などが含まれていますが、計画の一次資料は見つかっていません。
もしも世界がこの地図のようになっていたとしたら、いったい今の我々の生活はどうなっていたのやら…。

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080604_post_war_new_world_map/

40 :名無しの挑戦:2008/06/04(水) 16:51:44 ID:???
「ストームワーム」ウイルスは死なず――新たな迷惑メールが出現
メール中のURLにアクセスすると、ウイルスサイトに誘導される

セキュリティ企業であるフィンランドのエフ・セキュアなどは2008年6月4日、「Storm Worm(ストームワーム)」ウイルスに感染させようとする新たな迷惑メールが出回っているとして注意を呼びかけた。
メール中のリンクをクリックすると、ストームワームが置かれたWebサイトに誘導されて、感染させられる恐れがある。

ストームワームとは、2007年1月に出現した悪質なウイルス。
パソコンを乗っ取る「ボット」であり、感染すると「ボットネット」の一部に組み込まれる。

ストームワームの基本的な手口は、迷惑メールでユーザーをウイルスサイトへ誘導して感染させること。
迷惑メールを送信しているのは、ストームワームに感染したパソコンで構成されるボットネットだとみられる。
また、迷惑メールで誘導するウイルスサイトも、ボットネット上に構築しているケースが多い。

2007年1月以降、ストームワームは猛威を振るい、大きな被害をもたらしてきた。
新たなタイプの迷惑メールやウイルスサイトを毎月のように出現させ、ボットネットの規模を拡大していった。
ところが2008年になると、ストームワームが送信する迷惑メールの数は減少し、新たなウイルスサイトが報告されることも少なくなった。

このため一部報道では、「ストームワームは絶滅した」といった専門家のコメントが伝えられていた。
しかし今回、新たな迷惑メールやウイルスサイトが確認されて、ストームワームが“健在”であることが明らかとなった。

今回確認された迷惑メールは、例えば件名が「Madly in love」、本文が「Everything for you http://(特定のIPアドレス)/」といったもの。
本文中のURLにアクセスすると、「Love Riddles」などと書かれたウイルスサイトに誘導される。

誘導されたページ中のリンクをクリックすると、ファイル名が「loveyou.exe」などのプログラム(ファイル)がダウンロードされそうになる。
これがウイルスの実体。
ダウンロードして実行すると、ストームワームに感染し、ボットネットの一部に組み込まれてしまう。

エフ・セキュアでは、「ストームワームのボットネットの規模は小さくなっているものの、現在でも存在しており、なくなってはいない」として、改めて注意を呼びかけている。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080604/306070/

41 :名無しの挑戦:2008/06/04(水) 17:06:05 ID:???
Morton Feldman

http://www.imeem.com/people/pb1WJ_/music/1NeSeJZA/morton_feldman_for_philip_gustoni/
http://www.imeem.com/tonicadominante/music/YJs0FZlC/morton_feldman_for_bunita_marcus_extracto/
http://www.imeem.com/people/yMoPR_/music/2kDlw-U2/morton_feldman_patterns_in_a_chromatic_field/
http://www.imeem.com/beescope/music/KMCJg6Id/morton_feldman_morton_feldman_durations_vmp3/
http://www.imeem.com/groups/_t1te_Fs/music/K6zcd_n3/morton_feldman_voices_and_cello/
http://www.imeem.com/groups/_t1te_Fs/music/MUVo73Gf/morton_feldman_rothko_chapel_5/
http://www.imeem.com/horstjaquet/music/WvyG8tZA/morton_feldman_ensemble_recherch_samoa_1968extract/
http://www.imeem.com/groups/_t1te_Fs/music/7GRfomED/morton_feldman_a_non_accented_legato/
http://www.imeem.com/pittsburghnetradio/music/lVdc3RUC/morton_feldman_untitled_film_music_1960_for_flute_horn/

42 :名無しの挑戦:2008/06/04(水) 17:12:24 ID:???
塔本シスコ
Google画像検索結果

http://images.google.co.jp/images?um=1&hl=ja&lr=&q=%E5%A1%94%E6%9C%AC%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%82%B3+&btnG=%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%E6%A4%9C%E7%B4%A2

43 :名無しの挑戦:2008/06/04(水) 20:27:00 ID:???
国産ブラウザー「Sleipnir」「Grani」に脆弱性、最新版に更新を
「お気に入り検索」機能に問題、検索結果の復元でスクリプト実行の恐れ

情報処理推進機構(IPA)とJPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は2008年6月4日、Webブラウザー「Sleipnir(スレイプニル)」と「Grani(グラニ)」に脆弱(ぜいじゃく)性が見つかったことを明らかにした。
ユーザーが意図しないプログラム(スクリプト)を実行される恐れがある。両ブラウザーの開発元はフェンリルで、いずれも最新版では修正済み。

今回の脆弱性は、SleipnirやGraniが備える「お気に入り検索」機能に関するもの。
「お気に入り検索」とは、ユーザーが登録した「お気に入り」を、名前やURL、コメントなどで検索できる機能。
この機能で検索した結果を履歴から復元した際に、悪質なスクリプトを実行される恐れがある。

具体的な悪用シナリオは以下のとおり。
攻撃者は何らかの方法を用いて、SleipnirやGraniのユーザーに対して、スクリプトを含むキーワードで「お気に入り検索」を行うように誘導する。
検索した時点では、そのスクリプトが実行されるようなことはないが、そのときの検索結果を履歴から再度開いた場合(復元した場合)、検索キーワードに含まれるスクリプトが勝手に実行されるという。

今回の脆弱性は「お気に入り検索」機能に関するものなので、Webページにアクセスするだけで被害に遭うようなことはない。

脆弱性が存在するのは、Sleipnir 2.7.1 Release2およびそれ以前、Portable Sleipnir 2.7.1 Release2 およびそれ以前、Grani 3.1 およびそれ以前。

対策は最新版へのアップデート。
フェンリルでは、脆弱性を解消した最新版Sleipnir 2.7.2、Portable Sleipnir 2.7.2、Grani 3.2をそれぞれ公開。
同社のWebサイトからダウンロードできる。
同社では、すべてのSleipnirおよびGraniユーザーに対して、必ずアップデートするよう勧めている。

なお、SleipnirとGraniの「お気に入り検索」機能には、2007年11月にも脆弱性が見つかっている。
そのときの脆弱性はSleipnir 2.6.0およびGrani 3.1で修正された。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080604/306425/


44 :名無しの挑戦:2008/06/04(水) 20:27:39 ID:???
ALSOKがPC操作を24時間エージェント監視するASPサービス,情報漏えい対策で

綜合警備保障(ALSOK)は,データの持ち出しや社外へのメール送信など企業内部からの機密情報の漏えいを24時間365日監視/報告するサービス「PC監視」を,2008年6月5日に開始する。
監視対象のWindowsクライアント1台当たりの価格は,初期導入費が1785円,年額費用が1万 7325円。監視対象を追加する場合は1台当たり月額1575円。

PC監視は,ネットワーク経由でWindowsクライアントの操作ログを収集/監視/報告するASPサービス。
監視対象のクライアントPCに所定のエージェント・ソフトをインストールして,ユーザー操作ログをALSOKのデータセンター側で収集し,監視する。
情報セキュリティ専用に設けた監視センターを用い,24時間体制で報告する体制を備えている。

監視項目は以下の通り。電源のオン/オフ,ログオン/ログオフ,アプリケーション実行履歴,印刷履歴,外部記憶媒体へのコピー履歴,メール・ソフトの利用履歴,
メール添付ファイル名,Webアクセス履歴,P2Pソフトの利用状況と,アップロード/ダウンロードしたファイルの状況,FTPなどファイル転送履歴,など。

販売対象エリアは,東京都,埼玉県,千葉県,神奈川県の1都3県(一部離島など遠隔地を除く)で,順次拡大していく予定。
また,今後は,クライアントPCのエージェント監視だけでなく,ネットワーク経由での監視サービスや監視情報の長期アーカイブ保存といったサービスを提供していくとしている。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080604/306212/

45 :名無しの挑戦:2008/06/05(木) 07:04:29 ID:???
最近の「Stormワーム」パッカーを分析する

米Webセンスのセキュリティ・ラボでは,「Stormワーム」が最初に猛威をふるった2007年初頭から,同ワームの追跡を続けている。
Stormワームは,2007年および2008年で最も悪名の高いマルウエアの一つだ。
これまで当ラボは,筆者の同僚であるNick Verenini氏が執筆した「Storm Worm Chronology」など,同ワームに関する数々の調査結果を公表してきた。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080604/306165/

46 :名無しの挑戦:2008/06/05(木) 07:08:46 ID:???
標的はブラウザからネットワーク機器へ
じわり増加するぜい弱性報告,JPCERT/CCが警告

JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は4月,ルーターをはじめとする組み込み機器に関するぜい弱性情報の公開件数が増えているとの警告を出した。
ネットワーク機器への攻撃は,知らぬ間に情報を盗まれる被害にもつながる。「その時」に備え,対処法を考える必要がありそうだ。

ネットワーク機器を中心とする組み込み機器のぜい弱性情報の公開件数が増えている−−。
コンピュータ・セキュリティ関連の情報収集やインシデント対応を支援するJPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は,2008年第1四半期の動向を総括したレポートの中でこう警告した。

JPCERT/CCと情報処理推進機構(IPA)はこの期間,組み込み機器に関して,3件のぜい弱性を公表している。
ヤマハ製のルーター,アイ・オー・データ機器製のルーター,キヤノン製のデジタル複合機およびレーザー・プリンタに関するものである。
いずれも,ネットワーク越しに攻撃を仕掛けられると,勝手に通信の経路を変えられたり,攻撃の踏み台にされたりするぜい弱性だった。

「偶発的に増えたのではなく,今後も同じようなペースでぜい弱性が公開されると見ている」
(JPCERT/CCの情報流通対策グループグループマネージャ情報セキュリティアナリストの古田洋久氏)。
2008年末には10件を超える可能性がある。

四半期で3件と聞くと少なく感じるかもしれない。ただ組み込み機器のぜい弱性は,「2007年まではせいぜい年に1,2件しか公開されてこなかった」(古田氏)。
公開されるぜい弱性情報は氷山の一角。ユーザーから報告されないまま放置されているぜい弱性はかなりの数に上ると考えられる。

報告数増加は研究者の危機感の表れ

JPCERT/CCは報告が増えている背景として,ぜい弱性を報告する研究者たちが組み込み機器に注目していることを挙げる。
「今後,犯罪者が本格的に組み込み機器を狙って攻撃してくることに危機感を持っている」(古田氏)のである。

実際,組み込み機器を狙った攻撃は,海外で徐々に見られるようになってきた。
2008年1月には,細工されたWebページを閲覧すると JavaScriptが動作し,ルーターの設定を書き換える攻撃がメキシコを中心に発生した。
ほぼ同時期に,Flashを使ってUniversal Plug and Play(UPnP)対応のルーターの設定を書き換える攻撃手法がインターネット上で公開された。
レイヤー2スイッチの設定情報を書き換えてしまうツールもインターネット上で出回っている。
このツールは,同じデータ・センターにユーザー用のサーバーAと犯罪者の管理下にあるサーバーXがある場合,外部から Aへのトラフィックを勝手にXに振り向けてしまう。

ネットワーク機器への攻撃は,パソコンやサーバーなどユーザーがじかに操作する機器への攻撃に比べて検知が難しい。
こうした攻撃が一般的になると,知らないうちに情報が盗まれる事件が今まで以上に増える懸念がある。

攻撃を防ぐには,「パソコンやサーバーと同様にぜい弱性が公表されたら,セキュリティ・パッチを適用したり,セキュアな設定に変更することが必要だ」
(JPCERT/CCの経営企画室業務統括の伊藤友里恵氏)。

ネットワーク機器は停止による影響が大きく,パッチ適用や設定変更を気軽に実施できないのが実情。
とはいえ,「被害を受けることを考えれば,とにかくやらなければならない」(伊藤氏)。
企業は,ネットワーク機器についてもパッチ適用や設定変更の手順を整える必要がありそうだ。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080520/303206/

47 :名無しの挑戦:2008/06/06(金) 01:10:51 ID:???
人間が思い浮かべた言葉を、MRIスキャンで探知する

コンピュータサイエンスの世界はとんでもないことになっていますね。

なんと、脳内をMRIスキャンすることで、今その人が思い浮かべている単語を探知できるんだそうです。
これはピッツバーグのカーネギーメロン大学での、機械の学習能力を研究する学部の研究。

主任研究員のTom Mitchellがロイターに語ったところによると、研究のゴールは、脳がどのように情報を取り扱っているか解明することだそうです。
脳ってなんでしょうね。

http://www.gizmodo.jp/2008/06/mri_1.html

48 :名無しの挑戦:2008/06/06(金) 01:15:12 ID:???
危険なWebサイトのホスティング率が最も高い国別ドメインは「.hk」

米McAfeeは米国時間2008年6月4日,世界における危険なWebサイトに関する調査結果を発表した。
それによると,最も危険性が高い国別ドメインは「.hk」(香港)で,前年調査時の28位から一気にワースト1になった。
香港ドメインを持つサイト全体の19.2%にセキュリティ上の問題があったという。

ワースト2の「.cn」(中国)も昨年の11位より危険性が高まった。
中国ドメインを持つサイト全体の11%にセキュリティ上の問題が見つかった。

cAfeeのリサーチ・アナリストであるShane Keats氏は,これらの国別ドメインが悪用されやすい背景には,ドメイン登録料金が安いことや,
これらの国での規制が緩いことがある,と指摘している(http://news.cnet.com/8301-10784_3-9958609-7.html)

逆に,安全な国別ドメインは「.fi」(フィンランド)で,危険なサイトが占める割合は0.05%。
次いで「.jp」(日本)が 0.13%だった。
そのほか,「.no」(ノルウェー),「.si」(スロベニア),「.co」(コロンビア)なども危険なサイトの割合が0.3%未満と低かった。

Webサイト全体で,スパイウエアやアドウエア,ウイルスなどの不正なソフトウエアがWebサーフィン中にダウンロードされる割合は,2007年と比べ41.5%増加した。

調査は,265の国別ドメインおよび汎用ドメインの合計990万サイトを対象に実施した。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080605/306708/

49 :名無しの挑戦:2008/06/06(金) 01:20:29 ID:???
SunのJava ASP Serverに脆弱性、アップデートを公開
悪用されるとリモートの攻撃者がroot権限または「Sun Java ASPサーバ管理者」の権限で任意のコードを実行できるようになる。

米Sun MicrosystemsのJava ASP Serverに、任意のコードが実行される恐れのある脆弱性が複数見つかり、Sunはアップデート版を公開して問題に対処した。

Sunのアラートによれば、問題を悪用されるとリモートの認証を受けない攻撃者がroot権限または「Sun Java ASPサーバ管理者」の権限で任意のコードを実行できるようになる。
これにより、重要情報が持ち出されたり、セキュリティ制限を回避されたりする恐れがある。

対象になるのは、Java ASP Server 4.0.2とそれ以前のバージョン。
Solaris、Linux、Windowsなどの全プラットフォームが影響を受ける。
Sunは問題を修正したアップデート版のJava ASP Server 4.0.3を、Webサイトで公開している。

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0806/05/news025.html

50 :名無しの挑戦:2008/06/06(金) 01:49:08 ID:???
Win Skill
2008/6/5(木) 11:01 PM

シリアルとかクラックパッチとかあるサイト「Crack Found」

http://winskill.blog117.fc2.com/blog-entry-264.html

51 :名無しの挑戦:2008/06/06(金) 11:24:55 ID:???
勝手に暗号化して脅迫するウイルス

アンチウイルスベンダのKaspersky Labによると、ウイルスGpcodeの新たな変種が見つかったらしい(Net Securityの記事 http://www.net-security.org/malware_news.php?id=945)
Gpcodeは、感染したコンピュータ上にある.doc, .txt, .pdf, .xls, .jpg, .png, .cpp, .hといった拡張子のファイルを勝手に暗号化。
暗号化したファイルの拡張子を._CRYPTに変えると共に、同じディレクトリに!_READ_ME_!. txtなるテキストファイルを置く。
このファイルには、被害者のファイルが暗号化されていること、そして復号化ソフトウェアの購入方法が書かれているそうだ。
かつてのGpcodeは暗号化アルゴリズムとして若干弱い660ビット長鍵のRSAを使っていたため、アンチウイルスベンダ側で秘密鍵をクラックすることができたが、
今回見つかった変種Gpcode.akが使っているのは1024ビット長鍵のRSAで実装にも問題がないため、ウイルス作者の鍵を使わないかぎり現状では解読は困難だと言う。

今後は、この手のユスリを働くマルウェアが増えていくのだろうか?

http://slashdot.jp/security/article.pl?sid=08/06/06/0042248

52 :名無しの挑戦:2008/06/06(金) 12:42:34 ID:???
サイバー攻撃対策で国際協調 日韓が情報共有サイト

ネット上のサイトを不正操作するなどのサイバー攻撃が国際化していることに対応し、日本と韓国の両政府が相互の被害情報などをリアルタイムに共有するウェブサイトを、今夏にも立ち上げることが5日、明らかになった。
攻撃の規模や程度を日韓両国で把握することで、迅速に対策を講じるとともに、攻撃者の特定などにつなげるのが狙い。
9日から3日間、神戸市で開かれるASTAP(アジア・太平洋電気通信標準化機関)の総会で日本の総務省と韓国の通信放送委員会が計画を公表し、インドや中国、オーストラリアなど加盟34カ国に参加を呼びかける。

これまでサイバー攻撃の監視は、各国が独自に研究団体などと行ってきたが、情報の安全保持などの観点から、被害発生時に他国に情報を積極的に公開することは少なかった。

しかし、ウェブサイトの改竄(かいざん)や広範囲へのウイルスメールの送信、金融系サイトの不正操作などが国境を越えて行われるケースが増えており、こうした事態に対処するには、国際的な協力体制を構築する必要があると判断した。

開設するサイトは情報の提供と、それを悪用しないことなどを条件に、両国の企業や研究機関が常時閲覧できるようにする。
参加者が閲覧できる情報内容はすべて同一にし、アクセス権限の差別は行わない。

また、共有される情報の種類などを共通化することで、日韓以外の国でも参加しやすい枠組みを作る。
今後、アジア太平洋地域に加え、欧米各国に対してもサイバー攻撃発生時に情報を共有する仕組みとして、同様の取り組みを促す考えだ。

2007年に警察庁や全国の警察署に報告された、ハッカーなどによるウェブサイトへの不正アクセス件数は1818件に上り、03年比で約9倍に増加した。海外からのアクセスも79件で前年比で倍増している。

http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000056024,20374763,00.htm?ref=rss


53 :名無しの挑戦:2008/06/07(土) 01:33:22 ID:???
ES細胞から皮膚や神経が作られる要素を解明!

受精した卵子が胚となり、皮膚や内臓、神経などに分化していく。昔、読んだ生物の教科書にはそう書いてあった。
しかし不思議なのは胚の細胞がどうして自分で「この部分は皮膚」「ここは胃」「ここは脊髄」などと分かれて1体の生物となりえるのか……。
いやー、生命の神秘だなー、と思ったものだ。

今のところ、消化器、呼吸器などになる「内胚葉」、筋肉、骨、血液などになる「中胚葉」は分泌性タンパク質などが作用することで、生成がコントロールされるのが判明している。
しかし、皮膚や神経の元となる「外胚葉」だけ分化にスイッチを入れてコントロールする要素が分からなかった。
多能性細胞が分化して、内胚葉、中胚葉、外胚葉と別れるが、外胚葉に分化するための因子がこれまで分からなかった

しかし先日、理化学研究所が外胚葉の文化を決める要素を見つけたと発表した。
その要素とは、特殊な核内タンパク質を持つ遺伝子だったのだ。
この遺伝子が初期胚の細胞やES細胞などの多能性細胞に注入されると、他の胚葉への分化をおさえて外胚葉になってしまうというシステム。

現在、ES細胞やiPS細胞は失われた身体の器官を再生して治療する「再生医療」にとってなくてはならない存在で研究が進んでいる。
今回の外胚葉へ分化する仕組みがわかったのは、今後の再生治療にとって大切な一歩だろう。

http://ascii.jp/elem/000/000/139/139837/

54 :名無しの挑戦:2008/06/07(土) 01:33:55 ID:???
臨機応変なロボットのヒントは脳にある?
−理研BSI-トヨタ連携センターの取り組み−

これからのロボット――いわゆる次世代サービスロボットには、人間を助ける役回りが期待されている。
しかしながら独立行政法人理化学研究所理研BSI-トヨタ連携センター自律行動制御連携ユニットユニットリーダーの下田真吾氏は
「家庭内や災害現場などで活躍することが求められているロボットは、これまでの産業用ロボットや現在のヒューマノイド研究の延長線上には存在していない」と語る。
「ヒントは脳にある」というのが下田氏らの研究のスタンスだ。
研究中の身長およそ1mほどの歩行ロボットのデモを見ながら話を聞いた。

http://robot.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/06/06/1102.html

55 :名無しの挑戦:2008/06/07(土) 01:34:17 ID:???
四川大地震の追悼サイトが改竄、米Symantecが報告

四川大地震への悲嘆や哀悼を書き込む追悼サイトが改竄され、閲覧者のPCにウイルスをダウンロードさせるコードが埋め込まれた。
米Symantecが3日、公式ブログで明らかにした。

サイトには不正なIFRAMEが埋め込まれ、複数の脆弱性を突く別のWebページにユーザーを誘導する。
複数の中国語によるソフトのほか、RealPlayerやMicrosoft Data Access Componentsの脆弱性が狙われていたという。

これらのソフトの脆弱性が修正されていないPCでは、実行ファイルを入手可能なURLが35件記載されたテキストファイルをダウンロード。
その後、これらのURLからすべての実行ファイルをダウンロードする。

実行ファイルはそれぞれ異なるドメインにホストされているが、いずれもオンラインゲームのアカウントを盗み取るトロイの木馬。
Symantecでは、「Infostealer.Gampass」として検知している。

これまでも四川大地震に関連する詐欺メールやトロイの木馬が出回っているが、Symantecでは「ユーザーは絶えず油断してはならないが、自分自身が不安定な状況にあるときはなおさらだ」と注意を呼びかけている。

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/06/06/19846.html

56 :名無しの挑戦:2008/06/07(土) 01:34:38 ID:???
ネット薬局で販売される薬、6割以上が偽物との調査結果

インターネット上の薬局で販売される薬の6割以上が偽物であり、そのほかにも違法な販売手法がとられていることがわかった。
安全な薬が入手できるよう活動している団体「The European Alliance for Access to Safe Medicines(EAASM)」が5日に発表した調査報告書「The Counterfeiting Superhighway」で明らかにされた。

この調査はEUを対象に実施されたものだが、インターネットで購入した薬のうち、まがいものでない正当なブランド製品はわずか38%。
さらに、このまがいものでなかった薬のうち16%は、EUに不正輸入されたものだった。
また、33%は、患者のための情報提供パンフレットが提供されない違法な状態で販売されていたという。

今回の調査結果では、ネット薬局の多くが違法営業している実態も明らかになった。
ネット薬局の95.6%が違法営業しており、94%のサイトで薬剤師の氏名を明記していないため、真偽の確認をすることができなかったという。
また、90%以上のWebサイトで、処方箋が必要な薬を処方箋なしで販売していた。
さらに86%のネット薬局では、薬局として認可されていることを証明するスタンプが偽造されていた。

販売方法にも重大な問題が認められた。
心臓血管薬の「Plavix」とともに無料の「Viagra(バイアグラ)」が提供された事例があったという。
心臓病患者は、たとえ勃起不全のような症状でも、医師の指導のもとに薬を摂取しなければならず、特に複数の薬を摂取する場合は特にそのことが重要だ。
このような、人体に危険を及ぼすような販売方法が数件観察された。

こうした重大な問題があることから、EAASMでは、偽薬の宣伝をするWebページをGoogleやYahoo!、MSNなどのサーチエンジンから削除するよう求めている。
このような手法は幼児ポルノ撲滅で成功を収めており、違法なネット薬局を撲滅するためにも有効だと考えている。

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/06/06/19841.html

57 :名無しの挑戦:2008/06/07(土) 01:35:08 ID:???
スパムメールの発信元、一位は中国。ブラジル、トルコが続く

スパムメールやボットの発信元として最も多い国は中国で、ブラジル、トルコ、米国がそれに続くということがインターネットのセキュリティ調査会社、Team Cymruの調査で分かりました
(Technology Review誌の記事http://www.technologyreview.com/Infotech/20579/)。

これは、スパムメールやボットの発信元となるIPアドレスを調べ、それを元にどの国からそれらが発信されているかを調査したもので、発信元トップの中国の場合、200万以上のIPアドレスがスパムメールの発信に使用されていたそうです。

一方、昨年大流行したSPAM配信ボット「StormWorm」の発信元トップはインドで、またそのほかのボットについては米国やドイツ、日本がその発信元になっているようです。

なお、このようなインターネット上での不正行為について、米国では2007年に22万件以上が報告されており、また、これにより5億2570万ドル(約551億円)相当もの被害が発生しているそうです。

個人的には、スパムメールの発信源としてロシアよりもブラジルやトルコなどのほうが数が多いのが意外でした。

http://slashdot.jp/security/article.pl?sid=08/06/06/0736241

58 :名無しの挑戦:2008/06/07(土) 08:25:10 ID:???
日本睡眠学会がサマータイム制導入に反対声明

日本睡眠学会(http://jssr.jp/)は6月5日、サマータイム制の導入に反対する声明
(PDF http://jssr.jp/oshirase/summer_time.pdf)を発表しました。
反対理由を要約すると:

1. サマータイム制は睡眠や生体リズムに対する影響を通じて、健康に悪影響を与える可能性がある。
2. サマータイム制における時刻変更時に交通事故の増加が報告されている。
3. サマータイム制は必ずしも省エネにはならない。むしろ、医療費の増加や経済的損失など“増エネ”になる。
4. サマータイム制は光熱費等のエネルギー消費(出費)を、結果として企業から個人(家庭)に一部移行させる制度であり、家計を圧迫する。
5. 韓国・中国・香港は、かつて制度を導入したが、現在は廃止している。仏・露でも制度に対する根強い反対運動がある。

予想される睡眠問題についての認識や議論も深まっておらず、同学会はサマータイム制度の導入に反対するとしています。

http://slashdot.jp/articles/08/06/06/2153204.shtml

59 :名無しの挑戦:2008/06/07(土) 21:27:25 ID:???
ボーイング社、25キロワット出力のレーザー開発に成功

レーザーライフルの実現が目の前に迫ってきました。

同社がこのたびテストした新しい薄型ディスクレーザーは、既存の固体レーザーの中で最もパワフルなものだそうです。
出力25キロワット、数年以内に100キロワットレーザーの実現を目指すんだとか。

プレスリリースによれば、「光速でターゲットにダメージを与えたり、機能を使えなくしたり、破壊したりできる。
巻き添え損害は一切起きないか非常に少ない。戦地でのミッションにも都会での作戦でもサポートできる。」そうです。

http://www.gizmodo.jp/2008/06/post_3783.html

60 :名無しの挑戦:2008/06/09(月) 01:52:14 ID:???
ウイルス対策の歴史をひもとく

いまや「コンピュータ・ウイルス」という言葉を知らないインターネット・ユーザは,いないと言っても過言ではないだろう。
インターネットの世界にとっては決して好ましいことではないが,コンピュータ・ウイルスという言葉がある意味で市民権を得た現在に至るまで,
多くの事象が発生し,多くのユーザで被害が広がった一方で,ユーザもセキュリティ・ベンダーも様々な対策を講じてきた歴史がある。

初期のウイルスは,現在と比べて攻撃手法も複雑でなく,また被害規模も大きくない。
しかし黎明期に発生した数々のウイルスが基礎となり,今日の複雑で凶悪なウイルスとなっていることは間違いない。
ウイルスの歴史を知ることは,今の対策にも有益である。

この特集では,そのウイルスの歴史をひもといていこう。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080605/306342/?ST=securityhole

61 :名無しの挑戦:2008/06/09(月) 12:16:10 ID:???
Microsoft、新版デスクトップ検索ツール『Windows Search 4』公開

Microsoft は先週、『Windows Vista』『Windows XP』『Windows Server 2003』『Windows Server 2008』『Windows Home Server』用のデスクトップ検索ツール『Windows Search 4』の正式版配布を開始した。
このアップグレード版では、同ソフトウェアをインストール済みの別のコンピュータも検索できる機能が、新たに加わっている。

一方、Microsoft の研究開発部門はこれと平行して、グループ検索ツール『SearchTogether』のベータテストを行なっている。
これは、複数ユーザーが Web 上で協力し合いながら検索を行なえるようにしようという発想の製品だ。

この2つの発表から伺えることは、Yahoo! の買収を断念し、米国内の Web 検索市場でかなり差のある3位の位置に甘んじているとはいえ、
Microsoft が引き続き全方位的な検索機能の強化に取り組んでいるということだ。

Microsoft の公式 Blog サイト『Windows Experience』に投稿された記事によると、デスクトップ マシンで検索対象情報のインデックス化や抽出を行なう Windows Search 4 には、
パフォーマンスと信頼性を改善する微調整を施すなど、機能の追加や変更を行なったという。

中でも特筆すべき新機能の1つは、Windows Search 4 が稼働している別のデスクトップ パソコンやサーバーと検索インデックスを共有する機能だ。

公式 Blog に記事を寄せた Microsoft の Brandon LeBlanc 氏は、次のように述べている。
「われわれは遠隔インデックス ディスカバリ、いわゆるパソコン間検索を拡張し、Windows Search 4.0 が動作しているマシン間における、データ検索の高速化と効率化を実現した。
(これにより) Windows Vista から Windows XP へ、あるいは Windows Vista から Windows Server 2008 へのクエリが可能になった」
また IT 管理者向けの機能としては、パフォーマンスへの影響を最小限に抑えながら『Exchange Server』をインデックス化するための設定など、より細かな管理を検索機能で行なえるように『Group Policy』を拡張したと、LeBlanc 氏は述べている。
また、『Microsoft Office SharePoint Server』および『Microsoft Search Server』といった、企業環境向け検索サーバーとの連携も実現した。

http://japan.internet.com/busnews/20080609/12.html?rss

62 :名無しの挑戦:2008/06/09(月) 12:17:12 ID:???
今度の「大人の科学」はアナログシンセサイザー

様々な装置を作って学べる「大人の科学マガジン」ですが、7月30日発売の特別編集版は「シンセサイザークロニクル」ということで、ふろくにはアナログシンセサイザーがつきます。(http://otonanokagaku.net/magazine/special2/index.html)
1チャンネルのみですが操作パネルの写真からLFO WAVE、LFO RARE、PITCH ENV、CUTOFF、RESONENCE ON/OFF、ATTACK、DECAYを指定できるようで、作りながらアナログシンセの仕組みや操作を学ぶには十分な構成となっています。
演奏は可変抵抗のスライドコントローラーにプローブをあてることによって行うようです(場所によって音程が変わる)。
アナログシンセの独特の音色を楽しむことはもちろん、装置を改良する楽しみもあるでしょう。
たとえば、スライドコントローラーの変わりに鍵盤を接続することで正確な音程で演奏できるようにすることも出来そうですね。
同誌のサイトには、「ふろくシンセのできるまで」という記事(http://otonanokagaku.net/feature/vol15/index.html)が掲載されており、大変興味深いです。
http://slashdot.jp/articles/08/06/08/2347204.shtml

63 :名無しの挑戦:2008/06/09(月) 12:17:39 ID:???
フューチャリストのレイ・カーツワイル氏、未来についての予測を語る

フューチャリストのレイ・カーツワイル氏によると、2029年にはコンピュータが人間と区別が付かないほどの会話を実現し、チューリング・テストをパスするだろうとのことです。
カーツワイル氏はこの予測に自信満々で、ロータス開発者のミッチ・ケイパー氏と1万ドル賭けているとのこと。
また、2020年代には脳にコンピュータを付加したり、人間同様の賢さをもった機械を作ったりすることも可能になるとも予測しています。
これらはインフォメーション・テクノロジーによって生物学、薬学やエネルギーをはじめ様々な分野に大変革が起きることで実現されますが、既にナノテクノロジー、遺伝子配列解明や脳スキャンの解像度の向上などの分野で、技術の飛躍的な進歩の始まりがみられるとのことです。

この予測を行ったレイ・カーツワイル氏はアメリカにおいては非常に著名なフューチャリストであり、フラットベッド・スキャナー、シンセサイザー、文章読み上げマシンなどを世に送り出した発明家でもあります。
フューチャリストとしては収穫加速の法則の法則を提唱し、インターネットの普及時期などを非常に僅かな誤差で予測した人でもあります。
今回の予測も、現在の技術進歩を収穫加速の法則に基づいて分析して行ったものとのことです。

http://slashdot.jp/science/article.pl?sid=08/06/08/2339230

64 :名無しの挑戦:2008/06/09(月) 13:31:00 ID:???
ファイルを人質に取るマルウェアが復活、今度は強力な暗号装備
今度の亜種は1024ビットの強力なRSA暗号で人質ファイルを暗号化してしまう。現時点で解除は不可能だという。

ロシアのセキュリティソフトメーカーKaspersky Labは、ユーザーのファイルを人質に取って金銭を要求するマルウェアの新しい亜種「Gpcode.ak」を発見したと伝えた。
今回の亜種は強力な暗号を使ってユーザーのファイルを暗号化してしまい、今のところ解読は不可能だという。

Gpcode.akは感染すると、DOC、TXT、PDF、XLS、JPG、PNG、CPPなどの拡張子が付いたファイルを暗号化してしまう。
その後「おまえのファイルはRSA-1024で暗号化された。取り戻したければ解読ツールを買わなければならない」とのテキストメッセージを表示し、記載されたメールアドレスへの連絡を促す。

Kaspersky Labにはすでに被害報告が寄せられており、6月4日に同社のウイルス対策データベースに登録して検出できるようにした。
しかしGpcode.akの検出はできても、暗号化されたファイルの解除はできないという。

Gpcodeは2年前に出現し、この時は暗号アルゴリズムの実装ミスがあったため解読が可能だった。
しかし、今回使われている1024ビットの強力なRSA暗号は、作者が持つ非公開鍵がなければ解除できないという。

このウイルスがどのような経路で感染するのかはまだ分かっていない。

KasperskyはGpcode.akのRSA 1024ビット鍵を破る作業に取り組んでいるが、この作業にはコンピュータ1500万台を使っても1年はかかるという。
同社は専用フォーラムを開設し、ウイルス対策ソフトメーカーや研究者、政府機関などに対し、Gpcode対策プロジェクトへの協力を呼びかけている。

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0806/09/news017.html

65 :名無しの挑戦:2008/06/10(火) 07:52:53 ID:???
7社26誌の中吊り広告をいつでも閲覧できる「今日のナカツリ VIEWER」
“AERA”“週刊文春”“an・an”などの中吊り広告をデスクトップに表示

アップフロンティア(株)は9日、雑誌の中吊り広告をデスクトップに表示できるソフト「今日のナカツリ VIEWER」を公開した。
Windows XP/Vistaに対応するフリーソフトで、現在本ソフトの専用Webページからダウンロードできる。
なお、動作にはAdobe AIR 1.0が必要。

「今日のナカツリ VIEWER」は、デスクトップ上に雑誌の中吊り広告を表示できるソフト。
“AERA”“週刊新潮”“週刊文春”“an・an”など7社26誌の最新号の中吊り広告を、300×210ピクセルほどのサイズで常時表示することが可能。
電車に乗らなくても中吊り広告をチェックし、世間の動きを掴むことができて便利。

表示する中吊り広告は、本ソフトにマウスを重ねると表示されるボタンで切り替えられる。
また、気になる見出しがあった場合は本ソフトを全画面表示し、中吊り広告を790×560ピクセルほどに拡大して表示することも可能。
さらに、表示した雑誌の公式サイトをIEで開く機能も備える。

【著作権者】アップフロンティア(株)
【対応OS】Windows XP/Vista
【ソフト種別】フリーソフト
【バージョン】-(08/06/09)

□新鮮な中吊り広告をデスクトップにお届け|今日のナカツリ
http://nakatree.jp/

http://www.forest.impress.co.jp/article/2008/06/09/nakatreeviewer.html

66 :名無しの挑戦:2008/06/10(火) 07:54:14 ID:???
スパマーの戦略,CAPTCHA解読を足がかりとするメールの大量配信

米ウェブセンスのセキュリティ・ラボは,Webベースの脅威からユーザーを守る「Threatseeker」を使い,CAPTCHA解読攻撃から始まるスパム送信者(スパマー)の戦略行動を監視し続けている。
このCAPTCHA解読は,米マイクロソフトのWebメール・サービス「Windows Live Mail」「同Live Hotmail」,米グーグルの同「Gmail」およびブログ・サービス「Blogger」,
および米ヤフーのWebメール・サービス「Yahoo! Mail」を対象としたものだ(米InformationWeek誌の掲載記事)。
ウェブセンスはこれらのスパマー・アカウントが,スパマーの高度な戦略のうちのいくつかのステージに相当することを観測した。

今回のような戦略が登場したことで,CAPTCHA解読校kg駅が出現した当時のウェブセンスの予想が正確であったことが実証された。
スパマーはCAPTCHA解読で取得したアカウントを悪用して,高度な新手法を含むランダムな攻撃を仕掛けている。

スパマーは今回の攻撃で,CAPTCHA解読による電子メール・アカウントの取得にとどまらず,電子メールの大規模配信,パソコンへの大量感染,情報の不正入手を行う。
さらにランダムかつ複雑なネットワークを利用して製品やサービスを宣伝し,インターネットに出回るスパムの寿命を延ばして,スパムの追跡を困難なものにしようとしている。

攻撃を成功させるため,スパマーは複数の戦略を組み合わせ,階層化して攻撃を仕掛けていた。
この攻撃方法は,以下の3段階に分けられる。

第1段階:CAPTCHA解読で取得したアカウントによるメール大量配信
第2段階:スパマーの製品/サービスの宣伝
第3段階:宣伝用インフラのオンライン状態を維持

これらの戦略はすべて,多くのスパマーが仕掛けている戦略の実行フェーズを説明したものだ。
広告キャンペーン(スパム送信),見込みのある消費者(ターゲット)にうまくたどり着くための効率的なシステムを生み出そうとする,スパマーの心理を浮き彫りにしている。

ウェブセンスでは,こうした(手動または自動の)CAPTCHA解読を足がかりとした大規模な(同じく手動または自動の)メール配信が,様々なソーシャル・エンジニアリング攻撃で大量に実行される可能性があると見ている。

ウェブセンスのアンチスパム技術は多次元かつ自動適応型であるため,今回のようなスパムでも高い検出レベルを達成でき,ユーザーを十分な保護を顧客に提供できる。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080609/307006/

67 :名無しの挑戦:2008/06/10(火) 07:57:44 ID:???
ラック、SQLインジェクション検知できるログ解析ツール

ラックは2008年6月9日、無料ツールとして、Web アプリケーションの脆弱性を狙った攻撃の有無を確認できる、独自開発の Web サーバーのログ解析ツール「SecureSite Checker Free(セキュアサイト・チェッカー・フリー)」をバージョンアップしたと発表した
https://www2.lac.co.jp/sschecker/index.html)。

今回のバージョンアップでは、多くの Web サイトで利用される Apache(アパッチ) HTTP Server への対応と、解読が難しくなってきている SQL インジェクションなどの Web アプリケーション脅威の検知も可能なった。

同社では Web アプリケーションの診断や、脆弱性が発見された場合の対策方法まで適切なアドバイスを実施するなどのサポートサービスも提供している。

http://japan.internet.com/webtech/20080609/4.html?rss

68 :名無しの挑戦:2008/06/10(火) 07:58:23 ID:???
P2Pネットワークやスパムで配布される「Downloader-UA」が増加〜マカフィー

マカフィーは9日、5月におけるウイルスや不審なプログラム(PUP)の検知状況を発表した。
同社が国内5万を超える企業に提供している「McAfee Managed Total Protection」で捕捉した情報をもとに算出した。

まず、ウイルスについては、「Generic!atr」が企業数ベースで928社、マシン数では2,880台で最多。
ファイル数ベースでは「W32/Fujacks!htm」が26万8,435件で最多だった。
マカフィーによると、順位の変動はあるものの、傾向は4月とほぼ同じ。
ただし、「Downloader-UA」「Downloader-UA.h」が上位に入った点で変化があったという。
これらは、マルチメディアファイルを利用したトロイの木馬で、P2Pネットワークやスパムなどによって配布され、検知数が増えている可能性があると見ている。
コンテンツ実行時に発生するポップアップや、ライセンス認証に充分な注意が必要だと呼びかけている。

PUPについては、企業数/マシン数ベースでは「Generic PUP.g」が690社/1,014台で最多、ファイル数では「Exploit-MIME.gen.c」が6万2,731件で最多だった。
ここ数カ月ほとんど同じように推移しており、アドウェアのカテゴリーが多いため、不用意なアプリケーションのインストールに引き続き注意を呼びかけている。

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/06/09/19861.html

69 :名無しの挑戦:2008/06/10(火) 08:23:59 ID:???
フリーペーパー「dictionary」20周年記念イベント!

CLUBKING dictionary 20th ANNIVERSARY CELEBRATION
CLUBKING LIMITED STORE
BUT UNLIMITED GOOD STUFF

CLUBKING WEBSITE
http://www.clubking.com/

http://komu-komu.air-nifty.com/blog/2008/06/clubk.html

70 :名無しの挑戦:2008/06/10(火) 10:42:40 ID:???
学会誌はもはや時代遅れ?

世界のどこでもほんの数秒で情報を手に入れることが出来るようになり、印刷媒体の情報は出た途端に時代遅れとなるに等しい今、学術研究の分野でなぜ学会誌がいまだに重要な位置を占めているのだろうか?
学会誌では論文が投稿されてから発行されるまで1、2年かかることも多く、情報は手に入れ易いとは言いがたい(もしくは手に入れるために高い金額を払う必要がある)。
これが原因で技術進歩が妨げられたりしないのだろうか? 査読付きの発表の場は他にもある。
なのに何故それでも学会誌なのだろう? 学会誌は今や社会に何をもたらしているのだろう? ただ単に教授たちの生産性を評価するためのものに過ぎないのだろうか?

実際、現在の学会誌の影響力や位置づけとはどのようなものなのだろうか? 昔と今では変化したりしているのだろうか? 学術界に身を置く/.Jerの皆様の見解をぜひお聞かせ願いたい。

http://slashdot.jp/askslashdot/article.pl?sid=08/06/09/2335237

71 :名無しの挑戦:2008/06/10(火) 10:56:32 ID:???
米国でも"ネットいじめ"が深刻化 - 罰金刑/懲役刑を求める新法案も

米下院議員のLinda Sanchez氏およびKenny Hulshof氏は、インターネット上で横行する誹謗中傷行為などに実刑を科し、厳罰化による対策強化を求める新法案「Megan Meier Cyberbullying Prevention Act」の制定を提唱している。

同法案名にある「Megan Meier」という名前。このところ米国内で大きな話題になった、いわゆる"ネットいじめ"の犠牲となって命を絶ったとされる、米ミズーリ州セントルイスのティーンエイジャーの少女の本名から取られているという。(★1)
この少女は、SNSの「MySpace」上で"Josh"と名乗る16歳の少年と知り合ったものの、消え失せるように罵られるなど、度重なる嫌がらせを受け、ついに自殺してしまった。
しかしながら、後にJoshの正体が、実は近所に住む少女の旧友の母親であることが判明し、物議を醸したようだ。

少女が自殺に至る経緯が明らかになってきた一方、現在、米国内にはインターネット上の嫌がらせなどを明確に取り締まる法律が存在しない。
そのため、 Drew氏のケースは、不正アクセス関連の罪状などでしか処罰できずに終わったとされている。
この事件の発生を受けて、Sanchez氏は「ネットいじめに従事する者を取り締まれる明確な法律が必要である。
現在の法では、子どもたちをオンラインで十分に保護することができないが、この状況は変えられねばならない」とのコメントを発表していた。

新たにSanchez氏およびHulshof氏が共同で提唱する同法案では「電子的な手段を用いて、他人に何かを強要する、恐喝する、嫌がらせをする、深刻な感情的ストレスを与えるなどの行為が、
悪質かつ敵対的に繰り返しなされるならば、2年以下の懲役または罰金を科す」ことを求めており、ネットいじめの抑制につながることが期待されている。

なお、同法案の提唱にあたり、ミズーリ州での事件が発端とはなったものの、規制強化が必要とされる数々の客観的な証拠も列挙された。
たとえば、 2〜17歳の子どものうち、家庭にインターネット利用環境が整っている割合は約8割。SNSを利用したり、自作コンテンツをオンラインで公開したりしている若者ほど、ネットいじめの被害に遭っているとのデータが紹介されている。
また、米国内の精神科医を対象に実施されたある全国調査では、過去5年以内にインターネット利用に絡む問題を抱えた患者を診察したことがある医師は6割に上り、その患者の過半数が18歳以下であったとの事実も明らかにされている。

http://journal.mycom.co.jp/news/2008/06/10/010/index.html

72 :名無しの挑戦:2008/06/10(火) 13:37:41 ID:???
周囲から立体映像見られる小型ディスプレイ開発

映画館で見る立体映像とは全く異なり、どの方角から見ても立体映像が見える技術を情報通信研究機構が開発した。
複数の人間が周囲から見ることができるだけでなく、ディスプレイは手の上に載る小ささで、これまでにないコンセプトの立体映像提示技術だ、と同研究所はいっている。
新しく開発された立体映像ディスプレイは、液晶ディスプレイ(LCD)とレンズ板の組を一つの面としてキューブ(立方)型に組み合わせた形をしている。
キューブ内部に立体映像が表示される。
LCDにはさまざまな方向からの映像が表示されており、レンズの効果によって、ある方向から見たときに対応する適切な映像だけが見えるようになっている。
これまでもキューブ型の立体映像ディスプレイはあったが、すべて1人で見る方式で、今回のように複数の人が周囲から同時に見ることができるものはなかった。
教育や工業デザインのツールや、ゲームの表示技術としての利用を、同機構は期待している。

http://scienceportal.jp/news/daily/0806/0806101.html

73 :名無しの挑戦:2008/06/10(火) 13:40:24 ID:???
Hans Reiser、減刑と引き換えに妻の遺体の場所を自白か

ReiserFSの開発者として知られ、妻の殺害容疑で逮捕、有罪となったハッカーHans Reiser氏については/.Jでも何度か取り上げられてきた。
中には彼の無罪を信ずる向きもいただろうが、どうやらその可能性は完全に否定されることになりそうだ。
カリフォルニア州アラミダ地方検事のThomas Orloff氏によれば、Reiser氏は減刑と引き換えに、行方不明の妻Ninaの遺体がある場所を自白することになりそうだと言う(Wired の記事http://blog.wired.com/27bstroke6/2008/06/hans-reiser-off.html)
まだ司法取引の詳細は決まっておらず、Orloff氏によれば「申し入れのようなものはあったが、まだ何も決まってはいない」とのことだが、仮に取引が成立した場合、Reiser氏の有罪評決は第一級殺人罪から第二級殺人罪へと減刑されることになるようだ。
事情に詳しい匿名の情報源によれば、「Reiser氏に残る方策は、遺体の場所を明らかにするぐらいしかない。
他に選択肢はないのだ。
再審が認められても、また有罪となる可能性が非常に高い」とのこと。

http://slashdot.jp/linux/article.pl?sid=08/06/10/0051251

74 :名無しの挑戦:2008/06/10(火) 16:50:20 ID:???
Googleドキュメントなどを悪用するスパムが登場、MessageLabs月例調査

MessageLabsは、2008年5月におけるスパムメールに関する月例レポートを公表した。
5月には、全メールのうちスパムメールが占める割合が 76.8%に達し、GoogleドキュメントやMicrosoft SkyDriveなどWeb上のサービスを悪用する手法が見られたとしている。

MessageLabsによれば、2008年5月のメールトラフィック中に占めるスパムメールの割合は76.8%で、4月から3.3ポイント増加。地域別では、香港が世界で最も多くのスパムメールを受信しており、スパムメールの割合が85.9%に達している。
その他の国は、米国が73.4%、英国が71.3%、中国が77.8%、日本が74.2%などで、ほぼすべての地域でスパムの割合は増加している。

スパムメールの手法としては、最近数カ月に渡ってGoogleやYahoo!、Hotmailなどの無償のオンラインサービスがターゲットとされており、機械的なユーザー登録を防ぐCAPTCHA技術を突破する手法も開発されているという。

また、新たな手法としては、GoogleカレンダーやGoogleドキュメント、共有ファイルホスティングのMicrosoft SkyDriveなどの悪用が確認されたという。
スパマーは、こうしたオンラインサービス上に誘導したいサイトへのリンクを設置し、ユーザーには Googleやマイクロソフトのリンクを送ることで、スパムフィルターを回避するのが狙いだとしている。

また、4月にはWindows UpdateによってStorm Wormへの対策が進み、Storm Wormのボットネットが当初の規模の5%まで減少したが、5月19日には新たなStorm Wormのコピーを81,000件以上捕捉したという。
この攻撃には、既にボットネットの支配下にある700台以上のPCが使用され、攻撃によるスパムメールはこの時期のスパムメール全体の1〜2%を占めたという。

フィッシング攻撃の手法としては、米国の銀行が顧客に対して電子明細書への移行を促す「グリーン化」キャンペーンを悪用する手法などが目立ったという。
また、既存のドメイン名のDNSを支配することで、フィルタリングによるブロックを回避しようとする攻撃も見られ、日本企業のドメイン名のDNS が乗っ取られてフィッシング攻撃に使用された例などが紹介されている。

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/06/10/19876.html

75 :名無しの挑戦:2008/06/10(火) 16:50:51 ID:???
カナダで7歳少女がナチスのシンボル着け登校、当局が保護

当地の児童保護担当者が、7歳の少女がナチスのシンボルであるかぎ十字や白人至上主義を意味するマークを体に着けて登校したことを受け、この少女と2歳の弟を保護した。
地元紙ウィニペグ・フリー・プレスが9日伝えた。

同紙によると、州の当局者は、保護した2人について、父親がネオナチであるとの情報があることに加え、家庭内でのドラッグやアルコールの問題が懸念されるとして、永久的に両親から隔離する方針を示している。

両親はこの方針に対して争う姿勢を見せているものの、法的な手続きはまだ行われていないという。

http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-32182620080610?feedType=RSS&feedName=oddlyEnoughNews

76 :名無しの挑戦:2008/06/10(火) 17:57:06 ID:???
世界自然保護基金、中国は生態系が維持可能な量の2倍を消費している

世界自然保護基金(WWF)と中国国際協力経済開発局(CCICED)の共同調査により、中国は60年代以降、生態系が維持可能な総量の2倍近くも消費し、物理的な限界に達してきていることが9日までに明らかとなった。

WWFとCCICEDは、2003年の最新の統計資料を用いた場合、中国人1人が生活をするためには必要な生態系の面積は1.6ヘクタールとなる計算、と説明した上で、このまま経済成長を続けた場合はやがて物理的な限界に達するだろう、と結論付けた。

WWF とCCICEDでは、1人が暮らす上で必要となる生態系の面積は世界平均は2.2ヘクタール、米国の場合は10ヘクタールが平均値だが、中国の場合は13 億人にも及ぶ人口を抱えており、
中国が米国並の経済発展を期待した場合、その経済発展には地球全体に相当する生態系の面積が必要となってしまうことになり、物理的に不可能だ、と述べている。

その上で、両者は中国は今後、生態系と調和のとれた経済発展を目指すべきだ、と結んでいる。

http://www.technobahn.com/news/2008/200806101541.html

77 :名無しの挑戦:2008/06/10(火) 17:57:36 ID:???
富士通研、印刷した暗号文を複合可能に、PFUが2008年度中に製品化

富士通研究所は2008年6月、文書ファイルや画像ファイルの一部分だけを暗号化して読めなくする技術を開発したと発表した。
最大の特徴は文書ファイルを暗号化したまま印刷し、ファクスで送受信した後でも、スキャナーで読み取って複合化できることだ。

新暗号化技術は、クライアントPC上で暗号化・復号化処理をするソフトウエアと、認証情報や暗号鍵を管理するサーバーソフトで実現する。
暗号化する際はどのユーザーに復号化を許可するかを指定し、その情報を暗号鍵と一緒にサーバーソフトに登録する。
復号化を許可されたユーザーがファイルを閲覧する際に、サーバーから暗号鍵を取得して復号化する仕組みだ。

暗号化するのはファイルに含まれる個人情報など、ユーザーが漏洩を防ぎたいと考える部分だけである。
アンケート用紙であれば、個人情報のほか、回答部分などに暗号処理を施す。

権限を持たないユーザーはパソコンの画面上でも、印刷したとしても、内容を読むことはできない。
権限を持つユーザーは許可された部分だけを復号化できる。
コールセンターではアンケートのすべてを閲覧できるが、マーケティング部門は回答内容のみを閲覧させる、といったことを実現可能だ。

こういった機能は文書を印刷した後でも有効だ。
「誤差を修正する技術を組み込んであるため、現在市販されているファクスやスキャナーの品質なら問題なく復号化できる。データでも紙でも機密情報を守るこのような技術は、世界で初めて」という。

富士通の子会社であるPFUが2008年度内に製品化する予定。
また、ファクスやスキャナーなどに自動的に暗号化・復号化する機能を持たせることも検討するという。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080610/307367/

78 :名無しの挑戦:2008/06/10(火) 21:47:59 ID:???
グーグル、開発者向けイベントにて「Android」を3G対応のデモ機で披露

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/06/10/19885.html


グーグルが日本で開発者イベント、取り組むべき「三つの課題」とは

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080610/307447/


Androidの真価は“モバイル・マッシュアップ”---グーグルの担当者がデモ

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080610/307445/


アンドロイドやOpenSocialなどデモ多数、グーグル

http://www.atmarkit.co.jp/news/200806/10/ggd.html

79 :名無しの挑戦:2008/06/11(水) 00:17:40 ID:???
Win Skill
2008/6/10(火) 11:01 PM

ブックマークのリンク切れや重複をチェックできるツール「AM-DeadLink」

http://winskill.blog117.fc2.com/blog-entry-269.html

80 :名無しの挑戦:2008/06/11(水) 13:04:01 ID:???
IBMのスーパーコンピュータ、1ペタFLOPSを達成--PS3のCellを使用

BMは世界記録を破るスーパーコンピュータを発表した。
このスーパーコンピュータは、これまでの記録を持つマシンの2倍の速度を持つ。

BBCの報道によれば、「Roadrunner」というコードネームを持つこのマシンは、1ペタフロップス(FLOPS)で動作する。
これは毎秒 1000兆回の演算を行うことを意味している。
これまで世界でもっとも高速だったコンピュータは「BlueGene/L」で、478.2テラフロップス(毎秒1兆演算)で動作し、21万2992個のプロセッサを使っていた。

しかし、Roadrunnerはこれまで例のないペタフロップス級の速度を、たった2万プロセッサで実現している。
このマシンの設計では、従来のAMDのOpteronプロセッサと、PLAYSTATION 3(PS3)のCellプロセッサの両方が使われている。

RoadrunnerではPS3のCellプロセッサが1万3000個近く使われており、8つあるCellプロセッサの各コアは4GHzの速度で動作する。
Cellプロセッサはソニー、IBM、東芝のエンジニアによって数年間かけて設計された。
New York Timesによれば、Cellチップは計算部分のアクセラレータとして使われているという。

Roadrunnerはニューメキシコ州のロスアラモス国立研究所で米国の貯蔵核兵器をモニターするために使われる。
この巨大なマシンは288台の冷蔵庫大のケースに納められ、57マイルの光ファイバーで互いに接続される。
電力消費量は3メガワットになるが、これは巨大なショッピングセンタに必要とされる電力と同等だという。

ローレンス・バークレー国立研究所のアソシエート研究所ディレクターであるHorst Simon氏は、New York Timesに対し、「Roadrunnerは次の10年間に何が起きるかを教えてくれている。
技術はコンシューマー家電市場から現れ、イノベーションは携帯電話と組み込み機器から起きる」と述べている。

国家核安全保障局の行政官であるThomas P. D'Agostino氏によると、もし地球上の60億人すべてが電卓を使って1日24時間、週に7日間計算をしても、Roadrunnerが1日で行う計算をするのに46年かかるという。

http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20375049,00.htm?ref=rss

81 :名無しの挑戦:2008/06/11(水) 15:00:02 ID:???
カスペルスキー、恐喝ウイルスの暗号解読を目指す大規模な取り組みを開始へ

ウイルス対策ベンダーのKasperskyは、ウイルス作成者が、被害者のPC内のデータに鍵をかけてしまう、いわゆる「恐喝」ウイルス内で使用する暗号を解読するための国際的取り組みに乗り出す。

Kasperskyは米国時間6月9日、Stop the Gpcode Virusイニチアチブを発表し、一般からの募集枠をすべての暗号の専門家や研究者に広げた。
同社は、専門家らがRSAキーの分析を開始するのに十分な Gpcodeウイルスに関する情報を取得していると主張する。

またKasperskyは、この取り組みのための特別なフォーラムも設置した。

Kaspersky Labは先週、Ransomware型のGpcodeウイルスの新版を発見したと発表した。
このウイルスに感染すると、基本的に被害者は身代金を支払うまでデータを人質に取られてしまう。
同ウイルスは、1024ビット鍵のRSAアルゴリズムを使ってハードドライブ内のファイルを暗号化する。
そして、被害者に暗号解読プログラムの購入を促すメッセージを残し、連絡先のメールアドレスを提供する。

Kasperskyはこの改良型を検知しているが、暗号化キーを解読するまでは至っておらず、アナリストらと共にこれに取り組んでいる。
このウイルス「Virus.Win32.Gpcode.ak」の危険度は「中程度(moderate risk)」とされている。

Gpcodeウイルスが初めて発見されたのは2006年のことだ。
Kasperky Labはブログの中で、「われわれは2006年に、自由に使えるデータを詳細に分析した結果、プライベートキーの入手に成功した」と述べ、さらに次のように続けている。
「しかし、われわれがこれまでに『クラック』できたRSAキーの長さは最長で660ビットだ。それも、そのキーの作成者が暗号化アルゴリズムを実装する際にいくつかのミスを犯していたために解読できた」

暗号は、RSAキーのビット数が増加するにつれ飛躍的に堅牢になる。

Kasperky Labは、万が一所有するPCがこのウイルスに感染したと感じたら、PCを再起動したり、電源を切らないよう助言している。
その場合は、メールに詳細な感染状況を書いてstopgpcode@kaspersky.comに送信したほうがいい。

http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000056024,20375069,00.htm?ref=rss

82 :名無しの挑戦:2008/06/11(水) 15:00:53 ID:???
磁場の形と動きを可視化したムービー(動画)

もしかすると今年一番格好いい動画かもしれません。
磁場って普通目に見えないじゃないですか? しかしNASAの宇宙科学ラボの研究者たちは、CGIと3D合成技術を使って、磁場の動きを可視化してしまったのです。

http://www.youtube.com/watch?v=IT2AQC3X5bk

光でできた生命体がダンスしているような動きが、尋常じゃなくゴージャスでクールです。
科学とエンタティメントの融合が、こんなすばらしいアートを生み出しました。

http://www.gizmodo.jp/2008/06/post_3777.html

83 :名無しの挑戦:2008/06/11(水) 15:01:20 ID:???
No Fair! My Serotonin Level Is Low
The chemical messenger serotonin, thought to be implicated in depression and anxiety, may change the way we see fairness in social situations.

Serotonin is a chemical messenger thought to modulate depression, anger, sleep, sexuality...even vomiting. (Eighty percent of the body's serotonin is found in the gut.)
But a recent paper in Science suggests a causal link between serotonin levels and how one perceives fairness.

Researchers depleted serotonin in subjects?via fasting and amino acid loading?then asked them to participate in an ultimatum game.

In it, a proposal is made to the subject to unevenly split a sum of money.
If the subject accepts, both parties get paid; if the proposition is rejected, both walk away with nothing.

Typically, people reject lowball offers of 20 to 30 percent of the total sum?but those with depleted serotonin turned down amounts as high as 80 percent of the total.
Researchers note that their moods did not change?only their behavior?meaning their perception of "fairness" became severely skewed.

Serotonin is implicated in so many emotions that it's difficult to pin down its global role in the brain, says Molly Crockett the lead author, "So it's exciting when we can see a specific behavior affected by serotonin."

This research might shed light on the possible role of serotonin in the perceived "unfairness" and anger we often see accompanying depression.

http://www.sciam.com/podcast/episode.cfm?id=68FC98F1-E48A-251D-8F65277181DB9A4E&sc=rss

84 :名無しの挑戦:2008/06/11(水) 15:11:00 ID:???
Google ドキュメントや Microsoft SkyDrive など攻撃スパム増加

メッセージ、 Web セキュリティプロバイダである MessageLabs(http://www.messagelabs.com/Default.aspx)は2008年6月11日、「メッセージラボ インテリジェンス2008年5月号」でメールセキュリティ状況の分析結果を発表した。

同報告書によると、Google ドキュメントや Maicrosoft の SkyDrive などの無償ホスト型サービスを攻撃する動きが活発化している。

同社は5月、Google ドキュメント環境にホストされた文書の形でスパムコンテンツへのリンクを含むスパムメールを捕捉した。
従来型のスパムフィルターでは、Google ドキュメントのドメインへのリンクはブロックされないため、スパマーはこれを悪用しているという。

このような技術によって生成されたスパムは、5月の未承諾メール全体の1%を占めた。

また、新種のボットネットの登場も明らかにした。
報告書は「Srizbi と呼ばれる比較的新しいボットネットが登場した」、「Srizbiは、攻撃の規模は比較的小さいと考えられているものの、割合としては、5月のスパム全体の40%以上を占めた」と解説する。

他にも、新たなスパム技術として、環境問題への関心を利用するフィッシングも出てきている。

Srizbi ボットネットを使用して攻撃し、ミズーリ州の中央銀行による「Go Green(グリーン化)」キャンペーンを悪用し、電子明細書の登録目的で、受信者から口座情報を引き出そうとするという。
発表によると、5月のメール全体の76.8%がスパムで、2007年初以来、最高の水準にある。
同社は、スパムの増加は、Google ドキュメントなどの無償ホスト型サービスの悪用などが影響している、と分析している。

http://japan.internet.com/webtech/20080611/3.html?rss

85 :名無しの挑戦:2008/06/11(水) 18:15:19 ID:???
WindowsやIEに危険な脆弱性が3件、無線通信経由で攻撃を受ける恐れも
Webページやファイルの閲覧で被害に、早急に修正パッチの適用を

マイクロソフトは2008年6月11日、WindowsやInternet Explorer(IE)などに関するセキュリティ情報を7件公開した。
そのうち3件は、最大深刻度(危険度)が最悪の「緊急」。
細工が施されたWeb ページやファイルを開くだけで、悪質なプログラム(ウイルスなど)を実行される危険性がある。
同日公開されたセキュリティ更新プログラム(修正パッチ)を適用すれば修正できる。

最大深刻度が「緊急」のセキュリティ情報は以下の3件。

(1)[MS08-030]Bluetoothスタックの脆弱性により、リモートでコードが実行される (951376)
(2)[MS08-031]Internet Explorer用の累積的なセキュリティ更新プログラム (950759)
(3)[MS08-033]DirectXの脆弱性により、リモートでコードが実行される (951698)

最大深刻度が上から2番目の「重要」に設定されているのは以下の3件。

(4)[MS08-034]WINSの脆弱性により、特権が昇格される (948745)
(5)[MS08-035]Active Directoryの脆弱性により、サービス拒否が起こる (953235)
(6)[MS08-036]Pragmatic General Multicast (PGM) の脆弱性により、サービス拒否が起こる (950762)

最大深刻度が上から3番目(下から2番目)の「警告」に設定されているのは以下の1件。

(7)[MS08-032]ActiveXのKill Bitの累積的なセキュリティ更新プログラム (950760)

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080611/307604/?P=1&ST=security
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080611/307604/?P=2&ST=security

86 :名無しの挑戦:2008/06/11(水) 18:16:04 ID:???
35疾患患者集団の一塩基多型情報公開

がんや心臓疾患など35の代表的病気を持つ患者集団から得られた一塩基多型の頻度情報が、12日からウェブサイトで公開されることになった。

ヒトの遺伝子は、人種や個人により微妙な違いがある。
ゲノム上の塩基配列が1個所だけ変わっている場所が人口の1%以上に見られる場合、それを一塩基多型 (SNP=スニップ)という。
特定の病気にかかりやすかったり、薬に強い副作用を示すヒトと、一塩基多型との間には関連があることが次々に見つかっている。

今回のデータ公開は理化学研究所と科学技術振興機構が2003年から進めている「オーダーメイド医療実現化プロジェクト」の一環。
すでに東京大学医科学研究所に設けられているバイオバンクジャパンに収集されている35疾患の日本人患者集団191−195人分のDNA試料を理化学研究所ゲノム医科学センターが解析した。
この結果得られた35疾患患者集団の一塩基多型頻度情報が、JSNPデータベースで公開される。

JSNPデータベースには、日本人一般集団に見られる約20万カ所の一塩基多型の頻度情報が収められており、これらのデータは昨年10月から公開されている。
この標準的な日本人の一塩基多型データと、今回公開される35疾患の患者集団の一塩基多型頻度情報を比較する研究が内外で進められることで、病気や副作用に関係する新たな遺伝子が次々に見つかると期待されている。

「オーダーメイド医療実現化プロジェクト」は、新しい治療薬や診断薬の開発、個人にあった投薬法を開発するためのプロジェクトで、理化学研究所ゲノム医科学センターが遺伝子解析の中心的な役割を果たしている。

http://scienceportal.jp/news/daily/0806/0806111.html

87 :名無しの挑戦:2008/06/11(水) 18:16:58 ID:???
インターネットによって私たちの知的能力は低下している?

The Atlantic.com(http://www.theatlantic.com/doc/current)7月号に掲載予定のNick Carr氏の記事「Is Google making us stupid?」
では、人がウェブを使いこなしていくと共に、そのテクノロジーの性質を自身に取り込みはじめるとの論を、神経科学の研究を踏まえた受けた上で展開している。
(CNET.comの「Is Google making us stupid?」と題された記事http://news.cnet.com/8301-13505_3-9962935-16.html

なんだか人間の能力が広がる魅力的な話に聞こえるが、Carr氏は次のように警告する。

「インターネットは私たちの認知能力に大きな影響を与えている。
計り知れないほどパワフルなコンピュータシステムであるインターネットは他の知的技術を包含していっている。
インターネットは私たちの地図であり時計であり、印刷機でありタイプライターであり、計算機、電話、ラジオでありテレビでもある。
ネットがある媒体を吸収するとき、その媒体はネットをひな形として再形成される。」

ネットに取り込まれた媒体のコンテンツにはハイパーリンクが貼られ、点滅する広告が組み込まれ、諸々の見掛け倒しの機能が付加され、他の取り込まれた媒体のコンテンツで取り囲まれた姿に形を変えるのである。
そしてそういったテクノロジーを使う人間の脳は非常に高い順応性を持つため、それらテクノロジーの性質を獲得し機能するよう自身を作り変えるという。

私たちがインターネットに接続する頻度と度合いが深まるほど、理路整然とした深い思考を練る能力を失い、バイトサイズの情報を迅速に処理し、ざっとナナメ読みするようになっていないだろうか?
インターネットの広がりとともに、人はどう変化してきて、これからどのように変化していくのだろうか?/.J諸氏の見識をお聞かせ願いたい。

http://slashdot.jp/it/article.pl?sid=08/06/11/0621247

88 :名無しの挑戦:2008/06/11(水) 18:18:14 ID:???
How Brain Hears Over Din

Research begins to unravel the cocktail party effect, in which you can somehow follow individual lines of conservation that you concentrate on, despite loud competing sounds.

At a crowded party, it seems like it would be hard to hear the person you’re talking to over all the clinking glasses, the chatter and laughter.
But somehow, your brain filters out all the noise.
Scientists have known about this useful ability for over 50 years?it’s called the cocktail party effect.
But they’re still trying to figure out how the brain does it.
A new study in the journal Public Library of Science Biology hints at an answer.

Neuroscientists played one repeating tone to volunteers, along with a bunch of louder, distracting tones of different pitches.
The participants pressed a button if they heard the right tone.
Meanwhile, the researchers were monitoring the subjects’ brain activity.
Turns out even when the subjects didn’t think they could detect the repeating tone, it still traveled from the inner ear to the auditory cortex.
Somewhere after that initial processing, though, it got discarded before the person was consciously aware of it.
So all those other conversations at a party probably likewise make it into your brain.
But they get thrown away before you’re aware of them.
Unless of course, you’re eavesdropping.

http://www.sciam.com/podcast/episode.cfm?id=761DAE19-D6E1-DF18-2CE26EF992B24D2A&sc=rss

89 :名無しの挑戦:2008/06/12(木) 05:10:55 ID:???
時代はここまできた!? 脳波で操作するマウス近日発売!

オーバークロック系メモリモジュールのメーカーとしても知られるOCZから、脳波で操作(?)するというユニークなハンズフリーマウス「Neural Impulse Actuator」が近日登場する。

製品は3個のセンサーが付いたヘッドバンド状のものと、USB接続の黒い小型BOXという構成。
このBOXをPCと接続する。今月下旬に入荷予定としているパソコンハウス東映でも「脳波で操作すると聞いているが詳細は不明です」という。
同社フォーラムサイトでは「なれるまでに練習が必要だが、慣れてしまえばゲームも可能」といった記載のほか、CrysisやHalf Life2、QuakeといったFPSもプレイ可能としている。
なんだかSFチックでユニークな製品。
予価は2万9800円。機能を考えると意外に安価という印象だが、果たして……。

http://ascii.jp/elem/000/000/141/141303/

90 :名無しの挑戦:2008/06/12(木) 05:11:28 ID:???
神経科学:食欲と薬物依存(Highlights)

ドーパミンシグナル伝達の崩壊は、統合失調症や薬物依存などの精神医学的異常に関係するとされてきた。
リン酸化タンパク質DARPP-32は、脳の線条体でドーパミンシグナル伝達を仲介する重要な因子で、線条体ではドーパミン作動性の活性化が報酬と学習に関係している。
今回、DARPP-32の核での蓄積にかかわっている新規シグナル伝達カスケードが発見された。
この経路は、食欲のような生理的刺激と乱用薬物の両方によって誘導される。
このカスケードの崩壊によって、行動への薬物の影響が変化したり、食欲が低下したりするため、この機構はin vivoでのドーパミンシグナル伝達の作用にかかわっていると考えられる。

http://www.natureasia.com/japan/nature/updates/index.php?i=66749

91 :名無しの挑戦:2008/06/12(木) 05:12:03 ID:???
Have we underestimated total oil reserves?

Black gold might not be as scarce as we thought.
This week oil prices escalated to a record $139 per barrel, but that may partly be because the amount of available oil in known reserves has been significantly underestimated.

So says Richard Pike, a former oil-industry adviser and chief executive of the UK Royal Society of Chemistry, who blames flawed statistical calculations.

Oil companies produce a bell-shaped probability distribution for how much each oil reservoir might hold, and then quote as an indicator of the reservoir's capacity a figure they are 90 per cent certain they can exceed.
When publishing a result for multiple reservoirs, they simply add up the figures for each one.
And this is where the problem lies.

"They should be combining the bell curves for each reservoir," says Pike.
Adding the numbers for each reservoir ignores statistical information about the extremes of the distribution, giving a result which underestimates the true total figure for all the reservoirs.

According to published estimates, there are 1200 billion barrels still to be extracted, but Pike says there could in fact be twice as much. "The figures are almost meaningless and just provide a conservative estimate for shareholders."

Pike claims that most oil companies do calculate statistically accurate estimates of the combined capacity of their oil reserves, but no one can access this information to work out how much oil there really is in total.
"All companies keep their internal probabilistic estimates quiet," he says.

http://environment.newscientist.com/channel/earth/mg19826602.800-have-we-underestimated-total-oil-reserves.html?feedId=online-news_rss20

92 :名無しの挑戦:2008/06/12(木) 16:16:38 ID:???
P2Pはそれほど効率的じゃない? 金子勇氏「改善は簡単」

「Interop Tokyo 2008」で11日、「P2P技術の復権か」と題したコンファレンスが開催された。
「P2Pネットワーク実験協議会」の実証実験ワーキンググループ副主査を務めるNTTコミュニケーションズ(NTT Com)の山下達也氏が、P2P配信システムの有効性を確認するために行なった実証実験の結果を紹介した。
調査結果からは、P2P配信システムに改善の余地があることが浮かび上がった。

P2P配信システムは、従来のコンテンツ配信ネットワークに比べてサーバーへのトラフィックが下がるため、配信側はコストの削減につながる。
しかし山下氏は、「『トラフィック保存の法則』があるとすれば、サーバーで減ったトラフィックがどこかに押しつけられている可能性がある」と指摘。
そこで、P2P配信システムのピア同士がネットワーク上でどのようにつながっているかを明らかにするための実証実験を行なったという。
実証実験では、ドリームボートが開発したP2P配信プラットフォーム「SkeedCast」を使って、宇宙航空研究開発機構の映像をライブ配信。
P2Pネットワーク実験協議会側では、全国の協力ISPにダミーノードを設置し、ダミーノードが通信するピアの割合を収集した

(中略)

全国展開するISPがP2Pファイル共有のトラフィックに対処する方法として山下氏は、「例えばOCNであれば、できる限りOCN内に閉じこめること」と指摘。
同一ネットワーク内の通信であればトラフィックが抑えられるため、ISP側のコストも軽減するとした。
一方、地域のISPについては、同一地域内のピアを集めて地域IXを活用することを提案。
地域IX配下のAS内に閉じこめることで地域をまたぐISP間通信が減り、コストとトラフィック量を最小限に抑えられるのではないかと語った。
また、P2Pネットワーク協議会の立場としては、「P2Pがインテリジェントにネットワークの構造を把握して通信できた方がハッピーということを伝えたい」とコメント。
具体的には、P2Pプログラムが、同一のAS番号を参照できるよう改造してもらうことを開発者に呼びかけるとした。

P2P配信システムの有効性について、ファイル交換ソフト「Winny」の開発者でSkeedCastの開発にも携わった金子勇氏は次のようにコメントした。
「まず、みなさんはWinnyをどうにかしてほしいと思っているかもしれない。もちろん、私の方で解禁だったらなんぼでもやりますが、そもそも論として手を出せないのが現状。
もちろん、Winnyでは『こことここのノードの通信が速いから』という具合のチューニングはやっている。なおかつ、クラスタリングの概念があるため、ある程度ノード間の接続も見ているが、現状ではネットワークの方は全く見ていない。」

商用P2Pプログラムの改善を呼びかけた山下氏に対しては、「参考できるデータさえ出していただければ、(SkeedCastに)組み込むことは簡単」と応えた。

また、カンファレンスでは、P2Pネットワーク実験協議会のガイドライン策定ワーキンググループ主査を務める東京大学大学院教授の江崎浩氏が飛び入り参加。
「AS間できちんと協調できれば、かなり通信資源を大事に使えるというシミュレーション結果も出ている。6月10日に参加した総務省の会議では、『ストリーミング族の方が悩ましく、P2Pの方がコントロールしやすい』というISPの意見もあった。
世間では、P2PがISPの経営を圧迫しているというが、そうではないということをみなさんと共有したい」と会場に呼びかけた。

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/event/2008/06/12/19906.html

93 :名無しの挑戦:2008/06/12(木) 16:20:05 ID:???
インターネット上の犯行予告を共有するサイト「予告.in」

マスコミ各社の報道によると、今月8日に発生した秋葉原の連続通り魔事件の犯人は、インターネット上で犯行予告を行っていたそうですが、
それに対してインターネット上の犯行予告を集積・共有し、犯罪を未然に防ぐサイト「予告.in(http://yokoku.in/)」が登場しました。
犯行予告を見つけた場合、速やかに投稿することで情報を共有できるようになるとのこと。
この「予告.in」はインターネット上の犯行予告を集積・共有し、犯罪を未然に防ぐことが目的のサイトだそうです。
「はてなブックマーク」「2ちゃんねる」その他のブログなどから犯行予告関連の記事を定期的に取得するほか、
犯行予告のURLと内容を投稿できるフォームや犯行予告を共有できるメーリングリスト、犯行予告についてまとめたWiki「犯行予告ペディア」などのサービスが提供されています。
緊急性のある場合は110番通報などが推奨されていますが、果たしてこれで予告犯罪を未然に防ぐことができるようになるのでしょうか。

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/2008612_yokoku_in/

犯罪予告共有サイト「予告.in」、増田総務相の“発言”受け開発

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/06/12/19910.html

犯行予告収集サイト「予告.in」公開 「0億円、2時間で作った」

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0806/12/news036.html

94 :名無しの挑戦:2008/06/12(木) 16:20:27 ID:???
秋葉原殺傷事件に便乗の悪質メール、マルウェアに感染

秋葉原で起きた無差別殺傷事件を利用してユーザーの目を引き、マルウェアに感染させることを狙った便乗メールが出現したと、セキュリティ企業のPanda Securityが6月11日付けのブログで伝えた。

メールの文面はスペイン語で、ペルーのラジオ局RPPニュースから発信されたように見せかけてある。
秋葉原での事件の概要を伝え、容疑者の男に警察官が近付く場面を撮影したスクリーンショットを掲載している。
事件の詳細を伝える動画をダウンロードして閲覧するように促している。

しかし実際には、動画ではなくトロイの木馬の「QHost.IH」がダウンロード・インストールされる。
このトロイの木馬に感染するとホストファイルが書き換えられ、ユーザーが特定の銀行のサイトを閲覧しようとすると、偽のWebサイトが表示される仕掛けになっているという。

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0806/12/news032.html

95 :名無しの挑戦:2008/06/12(木) 16:22:27 ID:???
ハルマゲドン前に天上へ:残された人々にメッセージを送るサービス

ハルマゲドンが起こる前触れとして、何百万ものキリスト教徒が突然この地球上から姿を消したら、無信仰な人たちの多くは、
とんでもないことになったと大騒ぎするだけで手一杯で、電子メールをチェックする余裕などないだろうと、ワイアードブログ『Threat Level』では考えている。
しかし、開設されたばかりのサイト『YouveBeenLeftBehind.com(http://www.youvebeenleftbehind.com/)』のおかげで、
ログインさえすれば、いなくなった友人や愛する人たちからのメッセージを受け取ることができるはずだ。
このサイトの利用者たちは、年会費わずか40ドルを支払えば、最高62人まで、携挙(Rapture)のちょうど6日後に、最後のメッセージを送るよう手配することができる。
携挙とは、キリスト教の終末論によると、キリストが再臨するときにキリスト教徒が天に引き上げられる日のことだ。
地上に残された不信仰者たちは、反キリストが率いる世界政府の下で、7年間にわたる艱難(かんなん)を受けるという。

「キリスト教徒のために、キリスト教徒によって」運営されているというこのサイトには、「You've Been Left Behindは、天に召されたあなたに、離ればなれになった家族や友達と連絡を取る最後のチャンスを与えるものです」の記述が掲載されている。
ドメイン名は匿名の代理サービスによって登録されている。
おそらくこれは、彼らが何か疑わしいことを計画しているためではなく、暗黒勢力の主から自らを防御するためだろう。

「米国のさまざまな場所に散らばっている」同サイトのキリスト教徒スタッフ5名のうち、3名が6日間連続でインターネットにログインできなかった場合に、手配された電子メールが送信されることになっている。
ということは、万が一、スタッフのうち2名が悔い改めない罪人、あるいは不信心者であった場合に備えているわけで、このシステムには適度な安全域が設けられているということになる。

ユーザーはまた、最高150メガバイトの文書をアップロードできる。
これらの文書は、携挙が起こる日まで、暗号化アルゴリズム(種類は未確認)によって保護され、その後、ユーザーがあらかじめ選んでおいた最大12名の(無信仰な)人々に公開される。
同サイトではこのストレージを使って、細心の注意を払うべき、財産に関する情報を保管するよう勧めている。

「アカウントの暗号化された部分を使えば、銀行口座や証券口座、秘蔵の高価な品、代理権限などについて、あらかじめ選んでおいた人に伝えるよう手配することができます。
[携挙後には]あなた自身の遺骸は存在しないため、遺言検認裁判所では、親族があなたの財産の相続することを認めるまでに7年を要します。
言うまでもなく、7年間とは残されたすべての時間なので、他の手段で相続方法を示しておかなければ、基本的に反キリストの政府が財産を奪ってしまうのです」と、You've Been Left Behindのサイトでは説明している。
もちろん、匿名のドメイン登録サービスの陰に隠れ、ウェブサイトに代表取締役や従業員の名を1人も掲載していないYou've Been Left Behind社のような企業に貴重品を引き渡すくらいだったら、
むしろ反キリストに自分の所有物を任せたほうがましだと考える人もいるだろう。

すでに携挙が始まっているのかどうかという明白な疑問について、同社に電子メールでコメントを求めたが、回答は得られていない。
Threat Levelでは、引き続き取材を続けるつもりだ。

http://wiredvision.jp/news/200806/2008061220.html

96 :名無しの挑戦:2008/06/12(木) 17:35:40 ID:???
カジュアルゲーム、うつ病や注意欠陥障害に有効--米調査

ビデオゲームには、がん患者を救ったり、サバイバル遺伝子を活性化させたりする働きがあることが報告されている。
新しい調査報告によると、今度は急性うつ病や注意欠陥障害(ADD、Attention Deficit Disorder)の患者にもゲームが有効であるという。

ゲームメーカーPopCapの依頼によりInformation Solutions Groupが実施した調査によると、疾患を抱えているゲームユーザーは、カジュアルゲームユーザーの20%を占めており、健康への好影響を理由にほかの人々よりも頻繁にプレイすることが分かったという。

PopCapはカジュアルゲームのメーカーであるため、この調査結果に多大な関心を示しているのは当然である。
その事実を差し引いても、今回の調査からは、興味深い結果が得られている。

同調査では、1万3000人のユーザーに対し、ビデオゲームの利用についてアンケートを実施した。
このうち約2800人が、精神的、身体的、または発育上の障害などを抱えていると答えた。
回答者が最も多く挙げた疾患は、関節炎、急性うつ病、ADDであった。

同調査によると、疾患を抱える回答者の94%がカジュアルゲームによって、ストレス発散、気分の高揚、病気を忘れさせてくれる、集中力の向上、精神的なトレーニングなど、
身体的または精神的な効果が得られると考えているという(カジュアルゲームとは、ワードやパズルのゲーム、ボードゲーム、昔ながらのアーケードゲームなど、ソフトウェアベースのエンターテインメントを指す)。

また同調査結果によると、疾患を抱えるプレーヤーの多くがほかのプレーヤーよりも長い時間をビデオゲームに充てているという。
1日あたりのプレイ時間と1週間あたりのプレイ日数は平均して共により多く費やされていた。
また疾患を抱えるプレーヤーの10%が、医学的専門家により治療の一環としてカジュアルゲームをするようにと処方されていると答えた。

調査の回答者は、好きなカジュアルゲームとしてパズル、雑学クイズ、アーケードビデオゲームを挙げた。
カードゲームと宝探しゲームは、疾患を抱えるプレーヤーが挙げた好きなゲーム上位5種類のうちの50%を占めた。

ゲームと健康との関連性は、以前から指摘されている。
例えば「ニンテンドーDS」の「Brain Age(脳を鍛える大人のDSトレーニング)」などのゲームは、特に精神的な効果に注目した製品である。
また「Wii」のフィットネスゲームを、脳卒中患者が運動能力を回復し、また心的外傷を受けた後に転倒への恐怖心を克服するために利用する方法についての研究も進められている。

http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20375150,00.htm

97 :名無しの挑戦:2008/06/12(木) 19:00:40 ID:???
『New York Times』がYouTube動画を誤報
(『ABC News』がだまされた「アルカイダ動画」(http://wiredvision.jp/news/200806/2008060520.html)から続く)

巧みに編集された動画に『New York Times』紙がまんまと騙され、実際に起きた出来事として誤報したというケースが3月に起きた。
問題の動画は、「リックロール」といういたずらを、現実世界のバスケットボール試合で実行した様子のように見える内容で、『YouTube』に投稿されたもの。
リックロールは現在、インターネット上で広く行なわれているいたずらの一種だ。

問題の動画(http://www.youtube.com/watch?v=EeuEMeg8eQE)では、女子バスケットボール・チームの試合にRick Astleyを真似た人物が乱入し、
『Never Gonna Give You Up』を[口パクで]パフォーマンスする様子を映したもののように見える。
この曲は、多くのウェブサーファーを驚かせてきたリックロールの定番ソングだ。

リックロールは、ネットで流行しているいたずらの一種。
別のトピックに関するウェブリンクと偽り、実際にクリックするとイギリスのポップ歌手Rick Astleyが1987年に発表した楽曲『Never Gonna Give You Up』(ギヴ・ユー・アップ)のビデオが流れるというもの。
このいたずらは、英語圏向け掲示板サイト『4chan(http://www.4chan.org/)』から生まれたいたずらで、有名人などの関連リンクと偽り、
足が車輪になったカモの画像を表示する「ダックロール」(duckroll)から派生したもので、歌手の名前にちなみ「リックロール」(Rickroll)と呼ばれる。
また、公共の場でこの楽曲を大音量で流す一種の妨害行為を指すこともある。

3月16日(米国時間)にYouTubeに投稿されたこの動画は、実は、映画学科の学生、Pawl Fisher君(22歳)が映像をつなぎ合わせて作ったものだった。
イースタン・ワシントン大学の学生であるFisher君は、いくつかの試合の映像をつなぎ合わせてこのいたずらビデオを作成したことを認めている。
観客の反応を捉えた一部場面は、Astleyの物真似をする人物への反応を映したものではない、とFisher君はワシントン州のニュースサイト『KHQ Right Now』に語っている。New York Times紙の記者を騙すつもりは毛頭なかったという。

問題の動画は4つの別々の試合の、試合が始まる前に会場で行なわれたパフォーマンスを撮影し、その映像をつないで1つの試合の途中に乱入したかのように見せかけたものだという。

もっとも、現実世界でのリックロールが行なわれていないわけではない。
新興宗教団体『サイエントロジー』に反対する組織『Anonymous』は、米国各地のサイエントロジー施設でリックロールを実行(動画)している。

ところで、[『Los Angeles Times』紙の]『Web Scout』ブログでは、Rick Astley本人にインタビューを敢行し、自身のヒット曲がネット上でいたずらとして広まっていることへの感想を尋ねている。
「たまたま何かが取り上げられて、それに人々が乗ったというおかしな出来事の1つにすぎないと思う。でも、それがインターネットの素晴らしいところだ」
と、1980年代に一世を風靡したシンガーは語った。

http://wiredvision.jp/news/200806/2008061218.html

98 :名無しの挑戦:2008/06/12(木) 19:04:54 ID:???
朝日新聞とECナビ、現代用語の事典サイト「みんなの知恵蔵」を開設

朝日新聞とECナビは6月12日、朝日新聞出版が提供する、現代用語事典「知恵蔵」をベースとした無料の事典サイト「みんなの知恵蔵(http://chiezou.jp/)」を開設した。

みんなの知恵蔵の収録キーワードは、知恵蔵に掲載されていた現代用語など、原則として有識者や朝日新聞記者による実名にて解説されたものとなる。
サービス開始時は、キーワードが役に立ったかどうかの評価機能のほか、キーワードの登録申請をすることが可能。
将来的にはユーザー自身がキーワードを編集できるようになる予定だ。

また、検索には知恵蔵が独自にもつデータベースのほかにオーバチュアの検索エンジンも利用するため、キーワードの解説と関連サイトを同時に閲覧できる。

さらに、キーワードの解説ページには、朝日新聞が運営するニュースサイト「アサヒ・コム(http://www.asahi.com/)」から、該当キーワードを含むニュースのタイトルと、
ECナビが運営する「Buzzurl(http://buzzurl.jp/)」から、関連性の高いブックマークを自動的に抽出し表示する仕組みだ。

サービス開始時の収録用語は、知恵蔵を中心とした約1万の現代用語解説と朝日新聞が2006年以降に紙面掲載した約6000の用語解説「キーワード」となっている。
サービス開始後も、随時最新の現代用語の追加や編集をする予定だ。

http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20375166,00.htm?ref=rss


朝日新聞、ユーザー参加型の現代用語事典サイト「みんなの知恵蔵」
http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/22152.html

ECナビと朝日新聞など、現代用語の無料解説サイト「みんなの知恵蔵」
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080612/307892/

99 :名無しの挑戦:2008/06/12(木) 20:34:05 ID:???
水から電流を取り出すことを可能にした新しい発電システム「ウォーターエネルギーシステム」を見に行ってきました

にわかには信じられないのですが、「ジェネパックス」という会社が、直接水を供給することによって発電する「ウォーターエネルギーシステム(Water Energy System)」(略称:WES)というのを開発することに成功したそうです。

これはいわゆる水素燃料電池の開発を背景としており、水素燃料電池と比較すると水素発生にかかるコストが少なく、CO2の排出もないとのこと。また、貯蔵に関する安全性の問題がないため、広く普及することが期待できるそうです。本当なのでしょうか?

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080612_wes/

このような「永久機関」みたいなことが本当に可能なのか、会見に学識経験者やどこかの大学の教授がいたわけではないのでさっぱり判断ができず、結果として当然ながら現場では電気自動車を目前にした途端に報道陣から次々と山のように質問が飛び出しました。

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080612_wes_movie/

100 :名無しの挑戦:2008/06/12(木) 20:34:29 ID:???
シャープ製のケータイ「SH705iII」で初採用
ヒトの聴覚を模倣、米ベンチャーがノイズ処理チップを国内販売

米オーディエンスは6月12日、異なる音源を区別してノイズ処理ができる携帯端末や家電製品向けの音声プロセッサ「A1010」の販売を日本市場で本格的に開始したと発表した。
雑踏や、マイクを通したアナウンスの声、電車の音など雑音が激しい環境でも、クリアな音声コミュニケーションが可能になる。
米オーディエンスでは、こうした処理を行う音声プロセッサの商用製品は業界初としている。

ヒトの聴覚で“カクテルパーティー効果(★)”として知られる高度な処理に似たデジタル処理を専用チップで行う。
人間は雑多な音源や、複数の人の話し声が入り混じった環境でも、対話中の相手の声だけを聞くことができる。
これは音程や音量の変化、音の方向、タイミング、視覚情報などを統合的に脳で処理し、学習に基づいて音の種類を判別、不要な音源の音を無視する処理をしているからだ。

オーディエンスが開発した「ASA(Auditory Scene Analysis:聴覚の情景分析)」では、周波数、時間、音圧の3軸で環境音を分析。
単純な周波数による切り分けでは区別できない音源をグループ化することができるという。
グループ化に有効な要素の1つは音程パターンで、ASAでは男女の声を容易に区別できるという。
また、2つのマイクが使える場合には音源の方向と距離からも、ノイズを判別できる。

A1010は定常、非定常のノイズを500ミリ秒以内に最大25デシベルまで抑圧できる。
雑音下における主観的な音声品質テスト(MOS: Mean Opinion Score。最低から最良まで1〜5点の評価を行う)で、A1010を使った場合には0.5ポイント改善したという。

2.7×3.5ミリと小型で、すでに中、高級端末向けとしてサンプル出荷を開始している。
サンプル価格は1個500円。
端末メーカー、OEM、 ODM、周辺機器ベンダ向けにハードウェアとソフトウェアを提供していく。
日本における販売は緑屋電気を通して行う。
なお、A1010の世界初の採用例として、NTTドコモ向けにシャープが開発した「SH705iII」が2008年4月から販売されている。


>>88
http://dso.2ch.net/test/read.cgi/yangon/1211803833/88

http://www.atmarkit.co.jp/news/200806/12/audience.html

101 :名無しの挑戦:2008/06/13(金) 07:38:42 ID:???
YouTubeで「子犬を崖に投げ殺した」米海兵隊員2人が懲戒処分に - CNN報道

米CNNは11日(現地時間)、今年3月に動画投稿サイト「YouTube」に投稿された映像(http://journal.mycom.co.jp/news/2008/06/13/002/index.html)の中で、
子犬を崖に投げ殺した疑いのある米海兵隊員2人が米軍によって懲戒処分にされたと報じた。

CNNによると、問題となった映像が投稿されたのは今年3月3日。
同映像では、米軍の兵士と思われる人物が、同僚と思われる兵士と遊び感覚で子犬を手でつかみ、「puppy(子犬)、puppy」などと言いながら、鼻歌まじりで力いっぱい子犬を崖に投げる。
子犬は「キャンキャン」と悲しそうな声を出しながら崖下に消えていく。

投稿直後から世界から非難するコメントが殺到。YouTubeでは規約違反の映像として削除されたが、動画のコピーが相次いで同サイトや同サイト以外の動画投稿サイトなどにアップされ、日本でも「最悪な物見せられた。犬がかわいそう・・」「酷すぎる」などの声が相次いでいた。

CNNによると、映像での行為に関わったとして米軍に処分されたのは、David Motari上等兵とCrismarvin Banez Encarnacion軍曹の2人。

同映像で直接子犬を崖に投げ殺したのは1人の兵士だが、今回米軍により懲戒処分とされた2人のうちどちらが投げ殺したのかは明らかとなっていない。

http://journal.mycom.co.jp/news/2008/06/13/002/index.html

102 :名無しの挑戦:2008/06/13(金) 07:46:55 ID:???
Ultraviolet Glow Betrays Impending Supernova

In the latest in a series of supernova firsts, scientists report in Science that they pinpointed a star that flared in the ultraviolet portion of the spectrum for several hours before blowing itself apart in a supernova.
The researchers believe the finding represents the earliest visible sign of an imminent supernova?a surge in temperature as the expanding internal shock wave strains to break free of the star but has yet to shred it apart.

A type II supernova, or stellar explosion, occurs when a star of at least eight times our sun's mass runs out of nuclear fuel at its core. Without nuclear energy to puff it up, its massive gravity causes the core to implode,
producing a shock wave that rips through the star's outer layer and finally blows it apart, releasing a flood of x-rays.
But researchers believe that the first sign of death would actually be the heating of the star's surface as the expanding shock wave sends out hot radiation ahead of it.

"The first photons that would tell you this core collapse has happened are these UV photons," says astronomer Kevin Schawinski of the University of Oxford in England, who led the study. "It's really precious information,
because when the shock wave then hits the surface of the star, there's very little information about the star that's left," he says, because the star itself is destroyed."

Astronomers typically detect supernovae as flashes of visible light, which occur a few days after the actual explosion as the radiation cools down.
To probe deeper, they have to either get creative?or lucky.
In March, astronomers reported that they had observed an outburst of x-rays from the supernova SN 2008D when it happened to go off while a telescope was trained on its home galaxy to study a previous supernova.

In the new study, Schawinski and his colleagues compared a database of supernovae spotted by their visible light with measurements of ultraviolet light from stars taken in early 2004 by NASA's GALEX satellite.
They found one explosion?dubbed SNLS-04D2dc?for which the parent star began to shine in the ultraviolet for seven hours.
They estimated that the shock wave reached the surface of the star four hours into the UV flare-up.

Schawinski says the duration of the ultraviolet glow indicates the size of the star.
In this case, it was apparently in a bloated form known as a red supergiant.
He says the hot radiation from the shock wave would have rapidly heated the star, shifting its color from red to blue-white and finally into the ultraviolet.

So are researchers going to turn around next week and find an even earlier sign of an impending supernova? That's pretty unlikely.
They believe there would indeed be two earlier signals of core collapse?a burst of ghostly particles called neutrinos
that are generated during nuclear reactions and a clatter of spacetime ripples known as gravitational waves?but either would be challenging to detect.
(Gravitational waves, in fact, still elude astronomers, although experiments are underway to find them.)

Too bad, because they would shed light on the central mystery of supernovae, Schawinski says: "How does the energy go from the core collapse to destroy the star?"
People have ideas, he says, but "the step in between those two we still don't understand well at all."

http://www.sciam.com/article.cfm?id=ultraviolet-glow-betrays-impending-supernova&sc=rss

103 :名無しの挑戦:2008/06/13(金) 09:45:25 ID:???
爆発直前の赤色巨星
On the Verge of a Star Burst

赤色巨星から爆発直前に放出される紫外線信号が検出された。これは崩壊したコアの衝動波が赤色巨星の表面に到着し、星を激しく突き破る直前の現象である。
この風変わりな超新星形成の様相は、ときに「shock breakout」とも呼ばれ、Kevin SchawinskiらがGALEX ultraviolet space telescopeを用いてとらえた。
この観測は、大質量星が崩壊する際の物理的過程や内部構造に関する謎を解明するのに役立つであろう。
なぜなら、ほとんどの超新星はすでに星が崩壊した後に観測されるからである。
GALEXを用いた観測により、超新星SNLS-04D2dcでは紫外線の放射が衝撃波より先に到達し、拡大し始めた星表面を加熱していることが明らかになった。
放射に関するデータから、超新星の生みの親が赤色巨星であることが示された。

※本論文は6月12日(木)に「Science Express」ウェブサイト(http://www.sciencemag.org/sciencexpress/recent.dtl)に掲載。
>>102(http://dso.2ch.net/test/read.cgi/yangon/1211803833/102)

http://www.sciencemag.jp/highlights.cgi#473

104 :名無しの挑戦:2008/06/13(金) 10:01:00 ID:???
真偽判断に役立つ「ウォーターエネルギーシステム」に対する各報道陣からの質疑応答いろいろ、そして現時点での結論

前記事>>99
http://dso.2ch.net/test/read.cgi/yangon/1211803833/99

「水から電流を取り出すことを可能にした」という発表が本当ならまさにエネルギー保存の法則を打ち破る可能性のある永久機関、あるいはフリーエネルギー装置ができそうな勢いの
「ウォーターエネルギーシステム」ですが、現場では各報道機関の人たちが代表取締役に山ほどツッコミを入れまくっていたので、そのやりとりを以下に列挙しておきます。

(中略)

ちなみに本件とは全然関係ないのですが、各メディアがこぞって大々的に報道した「携帯にアダプターをさすだけで携帯がIP電話化し、どこにいくらかけても月額固定4500円!」という騒ぎが以前にありました
(http://slashdot.jp/mobile/article.pl?sid=03/09/20/0852201)
この際にはTBSがニュースの森やNEWS23などで「この技術は不可能である(疑問が残る)」と報道して訴えられて裁判になり(http://www.geocities.co.jp/Technopolis/8187/)
最終的にはこの謎のアダプタを作ったと主張する会社の負債額は20億円超になって自己破産(http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/17263.html)
この騒動の張本人であるJM-NET実質経営者・大場武生被告は東京地裁初公判にて起訴事実を認め、株の転売益15億円のうち、半分を暴力団組長らへの借金返済へ充当していたという事実が明らかになりました。

今回は上記JM-NETの際のようにこの技術に関する投資を会場ですすめられたり、あるいはそのような儲け話は一切無かったのですが、もし本当にそのような都合のいい触媒が実在し、
なおかつ安定物質である「水」をこのように分解することが真に可能であるならば、まぎれもなく「世紀の大発見」なので、すぐに学会の権威を呼び集めて検証してもらってお墨付きを得た後、第3者が検証可能な形にしてから発表すべきではないでしょうか。
現時点では内容にあまりにも疑問点が多すぎるため、残念ながら「疑似科学」扱いの領域を脱し切れていません。
本当に地球の未来と環境のことを考えているのであれば、その「企業秘密」の触媒などの部分を明らかにして欲しいものです。
それらが明らかになるまでは残念ですが「ウォーターエネルギーシステム」を信じることはできません。

2008/06/13 1:32追記
読者からのタレコミによると、以下のPDFファイルに今回の「ウォーターエネルギーシステム」の特許出願内容が書いてあるそうです。
http://kantan.nexp.jp/pat_pdf/A/2006/14/2006244714.pdf

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080612_wes_q_and_a/

105 :名無しの挑戦:2008/06/13(金) 10:12:14 ID:???
幻影随想
2008年06月13日
何のエネルギーも使わずに水を燃料化?高校の物理化学から出直して来い。

http://blackshadow.seesaa.net/article/100336501.html

106 :名無しの挑戦:2008/06/13(金) 12:14:16 ID:???
スパム・ブログを排除できるブログ検索サービス「Twingly.com」が正式スタート

スウェーデンのTwinglyは現地時間2008年6月12日,スパム目的のブログを除いてブログ検索が行えるサービス「Twingly.com」(http://www.twingly.com/)の正式運営を開始した。
同サービスはこれまで非公開ベータ試験を行っていた。

スパム・ブログを除外する際にブラックリストではなく,ホワイトリストを利用する。
検索結果に対する評価やリンク作成を通じて精度を高めるといったソーシャル検索機能も備える。
全世界の3000万件以上あるブログを対象としているが,現在のところ欧州のブログが中心。

検索結果はRSSフィードや電子メールでも受け取れる。
検索結果の翻訳機能,言語による絞り込み機能,ブログ記事のトレンド確認機能も利用可能。
Twingly.comの検索機能をブログに組み込むためのウィジェットも提供している。
登録ユーザーになると,Twingly.comの開発活動に参加できる。

4月2日より行っていた非公開ベータ試験には,3500人以上のユーザーが協力したという。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080613/307988/

107 :名無しの挑戦:2008/06/13(金) 12:14:44 ID:???
使われるほど進化する音声情報検索システム

ユーザーが協力すればするほど性能が向上する音声情報検索システムを、産業技術総合研究所の後藤真孝・主任研究員と緒方淳・研究員らが開発した。
同研究所は、インターネット上にある日本語の音声データ「ポッドキャスト」を対象としたこのシステムによる全文検索システム「「PodCastle(http://podcastle.jp/)」を12日に一般公開し、実証実験を開始した。

ポッドキャストは音声版ブログとも言われ、急速に普及している。
しかし、これまでの音声認識技術では、誤認識が多く、新しい言葉にも対応できなかったため、インターネット上には多様な音声データが存在するのに対し、使い物になる音声情報検索サービスは実現していなかった。

新しく開発されたポッドキャッスルは、不特定多数のユーザーが簡単な操作で誤認識を訂正できる新たなインターフェースが組み込まれている。
さらに、不特定多数のユーザーの協力で構築されているインターネット辞書「はてなダイアリーキーワード」などを用いて開発された、新しい言葉を自動学習する仕組みも付け加えられている。
この結果、多くのユーザーが利用し、訂正すればするほど音声の検索・認識性能が向上する性格を持っているという。

ロボットやコールセンター、会議議事録作成などのさまざまな分野への応用が期待できると研究者たちは言っている。

http://scienceportal.jp/news/daily/0806/0806131.html

108 :名無しの挑戦:2008/06/13(金) 12:38:19 ID:???
OBEDECE A LA MORSA
http://www.youtube.com/watch?v=5BRbOSvl5VM

109 :名無しの挑戦:2008/06/13(金) 13:30:45 ID:???
第六感」で物を把握するロボットハンド:動画

カリフォルニア州マウンテンビュー発――米Intel社の研究者たちが、実際に物体に接触する前にその大まかな形体を感知できるロボットハンドを開発した。

このロボットハンドの指先からは、弱い電気インパルスが出ている。
物体がこのインパルスに干渉することで、今から何を握ろうとしているのか、おおまかな情報がロボットハンドに伝わる仕組みだ。

これは「電気定位」(electrolocation)として知られる作用で、音波の代わりに電気を用いたソナーのようなものだと考えるといいだろう。
電場をよく感知できる魚、特にサメ類では一般的に用いられている。
[サメやエイなどは、獲物の出す微弱な電気をとらえることによって、砂の中に隠れた獲物を見つける。また、電気信号を使って同種同士のコミュニケーションを行なう魚もいる。]

このプロジェクトに取り組んでいるIntel社の研究者Joshua Smith氏は、電気定位では物体の形に関する大ざっぱなデータしか得られないが、実際にはこれが、握るという作業に非常に上手く機能すると説明している。

Smith氏の研究チームは「Pre Touch」と名付けた感覚をロボットに与えようと取り組んでおり、電気定位の採用は、そのための手段の1つだ。
Pre Touchとは、触覚と視覚の中間に位置するような感覚のことだが、おそらくは「第六感」と呼んだほうが通りがよかっただろう。

シリコンバレーのコンピューター歴史博物館で開催された、Intel社の研究プロジェクトに関する科学博覧会のようなイベント『Research@Intel Day』で、Smith氏と私がロボットハンドを試している動画を以下に紹介する。

http://www.youtube.com/watch?v=DB3pNtZvlRA

ロボットハンドが実際に物体を握る前に、物体の形体に反応している様子がわかるだろう。

http://wiredvision.jp/news/200806/2008061323.html

110 :名無しの挑戦:2008/06/13(金) 13:33:04 ID:???
「子犬虐待動画」は本物:米海兵隊が隊員2人を処分

2人の米海兵隊員が軽い調子で冗談を言った後、子犬を崖から投げ落としているように見えるビデオが物議をかもしていたが、調査を行なっていた海兵隊は2人の海兵隊員を懲戒処分にした。

撮影時間が17秒間のこの「子犬虐待」ビデオは、3月に『YouTube』に投稿され、人々の激しい怒りを買った。多くの視聴者はこのビデオ(http://journal.mycom.co.jp/news/2008/06/13/002/index.html)が本物かどうかについて疑った。

米海兵隊ハワイ基地の広報担当者であるBinford Strickland中尉は、プライバシー保護法により、海兵隊はビデオ中の隊員がどのような任務についていたかについては公表できない、とAssociated Pressに語っている[記事によると、撮影場所はイラクとされている]。

米海兵隊ハワイ基地が発表したプレスリリースによると、ビデオで身元が確認された2人の海兵隊員、Crismarvin Banez Encarnacion三等軍曹とDavid Motari上等兵は、詳細は不明だが「司法外の」処罰を受けることになるという。
Motari上等兵については、「除隊手続きが進められている」。

「インターネットに流出したビデオの中の行為は、われわれがすべての海兵隊員に求める高い水準に反するものであり、容認できるものではない。
大多数の海兵隊員は、名誉と思いやりの気持ちを持って職務を行なっており、米国人に誇りを抱かせている」と海兵隊ハワイ基地のプレスリリースには書かれている。

http://wiredvision.jp/news/200806/2008061319.html

関連
>>101
http://dso.2ch.net/test/read.cgi/yangon/1211803833/101

111 :名無しの挑戦:2008/06/13(金) 13:36:24 ID:???
>>101
>>110
リンク切れのため動画URL訂正

http://jp.youtube.com/watch?v=JpFkou1d2mY
×http://journal.mycom.co.jp/news/2008/06/13/002/index.html)

112 :名無しの挑戦:2008/06/13(金) 16:34:13 ID:???
リコーがファイル共有サービス「quanp」をRubyで構築

リコーは2008年6月13日,ファイル共有サービス「quanp」(http://www.quanp.com/)のサーバー・システムをRubyで構築したことを明らかにした。
quanpはドラッグ&ドロップでファイルを操作できるグラフィカルなユーザー・インタフェースが特徴。1Gバイトまで無料で利用できる。

quanpは2008年5月に運用を開始。
対応クライアントはWindows XP SP2以上およびWindows Vista。
パソコン上のフォルダが更新されれば自動的にファイルをアップロードする機能も備える。
10Gバイトまで利用できる有償のStandard会員は月額300円,100Gバイトまで利用できるQuantum会員は月額980円。

リコーでは「Rubyを採用することにより短期間での開発が可能になった」という。
リコーは「今後も日本発の技術であるRubyを使用し,開発を続けるとともに,開発の中で得た知識・技術をもとにRubyの発展に貢献していく」としており,2008年6月20日からつくば市で開催される「Ruby会議2008」でquanpの開発担当者がその開発技法について発表する。

Ruby会議2008は2008年6月20日から22日までの3日間,つくば国際会議場で行われる。
20日金曜日は「ビジネスデイ」として,参加費無料で,まつもとゆきひろ氏とRubyビジネスコモンズの最首英裕氏の対談など,ビジネスに関するセッションが開催される。
quanpの開発担当者による発表は22日に予定されている。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080613/308010/


113 :名無しの挑戦:2008/06/13(金) 16:36:34 ID:???
国際天文学連合、冥王星の分類名を「プルートイド」に再決定

国際惑星連合(IAU)は11日、ノルウェーのオスロで開かれた会合で冥王星の分類名称を冥王星型天体を意味する「Plutoid(プルートイド)」に変更することを決定した。

2006 年8月に行われた総会でIAUは冥王星を惑星の定義から除外して、冥王星のような惑星に準じない大型の天体のことを「Dwarf Planet(ドワーフ・プラネット=準惑星)」
と呼ぶことを決定していたが、「ドワーフ・プラネット」というのは一般的ではないことから、今回、新ためて「プルートイド」と分類することを決定した。

IAUでは今のところ、「プルートイド」には冥王星の他に、その外側を回るエリス(Eris)の2つが分類されることになったとしている。

http://www.technobahn.com/news/2008/200806131452.html

114 :名無しの挑戦:2008/06/13(金) 18:13:47 ID:???
大手セキュリティ企業サイトにもXSSの脆弱性、未修復のケースも

Verisign、McAfee、Symantecなど、大手情報セキュリティ企業のサイトにもクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性が存在する――。
こんな衝撃的なデータを、XSS情報を提供するXSSed.comが8日に公表した。

XSSed.comによれば、Verisignのサイトでは5つの脆弱性が見つかり、この中には2007年2月から修復されていないものもあったという。
6月11日までにこれらの脆弱性は修復されたが、XSSed.comでは「多くの企業がサイトの安全性を示す『Verisign Secured』を導入しているが、Verisign自身のサイトが安全ではない」と指摘している。

また、McAfeeのサイトでは8件の脆弱性が見つかり、うち1件は現時点も修復されていないという。
XSSed.comはMcAfeeに対して、「(サイトの安全性を証明する)『Hacker Safe』のクライアントに嘘を付いていると思うと残念だ」と非難。
さらに、現在も同様の脆弱性を把握しているとして、McAfeeのサイトは「Hacker Unsafe」であると皮肉を込めている。

このほか、Symantecのサイトでは17件の脆弱性が見つかったが、13日時点では7件が修復されていない状態だという。
XSSed.comでは、「多くのフィッシング攻撃者がSymantecのサイトの脆弱性を悪用してマルウェアを配布したり、個人情報を盗んでいる」と指摘している。

今回の調査についてXSSed.comは、「名高いITセキュリティ企業のサイトでも、XSSの脆弱性が見つかっている。
これはつまり、ユーザーから信頼されているようなサイトでもフィッシングに悪用されたり、マルウェアが配布される可能性が劇的に増えていることを示している」とコメントしている。

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/06/13/19929.html

115 :名無しの挑戦:2008/06/13(金) 18:14:47 ID:???
米下院議員が異例の警告、ハッキングの犯人は中国だ!

最近になり中国が発信源と見られる米連邦議会のコンピューターネットワークに対するハッキング事件が続出、業を煮やした議員が議会で異例とも呼べる中国批判を繰り出す状況となっている。

中国批判の急先鋒として名乗りを上げたのはバージニア州選出のフランク・ウルフ下院議員。

ウルフ下院議員は11日、「私を含めて複数の議員のPCがハッキングの被害を受けたことは間違いない」とした上で更に「ハッキングの被害は議員のPCだけでなく下院外交委員会のコンピューターにも及んでいる」と発言。
更に「FBIの捜査からハッキングは中国国内から行われていることが判った」述べて中国を名指しで批判すると同時に、早急な防衛対策の構築を関連部署に求めた。

この発言に対して、中国外務省の秦剛(Qin Gang)報道官は12日、定例記者会見の席上で「米国に対してはまず、偏屈な見方をしないように求めたい」と前置きをした上で
「中国はまだ、開発途上の段階にある国であり、そういう国家が他国に対してハッキングを行うなどの技術を持ち合わせているとお思いか?私はそうは思いません」と述べて、中国が米国議会に対してハッキングを行ったという主張を明確に否定した。

中国が発信源とみられる諸外国政府機関に対するハッキングは昨年後半から続出。
これまでドイツ首相府、英外務省、フランス内務省、米国防総省などが、各国捜査機関の調べにより、中国が発信源と見られるハッキングの被害を受けていたことが明らかとなっている。

http://www.technobahn.com/news/2008/200806131612.html

116 :名無しの挑戦:2008/06/13(金) 18:15:56 ID:???
「予告.in」が1日で進化 携帯版も構築中

ネット開発者で構成するベンチャー企業・ロケットスタートの矢野さとるさんが6月12日に公開した、ネット上の犯行予告を集約・共有するサイト「予告.in」(http://yokoku.in/)が1日で進化した。
犯罪と関係のないいたずら書き込みを制御するためフォームを改良したほか、携帯電話用サイトも構築中。

予告.inに対抗し、個人開発者の通称「はまちちゃん」が13日、「予告.out」(http://ss.hamachiya.com/yokoku.out/)という“予告用掲示板”を公開した。
投稿したテキストがすべてGIF画像で出力される掲示板で、テキストを投稿しても、検索にはヒットしない。

予告.inの投稿フォームは当初、テキストを自由に投稿できるフォームを1つだけ設置していたが、関係ないいたずら書き込みが多かったため改良。URLの投稿フォームと、予告内容を説明するテキスト投稿フォームの2つを設置した。

当初、投稿された内容はそのままTwitterやメーリングリストに流れる仕組みだったが、いたずら書き込みが大量に流れることを防ぐため、投稿内容を整理する掲示板を新たに設置した。

掲示板では、ボランティアユーザーが、危険度が高いとみられる投稿を選んで投票し、得票数が多いものを順次Twitterやメーリングリストに流すような仕組みにする。
この仕組みは現在開発中で、13日中には完成するという。

携帯電話版も、ロケットスタートの村上福之さん(携帯電話サービスベンチャー・クレイジーワークスを経営)と協力して構築中。
13日中にはある程度の機能を実装して公開できそうという。

予告.inにはすでにかなりの数の犯行予告が投稿されている。
矢野さんは、この情報を犯罪防止につなげる手段を検討中で、関係機関と協議している。

はまちちゃんが公開した予告.outは、名前と予告内容(140文字程度)を入れて投稿する掲示板。
投稿したテキストは、GIF画像で表示されるため、検索エンジンからテキストを見つけ出すことはできない。

はまちちゃんはブログで
「サーチエンジンとか、2億円の検知ソフトとか、0億円で2時間の犯行予告共有サービス(予告.in)とかにも、たぶん引っかからないから、いろんな予告が安心してできるよね!」
としているが、画像のURLを指定して画像に直接アクセスすることはできるため、予告.inに画像URLを投稿することはできそうだ。

「みんなが、お互いを監視しあったりとか、ギスギスしたりとかせずに、いろんな予告を安心してできる世の中になったらいいなーって思って、がんばって作ってみました! 犯行予告なんかに使っちゃだめですよ!! ぜったい!」(はまちちゃん)

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0806/13/news056.html

関連記事
>>93
http://dso.2ch.net/test/read.cgi/yangon/1211803833/93

117 :名無しの挑戦:2008/06/13(金) 18:16:31 ID:???
人工臓器を気軽に買える「ボディショップ」

未来の「ボディショップ」は、癒し系グッズを扱う店ではなくなるようです。

IEEE(http://blogs.spectrum.ieee.org/automaton/2008/06/03/the_bionic_body_shop.html)が公開しているこのFlashは、「未来の人工ボディパーツショップ」の想像図です。
人体の図が出てくるので、好きなパーツを選びます。
手とか心臓とか脳とか。クリックするとサイボーグ用代替パーツの詳細情報とお値段が出てくるので、気に入ったらショッピングカートに放り込むという次第。

これはSingularity(技術的特異点)特集の一環として作られたものだそうです。
技術的特異点の考え方とは、科学や技術が進化していくと、ある時点でブレイクスルーが起こり、人類はその座を人工知能なりポスト・ヒューマンなりに明け渡さざるを得なくなるであろうという考え方のこと。
ロボット的パーツを体内に埋め込んで超人的な存在となることもその中に含まれます。

http://www.gizmodo.jp/2008/06/post_3776.html

118 :名無しの挑戦:2008/06/14(土) 07:30:19 ID:???
A sound theory?
http://www.nature.com/news/2008/080613/full/news.2008.883.html

(1)

What was avant-garde yesterday is often blandly mainstream today.
But this normalization doesn’t seem to have happened to experiments in atonalism in Western music.
A century has passed since composer Arnold Schoenberg and his supporters rejected tonal organization, yet Schoenberg’s music is still

considered by many to be ‘difficult’ at best, and a cacophony at worst.

Could this be because the dissonances characteristic of Schoenberg’s atonal compositions conflict with some fundamental human preference

for consonance, embedded in the very way we perceive musical sound?
That’s what his detractors have sometimes implied, and it might be inferred also from a new proposal for the origins of consonance and

dissonance advanced in a paper by biomathematicians Inbal Shapira Lots and Lewi Stone of Tel Aviv University in Israel, published in the

Journal of the Royal Society Interface .

Shapira Lots and Stone suggest that a preference for consonance may be hard-wired into the way we hear music.
The reason that we prefer two simultaneous tones separated by a pitch interval of an octave or a fifth (seven semitones ? the span from the

notes C to G, say) rather than ‘dissonant’ intervals such as a tritone (C to F sharp, for instance) is that in the former cases, the ratio of

frequencies of the two tones is a simple one: 1:2 for the octave, 2:3 for the fifth.
This, the researchers argue, creates robust, synchronized firing of the neural circuits that register the tones.

One reading of this result (although it is one from which the authors hold back) is that Schoenberg’s programme was doomed from the outset

because it contravenes a basic physiological mechanism that makes us crave consonance.
The reality, however, is much more complicated, both in ways the authors acknowledge and in ways they do not.

119 :名無しの挑戦:2008/06/14(土) 07:31:06 ID:???
(2)
Locked in harmony

Here’s the picture Shapira Lots and Stone propose.
At the neural level, our response to different pitches seems to be governed by oscillators ? either single neurons or small groups of them ?

that fire and produce an output signal when stimulated by an oscillatory input signal coming from the ear's cochlea.
The frequency of the input is the acoustic frequency of the pitch that excites the cochlea, and firing happens when this matches the neural

oscillator’s resonant frequency.

A harmonic interval of two simultaneous notes excites two such oscillators.
What if they are coupled so that the activity of one can influence that of the other?
By considering a biologically realistic form of coupling in which one oscillator can push the other towards the threshold stimulus needed to

trigger firing, the researchers calculate that the two oscillators can become ‘mode-locked’ so that their firing patterns repeat with a fixed

ratio of periodicities.
When mode-locked, the neural responses reinforce each other, which can be deemed to provoke a stronger response to the acoustic stimulus.

Mode-locked synchronization can occur for any frequency ratios of the input signals, but it is particularly stable ? the ratio of output

frequencies stays constant over a particularly wide range of input frequencies ? when the input signals have ratios close to small numbers,

such as 1:1, 1:2, 2:3 or 3:4.
These are precisely the frequency ratios of intervals deemed to be consonant: the octave, fifth, fourth (C to F), and so on. In other words,

neural synchrony is especially easy to establish for these intervals.

In fact, the stability of synchrony, judged this way, mirrors the degree of consonance for all the intervals in the major and minor scales of

Western music: the major sixth (C-A), major third (C-E) and minor third (C-E flat) are all slightly less stable than the fourth, and are

followed, in decreasing order of stability, by the minor sixth (C-A flat), major second (C-D), major seventh (C-B) and minor seventh (C-B

flat).
One could interpret this as not only rationalizing conventional Western harmony but also supporting the very choice of note frequency ratios

in the Western major and minor scales.
Thus, the entire scheme of Western music becomes one with a ‘rational’ basis anchored in the physiology of pitch perception.

120 :名無しの挑戦:2008/06/14(土) 07:31:39 ID:???
(3)
Natural music?

This is a very old idea.
Pythagoras is credited (on the basis of scant evidence) as being the first to relate musical harmony to mathematics, when he noted that

‘pleasing’ intervals correspond to simple frequency ratios.
Galileo echoed this idea when he said that these commensurate ratios are ones that do not “keep the ear drum in perpetual torment”.

However, there were some serious flaws in the tuning scheme derived from Pythagoras’s ratios.
For one thing, it generated new notes indefinitely whenever tunes were transposed from one key to another ? in essence, Pythagorean tuning

assigns a different frequency to sharps and their corresponding flats (F sharp and G flat, say), and the result is a proliferation of finely

graded notes. What’s more, the major third interval, which was deemed consonant by Galileo’s time, has a frequency ratio of 64:81, which is

not particularly simple at all.

The frequency ratios of the various intervals were simplified in the sixteenth century by the Italian composer Giuseppe Zarlino (he defined a

major third as having a 4:5 ratio, for example), and the resulting scheme of ‘just intonation’ solved some of the problems with Pythagorean

tuning.
But the problem of transposition was not fully solved until the introduction of equal temperament, beginning in earnest from around the

eighteenth century, which divides the octave into twelve equal pitch steps, called semitones.
The differences in frequency ratio between Pythagorean, just and equal-tempered intonation are very small for some intervals, but significant

for others (such as the major third).
Some people claim that, once you’ve heard the older schemes, equal temperament sounds jarringly off-key.

In any event, the mathematical and physiological bases of consonance continued to be debated. In the eighteenth century, the French

composer Jean-Philippe Rameau rooted musical harmony instead in the ‘harmonic series’ ? the series of overtones, with integer multiples

of the fundamental frequency, that sound in notes played on any instrument.
And the German physiologist Hermann von Helmholtz argued in the nineteenth century that dissonance is the result of ‘beats’: the

interference between two acoustic waves of slightly different frequency.
If this difference is very small, beats are heard as a periodic rise and fall in the volume of the sound.
But as the frequency difference increases, the beating gets faster, and when it exceeds about 20 hertz it instead creates an unpleasant,

rattling sensation called roughness.
Because real musical notes are complex mixtures of many overtones, there are several potential pairs of slightly detuned tones for any two

-note chord. Von Helmholtz showed that beat-induced roughness is small for consonant intervals of such complex tones, but larger for

dissonant intervals.

Shapira Lots and Stone argue rightly that their explanation for consonance can explain some aspects that von Helmholtz’s cannot.
But the reverse is true too: modern versions of von Helmholtz’s theory can account for why the perception of roughness depends on absolute

as well as relative pitch frequencies, so that even allegedly consonant intervals sound gruff when played in lower registers.

121 :名無しの挑戦:2008/06/14(土) 07:32:03 ID:???
(4)
Good vibrations

There are more important reasons why the new work falls short of providing a full account of consonance and dissonance.
For one thing, these terms have more than a single meaning.
When Shapira Lots and Stone talk of ‘musical dissonance’, they actually mean what is known in music cognition as ‘sensory dissonance’ ?

the sensation of roughness.
Musical dissonance is something else, and a matter of mere convention.
As I say, the major third interval that now seems so pleasing to us was not recognized as consonant until the Renaissance, and only the

octave was deemed consonant before the ninth century.
And sensory dissonance is itself a poor guide to what people will judge to be pleasing.
It's not clear, for example, that the fourth is actually perceived as more consonant than the major third.
And the music of Ravel and Debussy is full of ‘dissonant’ sixths, major sevenths and ninths that now seem rather lush and soothing.

But fundamentally, it isn’t clear that we really do have an intrinsic systematic preference for consonance.
This is commonly regarded as uncontentious, but that’s far from true.
It is certainly the case, as Shapira Lots and Stone say, that the musical systems of most cultures are based around the octave, and that

intervals of a fifth are widespread too.
But it’s hard to generalize beyond this.
The slendro scale of Indonesian gamelan music, for instance, divides the octave into five roughly equal and somewhat variable pitch steps,

with none of the resulting intervals corresponding to small-number frequency ratios.

Claims that infants prefer consonant intervals over dissonant ones are complicated by the possibility of cultural conditioning.
Babies can hear and respond to sound even in the womb, and they have a phenomenal capacity to assimilate patterns and regularities in their

environment.
A sceptical reading of experiments on infants and primates might acknowledge some evidence that both the octave and the fifth are

privileged, but nothing more.
My guess is that the ‘neural synchrony’ argument, of which Shapira Lots and Stone offer the latest instalment, is on to something, but that

harmony in Western music will turn out to lean more heavily on nurture than on nature.

122 :名無しの挑戦:2008/06/14(土) 12:04:29 ID:???
三木鶏郎と冗談音楽(出演:山川浩二)

* 2008/07/13 17:00
* 東京都杉並区 | 西荻窪今野スタジオ『MARE(マーレ)』

今度の西荻ブックマークでは、三木鶏郎さんの研究者の方をお招きして、三木鶏郎さんについてさまざまな角度からかたっていただきます。
実演もはいるかもしれないとのことです。ふるってご参加くださいませ。

山川浩二(やまかわひろじ)
広告評論家、1927年生まれ。電通ラジオ・テレビ局などで企画プロデューサーとして活躍。
三木鶏郎氏とは、大学時代から、「日曜娯楽版」(NHKラジオ)のライタースタッフの一員として係わり、電通時代は、三木鶏郎のCMソングのプロデュースを一手にひきうける。
電通退社後は広告評論家として活躍しつつ、「アド・ミュージアム東京」のオブザーバーを務める。
著書に『広告発想』、『映像100想』、『昭和広告60年史』など多数。

16:30受付/17:00開演
1,500円 定員25名
※予約後にキャンセルの場合はお早めにご連絡願います。
主催:西荻ブックマーク実行委員会 http://neko2.net/nbm/
予約→西荻ブックマーク実行委員会

http://www.webdice.jp/event/detail/265/

123 :名無しの挑戦:2008/06/14(土) 19:05:14 ID:???
インド防衛省が「宇宙軍」を創設

6月10日、インド防衛省は宇宙からの脅威に対抗するための機関を創設すると発表しました
(The Inquir http://www.theinquirer.net/gb/inquirer/news/2008/06/11/india-preps-star-warseの記事)。

インド防衛省のプレスリリースでは、「インドは宇宙を平和目的のために利用したいと思っており、また宇宙を非武装地帯にするというポリシーは変わらないが、
現在攻撃衛星のような攻撃的な宇宙システムや新型のリフト、小型の推進器、軍事用の宇宙システムなどが登場している」と述べられており、そのような宇宙からの攻撃に備えるための機関を創設するとしています。

この機関はインド軍や宇宙計画組織、科学・技術関連の研究開発組織を統合したものになるとのことですが、それ以上の詳細は不明で、
どの程度の規模になるのか、有事の際に実動する能力のある組織になるのかどうか等はまったく不明です。

http://slashdot.jp/science/article.pl?sid=08/06/14/0444254

124 :名無しの挑戦:2008/06/14(土) 19:11:08 ID:???
虫歯菌だけを選択的に溶かす酵素

中国新聞の記事(http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200806090030.html)によれば、虫歯菌だけを選択的に溶かす酵素「Aml」の商業化にベンチャー企業のツーセルが乗り出す。
広島大学の菅井基行教授のグループが世界で初めて発見した酵素で、サリバリウス菌などの善玉菌を残したまま、虫歯菌(ミュータンス菌およびソブリヌス菌)だけを特異的に溶かす性質を持つ
(参考:虫歯菌に対する殺菌剤http://yumen.chicappa.jp/coip/modules/wordpress/index.php?cat=92)。
特許は10カ国で申請中。
ツーセルは酵素の使用権を販売するビジネスモデルで、2013年の商品化を目指す。

http://slashdot.jp/science/article.pl?sid=08/06/14/0913233

125 :名無しの挑戦:2008/06/15(日) 08:11:14 ID:???
仮想ケータイで学校裏サイトに潜入

http://www.oshiete-kun.net/archives/2008/06/post_120.html

126 :名無しの挑戦:2008/06/15(日) 08:11:52 ID:???
ポリ袋を3ヶ月で分解してくれるバクテリアを発見

自然分解するには1000年かかると言われているポリ袋(ポリエチレン)だが、これを3カ月でほぼ完全に分解するバクテリア(細菌)が発見された。
発見したのはカナダの高校生(11年生)のDaniel Burd氏で、報告書(PDF http://www.science.uwaterloo.ca/WWSEF/08Awards/08BurdReport.pdf
によると、スフィンゴモナス属細菌とシュードモナス属細菌を混ぜ合わせることで、それぞれを単体で用いた場合に比べ高い分解能力を発揮するようだ。

この報告書は今年5月に開催されたカナダの学生向け科学展Canada-Wide Science Fair 2008に提出されたもので、Burd氏は12の賞と合計5万7825ドル(おそらくカナダドル)の賞金、奨学金を獲得している。

http://slashdot.jp/science/article.pl?sid=08/06/14/172210

127 :名無しの挑戦:2008/06/15(日) 08:21:26 ID:???
China Increases Lead as Biggest Carbon Dioxide Emitter

China has clearly overtaken the United States as the world’s leading emitter of carbon dioxide, the main heat-trapping gas, a new study has found, its emissions increasing 8 percent in 2007.
The Chinese increase accounted for two-thirds of the growth in the year’s global greenhouse gas emissions, the study found.

http://www.nytimes.com/2008/06/14/world/asia/14china.html?_r=1&partner=rssnyt&emc=rss&oref=slogin

128 :名無しの挑戦:2008/06/15(日) 13:30:06 ID:???
92歳と17歳少女の「超・歳の差婚」は結婚禁止に

「愛があれば歳の差なんて……でも結婚を禁止されてしまった二人」
なんて言うと、なにやらドラマのような話に聞こえますが、92歳の老人と17歳と少女となると、さすがに無茶な話です。
実に75歳の差があるエジプトの二人が結婚を禁止された理由とは…。

これは中近東のオイルブームのときにできた法律だそうですが、エジプトには「25歳以上の歳の差のある結婚を禁止する」というものがあります。
アラブからやってくる裕福な年配の男性が、貧困層の若い娘を妻にすることを防ぐためにできた法だそうですが、実際には25歳以上の年齢差があっても、大金をエジプト銀行に振り込むことで特別に許されるケースがあるということです。
政府のほうで人身売買を食い止めるために夫婦としての確認も行うようですが、この法律があっても約80万円ほどの振込みと引き換えに、173ケースもの結婚がされているようです。
しかし、さすがに92歳と17歳という歳の差は大きすぎたのか、却下されてしまいました。
金次第で許されてしまう法律でも、モラル的にやり過ぎというものはあるようです。
かりに結婚の許可がおりたとしても、式をあげる前に未亡人になってしまいそうな不安もありますが…。

http://labaq.com/archives/51040523.html

129 :名無しの挑戦:2008/06/15(日) 18:19:07 ID:???
Claudine Longet

http://www.imeem.com/bodksol/music/lCbY1s4L/claudine_longet_who_needs_you/
http://www.imeem.com/skoro/music/0dCHb3eL/claudine_longet_how_insensitive/
http://www.imeem.com/people/OLtqyZ1/music/lyNrvasY/claudine_longet_the_look_of_love/
http://www.imeem.com/tytyk/music/sk17ArwP/claudine_longet_happy_talk/
http://www.imeem.com/venice413/music/Wq1g4kia/claudine_longet_who_broke_your_heart/
http://www.imeem.com/forece/music/nxi-kEga/claudine_longet_lamour_est_bleu/
http://www.imeem.com/venice413/music/HXxwInvO/claudine_longet_i_love_how_you_love_me/
http://www.imeem.com/people/En3Gd2r/music/cS78QPYd/claudine_longet_sunrise_sunset/
http://www.imeem.com/people/AZxnXP/music/gyXo7jqv/claudine_longet_hello_hello/
http://www.imeem.com/karoletti/music/aRcr3pGp/claudine_longet_i_think_its_going_to_rain_today/
http://www.imeem.com/people/_MeZaT/music/iTmIH7f6/claudine_longet_sugar_me/
http://www.imeem.com/farah-music/music/EWd6MXeN/claudine_longet_here_there_and_everywhere/
http://www.imeem.com/musicall/music/0gKQKwGO/claudine_longet_until_itstimefor_you_to_go/
http://www.imeem.com/people/ukYL-sC/music/jEG5qcwo/claudine_longet_aint_no_mountain_high_enough/
http://www.imeem.com/jimcoson/music/sqrjj9jV/andy_williams_claudine_longet_let_it_be_me_1963/

130 :名無しの挑戦:2008/06/15(日) 21:54:22 ID:???
民間宇宙旅行ツアー、一部のカップルたちから大人気

民間による宇宙旅行を目指して準備を進めているVirgin Galactic社には、宇宙でのセックスに挑戦したいというカップルからの問い合わせが、何件も寄せられているそうです。
(Couples seek sex in space ? UPI.com http://www.upi.com/Odd_News/2008/06/05/Couples_seek_sex_in_space/UPI-83601212691995/

Virgin Galactic社は、2009年に初の宇宙旅行ツアーの開催を予定していますが、多くのカップルから無重力下でのセックスに関して尋ねられているそうで、
あるカップルからは「無重力下で初めて性交を行った初めてのカップル」としてギネスブックに乗るために、シャトルのチャーターについての問い合わせがあったそうです。

ただ、宇宙医学の専門家であるJames Logan博士によると、今回の宇宙旅行プランでは無重力状態になるのはほんと5分間だけであり、性交を行うには短いとのこと。
また、無重力下でのセックスにはたくさんの問題が見つかるだろうと述べています。

ちなみにこの宇宙旅行、必要な料金は20万ドル(2140万円)だそうです。

以前「宇宙でのセックス、簡単ではない?というストーリで議論されているが(http://slashdot.jp/science/article.pl?sid=06/08/01/1333208)
宇宙でのセックスはかなり難しい模様で、またアメリカやロシアも宇宙でセックスを行うにはどうすればよいか実験を行っているそうです。
The Guardianの記事(http://www.guardian.co.uk/science/2000/feb/24/spaceexploration.internationalnews1)
秘密裏に行われていた宇宙でのセックスのテスト(http://10e.org/mt2/archives/200712/032238.php)

http://slashdot.jp/science/article.pl?sid=08/06/15/0848232

131 :名無しの挑戦:2008/06/16(月) 22:11:41 ID:???
Estrogen therapy helps or hurts the brain depending on reproductive status

Estrogen therapy may limit stroke damage if started close to, but not long after reproductive cycles are over, according to a new animal study.
The results were presented Sunday, June 15, at The Endocrine Society's 90th Annual Meeting in San Francisco.

"This study suggests that estrogen treatment is not toxic per se but that its effects on the brain depend on the individual's reproductive age when therapy begins,"
said one of the study's authors, Farida Sohrabji, PhD, of Texas A & M Health Science Center.

In their study in rats, Amutha Selvamani, a post-doctoral associate and Dr. Sohrabji, found
"that estrogen treatment is not beneficial to the brain once the animal is in an acylic state, but is effective when given earlier.
This acyclic stage in animals shares similarities with the menopausal stage in women."

Since the Women's Health Initiative study found that long-term therapy with estrogen or estrogen plus progestin may increase the risk of heart attack and stroke,
many women have found it difficult to decide whether to take hormone therapy at menopause.
Subsequently, several researchers have speculated that the timing of estrogen treatment may be important for estrogen's effects.
The authors therefore designed an animal study to determine if estrogen would be beneficial for females who are going through menopause (perimenopausal)
but not for women who are postmenopausal for many years.
Since it is not possible to measure "risk" in animal studies, the authors measured severity of stroke injury.

Therefore, they compared groups of female rats: mature adults and older, "acyclic" rats that no longer had reproductive cycles.
The physiologic status of the older rats resembled that of a postmenopausal woman, and the other rats' status would be more similar to perimenopause, according to Sohrabji.
After surgically removing the ovaries of all the rats, the researchers gave them estrogen replacement therapy (estradiol) for 3 weeks.
Then they induced a stroke in all the animals. A week later, the rats' brains were studied for tissue damage.

The stroke caused much more tissue damage in the acyclic older females, the authors reported. "Estrogen treatment to this group actually increased the volume of the brain that was damaged," Sohrabji said.

In the mature adult rats, however, estrogen therapy apparently reduced the area of brain damage.
After the stroke all rats showed evidence of sensory and motor damage on behavioral testing, but it was more severe in the acyclic rats.

"This study supports the idea that there is a narrow window of time as a woman approaches menopause and immediately afterward where estrogen therapy may provide neuroprotective benefits," Sohrabji said.

http://www.eurekalert.org/pub_releases/2008-06/tes-eth061008.php

132 :名無しの挑戦:2008/06/16(月) 22:40:48 ID:???
英Times、200年に渡る記事を完全デジタルデータベース化

英Timesはこのほど、1785年から1985年までに200年間に渡る記事を検索可能な形でデジタルアーカイブ化し、データベースを公開した。

Times Archive
http://archive.timesonline.co.uk/tol/archive/

英国でも最も歴史を誇るメディアの1つであるTimesは、既に「Times Online」という名称で、最近の記事についてネットで提供している。今回、さらに過去の記事をデータベース化し、その歴史資産を活用することで、サイトの魅力を向上させることを図っている。

データベースは、キーワードと対象とする年月日の範囲を入力するだけで検索が可能。
検索範囲には、2度の世界大戦はもちろんのこと、フランス革命や米国の南北戦争も包含されている。

Timesでは今後、1985年以降の記事についても向こう数カ月でデジタル化して公開する。
また、1822年に創刊された日曜版である「The Sunday Times」についても、デジタル化して公開する予定だという。

単なる記事検索を超えて、近代史を学ぶ教材としても使用できそうな試み、今後、他の歴史あるメディアも追随することが期待される。

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/06/16/19940.html

133 :名無しの挑戦:2008/06/16(月) 22:41:45 ID:???
2008年度「陰険なCコードコンテスト」開始

毎年開催されている「陰険なCコード」(Underhanded C Contest)だが、今年も募集が始まった。
締切は9月30日。(http://underhanded.xcott.com/?p=8)
このコンテストでは、応募者は一見単純かつ無害で、可読性の高いCプログラムに、ちょっとソースを読んだくらいではなかなか分からない予想外の有害なふるまいを実装することが要求される。
今年のテーマは「PPM形式の画像を与えると、その画像の一部が消える(ただし後で復旧可能)」というもの。
ちなみに去年のテーマは「0.01%から1%の確率で暗号化が脆弱になってしまう単純な暗号化ユーティリティを書け(ただし暗号化に失敗したことを簡単に見破られてはいけないし、
復号もできなければならない)」というものだったが、昨年の優秀者とその作品も発表されている。(http://underhanded.xcott.com/?page_id=9)

http://slashdot.jp/developers/article.pl?sid=08/06/16/0146242

134 :名無しの挑戦:2008/06/16(月) 22:43:20 ID:???
Gay brains structured like those of the opposite sex(1)

Brain scans have provided the most compelling evidence yet that being gay or straight is a biologically fixed trait.

The scans reveal that in gay people, key structures of the brain governing emotion, mood, anxiety and aggressiveness resemble those in straight people of the opposite sex.

The differences are likely to have been forged in the womb or in early infancy, says Ivanka Savic, who conducted the study at the Karolinska Institute in Stockholm, Sweden.

"This is the most robust measure so far of cerebral differences between homosexual and heterosexual subjects," she says.

Previous studies have also shown differences in brain architecture and activity between gay and straight people,
but most relied on people's responses to sexuality driven cues that could have been learned, such as rating the attractiveness of male or female faces.

135 :名無しの挑戦:2008/06/16(月) 22:43:47 ID:???
Gay brains structured like those of the opposite sex(2)
Brain symmetry

To get round this, Savic and her colleague, Per Lindstrom, chose to measure brain parameters likely to have been fixed at birth.

"That was the whole point of the study, to show parameters that differ, but which couldn't be altered by learning or cognitive processes," says Savic.

First they used MRI scans to find out the overall volume and shapes of brains in a group of 90 volunteers consisting of 25 heterosexuals and 20 homosexuals of each gender.

The results showed that straight men had asymmetric brains, with the right hemisphere slightly larger ? and the gay women also had this asymmetry.
Gay men, meanwhile, had symmetrical brains like those of straight women.

The team next used PET scans to measure blood flow to the amygdala, part of the brain that governs fear and aggression. The images revealed how the amygdala connected to other parts of the brain, giving clues to how this might influence behaviour.

136 :名無しの挑戦:2008/06/16(月) 22:44:45 ID:???
Gay brains structured like those of the opposite sex(3)
Depression link

They found that the patterns of connectivity in gay men matched those of straight women, and vice versa.
In straight women and gay men, the connections were mainly into regions of the brain that manifest fear as intense anxiety.

"The regions involved in phobia, anxiety and depression overlap with the pattern we see from the amygdala," says Savic.

This is significant, she says, and fits with data showing that women are three times as likely as men to suffer from mood disorders or depression.
Gay men have higher rates of depression too, she says, but it's difficult to know whether this is down to biology, homophobia or simply feelings of being "different".

In straight men and lesbians, the amygdala fed its signals mainly into the sensorimotor cortex and the striatum, regions of the brain that trigger the "fight or flight" response. "It's a more action-related response than in women," says Savic.

137 :名無しの挑戦:2008/06/16(月) 22:46:10 ID:???
Gay brains structured like those of the opposite sex(4)
'Striking differences'

"This study demonstrates that homosexuals of both sexes show strong cross-sex shifts in brain symmetry,
"says Qazi Rahman, a leading researcher on sexual orientation at Queen Mary college, University of London, UK.

"The connectivity differences reported in the amygdala are striking."

"Paradoxically, it's more informative to look at things that have no direct connection with sexual orientation, and that's where this study scores,
" says Simon LeVay, a prominent US author who in 1991 reported finding differences in a part of the brain called the hypothalamus between straight and gay men.

But as Savic herself acknowledges, the study can't say whether the brain differences are inherited, or result from abnormally high or low exposure in the womb to sex hormones such as testosterone.

http://www.newscientist.com/channel/sex/dn14146-gay-brains-structured-like-those-of-the-opposite-sex.html?feedId=online-news

138 :名無しの挑戦:2008/06/17(火) 13:53:48 ID:???
Did the gene for ADHD help our nomadic ancestors?

An ADHD-associated version of the human gene DRD4 is linked to better health among nomadic tribesmen, but may cause malnourishment in their settled cousins,
according to new research by a team directed by an anthropologist at the University of Wisconsin-Milwaukee (UWM).

A study by UWM assistant professor Ben Campbell and colleagues from Northwestern University, Boston University and UNLV shows that a particular version of the gene DRD4,
appears to have completely different effects, depending on one's environment.

The DRD4 gene codes for a receptor for dopamine, one of the chemical messengers used in the brain.
Previous research has linked the gene with Attention Deficit Hyperactivity Disorder-type behavior in young men ? risk-taking, reward-seeking and impulsivity, says Campbell.

But people can have different versions of the gene. One variant, called the 7R allele, is associated with novelty-seeking in addition to ADHD.

The researchers conducted the study among the Ariaal population in northern Kenya ? some of whom still live as nomads, while others have recently settled.
The research team analyzed the body mass index (BMI) and height of the two groups, nomadic and non-nomadic Ariaal men, who had the variant gene.

They found that those with the 7R allele in the nomadic population were better nourished than their non-nomadic brethren who carried 7R allele.

The results underscore, says Campbell, the complexity of genotype on the expression of behavior.
Different environments can determine whether behaviors associated with the gene, such as ADHD, are more or less effective.

"We may have difficulty understanding ADHD in part because we are considering the behaviors associated with it in only one environment ? the present one," he says. "The thinking used to be one gene, one outcome.
Now we know that one gene with different environments yields different outcomes."

Campbell says the results have implications for the relationship between a sedentary lifestyle and aging.

"This suggests that this particular allele may be beneficial in a traditional setting with high levels of habitual physical activity, but carries with it longer term costs in a more sedentary setting."

Although the effects of different versions of dopamine genes have already been studied in industrialized countries, very little research has been carried out in non-industrial settings, says Campbell.
And yet, subsistence environments are more similar to those where much of human genetic evolution took place, he points out.

http://www.eurekalert.org/pub_releases/2008-06/uow--dtg061608.php

139 :名無しの挑戦:2008/06/17(火) 13:54:10 ID:???
Society's attitudes have little impact on choice of sexual partner

A unique new study from the Swedish medical university Karolinska Institute (KI) suggests that the attitude of families and the public have little impact on if adults decide to have sex with persons of the same or the opposite sex.
Instead, hereditary factors and the individual's unique experiences have the strongest influence on our choice of sexual partners.

The study is the largest in the world so far and was performed in collaboration with the Queen Mary University of London.
More than 7,600 Swedish twins (men and women) aged 20-47 years responded to a 2005 - 2006 survey of health, behaviour, and sexuality.
Seven percent of the twins had ever had a same-sex sexual partner.

"The results show, that familial and public attitudes might be less important for our sexual behaviour than previously suggested", says Associate Professor Niklas Langstrom, one of the involved researchers.
"Instead, genetic factors and the individual's unique biological and social environments play the biggest role.
Studies like this are needed to improve our basic understanding of sexuality and to inform the public debate."

The conclusions apply equally well to why people only have sex with persons of the opposite sex as to why we have sex with same-sex partners.
However, the conclusions are more difficult to transfer to countries where non-heterosexual behaviour remains prohibited.

Overall, the environment shared by twins (including familial and societal attitudes) explained 0-17% of the choice of sexual partner, genetic factors 18-39% and the unique environment 61-66%.
The individual's unique environment includes, for example, circumstances during pregnancy and childbirth, physical and psychological trauma (e.g., accidents, violence, and disease), peer groups, and sexual experiences.

http://www.eurekalert.org/pub_releases/2008-06/ki-sah061608.php

140 :名無しの挑戦:2008/06/17(火) 13:59:07 ID:???
Study Says Brains of Gay Men and Women Are Similar

Researchers using brain scans have found new evidence that biology?and not environment?is at the core of sexual orientation.
Scientists at the Stockholm Brain Institute in Sweden report in the Proceedings of the National Academy of Sciences USA that gay men and straight women share
similar traits?most notably in the size of their brains and the activity of the amygdala?an area of the brain tied to emotion, anxiety and aggression.
The same is true for heterosexual men and lesbians.

Study author, neurologist Ivanka Savic?Berglund, says such characteristics would develop in the womb or in early infancy, meaning that psychological or environmental factors played little or no role.

"This is yet another in a long series of observations showing there's a biological reason for sexual orientation," says Dean Hamer, a molecular biologist at the National Institutes of Health (NIH), who was not involved in the study.
"It's not just a reflection of people's behavior, nor is it a choice, nor is it something in their rearing environment.
[The study] shows that it's something that people are born with."

Previous studies have examined brain differences between gay and straight people on the basis of their responses to various tasks, such as rating the attractiveness of other people.
The problem was that there was no way to determine whether their responses were colored by learned social cues.

To get around this, Savic-Berglund focused on the structure and function of brain regions that develop during fetal development or early infancy?without using any cognitive tasks or rating systems.

The researchers used MRIs to determine the volume and shapes of the brains of 90 volunteers?25 straight and 20 gay members of each sex.
They found that the straight men and gay women had asymmetrical brains; that is, the cerebrum (the largest part of the brain, which is responsible for thought,
sensory processing, movement and planning) was larger on the right hemisphere of the brain than on the left. In contrast, they found that women and gay men had symmetrical cerebrums.

The team next used PET (positron emission tomography) scans to measure the blood flow to the amygdala, that part of the brain controlling emotion, fear and aggression.
The images showed how the amygdala connects to other parts of the brain, giving them clues as to how this might influence behavior.
They scanned subjects' brains when they at rest and did not show them photos or introduce other behavior that might have been learned.

They found that in gay men and women, the blood flowed to areas involved in fear and anxiety, whereas in straight men and lesbians it tended to flow to pockets linked to aggression.

Robert Epstein, emeritus director of the Cambridge Center for Behavioral Studies in Concord, Mass., agrees that the study offers compelling evidence that sexual orientation is a biologically fixed characteristic.
But he cautions that these findings may vary in different people whose sexual orientation is not that clear-cut, which his own research shows includes a majority of the population.


関連記事
>>134-137
http://dso.2ch.net/test/read.cgi/yangon/1211803833/134-137

http://www.sciam.com/article.cfm?id=study-says-brains-of-gay&sc

141 :名無しの挑戦:2008/06/17(火) 13:59:50 ID:???
Woman pleads not guilty in MySpace suicide case

A Missouri woman has pleaded not guilty in Los Angeles federal court to charges in an Internet hoax blamed for a 13-year-old girl's suicide.

Forty-nine-year-old Lori Drew, a neighbor of the dead teen, stood quietly beside her attorney Monday.

She pleaded not guilty to charges of conspiracy and accessing protected computers without authorization to get information used to inflict emotional distress. She is free on bond.

The charges were filed in California where MySpace is based.

MySpace is a subsidiary of Beverly Hills-based Fox Interactive Media Inc., which is owned by News Corp.

Drew, of suburban St. Louis, Missouri, allegedly helped create a fake MySpace account to convince Megan Meier she was chatting with a nonexistent 16-year-old boy named Josh Evans.

Megan Meier hanged herself at home in October 2006, allegedly after receiving a dozen or more cruel messages, including one stating the world would be better off without her.
Drew has denied creating the account or sending messages to Meier.

U.S. Attorney's spokesman Thom Mrozek said Drew is expected to enter a plea in federal court, then have her case assigned to a judge and be given a trial date.
He said she would then be allowed to return to her home state pending trial.

Drew's lawyer has said he will legally challenge the charges.
And experts have said the case could break new ground in Internet law.
The statute used to indict Drew usually applies to Internet hackers who illegally access accounts to get information.

U.S. Attorney Thomas P. O'Brien has acknowledged this is the first time the federal statute on accessing protected computers has been used in a social-networking case.

Rebecca Lonergan, a former federal prosecutor who now teaches law at the University of Southern California, has said use of the federal cyber crime statute may be open to challenge.

Lonergan, who used the statute in the past to file charges in computer hacking and trademark theft cases, said the crimes covered by the law involve obtaining information from a computer, not sending messages out to harass someone.

"Here it is the flow of information away from the computer," she said. "It's a very creative, aggressive use of the statute. But they may have a legally tough time meeting the elements."

James Chadwick, a Palo Alto attorney who specializes in Internet and media law, said he has never seen the statute, known as the Computer Fraud and Abuse Act, applied to the sending of messages.

He said it was probable that liability for the girl's death would not be an issue in the case.
"As tragic as it is," he said, "You can't start imposing liability on people for being cruel."

Missouri police didn't file any charges against Drew in part because there was no applicable state law.
In response to the case, Missouri legislators gave final approval to a bill making cyber harassment illegal.

関連記事
>>71
http://dso.2ch.net/test/read.cgi/yangon/1211803833/71

http://edition.cnn.com/2008/CRIME/06/16/internet.suicide.ap/index.html?eref=rss_tech

142 :名無しの挑戦:2008/06/17(火) 14:00:42 ID:???
THE first galaxies have always been considered rather dull creatures, but they may be due for a makeover - thanks to supernovae.

Protogalaxies present 100 to 200 million years after the big bang were thought to have had only a handful of stars each, as elements heavier than hydrogen and helium were scarce.
These heavier elements, which are forged in stars, help clumps of gas contract to form more stars.

Now a computer simulation by Daniel Whalen of Los Alamos National Laboratory in New Mexico and colleagues
shows blast waves from the first supernovae mixing heavier elements into the surrounding gas and breaking it into clumps ripe for forming stars.
"An entire new generation of stars may form directly in the debris," says Whalen.
This could have led to protogalaxies glittering with hundreds of stars.
The work will appear in The Astrophysical Journal (www.arxiv.org/abs/0801.3698).

http://space.newscientist.com/article/mg19826604.500-supernovae-blasts-kickstarted-stars-in-early-galaxies.html?feedId=online-news

143 :名無しの挑戦:2008/06/17(火) 14:01:13 ID:???
Mirror neurons control erection response to porn(1)

You don't have to be a scientist to observe that pornographic images lead to erections in men.
But you would have to be one to show those images to volunteers while meticulously measuring the volume of response in the brain and penis.

Harold Mouras, at University of Picardie Jules Verne in Amiens, France, and his colleagues wanted to understand the cerebral underpinnings of visually-induced erections.

They suspected there might be a role for mirror neurons, a special class of brain cell that fires both when people perform an action and when they observe it being performed.

The researchers invited eight young men into the lab and asked them to view three types of video clips.
Along with late-night fishing documentaries and snippets of Mr Bean, the volunteers got to see erotic videos of men stroking naked women, enjoying fellatio and engaging in intercourse.

144 :名無しの挑戦:2008/06/17(火) 14:01:34 ID:???
Mirror neurons control erection response to porn(2)
Erection command?

While the volunteers watched the movies, the researchers watched their brains using functional magnetic resonance imaging(fMRI).

They also kept tabs on the tumescence of the other target organ, using a hand-crafted "penile plethysmograph" ? essentially an airtight tube in which the enlarging penis causes measurable pressure changes.

As expected, all the subjects got erections and many parts of the brain lit up.

Interestingly, the volume of the erections correlated with the strength of activation in a part of the brain called the pars opercularis, which is known to display mirror neuron activity.
Even more intriguing, the brain activation, say the researchers, precedes the penile response.

"The mirror neurons are like the command," says Mouras. "The activation comes before the erection."

145 :名無しの挑戦:2008/06/17(火) 14:01:54 ID:???
Mirror neurons control erection response to porn(3)
'Bold' study

The study, says Mouras, is the first to suggest that mirror neurons are involved not only in observed actions, but in the "automatic" responses to those observations ? in this case, erection.

Vilayanur Ramachandran, at the University of California at San Diego, who also studies mirror neurons, calls it a "bold" study, and congratulates the group on defying the taboo on studying human sexual physiology.

While he thinks it is perfectly plausible that mirror neurons play a role in how porn turns us on, he says more needs to be done to understand what that role is.
For a start, he says, a large number of the brain's structures seem to be involved, not just the pars opercularis, and the interaction between these regions in response to porn is unclear.

"It doesn't give you an experimental lever into the problem," he adds.

And while Ramachandran agrees that the timing of mirror neuron activation and erection is probably critical, fMRI isn't accurate enough to show clearly what is going on with these brain regions over such short time frames.

http://www.newscientist.com/channel/sex/dn14147-mirror-neurons-control-erection-response-to-porn.html?feedId=online-news

146 :名無しの挑戦:2008/06/17(火) 14:02:19 ID:???
少年少女雑誌データベース」公開、マンガ中心に書誌情報収録

寿限無(http://www.jugemu-tech.co.jp/ )と経葉社(http://www.keiyou.co.jp/ )は16日、マンガを中心とした戦後の少年少女雑誌に関する書誌情報を収録した
「戦後日本少年少女雑誌データベース(http://manga-db.fms.co.jp/bgmag/ )」の提供を開始した。
データベースはWebから利用でき、利用料金はすべての書誌情報を閲覧できるAコースが年額38万円、誌名や作品名など一部が閲覧できるCコースが年額6000円など。

データベースは、「漫画少年」「冒険王」など戦後創刊された少年少女雑誌から、現在まで続く漫画雑誌などについて、雑誌情報や巻号情報、作品情報などを収録したもの。
2種類のデータベースのうち、「戦後の少年少女雑誌、月刊誌時代(1945年〜1962年)」では、619誌、約20万件のデータを収録。
「少年・青年雑誌、週刊誌時代(1955年〜2007年)」では、602誌、17万3452件のデータを収録しており、それぞれの雑誌がどの図書館に所蔵されているかといったデータも含まれる。

寿限無と経葉社では、日本の「アニメ・マンガ」の形成はマンガ雑誌を含む少年少女雑誌が発生源と言われているが、これらの雑誌は発行部数に比べて現存するものが非常に少なく、紙の劣化などから保存そのものが危ぶまれる状況にあると説明。
データベース作成にあたっては1点ずつ雑誌の現物にあたり、できる限り詳細に雑誌書誌の採録を行なうとともに、当時の編集者・出版関係者に聞き取り調査を行なうことで、当時の出版状況が把握できるように努めたとしている。

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/06/16/19950.html

147 :名無しの挑戦:2008/06/17(火) 14:02:40 ID:???
ページランキング稼ぎか:YouTubeの偽サイト出現、ログイン情報の入手が目的か
偽のWebサイトは正規のYouTubeビデオにリンクさせてあり、ユーザーはだまされていることに気付かない可能性もある。

セキュリティ企業のTrend Microは6月16日、動画共有サイトのYouTubeを装ってユーザーのログイン情報を盗もうとする偽サイトが見つかったと伝えた。

それによると、この偽サイトには正規のYouTubeビデオにリンクするスクリプトが仕込んであり、ユーザーは自分が偽サイトにいることに気付かないまま動画を検索・閲覧してしまう可能性がある。

偽のサイト上でYouTubeにログインすると、本物のYouTubeサイトにリダイレクトされるが、ログインページは偽サイトの中にあるため、ユーザー名とパスワードが盗まれる危険が高いという。

目的は盗んだログイン情報をページランキング稼ぎに利用することにあるとみられる。
「金銭的動機は薄いかもしれないが、攻撃者が盗んだ情報をヒット数を増やしたい相手に売り込む可能性もある」とTrend Microは指摘する。

この偽サイトへリンクするスパムメールの出現も予想されるが、Trend Microは既に偽サイトの悪質なドメイン2つをブロック済みだという。

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0806/17/news017.html

148 :名無しの挑戦:2008/06/17(火) 14:03:02 ID:???
過度の携帯電話利用が若者の睡眠に影響――研究者が報告

携帯電話の利用が多い若者の方が、落ち着きがなくなったり、ストレスや疲労感を感じやすくなるとする研究が発表された。

携帯電話を過度に利用する若者は、眠りが途切れがちになったり、落ち着きがなくなったり、ストレスや倦怠感を感じやすい傾向がある――スウェーデンのSahlgren's Academyの研究者が報告している。

この研究は、睡眠に問題のない14〜20歳の21人の健康な被験者に対して行われた。
被験者を統制群と実験群に分け、統制群は1日に5回未満の通話、5通未満のテキストメッセージ送信を、実験群は1日15回以上の通話、15通以上のメッセージ送信を行った。
その後被験者は生活や睡眠に関する質問に答えた。

その結果、統制群と比べて、実験群の被験者の方が落ち着きと注意力がなくなり、刺激のある飲み物の消費が増えた。
さらに眠りにつくのが難しくなり、睡眠が途切れがちになり、ストレスや疲労感を感じやすくなった。

研究報告書を執筆したSahlgren's Academyのギャビー・バドレ氏は、携帯電話中毒は増えつつあり、若者は24時間つながっていなければならないという圧力を感じていると述べている。
同氏は若者にとって睡眠は重要であるとし、過度の携帯電話利用が睡眠と覚醒のパターンに悪影響を及ぼすという認識を高めることが必要だとしている。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0806/17/news006.html

149 :名無しの挑戦:2008/06/17(火) 14:03:23 ID:???
携帯は「睡眠障害を引き起こさない」?総務省

携帯の電波で、人間の睡眠・覚醒のリズムが崩れることはない――。そんな結論を導く実験結果が発表された。

総務省は12月14日、携帯の電波が人間の睡眠を促す脳内ホルモンに悪影響をおよぼさないとする実験結果を発表した。
同省が進める、電波の安全性を調べる調査の一環。

携帯の電波が睡眠に与える影響を調べるため、408匹のラットを用いて実験を行った。
電波をばく露したラット群と、電波ばく露を行わないラット群を用意し、それぞれのメラトニンおよびセロトニン値を調べた。

セロトニンとは、食事で摂取されるアミノ酸から合成される神経伝達物質。
精神を安定させる作用がある。またメラトニンとは、人間の脳のほぼ中央部にある松果体と呼ばれる器官でセロトニンから合成されえるホルモン。
これらは睡眠、覚醒のサイクルに作用することで知られている。

電波ばく露では、平均SAR(用語参照)が7.5ワットパーキログラムという、電波防護指針の基準値より数倍強い電波を用いた。
2002年度と2003年度には短期的影響を調べるために1回4時間の電波ばく露を行い、また2004年度には中長期的影響を調べるために1日1時間の電波ばく露を4週間行った。

結果は、ばく露を行ったラット群と行わなかったラット群の間で、メラトニン値やセロトニン値に有意差(統計学上偶然では起こりえないとされる差)が生じなかった。
つまり、どれだけ電波ばく露しても睡眠・覚醒に作用する脳内ホルモンに悪影響がなかった。

総務省では、「生体電磁環境研究推進委員会」を開催して、電波の生体安全性を研究、評価している。
これまでも、「携帯の電波は学習能力に悪影響がない」とする実験結果などを発表している。

http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0512/14/news077.html

150 :名無しの挑戦:2008/06/17(火) 14:41:38 ID:???
連続幼女殺害事件の宮崎勤死刑囚の死刑を執行

連続幼女殺害事件で死刑が確定していた宮崎勤死刑囚(45)に対し、法務省は6月17日午前、東京拘置所で死刑を執行した。

宮崎死刑囚は1989年7月、東京都八王子市内で当時6歳だった、小学1年生の少女への猥褻(わいせつ)行為で逮捕。

その後1988年8月、埼玉県入間市で当時4歳だった幼稚園児を誘拐し殺害した事件に始まり、同年10月には同県飯能市で当時7歳の小学校1年生の少女、同年12月には同県川越市の当時4歳だった幼稚園を車で連れ去り、次々と殺害。
1989年6月には東京都江東区で当時5歳だった保育園児を、車で連れ去って殺害し、頭部を切断した胴体部分を埼玉県飯能市の宮沢湖霊園に遺棄するなどした一連の犯行を自供した(一連の事件は警察庁により広域重要117号事件に指定された)。

1990年3月から始まった裁判では、事実審理のほかに精神鑑定による責任能力が争われた。

この時は人格障害は認められるものの、精神障害はなく責任能力を有するとした鑑定結果のほか、統合失調症であるが責任能力はある、多重人格で責任能力はないという3種類の鑑定書が出されたが、最終的に97年4月、東京地裁は責任能力ありとして死刑判決を言い渡した。

弁護側は判決を不服として即日控訴したが、2001年6月、東京高裁は1審の死刑判決を支持して弁護側の控訴を棄却。弁護側はさらに上告したが2006年1月、最高裁第3小法廷は上告を棄却。2006年2月に死刑が確定していた。

なお、同日宮崎死刑囚以外にも東京拘置所収監中で95年12月に風俗店経営者ら2人を殺害し、05年10月に死刑が確定した陸田真志(37)、大阪拘置所収監中で85年と90年に主婦ら2人を保険金目的で殺害し、05年1月に死刑が確定した山崎義雄(73)の2人の死刑囚も刑が執行された。

現在の鳩山邦夫法相の就任後、宮崎死刑囚を含め、13人の死刑囚に刑が執行された。

http://www.ohmynews.co.jp/news/20080617/26476

151 :名無しの挑戦:2008/06/17(火) 14:42:22 ID:???
「脳の左右対称性で性的指向がわかる」:脳スキャナーを利用した研究

脳の左右の対称性を脳スキャナーで調べれば、その人の性的指向がわかるようになるかもしれない――ストックホルム脳研究所の新しい研究が、このような可能性を示唆している。

この研究結果は、性的指向の決定には生物学的要因が関与しており、神経解剖学的にそれとわかる特徴があるとする見解を支持するものだ。

同性愛者と異性愛者の男女をMRI検査した結果、研究者たちは、女性を好む人――異性愛者の男性と同性愛者の女性――は脳の右半球のほうが大きく、男性を好む人――異性愛者の女性と同性愛者の男性――は脳が左右対称であることを発見した。

さらに、MRIおよびPET(陽電子放射断層撮影法)スキャンを行なった結果である画像で、脳の右扁桃体と左扁桃体が、[異性愛者の男性と同性愛者の女性、そして異性愛者の女性と同性愛者の男性の間で]類似したパターンを示していることがわかる。
右扁桃体と左扁桃体は、『闘争・逃走反応』』[戦うか逃げるかという切迫した場面での生理的な反応]を制御すると考えられている部分だ。

『米国科学アカデミー紀要』の中で、Ivanka Savictp准教授率いる研究チームは、「この結果を、主に学習された効果によるものと考えることはできない。神経生物学的な実体との関連性を示唆するものだ」と記している。

性的指向は生物学的に決定されるものなのか、もしそうならばどのようにして決定されるのかを突き止めようと、研究者たちは長い間取り組んできた。
こうした研究は、同性愛者コミュニティの内外を問わず、論議を醸してきたものだ。

問題となっているのは、同性愛が個人の選択によるものか、あるいは生物学的に不可避のものかという点だ。
生物学的な違いを探る研究の草分け的な仕事を手がけたのが、同性愛者で神経科学者のSimon LeVay氏だ。
LeVay氏は1990年代初めに、異性愛者の女性と同性愛者の男性の脳に類似点を見出したと発表した。
LeVay氏の見解を批判する意見もあるが、最近の研究ではLeVay氏の初期の研究を裏付ける結果が出ているようだ。

ヨーロッパ最大の同性愛者関連ニュースサービスといわれる『Pink News』では、異なる性的指向を持つ男女について、生物学的に測定可能な違いを発見したとする最近の研究について、それらが暗に意味するところを単刀直入にこう述べている。

「これらの研究が意味するのは、同性愛者の男性の脳が、異性愛者の女性の脳と機能的に類似していること、そして、同性愛は道徳上の選択ではなく、生物学的な基質によるものだということだ」と、Jane Rochstad Lim氏は記している。

この種の研究は示唆に富んだものだが、遺伝や環境、性ホルモンなども要因として考えられると研究者たちが指摘しているにもかかわらず、こうした脳の違いがどのようにして生じるのかという問題は取り組まれていない。

http://wiredvision.jp/news/200806/2008061722.html

152 :名無しの挑戦:2008/06/17(火) 14:42:43 ID:???
Twidoxは学術向けScribdのようだ。ベータに500人ご招待

去る1月のこと、Googleが科学データの巨大なデータベースをresearch.google.com(http://research.google.com/)で公開した。
これは、オープンソースの何テラバイトにも上る科学データの拠点を作ろうという発想であり、データはTrendalyzer(http://googleblog.blogspot.com/2007/03/world-in-motion.html)のデータビジュアル化技術に基づいて作成されている。
データの保管やアスセスは無料で、資料にはYouTubeスタイルの説明文やコメントが付けられる。
しかし、このアイディアに関心を持ったのはGoogleだけではなかった。

ここにベータ版を開始するドイツ発の新サイトはTwidox(http://twidox.com/)だ。
狙いは、「高品質」資料のオンラインライブラリを作ることで、資料は、学界、リサーチャー、NGOなどのユーザーが作成してアップロードする。
大学での印刷や配布の費用を節約できるだろう。
Twidoxの資料は検索エンジン向けに最適化されているので、(まだ考えていなかったとすればだが)コンテンツを利用して広告を販売することができる。
同社はドイツのVC、Media Venturesから第2ラウンドの資金調達を済ませたところ。
Media Venturesは、このスタートアップの株式の20%を保持している(条件は明かされていない)。

が、言いたいことはわかっている、Scribd(http://www.scribd.com/)のことだろう。
違いは、Twidoxがデータ、統計、学術文書、論文など市場のハイエンドに特化していること。
また、研究機関との直接協力のような形の古いユーザーにはさほど重きを置いていない。
Twidoxはこれまでに、国連の人身売買反対のグローバルイニシアチブ(UN.GIFT)をクライアントにすることに成功し、現在はヨーロッパの大学への進出を狙っている。
面白いことに、英国にも似たようなことをやろうとしているedocr(http://www.edocr.com/)というスタートアップがあるが、edocrは未だ十分な支援を得ておらず、むしろビジネス向けを狙っている。

TechCrunchに500人分のTwidoxの招待状がある。”Register now for private-beta” をクリックすると”How do you know about us?”というボックスが出てくるので、TechCrunchと入力すること。

http://jp.techcrunch.com/archives/20080616twidox-is-like-scribd-for-academics-get-500-beta-invites/

153 :名無しの挑戦:2008/06/17(火) 14:43:44 ID:???
「みつけるナビ β」が期間限定で機能拡張、質問機能や関心キーワード表示

ニフティは16日、同社が提供する無料の実験サービス「みつけるナビ β(http://mitsukeru.nifty.com/cs/catalog/mitsukeru_mnavi/term_d/1.htm)
において、9月30日までの期間限定で機能拡張すると発表した。
調べたいキーワードについて多く検索している人に質問できる「コミュニティ機能」や、調べたいキーワードに詳しい人がどのようなキーワードに関心あるかを表示する「関心キーワード機能」などが提供される。

「みつけるナビ β」は、ニフティが提供する「@search」の検索結果より、多数の人が検索する最新のキーワードとよく利用されるページを自動的に分類。
多数の人が検索したキーワードとよく利用されたページを年間、月間、日間ごとに表示することで、「的確な検索キーワードが思い浮かばない時でも、簡単に求めている情報へアクセスすることができる」のが特徴。

今回期間限定で提供されるのは、「コミュニティ」「関心キーワード」「みつけるロボ」の3つの機能。
このうち、コミュニティ機能は、調べたいキーワードについてたくさん検索している人や、興味を持っている人に質問をすることで、疑問を解決することができる。

関心キーワード機能は、調べたいキーワードに詳しい人が他にどのようなキーワードに興味があるのか、また、そのキーワードに関心がある人が何人いるかを表示。
みつけるロボ機能は、知りたい情報に効率よくたどり着けるように、キーワードについて詳しい人がよく見ているページを上位に表示する。

ニフティでは、「みつけるナビ βにおいては、今後も新しいインターネットの活用方法をサービス利用者と共に考え、さらなる利便性の向上と機能改善を行っていきたい」としている。

http://journal.mycom.co.jp/news/2008/06/17/010/index.html

154 :名無しの挑戦:2008/06/17(火) 16:03:55 ID:???
カリフォルニアの同性結婚式、第1号は80代カップル

米カリフォルニア州で、同性の結婚が法律で認められるようになって初めてとなる同性愛カップルの結婚式が行われた。
当地の市庁舎で、80代のデル・マーティンさんとフィリス・ライアンさんが、ギャビン・ニューサム市長の取り仕切る式で結婚の誓いを交わした。
2人はカップルとして50年以上を共に過ごしている。
同州最高裁判所は先月、同性愛者同士の結婚を認める決定を下し、この日に施行された。

http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-32300120080617

155 :名無しの挑戦:2008/06/17(火) 16:12:43 ID:???
「人工知能は必ずプロを超える」――将棋ソフト「激指」が名人に勝てる日

数年前まではアマ強豪にも勝てなかったのに、今ではプロ棋士をも苦しめるほどにレベルアップしているコンピュータ将棋。
将棋ソフト「激指」の開発者に、なぜ将棋ソフトが強くなってきたのか、そして人工知能が名人を倒す日は来るのかを尋ねた。

http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0806/16/news096.html

156 :名無しの挑戦:2008/06/17(火) 16:15:48 ID:???
「アート・スコープ2007/2008」──存在を見つめて アーティスト・トーク

原美術館とダイムラー・ファウンデーション・イン・ジャパンの共催で行なわれる、東京とベルリンの現代美術のエクスチェンジプログラム「アート・スコープ」。
今回、互いの国でアーティストインレジデンスを体験した、照屋勇賢、加藤泉、アスカン・ピンカーネル、エヴァ・テッペ4人のアーティストによる展覧会が開催されます。
「アート・スコープ2007/2008」展のオープニングを記念して、出品作家、キュレーターによるトークイベントが行なわれます。

会場
原美術館 ザ・ホール
日程
2008年6月28日(土)
時間
15:00〜17:00
参加費
一般=2,000円(入館料含む)
*原美術館メンバーおよび同伴者2名まで1,000円
*参加は予約制
*申込み=Tel.03-3445-0669(お名前、参加人数と同伴者名、ご連絡先をお知らせ下さい)
問い合わせ
03-3445-0651(原美術館)

157 :名無しの挑戦:2008/06/17(火) 16:16:54 ID:???
>>156

http://www.dnp.co.jp/artscape/artflash/00000077.html

158 :名無しの挑戦:2008/06/17(火) 19:31:54 ID:???
ネットいじめ自殺、被告女性は無罪を主張

米MySpaceにおいて、偽プロフィールを使った陰湿ないじめ行為で近所に住む13歳の少女を自殺に追い込んだとして、米ミズーリ州在住の女性が起訴されているが、この前代未聞の訴訟において、被告女性は6月12日、容疑に対して無罪を訴えた。

ロリ・ドリュー被告は16歳の少年を装ってMySpaceに偽のプロフィールを作成し、近所に住むミーガン・マイヤーさんに言い寄り、しばらくはあたかも恋愛感情を抱いているかのように振る舞いながら、その後、突如悪口を浴びせ出し、絶交を宣言したとされている。
同被告は、共謀、および情報入手のために保護されたコンピュータに不正アクセスした容疑に対し、無罪を主張している。

ドリュー被告は7月26日に審理にかけられることになっている。
法律の専門家は今回の裁判について、「根拠となる連邦法の適用範囲を拡大するものとなる」と指摘している。
この連邦法は従来、政府のコンピュータに侵入した人物の起訴に使われてきたものだ。

ドリュー被告はミズーリ州セントルイス近郊のオファロン在住で、メイヤーさんはその4軒隣に住んでいたという。
「適用できる法律がない」としてミズーリ州の検察が同被告の起訴を断念したのを受けて、ロサンゼルスの連邦大陪審は今年5月、同被告の起訴に踏み切った。
有罪判決の場合、同被告には最高で20年の禁固刑が科される可能性がある。

ロサンゼルス連邦地方裁判所に初出廷したドリュー被告は罪状認否の間、一切発言を行わず、無罪を主張する弁護士の横に静かに立っていた。
検察によると、同被告には10代の娘がおり、その娘はメイヤーさんと仲が悪かった。
同被告はほか数名の仲間とともに、誰だか知らない10代の男の子の写真を使い、「ジョシュ・エバンズ」という名前で16歳の少年の偽プロフィールを作成したという。

さらに起訴状によると、同被告らはMySpaceを介して「ジョシュ」としてメイヤーさんに近づき、恋愛感情があるかのようなやりとりを数週間続けた後、2006年10月15日になって突如「お前なんかいない方がこの世はずっと快適だ」と言って別れを切り出したという。
この最後のメッセージから数時間後、メイヤーさんはジョシュとの関係をめぐり母親と口論し、その後、寝室のクローゼットで首をつった。ジョシュが実在しないことをメイヤーさんは最後まで知らないままだったという。

メイヤーさん自殺のニュースは世界中のメディアに取り上げられ、MySpaceなどのSNSサイトには、ネットいじめの取り締まり強化を要請する電話が殺到した。
起訴状によると、メイヤーさんが自殺した後、ドリュー被告はMySpaceの偽のアカウントを削除し、この件について知っていた少女に黙っているよう口止めしたという。
この事件が世間に広く知れわたってからというもの、ドリュー被告の家族は近隣の住民から避けられ、インターネット上では非難の嵐に遭い、家族で営む小さな広告会社も攻撃の的にされた。

関連記事
>>141
http://dso.2ch.net/test/read.cgi/yangon/1211803833/141

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0806/17/news063.html

159 :名無しの挑戦:2008/06/17(火) 19:32:56 ID:???
オンライン書店と言えば、Amazon.com が究極の姿として頭に浮かびます。もうそれ以外の可能性など想像できない――と安易に考えていたのですが、米国の大手書籍小売業者 Borders が、ECサイトを独自の方向に進化させつつあります。

きっかけはこちらの記事:
■ 書籍小売大手 Borders、Amazon.com との提携を解消し独自路線へ
japan.internet.com(http://japan.internet.com/ecnews/20080528/12.html)
これまで Borders は Amazon と提携してオンラインショッピングサイトを開設していたのですが、先月末にその提携を解消、独自サイトを立ち上げたというニュース。

新サイト(http://www.borders.com/online/store/Home)の特徴については、以下の記事に詳しいです:
■ Borders launches beta version of new site :Retail Week(http://www.retail-week.com/Technology/2008/06/borders_launches_beta_version_of_new_site.html)

いくつか特徴を箇条書きにしてみると:
* バーチャルな本棚を再現し、表紙イメージで商品が選べる"Magic Shelf"
*様々な作家やアーティストのインタビュー、パフォーマンスを動画/音声で楽しめる"BordersMedia"
* テキストだけでなく、動画や画像によるコメントを投稿し、他のユーザーと交流できる"Borders Book Club"
等々。
その他、検索機能やレコメンデーション機能も改善されているそうですが、他社と異なる点としては上記の3つだと思います。

中でも注目は、"BordersMedia"と"Borders Book Club"でしょう。BordersMedia はその名の通り、Borders にメディアとしての価値を付与するもの。
ECサイトのコンテンツは「商品」が中心なわけですが、それに「作家へのインタビュー」「アーティストのパフォーマンス」などのコンテンツが加わるわけです。
そして Borders Book Club は、言うなればSNS的な価値を付与するもの。
ユーザー自身が、Borders のサイトに魅力的なコンテンツを追加していくことになります。

もちろん Amazon.com (Amazon.co.jp ではなく)も、「作家ブログの掲載」「掲示板機能の追加」などといった形で、商品以外のコンテンツの拡大を図っています。
しかし Amazon がそういった追加コンテンツをあくまでも二次的な位置付けにしているのに対し、Borders の新サイトでは全面に押し出しているというイメージ。
これは完全な想像ですが、これまでの歴史の中で築いてきた作家達との関係と、実店舗運営の経験から得られたお客様とのコミュニケーション術を活かそうとしているのかもしれません。

どちらの方向性が成功を収めるのか、また両者が今後どのような変化を遂げるのかは分かりませんが、こういった競争の中から新しい発想が生まれてくるのは歓迎したいところ。Borders の新サイト、興味のある方はチェックしてみて下さい。

http://blogs.itmedia.co.jp/akihito/2008/06/borders-amazon-.html

160 :名無しの挑戦:2008/06/17(火) 19:33:31 ID:???
日本のブロードバンド接続環境と、IT発展度

世界経済フォーラム(WEF)の「2007−2008年度世界情報技術(IT)報告」によると、日本のIT技術による発展と競争力は全世界で19位(アジアでは、シンガポール5位、韓国9位、香港11位、オーストラリア14位、台湾17位)
と全く振るわないのですが、家庭のブロードバンド接続環境というおもちゃについていうと、日本は最高の環境を手にしてるんですよね。
各種規制緩和の状況や個人・民間・政府の取り組み内容と活用度など、他の指標もこれに合わせて上がっていくといいのですが…

http://www.gizmodo.jp/2008/06/it_3.html

161 :名無しの挑戦:2008/06/17(火) 19:33:52 ID:???
グラフィティ新時代のアーティストを描いた『インサイド/アウトサイド』 7月3日より監督来日イベント始まる

世界各地で活動するエッジなストリート・アーティストが、危険を冒しながらもストリートで活動する意味、そこに見出す価値とは何なのか? 
映画『インサイド/アウトサイド(http://www.youtube.com/watch?v=tODF0QoQFj4)』はストリートに作品を展示し続ける反逆者たちのドキュメントであり、消費社会が生み出した広告システムに、翻弄されるものたちの光と闇を浮き彫りにする。
本作のDVD発売を記念してアンドレアス・ジョンセン監督が緊急来日、都内でゲストを迎えてのイベントを開催。
来日前の監督に作品について話を聞いた。

「アートは美術館、ギャラリーなどの屋内【インサイド】にあり、また同様にストリート【アウトサイド】にも存在する。
アーティストはもがきながら頭の中【インサイド】の創造を現実世界【アウトサイド】に表現したいと思っている。
システムの内側にいる者もいれば、外側にいる者もいる。
昨日アウトだったものが、なぜか突然インになっていたりする」と、映画タイトルの意味について語る監督のアンドレアス・ジョンセン。

過去にキース・へリング、バスキアなどのアーティストを生み出したグラフィティ・ストリートアートは、ここ数年、様々な場所・手法で表現する新世代が世界を席巻し始めている。
『インサイド/アウトサイド』はそんなグラフィティ新時代を牽引するアーティストに迫ったドキュメンタリーだ。

「今は破壊行為とレッテルを貼られていても、明日にはインターナショナルなスーパースターになっているかもしれないからね。ただ、メカニズムが違うだけなんだ」

出演アーティストは作中で「グラフィティはアートか? アートである必要はない」と語っているが、この作品が正しく伝えるのは社会の固定された規範から自由でありたいというメッセージである。

『インサイド/アウトサイド』DVD発売記念イベント開催(上映+トークショー)

◎7月4日(金) 18:00〜
会場: THE GHETTO TOKYO
(東京都新宿区百人町1-1-10)
料金:1,000円(1ドリンク付)
ライブペイント:BUTOBASK(SCA)、lmSS(ABMlabor)
トーク:アンドレアス・ジョンセン監督、林文浩(DUNE編集長)、大山エンリコイサム as OEIL(アーティスト・グラフィティ研究)
DJ:SOUL MIXER S.D.I、FDSTASKI、DJ1,2

◎7月5日(土) 18:30〜
会場:アップリンク・ファクトリー
(東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1F)
料金:1,500円(1ドリンク付)
トーク:アンドレアス・ジョンセン監督、荏開津広

◎7月27日(日) 15:00〜21:00(トークショーは18:30〜)
会場:タワーレコード渋谷店B1F「STAGE ONE」
(東京都渋谷区神南1-22-14)
トーク:有太マン、荏開津広
展示:ESCAVAL(グラフィティ、フォトグラフ、メタルワーク3人のアーティスト集団)
※タワーレコード渋谷店、新宿店にて対象商品(DVD『インサイド/アウトサイド』、写真集『CONTACT』)をご購入の方にイベント入場券を配布します。
※フリー観覧ではありません。トークショーは入場制限があります。

http://www.webdice.jp/dice/detail/508/

162 :名無しの挑戦:2008/06/17(火) 20:38:29 ID:???
PFLOPS級スパコンがもたらす、科学技術の“新時代”(1)
10年前の最速スパコン20年分の計算をわずか1週間で完了

ペタFLOPS級スパコンの登場は、科学技術の分野で初めてコンピュータを利用できるようになったことと同等レベルの進歩を意味すると、Los Alamos国立研究所の科学/技術/エンジニアリング担当主席アソシエイト・ディレクター、テリー・ウォレス(Terry Wallace)氏は語る。

開発および検証が最近終わったばかりのRoadRunnerは、今はまだニューヨーク州ポキプシーにあるIBMの施設内に設置されている。
総勢50名に上るLos Alamosの研究チーム3班が、ニューメキシコからポキプシーまで出張し、3種類の異なる研究プロジェクトにRoadRunnerを利用し始めているという。

RoadRunnerは、米国AMDのOpteronとIBMのCellという異なるCPUを組み合わせて高度な性能を実現している。科学者らは手始めに、人間の脳の視覚野マッピングや海流調査、気候変化に関する演算処理をRoadRunnerで行おうとしている。

Wallace 氏は、「かつては想像だにできなかった問題の探求をRoadRunnerは可能にしてくれるだろう。
だがそれ以上に、われわれの科学技術が新しい時代に突入するのではないかという期待感を抱いている。(RoadRunnerの登場は)コンピュータを科学者が初めて手にしたときと同じくらい、衝撃的な出来事だ」と語った。

IBMによれば、10年前の最速スパコンで20年かかった計算を、RoadRunnerはわずか1週間で終えることができるという。

IBMがLos Alamos国立研究所向けに開発したRoadRunnerは、当初はCellを搭載していなかった。AMDのOpteronのみを搭載した初代RoadRunnerがペタFLOPSに届かなかったのは、これが理由だった。

Wallace 氏は以前、Computerworld米国版に対し、Los Alamos国立研究所とIBMの技術者が力を合わせ、従来型のRoadRunnerにCellプロセッサを搭載してペタFLOPS級の演算処理能力を引き出そうとしていると述べていた。
Wallace氏は、新型スパコン、すなわち“RoadRunnerの息子”は、まずは機密性の高い研究に利用される予定だが、いずれは一般的な実験にも用いられるようになると推測している。

「1年から2年のうちに、新型スパコンは2ペタFLOPSを実現するだろう」(Wallace氏)


163 :名無しの挑戦:2008/06/17(火) 20:40:16 ID:???
PFLOPS級スパコンがもたらす、科学技術の“新時代”(2)
今夏には研究所内で稼働を開始

IBMの幹部は先週、RoadRunnerがペタ FLOPSを突破したことを明らかにした。
この処理速度は、それまで世界最速だった、米国エネルギー省のLawrence Livermore国立研究所に設置されているIBM製スパコン「BlueGene/L」の約2倍に相当する。

11年前にテラFLOPS(毎秒1兆回の浮動小数点演算)の壁が打ち破られてからは、ペタFLOPSがスパコン分野における最大の目標であり、米国Crayや米国HP、Sun Microsystems、SGIをはじめとする数多くの企業がこれを目指して開発にしのぎを削っていた。

今年7月、IBMの技術者たちは21台のトレーラーにRoadRunnerを詰め込み、Los Alamos国立研究所へ運んで組み立てた後、稼働テストを実施する予定だ。
夏の終わりまでには、同研究所内での実稼働が始まる見込みだという。

だが、一刻も早くRoadRunnerを使いたい研究者らは、そんなに長くは待てなかったようだ。
研究者たちはすぐにポキプシーへと移動し、超高速の演算性能を誇るRoadRunnerを研究プロジェクトにさっそく利用し始めたと、Wallace氏は説明している。

ある研究者グループでは、気候の変動と海洋の循環を調べている。
RoadRunnerを使い始める前は、10〜20キロメートルに及ぶ巨大なブロックを1 回の調査対象としていた。だが、RoadRunnerのおかげで調査範囲を狭めることができ、結果もかなり変わってきているという。

「調査範囲を狭めたことにより、範囲をおおざっぱに区切っていたときにはわからなかった物理現象も認識できるようになった。
これで、日々の気候に大きな影響を与えていると思われる海中エネルギーの遷移をより理解できるようになるはずだ」(Wallace氏)

人間の視覚を司る脳の部位を研究している研究者も、RoadRunnerをリサーチに役立てている。
そうした研究者らがRoadRunnerを利用し、10年以内には実用性のある人工視覚技術を開発できると、Wallace氏は見ている。

「実際にどうやって脳が視覚的に物体をとらえているのかは、いまだ解明されていない難問の1つだ。子どもでもりんごとオレンジを見分けることができるが、これをコンピュータに教えるのは非常に難しい。
形を見るのか、それとも色を見ればよいのか。色や形状、質感といったすべての情報を脳が分析し、りんごかオレンジかを判断する仕組みを解明するために、われわれはこうした研究を続けている」(Wallace氏)

さらにWallace氏は、人工視覚技術はロボット工学を発展させるだけでなく、視覚障害者にも利益をもたらすだろうと述べた。

Los Alamos国立研究所でRoadRunnerが稼働した後には、宇宙空間における衛星軌道の追跡や核廃棄場所の監視など、機密性の高い研究プロジェクトにも同スパコンが利用される予定である。

関連記事
>>80
http://dso.2ch.net/test/read.cgi/yangon/1211803833/80

http://www.computerworld.jp/topics/mp/112229-2.html

164 :名無しの挑戦:2008/06/17(火) 20:42:53 ID:???
形見にも──ペットやヒトも「遺伝子保存」

今やペットも家族の一員。大切なペットを失った時、遺髪などを残す人も多いというが、ハイテクの昨今、なんと「遺伝子」を形見にする飼い主が増えているという。

「現時点では遺伝子からの再生はできないが、クローン犬などの誕生もあり、何か残しておきたいという人は多い。
それに形見としての意味合いも強い」と話すのはディーエヌエーバンク・リテイル(本社・東京)の伊藤憲一郎CEO。

そもそも同社はヒトの遺伝子検査を主業務とするが、遺伝子保存の依頼は年間100検体ほど。
そのうち大半は、ヒトより犬、猫などのペット。

遺伝子は綿棒で口内の頬内側から採取した組織から抽出して、家庭の冷凍庫でも保管できる凍結状態に。
1検体6万3000円で、沖縄にある研究所にも保管しておく場合には月々3000円の保管料がかかる。
ここまではヒトも同じだが、ペットの場合、血統の真偽などを確認するための親子鑑定、亡くなった犬、猫が本当に自分のペットなのか、保険会社からの依頼が多い毛からの遺伝子鑑定なども6−7万円で行っている。

もちろん、ヒトの依頼もある。

「海外出張や留学に行く前にDNAを保存しておきたいという人は確かにいます」(伊藤CEO)

先日の死者8万人超ともいわれる中国・四川大地震もそうだが、旅先では、いつ大災害や災難に出くわすか分からない。
最悪のケースを考え「身元確認」として自分の遺伝子を保存するのだという。
依頼者の中には、将来、息子、孫の3世代にわたるDNA解析が身内の医療や病気予防に役立つことを期待して、がんに罹ったことを機に申し出るケースも。

いまや日進月歩の遺伝子テクノロジー。
保存期間は半永久的なので、残しておけば自分のDNAがいつか役立つ日がくるかも知れない…。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0806/17/news097.html

165 :名無しの挑戦:2008/06/17(火) 20:43:40 ID:???
Is China a climate saint or sinner?

IS CHINA an environmental pariah or not? Now there's more evidence on both sides of the argument.

China's average ecological footprint has doubled since the 1960s, says a joint report from the environment group WWF and a Chinese government agency, the China Council for International Cooperation on Environment and Development.
The average footprint per person, however, is still smaller than the world average, as well as being only a third that of a European and a sixth that of the average US citizen.

The ecological footprint is a measure of the amount of global resources a country uses relative to the land area those resources take to produce.
But it is not a cut-and-dried science, and some of its measurements are controversial.

For instance, the study says China runs an "ecological deficit" with the rest of the world, because its footprint is twice its land area.
By that assessment, it is a worse offender than some much richer countries that use more resources per head but have larger land areas - including the US.

関連記事
>>76
http://dso.2ch.net/test/read.cgi/yangon/1211803833/76

http://environment.newscientist.com/channel/earth/mg19826603.300-is-china-a-climate-saint-or-sinner.html?feedId=online-news

166 :名無しの挑戦:2008/06/17(火) 21:14:21 ID:???
セックスワークの「プロ/アマ・ボーダレス」化現象(1)

セックスワーカーのエイズ対策について調査している厚生労働省の研究班(主任研究員、東優子・大阪府立大学准教授)がこのほど、『日本の性娯楽施設・産業に係わる人々への支援・予防対策の開発に関する学術研究』をまとめた。
同研究は06年度に始まり、今回(07年度)が2回目。今回は、セックスワーカーではなく、一般女性における金銭が介在する性行為について、国内で初めての調査した。

東准教授によると、「セックスワーカーのアイデンティティを持たずに、金銭授受を伴う性行為をする女性がおり、素人/玄人のボーダレス化現象がある。そうした女性たちの調査研究は、いままでは高校生以外の調査がなかった」。
調査方法は携帯電話のWebアンケートで、2007年12月7日から11日までの5日間、スクリーニング調査を行い、性交経験がある者で、協力に同意があった18歳から29歳の女性2264人が回答した(配信数からの参加率87.1%)。

「金銭の授受ありの関係」の詳細については、以下のような回答状況だった(複数回答、以下いずれの数値も)。
・性的なことはしなかったが、男性との食事やカラオケなどにつきあい、お金を受け取った=8%
・自分の性器を触らせたりする行為(挿入なし)をして、お金を受け取った=5.7%
・男性の性器を触ったりする行為(挿入なし)をして、お金を受け取った=6.6%
・セックスをしてお金を受け取った=11.8%
このうち、後半の3つの行為の範囲を性行為としてくくると、14.2%が「金銭授受ありの性行為」の経験者だった。
「高校生の調査では、援助交際の経験は4%ほどだが、今回の調査は年齢層が広いので、経験者の率も高くなった。ただし、調査対象が携帯電話のアンケートに協力的な層なので、この数字が一般的な傾向かどうかはわからない」(東准教授)

「金銭授受あり性行為」の経験者が相手と知り合った手段は、
・出会い系サイト=62.3%
・ナンパ=26.2%
・テレクラ・伝言ダイヤル=19.6%
・性風俗店での勤務時間外で客との関係=13.1%
・以前からの知り合い=12.5%

「金銭授受ありの性行為の経験がある女性は、携帯電話の利用を通じてだろうと想定して調査に臨んだ。したがって出会い系サイトの利用が多いのは、その想定を追従している」(東准教授)

167 :名無しの挑戦:2008/06/17(火) 21:15:49 ID:???
セックスワークの「プロ/アマ・ボーダレス」化現象(2)

事前に確認することとしては、
・受け取る金額=63.9%
・割り切った関係であること=52.3%
・セックスの時のコンドームを使うこと=48.6%
という状況で、避妊についての確認は、半数前後にとどまった。

金銭授受ありの性行為を通じて、なんらかの「不快な経験」をしたのは77.3%。具体的には
・自分の中で背心的苦痛が残った=33.6%
・コンドームを使いたかったのに、使わずにセックスをした=23.1%
などが多く、このほかに妊娠の心配や、性感染症(STD)の症状も2割いた。

一方、「金銭授受のない性行為」については、96.2%が経験していた。興味深いのは、「不快な経験」をした人の割合が83.7%と、「金銭授受ありの性行為」の経験者よりも高かったこと。内訳は、
・妊娠したかもしれない=68.8%
・STDの症状=30.4%
・コンドームを使いたかったのに、使わずにセックスをした=30.3%
いずれも「金銭授受ありの性行為」よりも割合が多く、金銭授受ありの性行動と比べてコンドームを使わないセックスが行われ、結果として妊娠の不安やSTDの症状があらわれている、といった結果になった。

「セックスワーカーや不特定多数が相手のセックスは危ないというイメージがあるが、実際には逆。つまり、恋人関係で信頼関係が高まれば、コンドームを使用する率が下がることは以前からも言われていた。
女性はたった1人の男性から感染することのほうが多い。また、セックスの経験が高ければ高いほど、コンドームの使用率が下がるとも言われている。今年度はリスク認知やその対処の実態を調査していく」(東准教授)

厚生労働省のエイズ動向委員会によると、HIV感染者の報告数は2007年、1082件で過去最高になった(前年は952件)。
うち日本国籍のケースは969件で、男性が931件、前年よりも144件増。日本国籍の女性は38件で11件少なくなった。
一方、AIDS患者の報告数は前年比12件増の418件。日本国籍のケースは365件で、男性は343件で、8件増加。日本国籍女性は22件で、2件増えた。

http://www.ohmynews.co.jp/news/20080529/25718

168 :名無しの挑戦:2008/06/17(火) 22:30:21 ID:???
肉人形アートフィギア
(http://www.flickr.com/photos/ludovic-levasseur/sets/72057594117438888/)

肉人形剥製術を用い、皮膚的なもので作られたフレッシュなミートドールだそうでございます。
フリーク好きな方々に大変好評を得ているようです。

http://www.zaeega.com/archives/50615991.html

169 :名無しの挑戦:2008/06/17(火) 22:31:00 ID:???
Lastdate
2008/6/16
釜ヶ崎暴動・4日目
釜ヶ崎でこういう光景をまた見るとは思わなかった

http://www1.odn.ne.jp/~cex38710/thesedays13.htm

170 :名無しの挑戦:2008/06/17(火) 22:42:59 ID:???
Newly found planets make case for 'crowded universe'

The discovery demonstrates that planets keep popping up in unexpected places around the universe.

The announcement is the first time three planets close to Earth's size were found orbiting a single star, said Swiss astronomer Didier Queloz.

He was part of the Swiss-French team using the European Southern Observatory's La Silla Observatory in the desert in Chile.

The mass of the smallest of the super-Earths is about four times the size of Earth.

That may seem like a lot, but they are quite a bit closer in size and likely composition to Earth than the giants in Earth's solar system -- Jupiter, Saturn, Uranus and Neptune.

They are much too hot to support life, Queloz said.

Scientists are more interested in the broader implications of the finding: The universe is teeming with far more planets than thought.

Using a new tool to study more than 100 stars once thought to be devoid of planets, the Swiss-French team found that about one-third had planets that are only slightly bigger than Earth.

That's how the star with three super-Earths, 42 light-years away, was spotted.

The European team took a second look with a relatively new instrument that measures tiny changes in light wave lengths and is so sensitive that it is precisely positioned and locked in a special room below the observatory in Chile.
The key is kept in Switzerland, scientists say.

The discovery is "really making the case that we live in a crowded universe," said Carnegie Institution of Washington astronomer Alan Boss, who was not part of the discovery team.
"Planets are out there. They're all over the place."

That means it is easier to make the case for life elsewhere in the universe, both Boss and Queloz said.

http://edition.cnn.com/2008/TECH/space/06/17/super.earths.ap/index.html

171 :名無しの挑戦:2008/06/18(水) 02:09:47 ID:???
専用パッカーを使う偽アンチウイルス・ソフト「XP Antivirus」

最近のマルウエアやミスリーディング・アプリケーションは,その大半がパッカーによってコードが難読化されている。
こうした迷惑ソフトウエアに使われるパッカーは,既存のものだけではない。
検出回避策としてポリモーフィック技術を採用した専用パッカーを使う例もある(関連記事:ITPro Dictionary「ポリモーフィック」http://itpro.nikkeibp.co.jp/word/page/10006249/)。
今後,隔週ペースでこの種の専用パッカーを取り上げ,使われている検出回避の仕組みを解説していく。

今回はセキュリティ・ソフトウエアをかたる悪質なXP Antivirusを紹介しよう。
このソフトは,問題などないパソコンなのにマルウエアが感染しているという偽警告を出す。
「除去」を望むユーザーは,49.95ドルの登録料を払うことになる(関連記事:根絶できないミスリーディング・アプリ「XP Antivirus」による被害 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080418/299404/?ST=security)。
(中略)
この「パッカー」は一般のパッカーよりも凝った難読化/暗号化をしていて,これによって守られているファイルは元のファイルとは全く違うものになっている。
エントリ・ポイントへのジャンプさえも加工されていたのだ。セットアップ・ファイルも暗号化されており,エントリ・ポイントへのジャンプに「jmp eax」命令を使っていない。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080615/308083/

172 :名無しの挑戦:2008/06/18(水) 02:10:08 ID:???
6億人のフィードバックでスパムを検知、メールセキュリティASP『ANSWRE』

ISP事業などを展開するインフォマニアは16日、米クラウドマークのスパム検知エンジン「Cloudmark Authority」を搭載したメールセキュリティサービス『ANSWRE(http://www.answre.jp/)』の提供を、一般個人/企業向けに開始した。
同サービスはユーザーのメーラーからのPOP接続要求を中継、代理接続することで、スパムやウィルス/フィッシングメールを駆除するというもの。利用しているメールサーバに依存することなく、ユーザーの判断で1アカウントからの導入が可能だ。

今回同サービスに採用されたクラウドマーク社の検知エンジンは、独自のフィンガープリント技術で高い検知精度と高速動作を実現。
さらに、「世界6億人以上のユーザーからのフィードバックを反映することで精度を高めている」(インフォマニア)という。

現在、米国のISP大手11社が採用。日本国内でもNECビッグローブやNTTコミュニケーションズが提供するOCNなどで採用され、「高い評価を得ている」(同)。
同エンジンを利用したコンシューマ向けサービスは、これまでほとんど無かった。

ユーザー側では、専用のアプリケーションやプラグインなどの導入は必要なく、メールアカウントの受信設定を変更するだけで利用できる。
ライセンス料は1アカウント年額3,000円。なお、1カ月の試用期間中は無料で利用可能となっている。

http://journal.mycom.co.jp/news/2008/06/17/058/index.html

173 :名無しの挑戦:2008/06/18(水) 02:10:28 ID:???
「結 晶」 被告人たちのきれいな絵 第1巻

タイトル : 「結 晶」 被告人たちのきれいな絵 第1巻
著 者 : 宮崎 勤(三浦英明・監修)
発 行 : 猫乃電子出版
価 格 : 525円 (税込)

みなさんこんにちは。
電子本『被告人たちのきれいな絵』の監修者の三浦と申します(獄外の者です)。
今回ここに、『被告人たちのきれいな絵』第1巻を電子出版します。
手始めに、今回は、宮崎勤さんの絵を載せます。
これらは、宮崎さんが2001年までに描いた絵の一部です。
宮崎さんの言によれば、彼が職員と医務室に行くとき、職員が、「きれい」「美術の勉強になる」「情ちょ教育になる」「人権教育になる」と述べていた、ということです。
毎回27枚以内の絵を載せていきます。

http://www.dotbook.jp/dotbook/details.php?id=IP0147

174 :名無しの挑戦:2008/06/18(水) 15:23:13 ID:???
農業廃棄物から原油を生成する微生物開発される

材木クズ、サトウキビ、麦わら等の農業廃棄物を食べ、原油を作り出す微生物が遺伝子操作によって開発されました(TIMES ONLINE http://www.timesonline.co.uk/tol/news/environment/article4133668.ece)。
この微生物が生成する原油は精製の必要がほとんど無く、1バレルあたり$50で生成でき(現在の値段は1バレル$140程)、かつ生成プロセスはカーボンネガティブ(原材料が大気から吸収する二酸化炭素の方が、生成・利用で排出される二酸化炭素より多い)であるといいます。
米国では毎週1.4億バレルを超える量の石油が消費されており、これを微生物で賄おうとすると530km2におよぶ大規模な施設が必要となり、大量生産は現実的な状態ではありません。
また、現在は微生物は隔離容器に閉じ込められており、用途を終えると破棄されているとのことですが、大量生産となった場合の対策も懸念事項と思われます。

先日も「ガソリンと自由に混合できる代替燃料」が報じられていましたが(http://slashdot.jp/science/article.pl?sid=08/06/15/1354228)、米国では石油大量消費の仕組みを変えずに済む方法の開発が熱いようです。

http://slashdot.jp/science/article.pl?sid=08/06/18/0253258

175 :名無しの挑戦:2008/06/18(水) 15:23:40 ID:???
脳波ヘッドバンドが近日登場、脳波でゲームをプレイ可能

脳波でゲームをプレイできるという非常にユニークな製品が今月中旬に発売される見込みだ。
OCZの「Neural Impulse Actuator」という製品で、予告しているのはツクモパソコン本店II。
予価は24,800円。

Neural Impulse Actuator(OCZ)
http://www.ocztechnology.com/products/ocz_peripherals/nia-neural_impulse_actuator
http://www.ocztechnologyforum.com/forum/showthread.php?t=38653

この製品は、「Neural Impulse」を検出するヘッドバンドを頭に装着、この入力で通常のゲームをプレイできるというもの。
具体的にどういった感覚で、どういった操作が行なえるのかは不明だが、同社Webサイトでは、ジョイスティックやキーボードの入力を脳波で行なえるような設定画面が公開されている。
また、「反射が50%早くなる」(同社)といったメリットもあるという。

こうした「脳波グッズ」は前例がない訳ではないが、販売されるのは非常に希。
今のところ実用度は不明だが、とびきりユニークな入力グッズとして注目できそうだ。

http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20080621/etc_brain.html

176 :名無しの挑戦:2008/06/18(水) 15:24:12 ID:???
米Googleは6月17日 (現地時間)、プログラミングコンテスト「Google Code Jam 2008」の参加受付を開始した。
今年は予選ラウンドを勝ち抜いた500人が各地域のGoogleオフィスで行われるリージョナルセミファイナルに招待される。
さらに100人がGoogle本社でのグランドファイナルに挑む。賞金総額は80,000ドルとなっている。

Google Code Jamでは、参加者が制限時間内にアルゴリズム問題に挑戦し、それらを解決するとポイントを得られる。その合計点で順位が決まる。
同点の場合は、解答提出までの時間と正誤から算出されたペナルティー時間の少ない方が上位になる。
今年は過去のCode Jam優勝者もメンバーであるGoogleの20%-timeチームが作成したツールが用いられるそうだ。

Code Jamへの登録受付は6月17日午後4時(UTC)に始まり、オンラインで行われる予選(Qualification)ラウンドが終了する7月17日午後11時(同)に終了する。

7月25日から始まるオンラインラウンドを経て、トップ500人がアジアパシフィック、ヨーロッパ、中東、アフリカ、アメリカスなどの地域のGoogleオフィスで行われるセミファイナルラウンドに招待される。
さらにトップ100人が今年11月14日に米カリフォルニア州マウンテンビューの Google本社で開催されるファイナルラウンドに駒を進める。
Code Jamには13歳以上から登録できるが、Googleオフィスでのコンテストに参加できるのは18歳以上となる。

総額80,000ドルの賞金の振り分けは、優勝者が10,000ドル、2位5,000ドル、3位2,500ドルとなっている。
また優勝者は Googleオフィスでのランチを10回無料で楽しめる権利も獲得する。
「プログラミングの難問に挑むコーダーをGoogleはサポートすると共に、世界中の研究所とオフィスを紹介できるチャンスを楽しみにしている」とエンジニアリング担当バイスプレジデントのVic Gundotra氏。

前回2006年のCode Jamには100カ国以上から21,000人以上が参加。ロシアのPetr Mitrichev氏が優勝した。

http://journal.mycom.co.jp/news/2008/06/18/007/index.html

177 :名無しの挑戦:2008/06/18(水) 15:25:41 ID:???
The Upside of ADHD

Wanderlust. Restlessness. Shpilkes. In our sedentary society, Attention Deficit Hyperactivity Disorder (ADHD) means disrupted classrooms and lost worker productivity.
But for nomads, it might be the key to success. A new study in the journal BMC Evolutionary Biology says that DRD4, the gene frequently associated with ADHD,
behaves differently across environments, and might cause those who whither while sitting down to excel in a roaming lifestyle.

The study, conducted by researchers from the University of Wisconsin-Milwaukee, compared body mass index (BMI) among the Ariaal people of northern Kenya.
Some of the Ariaal have recently settled down, while other groups continue with the nomadic traditions of their ancestors.
The researchers found that nomadic Ariaal with the ADHD-related version of DRD4 had a higher BMI than settled Ariaal with the same gene type. For people like the Ariaal, weight means health, and health means prosperity.

If ADHD makes for a successful nomad but a failed office worker, there may be other pathologies that are negative within our particular environment, but beneficial in another.
The UWM team continues to investigate how these behaviors play out in other cultural settings; in the meantime, anyone who can’t sit still can just say, “hey, maybe it’s the nomad in me.”

関連記事
>>138
http://dso.2ch.net/test/read.cgi/yangon/1211803833/138

http://www.popsci.com/scitech/article/2008-06/upside-adhd

178 :名無しの挑戦:2008/06/18(水) 19:23:12 ID:???
ネット上のクチコミを抽出し、サイトに掲載する「バイラルプレス」

株式会社クリエイティブホープは2008年6月18日、Blogや掲示板などに書かれたコメントから良質な意見を抽出し、自社サイトや商品紹介サイトなどに掲載できるソリューション、「バイラルプレス(http://www.creativehope.co.jp/service/tool/viralpress/)」の提供を開始した。

バイラルプレスは、商品名など指定キーワードに連動したコンテンツを自動生成するほか、人口知能を使った記事選定で良質な意見のみを抽出するため、コンバージョン率の向上に繋げられるという。

なお、バイラルプレスで採用されている AI は、株式会社ブログウォッチャー社の文章解析技術となっている。

http://japan.internet.com/wmnews/20080618/1.html

179 :名無しの挑戦:2008/06/18(水) 19:24:26 ID:???
「ブログラボ」第2弾サービスは Blog の影響力を評価する「ブログチャート」

Blogネットワーク運営会社のアジャイルメディア・ネットワーク(AMN)と、参加型Webプラットフォームのマイネット・ジャパンは2008年6月17日、
AMN とさくらインターネットが共同で運営する「ブログラボ」第2弾サービスとして、Blog の特徴や影響力を解析するサービス
「ブログチャート(http://japan.internet.com/wmnews/20080618/4.html?rss)」を公開した。

ブログチャートのトップページから個別Blog の URLを入力すると、その Blog の影響力レベルやレーダーチャートを調べることができる。

ブログチャート式評価法の元になっているのは、Access(アクセス数)、Buzz(話題度:Blog やサイトからの被リンク数)、Clip(ソーシャルブックマークサービスからの被クリップ数)、
Discussion(議論発生度:ソーシャルニュースサイトなどでの注目数、議論数)、Evaluate(評価:読者からの評価レベル)、Feed(購読数:RSS フィードの購読数)の6つの要素。

現在、世界には約7,000万のBlogがあり、1日あたりの投稿数は150万件以上、と言われている。
また、日本語のBlog投稿数は、言語別では英語を押さえて世界1位、とも言われている。

ただ、一方では、日本語Blogには自動的にBlog記事を生成するプログラムなどによるスパム的なBlogが4割以上存在する、という調査結果もあり、役に立つBlogを探すこと自体が難しくなってきた。

このような背景から、AMN とマイネット・ジャパンでは、個々のBlogの持つ影響力の程度、およびその特徴を簡単に把握する仕組みとして、ブログチャート開発に取り組んだ。

http://japan.internet.com/wmnews/20080618/4.html

180 :名無しの挑戦:2008/06/18(水) 19:24:47 ID:???
マップから Web 情報を逆検索する「逆マップ検索君」

株式会社アクトニッチは2008年6月18日、「Google Maps」の地点から Web を逆検索するサービス「逆マップ検索君(http://www.docosumi.jp/mapsearch/)」のテスト運用を開始した。

逆マップ検索君は、地図の地点からその場所に関連する事柄を Web、画像、動画と一括で検索できるサービス。
検索には、Google、Yahoo、Wikipedia、YouTube、ぐるなび、といった9つの検索サイトと連動する。

さらに、複数のマップサイトも検索対象となっているため地図上にある地点、スポット、施設などの情報を検索結果として得ることが可能。

マップからの Web 検索は、地図上をダブルクリックして表示される複数の“もよりスポット”より選択する。
また、任意のキーワードやタグを入力して、たとえば、スポット+タグ検索(清水寺>旅館)、地区タグ検索(京都市>賃貸)、スポット+地区(京都市>清水寺)などといった、様々な形での検索に対応しているという。

http://japan.internet.com/busnews/20080618/3.html

181 :名無しの挑戦:2008/06/18(水) 19:25:28 ID:???
AMD、スーパーコンピュータ並の次世代 GPU を披露

この世は GPU の春だ、2大 GPU メーカーの ATI Technologies (AMD の子会社) と NVIDIA からは、そんな声が聞こえてきそうだ。
AMD は16日、最大能力が TFLOPS 級に及ぶ次世代グラフィック プロセッサ『Radeon 4000』を披露した。

AMD のグラフィック製品グループ担当シニア バイスプレジデント Rick Bergman 氏は会見の席上で、次のように説明している。
「このプロセッサは、毎秒1兆回の浮動小数点演算が可能で、1TFLOPS のコンピュータに匹敵する。これは、わずか1センチメートル四方の大きさしかないプロセッサにとって、驚異的な躍進だ」

Bergman 氏は Radeon 4000 プロセッサについて、パソコン用アドオン型カードとして来週から提供を開始すると述べた。ブランド名は『Radeon HD』で、価格は約200ドルの予定だ。
その後、デスクトップ パソコンおよびノートパソコンのメーカー各社も順次、同プロセッサを採用する。

Bergman 氏によると、Radeon 4000 は従来のゲーム機が搭載していた GPU よりも優れた性能をもたらすという。
これは、より高度なゲームやグラフィックを求めるユーザー層に訴求し得る。
また、1997年にチェスの世界チャンピオンGarry Kasparov 氏を破ったIBM のスーパーコンピュータ『Deep Blue』と比べても、Radeon 4000 は100倍の能力があると Bergman 氏は語る。

AMD は90分に及ぶプレゼンテーションの中で、同社が提唱する『Cinema 2.0』構想に多くの時間を費やした。
Cinema 2.0 は、企業と開発者によるエコシステムで、映画品質の現実性を、現在もっとも人気のあるビデオゲームの双方向性に組み合わせた体験を提供しようという取り組みだ。
今回のデモンストレーションでは、SF をテーマにしたストーリーで、現実と見まごうほどのアニメーションを見せるビデオゲームなどが披露された。

Bergman 氏によると、この新しい次世代グラフィック技術が秘める可能性に映画会社も多大な関心を抱いており、同技術によって、
映画の公開と同時かわずかに遅れるだけで、今まで以上にリアルな双方向型のビデオゲーム化が可能になるという。

http://japan.internet.com/webtech/20080618/12.html

182 :名無しの挑戦:2008/06/18(水) 19:25:51 ID:???
GPUは1TFlopsの時代へ、GPGPUに弾みが付くか

NVIDIAとAMDがそれぞれハイエンドGPU─GeForce GTX 280とRadeon HD 4850を発表したが、併せてこれらをベースとするGPGPUも発表された。

GeForce GTX 280をベースとするTesla-10シリーズ(カード型製品はTesla C1060、The Registerの記事)とRadeon HD 4850ベースのFireStream 9250(PC Watchの記事)で、処理能力はどちらも1TFlops(FireStream 9250は1TFlops以上)。
Tesla-10は新たに倍精度演算に対応した(FireStreamは先代の9170から対応)。

倍精度の性能は単精度に比べて落ちるようだが(FireStream 9250で200GFlops超)、NECのスーパーコンピュータ「SX-9の1ノードでの最大性能が1.6TFlopsとのことのなので、カード1枚としては非常に高性能と言えるだろう。

この前1ペタFlopsを達成したIBMのRoadRunnerはOpeteron+Cellの構成だったが、今後はTop500の上位にCPU+GPUタイプのスーパーコンピュータが登場するようになるのだろうか。

http://slashdot.jp/articles/08/06/18/0854200.shtml

183 :名無しの挑戦:2008/06/18(水) 19:26:14 ID:???
色メガネいらずのカラー3Dリッタイスクリーン「HoloVizio」(動画)

Holografika社の「HoloVizio」は、複数人で同時に見れるカラー3Dスクリーンです。
専用メガネ不要で、見てる側も立ち位置によって見えるアングルが変わります。
NHKのインテグラル立体テレビみたいですね。
HoloVizioは現在Windows版の「HoloVizio 128WLD」とLinux版の「HoloVizio 720RC」があります。
大勢で一度に画面を見るときでも、とてもみやすいのが自慢だそうです。
気になるお値段は、ちょっとわからないのですが、小国のGDPくらいはかかるんじゃないですかね?

http://www.gizmodo.jp/2008/06/3dholovizio.html

184 :名無しの挑戦:2008/06/18(水) 19:26:37 ID:???
脳波で「セカンドライフ」のアバターを動かした!
ついにニュータイプの時代に突入!

「機動戦士ガンダム」では、ニュータイプがサイコミュを使って、思念でファンネルを操作していた。
頭の中で思い浮かべるだけで遠隔操作が可能になる。
それは現在の科学技術の夢のひとつであり、今も頭の骨に機器を埋め込んで対象物を操作する研究などが進められている。

そしてこのたび、慶応義塾大学理工学部の牛場潤一講師が、着脱可能な装置を使用しての遠隔操作を実現したッ!牛場講師はこの実験で、手足が不自由な男性に装置を使ってもらい「セカンドライフ」のアバターを操作することに成功したのである。

実験ではまず、装置を使用する前に、男性が脳内で手足を動かすイメージや、何もしていないときの脳波を測定。
そのデータを元に「ブレーン・マシン・インターフェース」という技術で「前進」「右折」「左折」「停止」の4つの動作を、装置を使って可能にした。

また、慶應義塾大学セカンドライフキャンパス内に「ブレーン・マシン・インターフェース・リサーチセンター」を竣工。
一階にあるトレーニングジムで下の写真のように被験者が訓練する空間を設けた。

このトレーニングジムでは、ジグザグした道の先にあるゴールの赤い板を目指して、アバターを動かしていくといった訓練が行なわれていた。
被験者の男性は、電動車椅子の操作棒を倒すイメージでアバターを前進させたという。
実際に男性は脳波でアバターを歩かせることに成功し、ボイスチャット機能で実験に参加した学生と会話したそうだ。

牛場講師によると、ほかの被験者の実験では、セカンドライフ内のセンターの外に行って雪山登山もしたとか。
身体を動かせない人だと、どうしても行動範囲が限られてしまう。
しかし、脳波を察知して動くデバイスが開発できれば、まだセカンドライフの中だけではあるけれど、行動範囲が広がってくる。
今回の実験は将来的に、バーチャルワールドだけでなくリアルワールドにも応用されていくはずだ。
やがて、身体の不自由な人がどんどん実社会に進出するようになり、すべての人の生活がより便利になっていくことだろう。

http://ascii.jp/elem/000/000/143/143028/

185 :名無しの挑戦:2008/06/18(水) 19:27:11 ID:???
切込隊長BLOG
2008.06.18
ベンジャミン 〜山口組突入編

ベンジャミンが山口組に突入したようです。ヨネスケ状態ですけど、大丈夫なんでしょうか。

http://kirik.tea-nifty.com/diary/

186 :名無しの挑戦:2008/06/18(水) 22:02:20 ID:???
Kurt Schwittersの原ソナタ
http://jp.youtube.com/watch?v=55Bi1VxtC4g
http://jp.youtube.com/watch?v=qGAnINpvSeo
http://jp.youtube.com/watch?v=gPKpX0bGqps

187 :名無しの挑戦:2008/06/19(木) 00:18:20 ID:???
First known digital music recording surfaces

A crackly analogue recording made in 1951 is the earliest known example of a digital computer making music, say UK historians.

The recording captures one of the earliest computers to use short term random access memory playing God Save the King, Baa Baa Black Sheep and a short piece of Glenn Miller's In The Mood.

The Ferranti Mark 1 computer was built by UK electrical engineering firm Ferranti in collaboration with Manchester University, UK. It was the world's first commercial computer, and nine were sold between 1951 and 1957.

In 1951 the BBC recorded a musical performance by the machine for a children's radio show and also presented someone there with a private copy on an acetate disk.
It is that disk that has now surfaced in the Computer Conservation Society's archives.

"I heard this performance at the time it happened," Geoff Tootill, an engineer who helped design the computer, told New Scientist.

A loudspeaker was attached to the computer to let its operators monitor key progress by listening, allowing them to do other activities at the same time.
"It was programmed to make a short click every time an instruction was completed," Tootill explains.

"These days that would be a supersonic tone," says Tootill, because modern computers process instructions so quickly.

Once the Mark 1 finished a program, it would also produce a characteristic tone to alert the operators.

The music played by the computer was encoded in a program written by Chris Strachey, a friend of computer science pioneer Alan Turing.
Turing wrote the first manual for the Mark 1 and sent a copy to Strachey, who wrote several programs for the Manchester machine to try out.

After feeding his programs into the machine on punched tape, "one of them, to our surprise, played music," says Tootill.

The Ferranti Mark 1 was not the first digital computer to play music, but no earlier recordings are known to exist, says the Computer Conservation Society.
Australia's first digital computer, CSIRAC, is thought to have played music a few weeks before the recording of the Mark 1 was made, but sadly no recording has yet been found.

http://technology.newscientist.com/channel/tech/dn14160-first-known-digital-music-recording-surfaces.html?feedId=online-news

188 :名無しの挑戦:2008/06/19(木) 00:20:56 ID:???
「それ、Firefox3でも出来るよ?」とOpera信者に言い放つためのアドオン26個

Firefox3がリリースされた。
白状するが、Firefox2までは「こんなクソ遅いブラウザ使うとか、どんな罰ゲームだよ。m9(^Д^)プギャー」と思っていた。
ところが今度の奴は、前バージョンとは比べ物にならない位良くなっている。

特にメモリー消費に関しては大幅に改善されている。
以前はタブを30枚も開くと使い物にならなかったが、100枚開いてもサクサク動き、Operaと真っ向勝負できるまでに改良されている。
もう「Firefoxの○○を劇的に××する方法」なんていうGIGAZINEあたりのトンデモメソッドなんて必要ない。

しかし、そのままでは何も出来ないのは相変わらずで、Operaと同等の機能を実現するには多くのアドオンを入れなければならない。

今回は筋金入りのOperaユーザーでもFirefox3を使えるようにするアドオンを探し、手加減無しで使ってみた。

http://d.hatena.ne.jp/TERRAZI/20080618/p2

189 :名無しの挑戦:2008/06/19(木) 05:25:10 ID:???
人体表面を伝送路に,NTTが実用化

NTTが人体表面を伝送路に利用する技術「レッドタクトン」を実用化した。
当面の用途は,認証用ICカードの通信手段。カードを身に付けていれば受信機を取り付けたドアノブなどに手を触れるだけ認証できる。
この技術を使った通信装置「Firmo」の評価キットを NTTエレクトロニクスが6月末から出荷する。

レッドタクトンは,人体の表面などを伝送路に利用する通信技術である。
(1)約230kビット/秒の一方向通信と,(2)約10Mビット/秒の双方向通信の2種類がある。
(1)はICカードの通信手段の代替に使う。
(2)はLANとしての利用を念頭に置いたもので,受信側に高感度の光センサーを使って高速化する。
今回製品化したのは(1)の方だ。

具体的な利用シーンは次のようになる。
カード状の送信機は上着のポケットに入れたり,ストラップで首から下げたりするだけでよい。
その状態のままで受信機を内蔵したドアノブに手を触れると,認証IDを載せた信号が人体表面を伝わって受信機に送られる。

レッドタクトンの大きな特徴は伝送路の材質を問わないこと。
ガラスや木材,ゴムやプラスチックなど,誘電体の性質を持つ一般的な材質を通して通信できる。
通常の電気通信のように電流を使うのではなく,人体表面に誘起される電界で信号を伝えることで実現している。

実用化できたポイントは,安定した電界を効率良く発生させる技術を開発したことである。
送信機が誘起した電界の大半は送信機側に戻ったり,足下からアースに戻ったりして,受信機側に伝わるのはごくわずかとなってしまう。
さらに,アースと送信機の間に発生する容量(浮遊容量)が常に変化するため,電界強度が安定しない。
この結果,受信機が受ける電界が弱く不安定になり,信号を読み取ることが難しかった。
そこでNTTは,送信機側と受信機側で工夫を施した。
例えば,送信機側では,浮遊容量の値を常に測定して回路のパラメータ(リアクタンス)を調整することで,同じ電力で誘起電界が最大になるようにした。
受信機側では,微弱な電界でも正確に読み取れる回路を開発した。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080604/306330/

190 :名無しの挑戦:2008/06/19(木) 05:26:47 ID:???
医工学:「思い通り」に動く装具

これまでの脳・機械インターフェースは、コンピューター画面上のカーソルを動かすのに使われた例がほとんどだった。
今回、マカクザルを使った実験で、多関節の人工装具を脳の活動信号でリアルタイムに制御できることが実証された。
サルは自分で餌をとる課題で、運動皮質の活動を使って従来よりずっと巧妙に制御してヒト型の義手を操った。
この成果は将来、実用的な神経制御型人工装具を開発する上で重要なものとなるだろう。

http://www.natureasia.com/japan/nature/updates/index.php?id=66857&issue=7198
http://www.nature.com/nature/journal/v453/n7198/full/nature06996.html

191 :名無しの挑戦:2008/06/19(木) 05:27:15 ID:???
RSSとコメントをマス市場に〜Fav.or.itついにベータ公開

フィードとコメントのアグリゲータ「fav.or.it(http://fav.or.it/)」のベータ版がやっと一般公開となった。
TechCrunch UKが伝えた(http://uk.techcrunch.com/2008/06/17/favorit-automatic-commenting-for-the-people/)
ニュース系のサイトやブログとのインタラクションを簡素化する機能を多数搭載。
ファウンダーNick Halsteadは今後、フィード読み取りとコメントを可能な限りマス市場にすんなり馴染むものにするという中核目標にフォーカスしていく。
Robert Scobleみたいな人たちから絶賛を受けてるにも関わらず、サイトは当初、特にシリコンバレーのブロガーLouis Grayなどからは“昔ながらのフィードリーダー”として誤解を受けた。
RSSリーダー愛好家にとってFav.or.itは物足りないだろう。
Fav.or.itのサイトは2000ものフィードが用意されており、さらに3000フィードもうじき追加となるが、こうしたフィードを追加するのはFav.or.itであって利用者ではないからだ(少なくとも今のところは)。 

Fav.or.itでは「商用目的の利用はお断り」とフィード所有者が特定したものについては要約のみ表示。フィード所有者は広告をフィードに貼り付けることも可能で、その場合、Fav.or.itでは改変を加えずにこれを表示する。

Fav.or.itの元々のアイディアは「記事にコメントをつけると、サイトと元ネタのブログの両方にコメントが表示できるようにすること」。
そのアイディアは今も残っており、コメント付けは格段にシンプルになった。
これで同社も他のCoComment、Tangler、Disqus、Intense Debateのようなコメントシステムと肩を並べることになる。

コメントがつくと、行って読むよう通知してくれるAdobe Airアプリも現在開発中なほか、Fav.or.itでは各種サービスから幅広く利用者のIDを集めることもできる。
つまり、Twitterや FriendFeed、OpenIDその他から自分のIDも追加できる。

Fav.or.itのことはUK版でプライベートベータ発表の数ヶ月前の昨年10月初紹介した(http://uk.techcrunch.com/2007/10/02/is-favorit-a-digg-killer/)
その時言ってたようにサイトではJavascriptを使って、利用者が記事を読む時間の長さを計っている。
これは非常に役立つデータだ。
スクリーンから退席したと判断すればタイマーを一時停止までしてくれるのだ。
例えば、えーと、たった100ワードの短い記事なのに画面の前に2分も座ってるとか。
Fav.or.itではこのデータを使って、利用者のお気に入りと思われる記事を推奨し始める。 
Fav.or.itはPHP上のZend Frameworkを使って、たった3人のデベロッパーが開発した。ライバルより多い方だろうか。

最終的に問題になるのは、メインストリームのオーディエンスが実際この種のサイトを求めているかどうかだが、僕個人はFav.or.itのコメント機能は非常にパワフルだと思っている。
けど、それだけで成長が牽引できるか否かは、全公開となった今後の動向を見ないと何ともいえない。

http://jp.techcrunch.com/archives/20080617favorit-finally-opens-beta-to-take-rss-and-commenting-mainstream/

192 :名無しの挑戦:2008/06/19(木) 05:30:12 ID:???
Bad guys really do get the most girls(1)

NICE guys knew it, now two studies have confirmed it: bad boys get the most girls.
The finding may help explain why a nasty suite of antisocial personality traits known as the "dark triad" persists in the human population, despite their potentially grave cultural costs.

The traits are the self-obsession of narcissism; the impulsive, thrill-seeking and callous behaviour of psychopaths; and the deceitful and exploitative nature of Machiavellianism.
At their extreme, these traits would be highly detrimental for life in traditional human societies.
People with these personalities risk being shunned by others and shut out of relationships, leaving them without a mate, hungry and vulnerable to predators.

But being just slightly evil could have an upside: a prolific sex life, says Peter Jonason at New Mexico State University in Las Cruces.
"We have some evidence that the three traits are really the same thing and may represent a successful evolutionary strategy."

Jonason and his colleagues subjected 200 college students to personality tests designed to rank them for each of the dark triad traits.
They also asked about their attitudes to sexual relationships and about their sex lives, including how many partners they'd had and whether they were seeking brief affairs.

The study found that those who scored higher on the dark triad personality traits tended to have more partners and more desire for short-term relationships,
Jonason reported at the Human Behavior and Evolution Society meeting in Kyoto, Japan, earlier this month.
But the correlation only held in males.

193 :名無しの挑戦:2008/06/19(木) 05:30:41 ID:???
Bad guys really do get the most girls(2)

James Bond epitomises this set of traits, Jonason says.
"He's clearly disagreeable, very extroverted and likes trying new things - killing people, new women.
"Just as Bond seduces woman after woman, people with dark triad traits may be more successful with a quantity-style or shotgun approach to reproduction, even if they don't stick around for parenting.
"The strategy seems to have worked. We still have these traits," Jonason says.

This observation seems to hold across cultures.
David Schmitt of Bradley University in Peoria, Illinois, presented preliminary results at the same meeting from a survey of more than 35,000 people in 57 countries.
He found a similar link between the dark triad and reproductive success in men.
"It is universal across cultures for high dark triad scorers to be more active in short-term mating," Schmitt says.
"They are more likely to try and poach other people's partners for a brief affair."

Barbara Oakley of Oakland University in Rochester, Michigan, says that the studies "verify something a lot of people have conjectured about".

Christopher von Rueden of the University of California at Santa Barbara says that the studies are important because they confirm that personality variation has direct fitness consequences.

"They still have to explain why it hasn't spread to everyone," says Matthew Keller of the University of Colorado in Boulder.
"There must be some cost of the traits." One possibility, both Keller and Jonason suggest, is that the strategy is most successful when dark triad personalities are rare.
Otherwise, others would become more wary and guarded.

http://www.newscientist.com/channel/sex/mg19826614.100-bad-guys-really-do-get-the-most-girls.html?feedId=online-news

194 :名無しの挑戦:2008/06/19(木) 05:31:58 ID:???
Black holes have simple feeding habits(1)

The biggest black holes may feed just like the smallest ones, according to data from NASA's Chandra X-ray Observatory and ground-based telescopes.
This discovery supports the implication of Einstein's relativity theory that black holes of all sizes have similar properties, and will be useful for predicting the properties of a conjectured new class of black holes.

The conclusion comes from a large observing campaign of the spiral galaxy M81, which is about 12 million light years from Earth. In the center of M81 is a black hole that is about 70 million times more massive than the Sun,
and generates energy and radiation as it pulls gas in the central region of the galaxy inwards at high speed.

In contrast, so-called stellar mass black holes, which have about 10 times more mass than the Sun, have a different source of food.
These smaller black holes acquire new material by pulling gas from an orbiting companion star.
Because the bigger and smaller black holes are found in different environments with different sources of material to feed from, a question has remained about whether they feed in the same way.

Using these new observations and a detailed theoretical model, a research team compared the properties of M81's black hole with those of stellar mass black holes. The results show that either big or little,
black holes indeed appear to eat similarly to each other, and produce a similar distribution of X-rays, optical and radio light.

One of the implications of Einstein's theory of General Relativity is that black holes are simple objects and only their masses and spins determine their effect on space-time.
The latest research indicates that this simplicity manifests itself in spite of complicated environmental effects.

195 :名無しの挑戦:2008/06/19(木) 05:32:22 ID:???
Black holes have simple feeding habits(2)

"This confirms that the feeding patterns for black holes of different sizes can be very similar," said Sera Markoff of the Astronomical Institute, University of Amsterdam in the Netherlands, who led the study.
"We thought this was the case, but up until now we haven't been able to nail it."

The model that Markoff and her colleagues used to study the black holes includes a faint disk of material spinning around the black hole.
This structure would mainly produce X-rays and optical light.
A region of hot gas around the black hole would be seen largely in ultraviolet and X-ray light.
A large contribution to both the radio and X-ray light comes from jets generated by the black hole.
Multi-wavelength data is needed to disentangle these overlapping sources of light.

"When we look at the data, it turns out that our model works just as well for the giant black hole in M81 as it does for the smaller guys," said Michael Nowak, a coauthor from the Massachusetts Institute of Technology.
"Everything around this huge black hole looks just the same except it's almost 10 million times bigger."

Among actively feeding black holes the one in M81 is one of the dimmest, presumably because it is "underfed".
It is, however, one of the brightest as seen from Earth because of its relative proximity, allowing high quality observations to be made.

"It seems like the underfed black holes are the simplest in practice, perhaps because we can see closer to the black hole," said Andrew Young of the University of Bristol in England.
"They don't seem to care too much where they get their food from."

196 :名無しの挑戦:2008/06/19(木) 05:33:14 ID:???
Black holes have simple feeding habits(3)

This work should be useful for predicting the properties of a third, unconfirmed class called intermediate mass black holes, with masses lying between those of stellar and supermassive black holes.
Some possible members of this class have been identified, but the evidence is controversial, so specific predictions for the properties of these black holes should be very helpful.

In addition to Chandra, three radio arrays (the Giant Meterwave Radio Telescope, the Very Large Array and the Very Long Baseline Array), two millimeter telescopes
(the Plateau de Bure Interferometer and the Submillimeter Array), and Lick Observatory in the optical were used to monitor M81.
These observations were made simultaneously to ensure that brightness variations because of changes in feeding rates did not confuse the results.
Chandra is the only X-ray satellite able to isolate the faint X-rays of the black hole from the emission of the rest of the galaxy.

This result confirms less detailed earlier work by Andrea Merloni from the Max Planck Institute for Extraterrestrial Physics (MPE) in Garching,
Germany and colleagues that suggested that the basic properties of larger black holes are similar to the smaller ones.
Their study, however, was not based on simultaneous, multi-wavelength observations nor the application of a detailed physical model.

http://www.eurekalert.org/pub_releases/2008-06/cxc-bhh061808.php

197 :名無しの挑戦:2008/06/19(木) 05:57:20 ID:???
Auch zwerge haben klein angefangen
(Werner Herzog「小人の饗宴」が元ネタ)
http://jp.youtube.com/watch?v=3NGX2-dOAEI

Harpya - Raoul Servais, 1978
(Raoul Servaisのパルムドール受賞作)
http://jp.youtube.com/watch?v=GAY8fCkP0i8

Opening# A Page of Madness (1926)
(衣笠貞夫「狂った一頁」冒頭部分)
http://jp.youtube.com/watch?v=TQiHR-mYgTM

198 :名無しの挑戦:2008/06/19(木) 06:04:23 ID:???
「/b/」が「old /b/」に

http://img.4chan.org/b/imgboard.html
http://www.lurkmore.com/wiki//b/_Hacks#2008

199 :名無しの挑戦:2008/06/19(木) 06:13:49 ID:???
音楽ファイル共有サイトのリスト。

http://www.webupon.com/Audio/Music-Rules-2-Top-60-Music-Websites-That-Deliver-the-Greatest-Free-Music.132133?v=1

200 :名無しの挑戦:2008/06/19(木) 07:09:13 ID:???
Japan ramps up patent effort to keep iPS lead(1)

As the battle to create therapeutic stem-cell lines intensifies, Japan is waking up to the fact that the United States could steal a march on it by being the first to commercialize induced pluripotent stem (iPS) cell technology.

Shinya Yamanaka and his colleagues at Kyoto University pioneered the creation of iPS cells, and the technology is seen as something of a national industry ? albeit one in its extreme infancy.
Like embryonic stem (ES) cells, human iPS cells have the potential to develop into any of the body's cell types, and are expected to have tremendous value in drug screening and for therapeutic purposes.
They are easier to produce than ES cells and are not associated with the same controversial source ? iPS cells can be derived from adult cells rather than embryonic cells.

On the same day in November 2007 that Yamanaka reported his human iPS cells, James Thomson's team at the University of Wisconsin-Madison separately published similar results.
The details of any patents applied for by either party are not known ? in Japan, as in Europe, a patent is awarded to the researchers who file first; in the United States, the patent goes to the group that can show it invented the technology first.

University stalled over developing a strategy to protect its patents because of a lack of legal expertise on involvement with industry.
This has caused much anxiety in the Japanese media, with pundits fretting over what they see as imminent US ascendancy in the field.
The Nikkei Keizai Shimbun newspaper, for example, notes that presentations on iPS cells by non-Japanese groups had arrived “one after the other” at last week's meeting of the
International Society for Stem Cell Research in Philadelphia, adding that “Japan should be leading in iPS technology, but things have taken a turn for the worse”.

This might be about to change, though, with the launch of 'iPS Academia Japan', a company set up to manage Kyoto University's iPS patents.
The company, which is due to start up within a month, will be backed by around \1.2 billion (US$11 million) from a fund created jointly in May by Daiwa Securities Group, the Sumitomo Mitsui bank and NIF SMBC Ventures, a private Japanese equity company.
A Daiwa Securities representative says that no return is expected, “at least not in the short term. It is a form of corporate social responsibility.”

A central purpose of iPS Academia Japan is “to prevent some group or company from monopolizing iPS technology”, says Hiroshi Matsumoto, Kyoto University's executive vice-president,
who has been heading the dealings between the university and the investors.

201 :名無しの挑戦:2008/06/19(木) 07:09:34 ID:???
Japan ramps up patent effort to keep iPS lead(2)

It may already be too late. Kazuhiro Sakurada, who led the research arm of drug company Bayer Yakuhin in Kobe, is now chief scientific officer of iZumi Bio in San Francisco, California, a company set up to commercialize iPS cells.
In April, reports claimed that Sakurada had created his own iPS cells in April 2007 while at Bayer Yakuhin, even though his results were not published until this January.
There are unconfirmed reports that Yamanaka did not create his first cells until July 2007, and it is not known who would hold the critical patent.
Although Yamanaka has patents from his original iPS work in mice, it is not clear whether these patents will cover human iPS cells. Neither Sakurada nor Yamanaka would comment on the issue.

Little is known about iZumi Bio, and this exacerbates Japanese fears. The company is in “stealth mode”, according to a spokesperson at Burson-Marsteller, the public-relations firm representing iZumi in Tokyo.
It has a skeletal website (www.izumibio.com) that presents only its mission statement: to use “the power of induced pluripotent stem (iPS) cells to transform drug discovery and regenerative medicine”.
Yutaka Teranishi, who heads Kyoto University's intellectual-property office, says there is currently no formal relationship between the university and iZumi.
But he adds: “We would be ready to license the technology to any partner ready to [develop iPS-cell technology for the benefit of patients].”

Thane Kreiner, chief executive of iZumi Bio, told Nature only that the company is funded by Kleiner Perkins Caufield and Byers, the high-powered venture-capital company that helped create Genentech, and Highland Capital Partners.
“iZumi is engaging in discussions with various potential partners,” Kreiner says, and would not discuss the company's business model further.
But on Monday, iZumi announced “a major research collaboration and licensing agreement to focus on applications for iPS cells” with Gladstone Institutes, based in San Francisco. Yamanaka has a joint position there.

http://www.nature.com/news/2008/080618/full/453962a.html?s=news

202 :名無しの挑戦:2008/06/19(木) 20:02:13 ID:???
NICT,“触れる立体映像”の技術で文化財を再現

独立行政法人の情報通信研究機構(NICT)は2008年6月18日,立体映像の触感を確認できる技術を使って,複雑な形状をした日本の文化財を再現することに成功したと発表した。
これにより,体験学習など教育機関での活用や,遠隔地からの商品確認をビジネスに活用したい企業などの需要を見込んでいる。

NICTでは研究開発している「超臨場感コミュニケーション技術」の一環として,視覚,聴覚,触覚などの多感覚情報を統合して再現する「多感覚インタラクションシステム」を開発している。
同システムは映像を表示する専用ゴーグルとディスプレイを含む映像提示台,感触を伝える専用ペンと音声を伝えるヘッドフォンからなる。
このシステムを使うと,利用者は専用ゴーグルを通して見た立体映像に専用のペンで“触れる”ことで,触感や触れた時の音を確認できるようになる。

今回再現したのは高松塚古墳出土品の「海獣葡萄鏡」。
「非常に緻密(ちみつ)で複雑な形状をしており,通常であれば触れることのできない貴重な文化財。
今回の成功により,インタラクティブ体感型の新しい展示システムの実用化にメドがついた」(広報室)としている。

今後想定されるこの技術の具体的な用途としては,「提示デバイスが普及すれば,博物館や学校でのリアルな体験学習が可能になる。
また,国内のブロードバンド普及率は高いため,ネットを活用して遠隔地からさまざまな商品を体感するという使い方も考えられる。
通信販売などで需要があるのではないか」(同)との考えを示した。

多感覚インタラクションシステムは高度画像処理技術として,内閣総理大臣および科学技術政策担当大臣が指揮する総合科学技術会議が発表した「革新的技術戦略(案)」に含まれる技術。
主に文化資産などの体験学習への活用が期待されている。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080619/308622/

203 :名無しの挑戦:2008/06/19(木) 20:04:18 ID:???
MP3へのチャレンジャー「MT9」に立ちはだかる壁

MPEGはMT9フォーマットを国際標準化し、MP3に取って代わろうとしている。だがその前には音楽業界の現実が立ちふさがっている。
Dvorakキーボードのように、新しい音楽フォーマットは解決策と同時に、難題ももたらしている。
Dvorakは標準的なQWERTYキーボードの代替で、もっと速く効率的にタイピングできるようキーの配列を変えている。だが、ハードコアなプログラマー以外はほとんど使っていない。
既存のQWERTY配列と置き換えるのは非常にコストがかかり、難しいからだ。
それとほぼ同じ理由で、代替音楽フォーマットは、実証済みのMP3に取って代わるための厳しい戦いに直面している。

Motion Pictures Experts Group(MPEG)は今月ドイツで会合を開き、「MT9」と呼ばれる新しいデジタル音楽フォーマットを国際標準にすることを検討する。

韓国のAudizenが開発したMT9フォーマット――「Music 2.0」の商品名で呼ばれる――は、1つの楽曲ファイルをボーカル、ギター、ベースなど6つのチャンネルに分割する。
楽曲を演奏するユーザーは、プロデューサーがミキサーを使ってやるように、各チャンネルの音量を上げたり下げたり、1つのチャンネルを分離することもできる。

Korea Timesによると、MT9開発者は、同フォーマットはすべてのデジタル楽曲の標準としてMP3に取って代わると主張しているという。
だが、音楽業界の現実がその目標の前に立ちはだかっている。

技術的な観点から見れば、新しい標準がMP3に取って代わるのはどちらかと言えば容易だろう。
デジタル音楽小売業者は、数カ月で新しいフォーマットを取り込んでデータベースを更新できる――NapsterやWal-Martがデジタル権利管理(DRM)付きフォーマットからすぐにDRMフリーフォーマットに切り替えたように。

だがそうするためには、小売業者が提携レーベルから新しいフォーマットでエンコードされた楽曲を受け取る必要がある。
つまり、大手レーベルと多数のインディーズレーベルすべてが新技術を使って音楽を販売することに合意しなければならないということだ。

それから、オーディオメーカー――特にApple――に、そのフォーマットと機能に対応した製品を作ってもらう必要がある。
現在のMP3プレーヤーの平均寿命は約8〜12カ月なので、市場に新しいプレーヤーを投入するには時間がかかるだろう。

新しいデジタル音楽フォーマットの導入には、レーベル、小売業者、メーカー間で類を見ないレベルの協力が必要になる。

コンピュータのみがMT9のフル機能を活用でき、携帯プレーヤーはゆっくり対応するといったような段階的な導入は可能だ。
だが、そうした方法は、音楽ファンの関心を引かないだろう。

「消費者にとっての価値命題は、機能性に関連している」とNapsterでMP3へのフォーマット移行を監督したCOO(最高執行責任者)クリストファー・アレン氏は言う。
「だから、PCの再生ソフトでできることがWebや携帯プレーヤーでできなかったら、消費者にとって新しいフォーマットの価値は、そのフォーマットをエコシステム全体で活用できる場合ほど大きくはない」

こうした問題が合わさって、新しい音楽フォーマットを阻んだことが過去にあった。2001年、Coding Technologiesはmp3PROフォーマットを開発し、MP3技術を管理するThomsonを通じてライセンス供与した。
このフォーマットは、エンコードされたファイルのサイズをMP3の半分にできる高度な圧縮システムを備え、音質も向上していた。

だが、mp3PROを採用した製品を作ったのはThomson傘下のRCAだけだったため、弾みがつくことはなかった。Thomsonは結局、同フォーマットの支援をやめた。

Thomsonは2005年にMP3 Surroundで再びの挑戦に出た。
このフォーマットはその名が示すとおり、対応デバイスでの再生にサラウンドサウンドの要素を加えたものだった。
制限は少なく、MP3もサポートするあらゆるサラウンドサウンドデバイスに対応した。
さらに、既にMP3のライセンスを受けている企業なら無料で利用できた。
それでもこのフォーマットは依然として隅に追いやられたままだ。

だが、困難を伴うにもかかわらず、新しいデジタル音楽フォーマットは、音楽業界がデジタル販売を促進するために必要としているものだ。
現行の MP3は小売業者にとって、ファンが自分のCDからリッピングした音楽との十分な差別化を図れるほどのものではない。
MP3をオンラインで購入する唯一の利点と言えば、若干音質が高いことくらいだ。
それは、顧客をCDから奪うのに十分だとは証明されていない。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0806/19/news010.html

204 :名無しの挑戦:2008/06/19(木) 20:04:57 ID:???
石から作る紙、日本でも販売

「真っ白で柔らかな紙の原料はごつごつと硬い石」。
台湾の製紙会社が開発した「石からつくった紙」が日本でも発売される。
輸入販売代理店のRMP ジャパン(神奈川県平塚市)が取り扱いを始めるもの。
原料の7割は石灰石で、木材パルプを使用しないため、森林資源の保護につながるほか、焼却処理する際の二酸化炭素(CO2)排出量が少ないのが特徴だ。

すでに神奈川県の秦野市観光協会が、絵はがきへの採用を決めており、RMPジャパンでは、はがきのほか、名刺やポスター向けに売り込んでいく。

販売するのは、台湾の製紙会社の龍盟科技が開発した「リッチ・ミネラル・ペーパー(RMP)」。
石灰石の粉末に、ポリエチレン樹脂と紫外線遮断剤を合成して製造し、紙パルプはいっさい使用していない。

ざらつきがなく、文字を書く際も滑らかにペンを動かせるほか、水分を吸収する木材パルプを使用しないため、耐水性にも優れているという。
販売価格は、通常のはがきやポスターに使用される高級紙と同程度の見込み。

龍盟科技では、焼却処理で排出されるCO2の削減を図るため、排出量の多い木材パルプの代替原料として鉱物に着目。
燃えずに残る石灰石を分解して紙に加工する製法を開発した。
石灰石は白色度が高いため、生産工程で漂白剤を使用する必要がなく、工場排水の水質汚染を防げるというメリットもある。

RMPジャパンによると、通常の紙1トンの製造には、大木23本に相当する約4トンの木材パルプが必要で、鉱物の中でも豊富な石灰石を使用することで、森林資源の保護につながると期待している。

秦野市では2010年に開催する植樹祭のピーアール用の絵はがきにRMPを採用。
1枚100円で計500枚の販売を始めている。

RMPジャパンの寺地秀己社長は、「日本の環境意識は高く、年内に約300トンの販売を目指したい」と話している。

http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0806/19/news042.html

205 :名無しの挑戦:2008/06/19(木) 20:05:19 ID:???
Firefox 3に早くもゼロデイの脆弱性、任意のコード実行の恐れ

リリースされたばかりのMozillaブラウザの最新版Firefox 3に、早くも深刻な脆弱性が見つかった。

TippingPointは6月17日付で、Firefoxのゼロデイの脆弱性に関するアドバイザリー予告をサイトに掲載した。
深刻度は「高」となっている。
パッチ公開まで脆弱性の詳しい内容は公開しない方針。

TippingPointはFirefox 3.0の正式リリースから約5時間後に、この脆弱性に関する情報を研究者から入手し、確認したという。

脆弱性はFirefox 3.0と2.0.xに存在する。
悪用された場合、ユーザーがメールに記載されたリンクをクリックしたり、悪質なWebページを閲覧したりすると、攻撃者が任意のコードを実行できるようになる。

Mozillaには既に通報済みで、現在対応に当たっているという。

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0806/19/news034.html

206 :名無しの挑戦:2008/06/19(木) 20:18:50 ID:???
「Firefox 3」公開5時間後に早くも脆弱性報告、米TippingPoint

米TippingPointは18日、公開されたばかりの「Firefox 3」に脆弱性が発見されたと報告した。

TippingPointの研究機関であるDVLabsによると、Firefox 3が公開されて5時間後に、同社の「Zero Day Initiative」プログラムに対して脆弱性に関する報告があったという。
この脆弱性は、Firefox 3とFirefox 2に影響があり、悪意のあるWebページなどを開くだけで任意のコードを実行させられる恐れのある、危険性の高いものだとしている。

脆弱性情報については、Mozillaのセキュリティチームに報告済みで、既に修正パッチの開発が行なわれているという。
TippingPointでは、修正パッチの公開までは脆弱性の詳細については公開を控えるとしている。

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/06/19/19995.html

207 :名無しの挑戦:2008/06/19(木) 21:16:54 ID:???
オーストラリアの男性、「人生」をネット競売に出品へ

12年来のパートナーとの結婚生活に終止符を打ったオーストラリアの男性が22日、新しい人生を歩みたいとして、自宅や仕事、友人などの「人生」すべてを米ネット競売最大手イーベイに出品する。

パースに住むイアン・アッシャーさん(44)は3月、「人生」を競売に掛けることを発表。
ロイターに対し、計画を発表した後に世界中から電子メールを受け取ったと述べ、その多くが好意的なものだったと明かした。

競売に含まれるものは、パースにある42万ドル(約4300万円)の3ベッドルームの自宅や、車、バイク、衣類、じゅうたん販売店での仕事、友人など。
アッシャーさんは新しい人生を始めるために、最高50万ドルでの落札を希望している。 

英国出身のアッシャーさんは2001年にパースに移住。
12年間をともに過ごし、結婚生活を5年送ったローラさんと別れた。
ローラさんには現在、別の交際相手がいるという。

http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-32341620080619?feedType=RSS&feedName=oddlyEnoughNews

208 :名無しの挑戦:2008/06/19(木) 21:18:08 ID:???
ルートキットはカーネルを好む傾向、検出・削除が困難に

シマンテックは19日、「ルートキット」の脅威に関する説明会を開催した。

● ウイルスを隠すために活用されるルートキットが増える

ルートキットはもともと、UNIX上で管理者権限を得るためのツール類を指していた。
しかし、最近ではこれが派生して、Windows上でファイルやレジストリ、プロセス、または自らの動作を隠すために、システムの改変を行なうコンポーネントを指すことが多いという。

シマンテックセキュリティレスポンス主任研究員の林薫氏は、ルートキットがウイルスと組み合わせて使われるようになってきたと指摘する。
「最近では、ボットやStormワーム、オンラインバンクやオンラインゲームを標的にするトロイの木馬などを隠すために活用される。ルートキットが一般化してきたといえる」。

その証拠に、シマンテックが2007年下半期に集計した新種マルウェアのランキングでは、トップ10のうち2種がルートキットを活用。
また、 PC侵入後に別のウイルスをダウンロードする「ダウンローダー」のランキングでは、トップ10のうち6種がルートキットを活用していた。

● ソースコード公開でカーネルレベルのルートキットが増える

林氏によればルートキットは、アプリケーションレベルに実装される「ユーザーモード」と、OSなどのハードウェアに近いレベルに実装される「カーネルモード」の2種類に分けられる。
現在では、ほとんどがカーネルモードのルートキットが用いられているという。

ユーザーモードは、アプリケーションレベルで実装されるため技術的なハードルが低いが、制限が多いことが特徴。
これに対してカーネルモードは、 OSに近い部分、つまり特権レベルで実装されるため、制限がないという。
また、かつては技術的なハードルが高かったが、実装のためのソースコードがインターネット上で掲載され、技術的なハードルが下がったとしている。

ルートキットの問題点について林氏は、ウイルス対策ソフトでの検出・削除が困難なことを挙げる。
特にカーネルモードのルートキットの多くは、 PCをセーフモードで起動しても動作するほか、削除を困難にする技術も併用していることから、検出に成功しても削除が難しい。
「検出・削除が長期化することで、データの盗難やリソースの悪用などの被害が拡大する」。

● ルートキット検出・削除が難しい理由

シマンテック社プロダクトマーケティング部リージョナルプロダクトマーケティングマネージャの広瀬努氏は、ウイルス対策ソフトでルートキットの検出・削除が困難な理由について、
「大半のウイルス対策ソフトは、Windowsのファイルシステムに依存するため、ファイルシステム以下で動作するカーネルモードのルートキットの検出・削除が難しい」と説明する。

広瀬氏は、同社のセキュリティ対策ソフト「ノートン・インターネットセキュリティ」では2006年版製品からルートキット検出機能が搭載されており、
同機能ではOSカーネルのI/Oマネージャをバイパスするため、直接ディスク上のデータ構造をチェックしてルートキットを検出・削除できるとした。

また、2006年9月に米Thompson Cyber Security Labsが実施した調査を紹介。
同調査は無作為に20種のルートキットを選び、セキュリティ各社製品で検知・削除を試みたもの。
最も評価が高かったのは、シマンテックの検出数20種、削除数16種で、マカフィー(検出数17種、削除数6種)など他社に大きく差を付けたという。
広瀬氏は、ウイルス対策ソフトの評価基準について、「定義ファイルの更新速度だけでなく、高度な技術を用いたルートキットの対策も見極めるべき」とアピールした。

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/06/19/19999.html

209 :名無しの挑戦:2008/06/19(木) 21:18:44 ID:???
メンバー全員がロボットのバンド『The Trons』:動画

ニュージーランドのバンド『The Trons』の構成メンバーは4体のロボットだ。
ギター2台とドラムとキーボードで、息の合った演奏を聞かせてくれる。
そのサウンドは、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの音楽の完全な量子化バージョンといった印象だ。

メンバーたちを紹介しよう。陽気なフロントマンのHamは、ボーカルとリズムギター担当。
リードギタリストのWiggyは、1本だけ弦を張ったギターを演奏する。

ドラマーはSwamp(これは動画をご覧の通り、叩くだけのシンプルな動き)。
一番最近完成したのがキーボードのFifiで、鍵盤の低音域をポンポンと叩いて、存在感のあるベースラインを奏でる。

2007年にワイアード本誌でご紹介したCaptured! By Robotsは、リズムパートをロボットが担当するバンドだったが、ついに人間はお払い箱になってしまったようだ。

The Tronsは、6月21日(現地時間)にニュージーランドのハミルトン・セントラルで開催される『Ignition Fringe Festival』の舞台に登場する。

バンドのマネージャーもきっとロボットなのだろうが(名前はMurraytron?)[ニュージーランドのフォークデュオを主役とするシットコム『Flight of the Conchords』に、Murrayという名のマネージャーが登場する]、ぜひ米国でのギグをブッキングしてくれないだろうか。
このバンドの演奏を生で見てみたい。

http://wiredvision.jp/news/200806/2008061918.html

210 :名無しの挑戦:2008/06/19(木) 21:31:02 ID:???
タイの高校にニューハーフ用のトイレができる

タイはニューハーフや同性愛者の多い国として有名です。
バンコクのカンパング高校(Kampang High school)で意識調査をしたところ、全校生徒2600人中200人もの生徒が、トランスジェンダーの意識を持っていることが明らかになりました。
そこで学校側が考えたのがトイレの赤い女性マークと青い男性マークを半分ずつくっつけて、ユニセックスのトランスジェンダー用トイレを設置したのです。

Examiner.com(http://www.examiner.com/a-1446895~Thai_school_gets_transvestite_bathrooms.html)によると、タイという国は保守的ではあるものの、
こういったトイレの設置などを率先して行うところは、タイの社会がトランスジェンダーへの深い理解を持っているためだろうとのこと。
学校の運営者は「それらの生徒たちがからかわれたり、じっと見られたり、あるいは恐れたりせず、
安心してトイレに行けるようにする必要があった」と述べており、こういった動きは他の高校や大学へも影響すると考えられています。

こういったユニセックスのトイレができたのはこの学校が初めてではないようですが、大学などでは、今後トランスジェンダーの学生数を把握する必要があるとの見解を示しています。
とくにトランスジェンダーの奨励をしているわけではないとした上で、しかしながらある程度学校内に占める割合が多い場合は、やむをえないとしています。

生徒の幾人かは歓迎しており、鏡を見ながら堂々と顔にパウダーをつけられると喜んでいます。
多い国とは聞いていましたが、それにしても2600人中200人というのは、さすがに多すぎないですか…。

http://labaq.com/archives/51043407.html

211 :名無しの挑戦:2008/06/19(木) 21:32:14 ID:???
Xoopit、Gmail Media Searchをスタート(500名の招待権付)

Gmailに付されたメディアファイルをインデックス化するソーシャルウェブメール用プラグインのXoopit(http://www.xoopit.com/)が、Gmail Media Searchをスタートした。
Gmail標準のテキスト検索にサイドバーを加え、写真、ビデオ等の添付ファイルを一覧表示する。
TechCrunch読者の先着500名はここからサインアップして、プライベートサービス中の同サービスを利用することができる。

Gmail Media Searchサイドバーは、アップルのSpotlightと同様の方法で、各カテゴリから検索条件にもっとも近いもののサムネイルを表示して、検索結果をファイルタイプ毎に分類する。
特定の相手から受け取ったものに限って検索結果を表示するようにすることもできる。
Google標準の検索機能を代替させてしまって実用上問題はない。但し個人的にはもう少しオプションの指定ができると嬉しい(たとえば特定のファイルタイプに絞った検索等)。

Xoopitについて最初に触れた記事(http://jp.techcrunch.com/archives/xoopit-makes-your-inbox-more-social-raises-5-million-and-launches-private-beta-invites/)に書いたように、
Xoopitは添付書類を探すだけでなく、受信箱内のメディアファイルへのリンクをすべて検索する。
つまり誰かがFlickrのアルバムへのリンクを送ってくれば、当該アルバム内にある写真のすべてがインデックスされ検索できるようになるということだ。

現在のところXoopitはGmailでのみ利用できる。しかしXoopitによれば、Yahoo MailやAOLなど他のウェブメールプラットフォームでも近い将来に実装したい考えだとのこと。
また、より簡単に写真や添付書類を検索できるようにするため、新しいメディア検索の機能をiGoogleウィジェットに統合する案もあるようだ。

http://jp.techcrunch.com/archives/20080618xoopit-launches-gmail-media-search-weve-got-500-invites/

212 :名無しの挑戦:2008/06/19(木) 21:35:11 ID:???
"Gay Genes" May Be Good for Women

As gay couples race to the altar in California this week, scientists may have found an answer to the so-called gay paradox.
Studies suggest that homosexuality is at least partly genetic.
And although homosexuals have far fewer children than heterosexuals, so-called gay genes apparently survive in the population.
A new study bolsters support for an intriguing idea:
These same genes may increase fertility in women.

Despite some tantalizing leads over the past 2 decades, researchers have yet to isolate any genes directly linked to homosexuality.
Nevertheless, a number of studies have shown that male homosexuals have more gay male relatives on their maternal lines than on their paternal lines,
leading some scientists to suggest that gay genes might be found on the X chromosome.
And in 2004, a team led by evolutionary psychologist Andrea Camperio Ciani of the University of Padua in
Italy reported that women related to gay men had more children than women related to heterosexual men.
The differences were striking:
The mothers of gay men, for example, had an average of 2.7 children, compared with 2.3 children for the mothers of heterosexual men.
A similar trend held for maternal aunts.

In new work, reported online this week in PLoS ONE, Camperio Ciani and his colleagues used mathematical modeling to see what kinds of genetic scenarios could explain these results.
The team looked at more than two dozen possibilities, such as the number of "gay genes" (one or two), how much of a reproductive advantage the genes provided,
and whether the genes were located on the X chromosome or other, nonsex (autosomal) chromosomes.
The model that best explained the data consisted of two "gay genes," with at least one on the X chromosome.
These genes increased the fertility of women but decreased it in men--a phenomenon previously studied in insects and mammals called "sexual antagonism."

Camperio Ciani's team suggests that these gay genes may actually increase how attracted both men and women are to men rather than making gay men more "feminine," as some researchers had earlier proposed.
Although this is bad for male fertility, it is good for female fertility and allows such genes to survive at low but stable rates in a population, the authors say.

Dean Hamer, a behavioral geneticist at the National Cancer Institute in Bethesda, Maryland, who pioneered the search for gay genes, calls the study "an elegant mathematical analysis.
"He adds that the team has come up with a "simple solution" to the Darwinian paradox posed by homosexuality: "What is a 'gay gene' in a man is a 'superstraight gene' in a woman," he says.

http://sciencenow.sciencemag.org/cgi/content/full/2008/618/1

213 :名無しの挑戦:2008/06/19(木) 22:27:11 ID:???
ルートキットはカーネルを好む傾向、検出・削除が困難に
シマンテックは19日、「ルートキット」の脅威に関する説明会を開催した。

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/06/19/19999.html


見えないルートキットをいかに検出するか、シマンテックが独自技術を説明
株式会社シマンテックは6月19日、ルートキットの手法を用いたセキュリティリスクに関する記者説明会を開催した。

http://enterprise.watch.impress.co.jp/cda/security/2008/06/19/13216.html

214 :名無しの挑戦:2008/06/19(木) 22:28:00 ID:???
「宇宙人探せ」全国一斉作戦 各地の公開天文台

世界天文年に当たる来年、日本各地の天文台が一斉に「宇宙人」探しに乗り出すことになった。
国内最大口径(2メートル)の光学望遠鏡を持つ兵庫県立西はりま天文台(佐用町)の鳴沢真也主任研究員が、24日から熊本県で開かれる日本公開天文台協会の大会で呼び掛ける予定で、すでに10カ所近くから内諾を得ている。
全国規模で探査を行うのは、世界で初めての試みだという。

計画では、望遠鏡やアンテナを一つの星に集中させ、地球外文明からと思われる信号を捕まえる。
日本で唯一継続的に地球外文明探しを行っている西はりま天文台が、星から発せられるレーザー光を監視。
同時に、東海大学環境保全学科の藤下光身(みつみ)教授(電波天文学)らが、星からやってくる電波の探知を試みる。

他の天文台は、目標の星に望遠鏡を向けて周囲の夜空をビデオ撮影するなどして見つかった信号が、人工衛星などの人工物が出す信号や他の自然現象ではないかどうかをチェックする。
07年にてんびん座で発見された、地球に似ているとされる太陽系外惑星のグリーゼ581cなどが候補になっている。

地球外文明を探す「地球外知的生命探査(SETI)」の試みは、60年代から世界各地で行われ、謎の信号を受信したこともある。
だが、別の施設で観測されないなど再現性がなく、地球外文明による信号とは断定されていない。
天体観測施設を持ち、一般向けの観望会などを行っている数多くの公開天文台が参加することで、データの信頼性を上げる狙いがある。

http://www.asahi.com/science/update/0619/OSK200806190037.html?ref=rss

215 :名無しの挑戦:2008/06/19(木) 22:41:16 ID:???
Why brainy animals need more REM sleep after all (1)

Why do donkeys snooze for just three hours a day, while hairy armadillos are knocked out for more than 20?
Biologists have struggled to find any satisfactory explanation for the bewildering variation in how much different mammals sleep.

However, new studies that take evolutionary relatedness into account promise to revolutionise the field.
In particular, one large study suggests that REM (rapid eye movement) sleep ? during which the brain is highly active ? may play a key role in intelligence.

Lab studies in humans already suggest that REM sleep is important for cognitive abilities such as consolidating memories ? a good night's sleep ? with plenty in
the REM phase ? can improve people's ability to remember what they have learned in the day by about 15%.

In other species, the evidence is less clear cut.
If REM sleep helps learning, then mammals with more developed brains should presumably need more of it, but in the past no such relationship has been found.

216 :名無しの挑戦:2008/06/19(木) 22:41:54 ID:???
Why brainy animals need more REM sleep after all (2)
Fatal flaw

One of the few biological functions that has been found to correlate with sleep patterns is metabolic rate.
Animals with a relatively high metabolic rate for their body size seem to need more non-REM sleep, suggesting that catching extra Zs simply helps them conserve precious energy.

But John Lesku of the Max Planck Institute for Ornithology in Starnberg, Germany, believes these studies had a fatal flaw ? researchers were comparing species without taking their evolutionary relationships into account.

He says that big differences in sleep patterns between evolutionary groups can swamp relationships found within those groups (see graph, right).

So Lesku and his colleagues compiled studies looking at sleep patterns in 83 species of mammals ? from opossums and sloths, to cows, beavers,
macaques and people ? and reanalysed the data using statistical techniques to account for their position on the evolutionary tree.

"These techniques are standard throughout biology," he says, "but for some reason they never permeated sleep research."

217 :名無しの挑戦:2008/06/19(木) 22:42:37 ID:???
Why brainy animals need more REM sleep after all (3)
'Call to arms'

The results contradict previous work.
Once evolutionary relationships were factored in, the data showed that animals with big brains for their body size need a significantly higher percentage of REM sleep ? supporting a role in intelligence and cognitive function.

And species with high metabolic rates for their size needed less non-REM sleep, not more.
This suggests that they don't sleep to conserve energy. Instead, animals with high metabolic rates may sleep less because they burn more calories, so have to spend more time foraging for food.

Lesku's results first appeared in American Naturalist in 2006 (vol 168, p 441).
But since then support has been growing for the idea that sleep simply keeps animals immobile and out of harm's way.

So this month he will publish a broader discussion of his results in Sleep Medicine Reviews, as a "call to arms" for the field.
"It's to emphasise the necessity for these kinds of research,
" he told New Scientist. "Evolution does matter."

218 :名無しの挑戦:2008/06/19(木) 22:43:01 ID:???
Why brainy animals need more REM sleep after all (4)
'Strongest signal'

Lesku's point of view is supported by another study by Isabella Capellini of Durham University, UK, and colleagues, who tested the strength of the influence that evolutionary relatedness has on sleep patterns ? and found it to be highly significant.

"Sleep scientists have ignored the fact that sleep could be affected by evolutionary relationships,
" says Capellini. "But it's the strongest possible signal."

After taking evolution into account, Capellini's team found that ecological factors are more important than previously acknowledged.
For example, species at risk of predation tend to sleep less.
"Prey can't afford to sleep for longer," she says. "This indicates that if they still sleep at all, it must do something important."

http://www.newscientist.com/channel/life/dn14164-why-brainy-animals-need-more-rem-sleep.html?feedId=online-news

219 :名無しの挑戦:2008/06/20(金) 01:53:33 ID:???
とんでもない場所でアイロン掛けをする「エクストリーム・アイロニング」の写真14枚

山の頂上や飛行機の上、さらには海の底まで、あらゆる場所からアイロン掛けに挑戦する、エクストリームアイロニングというスポーツがあります。

一部の人には知られていて、Wikipediaにもしっかりと解説が載っています。

なぜそんなところでアイロンを掛けるのか?エクストリームアイロンジャパンという日本の活動団体によると「そこにシワがあるから」だそうです。

アイロン台とアイロンさえあれば、どんな極限状態だろうとアイロン掛けができる…。そんな世界中のアイロニストたちによる挑戦をいくつか紹介します。

http://labaq.com/archives/51043876.html

220 :名無しの挑戦:2008/06/20(金) 01:54:41 ID:???
Japan debuts 3-D TV

Badminton matches look so real playing on Hyundai's new 3-D TV that you may reflexively dodge the virtual shuttlecock.

Hyundai is offering -- in Japan only -- the first product for watching the 3-D programs that cable stations in Japan now broadcast about four times a day.

There are a few catches:

The 46-inch liquid-crystal display requires 3-D glasses; it's expensive -- $3,960, including two pairs of glasses, or about 25 percent more than a comparable regular LCD TV;
and the only programs available so far include just a few minutes of video from Japan's northern island of Hokkaido -- shots from the zoo, motorcycle races and other short scenes.

Seen on regular TVs, 3D programs split the screen vertically so the same image appears in both the left and right halves. Conversely, wearing the 3-D glasses while watching regular programming on the Hyundai 3-D TV produces a slight 3-D effect.

The TV uses stereoscopic technology called TriDef from DDD Group Plc in Santa Monica, California, which works by sending the same image separately for the left eye and the right eye.

Ryo Saito of BS 11, the cable channel that runs the 3-D shows, says more content is needed for the technology to catch on, and other manufacturers need to start making 3-D televisions.

"People are showing interest in 3-D programs, but most homes don't have the special TVs," he said.

Samsung already sells 3-D rear projection TVs in the U.S., but there are no 3-D TV broadcasts in the United States. The technology is also available on desktop monitors and for video games.

Hyundai IT is hoping to boost its image by gaining a niche audience in Japan, where the TV market is dominated by Sony Corp. and Sharp Corp. The South Korean electronics maker's 3-D TV went on sale in April, but unit sales numbers weren't available.

There is no plan to sell the TV overseas, said senior manager Kim Pyeng-joong.


関連記事
>>21
http://dso.2ch.net/test/read.cgi/yangon/1211803833/21
>>23
http://dso.2ch.net/test/read.cgi/yangon/1211803833/23
>>72
http://dso.2ch.net/test/read.cgi/yangon/1211803833/72

http://edition.cnn.com/2008/TECH/biztech/06/19/hyundaitv.ap/index.html?eref=rss_tech

221 :名無しの挑戦:2008/06/20(金) 20:11:36 ID:???
MIT unlocks mystery behind brain imaging(1)

In work that solves a long-standing mystery in neuroscience, researchers at MIT's Picower Institute for Learning and Memory have shown for the first time that
star-shaped brain cells called astrocytes?previously considered bit players by most neuroscientists?make noninvasive brain scans possible.

Imaging techniques such as functional magnetic resonance imaging (fMRI) and positron emission tomography (PET) have transformed neuroscience, providing colorful maps of brain activity in living subjects.
The scans' reds, oranges, yellows and blues represent changes in blood flow and volume triggered by neural activity.
But until the MIT study, reported in the June 20 issue of Science, no one knew exactly why this worked.

"Why blood flow is linked to neuronal activity has been a mystery," said study co-author Mriganka Sur, Sherman Fairchild Professor of Neuroscience and head of the Department of Brain and Cognitive Sciences at MIT.
"Previously, people have argued that the fMRI signal reports local field potentials or waves of incoming electrical activity, but neurons do not connect directly to blood vessels.
A causal link between neuronal activity and blood flow has never been shown."

Of the two major cell types in the brain, glia outnumber neurons nine to one. Astrocytes?the most common type of glia?extend their branching tendrils both around synapses?through which neurons communicate?and along blood vessels.

Using a cutting-edge technique, Sur and colleagues found that astrocytes receive signals directly from neurons and provide their own neuron-like responses to directly regulate blood flow.
They are the missing link between neurons and blood vessels, he said.
When astrocytes are shut down, fMRI doesn't work.

"Astrocytes are implicated in many brain disorders and express a very large number of genes that are in the brain," Sur said.
"Their role is crucial for understanding brain dysfunction as well as for developing potential therapeutics."

The MIT study shows that, contrary to prevailing belief, astrocytes influence complex neuronal computations such as the duration and selectivity of brain cell responses to stimuli.
But their chemical signals had rendered them invisible to traditional brain research methods that monitor electrical activity.

"Electrically, astrocytes are pretty silent," said study co-author James Schummers, Picower Institute postdoctoral associate.
"A lot of what we know about neurons is from sticking electrodes in them. We couldn't record from astrocytes, so we ignored them."

When astrocytes were imaged with two-photon microscopy, "the first thing we noticed was that the astrocytes were responding to visual stimuli. That took us completely by surprise," Schummers said.
"We didn't expect them to do anything at all. Yet there they were, blinking just like neurons were blinking. We didn't know if the rest of the world would think we were crazy."

"This work shows that astrocytes?which make up 50 percent of the cells in the cortex but whose function was unknown?respond exquisitely to sensory drive, regulate local blood flow in the cortex and even influence neuronal responses,
" Sur said. "What's more, astrocytes are arranged in orderly feature maps, exquisitely mapped across the cortical surface in sync with neuronal maps."

Two-photon microscopy uses two infrared photons to emit fluorescence that enables imaging of living tissue up to 1 millimeter deep. Previously, researchers could only see astrocytes in dyed, thin slices of dead brain tissue.

http://www.eurekalert.org/pub_releases/2008-06/miot-mum061608.php

222 :名無しの挑戦:2008/06/20(金) 20:14:19 ID:???
HakiaのAPIで自分だけのセマンティック検索エンジンを作ってみよう

自分で自分のセマンティック検索エンジン作りたいんだけど、そんな学も博士号もないし…。
そんな貴方のためにセマンティック検索エンジンの「Hakia(http://www.hakia.com/)」がAPI公開に踏み切る。
これを使うと誰でもこのテクノロジーに乗っかって自分だけのセマンティック検索アプリが開発できる。
HakiaがWebページの意味内容を吟味し、同社が集めた信頼のおける関連度の高いサイトの高品質なインデックスを使って検索クエリーをマッチさせてくれる。

Hakiaはセマンティック検索の分野でPowerSet(http://www.crunchbase.com/company/powerset)やTextWise(http://www.crunchbase.com/company/textwise)に対抗する企業だ。
こうしてデベロッパーに使ってもらうよう誘いをかけながら自社技術を広めたいと考えている。
提携相手第1号はモバイルアプリプロバイダ「Berggi(http://video.berggi.com/)」で、ここはAT&TとSprintの携帯端末用にセマンティックなモバイル検索アプリを作った。
僕もさっそく手持ちのAT&T Blackberryにダウンロードしてみたが、検索語入力しようとしたらアプリがフリーズしてしまった。僕の携帯の問題かな。

API利用規約では、開発者とスタートアップは1日3万件まで検索が無料でできる規定になっており、それを超えるとライセンス契約が必要に。このAPIを使って実現できるアプリには以下のような種類が含まれている。:

Web検索
ニュース検索
バーティカル検索(健康関連、エネルギー関連ほか)
Text Summarizer (テキスト概要作成)
Text Categorizer (テキストのカテゴリ分け)
Text Characterizer (テキスト特性化: “解説文やタグを特定・拡張するもの。SEMに活用すると理想的”)
Text Meaning Representation (テキストの意味説明)

唯一問題なのは、このWebシンジケーションサービスの詳細リンクをクリックすると、Club Hakia利用登録ページにジャンプすること。
で、登録するとシンジケーションサービス入り口には「Coming Soon」とあるのだ。むー。

http://jp.techcrunch.com/archives/20080619build-your-own-semenatic-search-engine-with-hakias-apis/

223 :名無しの挑戦:2008/06/20(金) 20:14:46 ID:???
ネット上の犯罪予告、警察庁が秋葉原無差別殺傷事件以降の検挙状況を発表

警察庁はこのほど、東京・秋葉原で6月8日に発生した無差別殺傷事件以降にネット上で書き込まれた犯罪予告の検

挙・補導状況を発表した。

報告書によると、6月15日までに検挙されたネット上の犯行予告は6件。
被疑者は20代の男性3人と10代の男女3人で、威力業務妨害、偽計業務妨害、軽犯罪法違反、脅迫の疑いで、3人が

逮捕、3人が事情聴取を受けている。

書き込み内容には、秋葉原の事件に触発されたような記述も目立ち、改めて事件が社会に与えた影響の重大さが伺

える。

警察庁では、法に触れる犯罪予告事案について、引き続き厳正に対処していく方針だという。

http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20375641,00.htm

224 :名無しの挑戦:2008/06/20(金) 20:20:54 ID:???
Citibank社サーバーへ不正アクセス、ATMで大規模な引き出し

ATMの引き出し処理を担う米Citibank社のサーバーに不正アクセスがあり、その結果、今年2月に、ニューヨーク市ブルックリン区在住の男性2名がニューヨーク市内のATMから数百回にわたり不正に現金を引き出していたことが、連邦検察当局の調査により明らかになった。
2人は少なくとも75万ドルの現金を不正に得ていたという。

ATMを利用したこの大胆な犯罪は、米国の大手銀行のシステム自体への不正侵入が原因になった犯罪が初めて明るみに出た事例とみられると、専門家らは指摘している。

盗難された情報に関する犯罪的なフォーラムを監視している、不正行為監視企業米CardCops社のCEOを務めるDan Clements氏は、「銀行のシステム環境から暗証番号が漏れた例は、これまで聞いたことがなかった」と述べる。

クレジットカードやATMの暗証番号は、闇取引では頻繁に登場する情報だ。
だがこうした情報は常に、フィッシング詐欺やショルダー・サーフィング、セルフ式ガソリンスタンドの精算機に取り付けられた偽物の暗証番号入力装置など、ソーシャル・エンジニアリング的な裏技を用いて入手されたものだった。

しかし、今回の検察当局の捜査結果が正しければ、Citibank社システムへの侵入が示唆するのは、自分のATMカードや暗証番号をきちんと管理し守っている、技術に精通した消費者でさえ、増加しつつある世界的なサイバー犯罪取引の被害に遭う危険性があるということだ。

「デビットカードと暗証番号は、まさに(犯罪者の)金脈になっている」と、Clements氏は述べる。

Citibank社はワイアードブログ『Threat Level』に対し、同社のシステムに不正侵入があったことを否定した。
しかしFBIのサイバー犯罪捜査官Albert Murray氏が作成した宣誓供述書によると、2月1日にCitibank社側から、「コンビニエンス・ストア『7-Eleven』に設置されたATMの現金引き出しを処理する同社サーバーが不正アクセスされた」という通知が、FBIにあったという。

ニューヨークの連邦検察当局は、盗難情報を利用し、現金の不正引き出しを繰り返し行なったとして、ウクライナ出身の移民Yuriy Ryabinin容疑者をアクセス・デバイス詐欺罪で起訴した。

クレジットカード詐欺関連の闇フォーラムの活発なメンバーだというRyabinin容疑者の起訴内容は、システム侵入そのものではない。
この事件の起訴状では、同容疑者と共同被告1名が、「インターネットを介して、Citibank社の顧客に関する情報を入手した。その情報は、Citibank社から以前に盗まれた情報だった」と、その罪状を説明している。

その他にも、不正な現金引き出しを行なったとして、30歳のIvan Biltse容疑者、およびAngelina Kitaeva容疑者も告訴された。
また、Ryabinin容疑者の妻も、捜査の際の司法妨害で告発されている。

Ryabinin容疑者は、Citibank社のアカウント情報を不正に入手したことに加え、2007年秋に金融サービス会社の米iWire社が提供するMasterCardのプリペイド・アカウントのうち、特定の4アカウントに侵入した世界規模のサイバー犯罪にも関わっていたとされている。

9月30日から10月1日のわずか2日間に、これらのアカウントは9000回以上アクセスされ、世界中のATM機で現金の引き落としが試みられた。
この被害総額は500万ドルにものぼると、Murray氏の宣誓供述書は記述している。

FBIの捜査班がRyabinin容疑者の自宅を家宅捜索したとき、同容疑者のコンピューターは、クレジットカード詐欺フォーラムにログインした状態だった。
その他、磁気ストライプ・ライター、80万ドルの現金も発見された。
残りの現金9万9000ドルは、Ryabinin容疑者と妻のOlenaが借りていた貴重品保管庫にあった。
また、Biltse容疑者も現金80万ドルを所持していた。

宣誓供述書によると、Citibank社は2月1日までの時点で、どの口座情報が漏洩しているのか認識していたが、これらの口座について停止措置を取らず、その間にも不正行為が進行していた。

「Citibank社では、サーバーが不正アクセスされている間に、ATMでの不正引き出しに関連する口座番号をすべて特定し、不正アクセスされているCitibank社の口座番号が使われるたびにCitibank社に通知する不正行為警告システムを作成した」と宣誓供述書には記載されている。

この記述から読み取れるのは、攻撃者はシステム内に保存されていた口座番号や暗証番号にアクセスしたのではなく、リアルタイムで使われている決済処理に侵入し、処理システム内を行き交う暗証番号を根こそぎ入手していた可能性がある、ということだ。

http://wiredvision.jp/news/200806/2008062021.html

225 :名無しの挑戦:2008/06/20(金) 20:28:57 ID:???
SNSを24時間365日体制で有人監視、ガイアックスがサービス開始

ガイアックスと手嶋屋は、SNSに投稿されるコンテンツを24時間365日体制で有人監視するサービス「SNS監視for OpenPNE」を開始する。
料金は月額5万円から。

手嶋屋のオープンソースSNSシステム「OpenPNE」を採用するSNS向けの監視サービス。
ガイアックスが開発したOpenPNE用監視ツールを使うことで、監視作業に必要なコストを抑えたという。
テキストコンテンツは、不適切な文字列だけを抽出して監視し、コストを削減する。

同社によると、「犯行予告」「自殺予告」「出会い目的」などの書き込みは夜間や休日に行われる場合が多い。
危険な投稿を見つけるには文脈を判断する必要があり、24時間365日体制の有人監視が欠かせないという。
同サービスで積極的にリスクを排除し、健全なSNSを運営できるよう支援する。 2008年度に20件の導入を目指す。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080620/308976/

226 :名無しの挑戦:2008/06/20(金) 20:29:22 ID:???
「小規模SNS」構築に最適なSaaS版サービスを月額無料から提供 - プロシスタ

Webシステムの開発などを行うプロシスタは20日、SaaS版SNS無料構築サービス「door web ベータ版

http://www.doorweb.jp/pr/index.html)」の提供を開始した。
自前のサーバが不要で、専門的な知識がなくても利用可能。
友達づくりやサークルの活性化などを目的に、小規模でSNSを運営したいという個人ニーズに対応する。

同サービスでは、基本機能として「メッセージ」「コミュニティ」「イベント」など、SNSで利用される各機能が提供される。

SNSを開設する際、これらの中から搭載したい機能を選択することで、自動的にサービス提供用の画面が構築される仕組みだ。

また、モバイルにも対応。SNSのメンバーに登録した人は、マイページをPC、携帯電話のどちらからでも利用できる。

個体識別番号による「簡単ログイン機能」や、メールによる画像・日記の投稿にも対応している。

同サービスの個人利用向け「Home Edition」は、100アカウントまで無料、追加50アカウントごとに5,250円/月。
商用利用向け「Business Edition」は、30アカウントまで無料、追加50アカウントごとに1万500円となっている。

なお、「Business Edition」は広告管理機能を搭載しており、バナーを登録して広告を掲載し、簡易的なクリック率測定

を行うことが可能だ。

http://journal.mycom.co.jp/news/2008/06/20/038/index.html

227 :名無しの挑戦:2008/06/20(金) 20:30:04 ID:???
マルウェアによる猥褻画像ダウンロードで不当解雇

マサチューセッツ州の労働災害調査員Michael Fiola氏はある朝上司に呼ばれ、コンピュータ使用規定違反のためクビを宣告されたそうだ。
彼のPCのインターネット一時ファイルに猥褻画像が見つかったことが原因で、解雇の上、児童ポルノ所持の疑いで訴えられてしまった。

しかし、コンピュータ犯罪捜査員が調べたところ、PCのアンチウイルスソフトやソフトウェアアップデートが正常に動作しておらず、スパマーやクラッカーによる猥褻画像攻撃に遭っていたということが判明した。
Fiola氏のPCは以前別の従業員が使用しており、ユーザ名を変更してFiola氏に与えられたが、SMSのユーザ名が変更されずに渡されてしまった。
そのためネットワーク経由で行われるセキュリティアップデートから漏れてしまい、マルウェアに感染してしまったことが原因とみられている。

この調査の結果、証拠不十分としてFiola氏への訴えは取り下げられたそうだ。
Fiola氏は「人生を壊された」として雇用元を訴える所存だという。

PCの設定不備が原因で解雇に繋がるなんて、たまったもんじゃありませんね。
Fiola氏の社会的信用が回復することを願います。

関連記事
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080523_mellpon_noped/

http://slashdot.jp/security/article.pl?sid=08/06/20/0950253

228 :名無しの挑戦:2008/06/20(金) 20:31:03 ID:???
カジュアルゲームは間食、喫煙を減らす――RealNetworks調査

カジュアルゲームは間食や喫煙など、不健康な習慣を減らす効果がある――米RealNetworksは6月18日、このような調査結果を発表した。

この調査は同社のゲーム部門RealGamesが4537人を対象に行ったもの。
カジュアルゲームがプレイヤーの習慣やライフスタイルの選択に良い影響を及ぼすことが示されたという。

調査によると、体重に気をつけていると答えた回答者のうち59%は、カジュアルゲームをプレイすることが間食や過食から関心をそらし、食べ過ぎの可能性を減らすとの見方に同意した。
また喫煙者のうち42%は、カジュアルゲームが喫煙から関心をそらし、たばこを吸う頻度が減るとの見解に賛成している。

喫煙者に最も人気のあるゲームは、イラストの中に隠されたアイテムを探すタイプのゲームで、「Little Shop of Treasures」「Mysteryville」が人気が高い。
また調査参加者の回答で最も多かったのは、ゲーム休憩の後で「リラックスし、ストレスから解放された」気分になるというものだったという。

関連記事
>>75
http://tmp7.2ch.net/test/read.cgi/kitchen/1212478591/75

関連記事
>>96
http://dso.2ch.net/test/read.cgi/yangon/1211803833/96

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0806/20/news007.html

229 :名無しの挑戦:2008/06/20(金) 20:31:33 ID:???
中国地震と北京五輪に便乗のスパムメール出回る

「中国で大地震が発生し、北京五輪の開催が危ぶまれる」などの電子メールと偽の動画サイトでユーザーをだまし、マルウェアに感染させる手口が出現した。
セキュリティ各社が6月18日から19日にかけてブログなどで情報を公開し、注意を呼び掛けている。

US-CERTによると、問題のスパムメールからリンクされている悪質なサイトは、トロイの木馬の「Storm Worm」をまき散らしている。
このサイトに掲載されたビデオを実行すると、「beijing.exe」というファイルが実行され、悪質コードに感染するという。

セキュリティ企業のSymantecやSophosによれば、スパムメールの件名は「Death toll in China is growing」「China is paralyzed by new earthquake」「2008 Olympic Games are under the threat」など多数のバリエーションがある。
「中国でまた地震発生」などの文言でユーザーの注意を引いてURLをクリックするよう促し、「.cn」のドメインを使ったサイトへと誘導する。

問題のサイトは英語で「マグニチュード9.0の地震が北京で発生し、何百万人もの犠牲者が出ている。
北京はパニックで麻痺状態となり、2008年の五輪は失敗に終わる恐れ」など虚偽の内容を記載。
詳報を伝える動画と称し、ユーザーが不正ファイルを実行するよう仕向けている。

US-CERTなどはユーザーに対し、「ウイルス対策ソフトを最新の状態に保つ」「スパムメールに記載されたリンクは不用意にクリックしない」などの対策を促している。

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0806/20/news033.html

230 :名無しの挑戦:2008/06/20(金) 20:32:35 ID:???
スクリーンセーバーを悪用、「虫がはい回る」画面を表示する亜種も

セキュリティ企業の米マカフィーは2008年6月18日、偽のセキュリティ警告を表示して“怪しい”ソフトウエアを買わせようとするウイルス(悪質なプログラム)「FakeAlert」に新たな亜種が出現したとして注意を呼びかけた。
ブルースクリーンを表示して、ユーザーを慌てさせることが特徴。

ブルースクリーンとは、Windowsのシステムに重大なエラーが起きたときに表示される青い画面のこと。
今回報告されたウイルスは、実行されるとパソコンに感染し、ブルスクリーンとWindowsの起動画面を交互に表示するスクリーンセーバーをインストールする。

スクリーンセーバー自体は、Windowsの管理ツールなどを提供するWebサイト「Sysinternals」が作成したもの。
ウイルス作者は、ユーザーを慌てさせるために、このスクリーンセーバーを悪用している。
ちなみに、Sysinternalsは米Winternals Softwareのサイトだったが、同社が2006年7月に米マイクロソフトに買収されたため、今ではマイクロソフトのサイトの一部となっている。

ウイルスはこのスクリーンセーバーを表示するとともに、パソコンの修復にはセキュリティ対策ソフトをインストールする必要があると警告するバルーンやウインドウを表示する。
これらをクリックすると、大した機能を持たない“偽ソフトウエア”を売りつけようとするサイトに誘導される。

同社では、2008年5月末にも同様のウイルスを報告している。
このときのウイルスは、画面上を虫がはい回るスクリーンセーバーを表示するとともに、「スパイウエアに感染している」と警告する偽のメッセージや、偽ソフト販売サイトに誘導するバルーンなど表示する。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080619/308796/

231 :名無しの挑戦:2008/06/20(金) 20:34:02 ID:???
動画や画像ファイルをオリジナル品質で共有できる「Screencast.com」

米TechSmithは米国時間2008年6月18日,動画やプレゼンテーション,ドキュメント,画像を安全にアップロードして管理できるメディア共有サービス「Screencast.com(http://www.screencast.com/)」の正式版をリリースした。

FlashやWindows Media,QuickTimeなどの動画ファイルや各種画像ファイルをはじめ,WordやExcel,PowerPointなどのOffice文書,米 AdobeのPDFファイルなどを,オリジナルの品質と解像度を保ったままアップロードして,オンラインで

共有することができる。
HD(高精細)メディアもサポートする。18カ月のベータ期間中に,約20万人のユーザーが75万個の様々なメディアをアップロード/共有したという。

アップロードしたコンテンツは,個々のファイルを共有できるほか,プレイリストで管理することも可能。
電子メールやインスタント・メッセージングで公開したコンテンツを友人に知らせたり,Webページやブログに埋め込んで共有したりできる。
特定のコンテンツをサブスクリプション登録しておけば,例えば米Appleの「iPod」で再生可能な動画や音楽が公開された場合に,RSSやiTunesのフィードを介して通知を受け取ることができる。
コンテンツのアクセス条件は,「プライベート」「公開」「招待者のみ」から選べる。

対応ブラウザはJavaScriptを有効にしたInternet Explorer 6あるいはFirefox v1.5以降。WindowsとMac向けのデスクトップ・アプリケーションを使えば,100Mバイト以上のファイルを効率よく転送できるという。ブロードバンド接続環境とFlash Player 9を推奨している。

料金プランは,「ベーシック」「プラス」「プレミアム」の3種類を用意し,ストレージ容量と1カ月に転送可能な容量が異なる。
いずれのプランでも月額制か年額制を選択できる。60日間の無料トライアルでは,200Mバイトのストレージ容量と1カ月に1Gバイトの転送容量を提供する。

米メディア(CNET News)によると,今後は,「H.264フォーマットへの対応やSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ

ス)機能の追加も予定している」(同社のプロダクト・マネージャのDirk Frazier氏)という。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080620/308965/

232 :名無しの挑戦:2008/06/20(金) 20:35:05 ID:???
山本精一、灰野敬二、内橋和久…総勢20名のギターリストによる豪華フェスティバル『ギターの日キター!!!』

総勢20名にもおよぶギター奏者のギタープレイやパフォーマンスのみで構成される濃密な一日、この日この時にしか見られない超レア・イベントをお見逃しなく!
『ギターの日キター!!! Avant Japanese Guitaristival』

日時:6月29日(日) 開場・開演15:00
会場:スーパー・デラックス(東京都港区西麻布3-1-25 B1F)[地図を表示]
料金:前売4,000円、当日5,000円(共にドリンク別・税込)

出演:
秋山徹次、AxSxE、今井和雄、植野隆司、内橋和久、EXPE SPACE GUITAR、加藤崇之、川染喜弘、鬼怒無月、熊谷もん、小林亮平、ダイノジ、知久寿焼、中林キララ、成田宗弘、灰野敬二、半野田拓、宮下敬一、ムラトリックス、山本精一

プレイガイド(ローソンチケットのみ取り扱い):
ローソンチケット(Lコード:35804)
ローソン店頭 Loppi(24時間受付)
Lコードダイアル:0570-084-003 (24時間受付) 要Lコード
オペレーター予約電話番号:0570-000-407(10:00〜20:00)

http://www.webdice.jp/dice/detail/517/

233 :名無しの挑戦:2008/06/20(金) 20:35:31 ID:???
テレビの前で死亡してから42年後に発見されたおばあさん
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080620_dead_42_years/


42年間テレビの前に座ってた女性
http://www.gizmodo.jp/2008/06/42.html

234 :名無しの挑戦:2008/06/20(金) 20:36:02 ID:???
米国の学校で17人が妊娠、当局が「妊娠協定」の疑いで調査

米マサチューセッツ州のグロスターで、16歳以下の大勢を含む少なくとも17人の女子高生が妊娠、その数が昨年の4倍に上ったことから、生徒の間で「妊娠協定」があった疑いが持たれ、市が調査している。

妊娠検査を要望する女子が急増したため、学校の診療所が疑問を持った。

地元当局者は19日、妊娠した女子の約半数が、1年内に一緒に赤ちゃんを産もうという約束事に参加していたと明らかにした。
これに関与した男性のうち少なくとも数人は20台半ばで、1人はホームレスの男性と考えられている。
ほかは同じ学校に通う男子生徒。

グロスター市長によると、当局は婦女暴行事件として扱うかどうかを検討中。
同州の法律では、16歳未満との性交渉は違法。

http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-32358720080620

235 :名無しの挑戦:2008/06/20(金) 20:46:01 ID:???
1枚の写真だけでその映像が撮影された場所を類推、カーネギーメロン大学が技術開発

1枚の写真からその映像が撮影された場所を特定することが可能な技術の開発に米カーネギーメロン大学が成功していたことが20日、同大学の発表により明らかとなった。

この技術開発を行ったのは同大学でコンピューターサイエンスを担当しているアレキセイ・エフォス准教授らを中心とする研究グループ。
研究グループは米ヤフーの写真交換サイト「Flickr」に掲載されている写真の中には、その写真が撮影された緯度、経度などのGPS情報が記録されたものが多数あることに着目。

その上でGPS情報が記録されている写真をFlickrから収集してデータベース化、それを位置情報を解析したい写真と画像解析で比較することによって、
その写真に最も近い場所で撮影した写真を抽出すると同時、その写真のGPS情報から解析した写真が撮影された場所を特定するというシステムを開発してそれをIMG2GPSと命名した。

研究グループが237枚の写真を使ってIMG2GPSのテストを行ったところ 237枚の内、約16%の映像に関して、200キロメートルの精度でその写真が撮影された場所を類推することに成功。
また、画像解析作業に失敗した場合でも、その写真に写っている場所は砂漠であるのか、海岸なのか、地形的特長を抽出することには成功した。

画像から具体的な位置情報を特定するということはコンピュータービジョンの研究分野の中でももっとも困難な領域の一つとされてきたが、今後の研究次第では、
大量の写真を自動的に撮影場所ごとに分類したり、写真に対して自動的に、テキストによる分類タグを付けることなども可能となるだろうと述べている。

画像は IMG2GPSによる位置情報検索結果例。左の画像を指定すると、画像データベースから似た特徴を持つ映像の検索が実行され、検索結果は位置情報と共に地球儀にマッピングされる。
類似画像する映像が複数マッチングした場合は、複数の検索結果が地球儀上にマッピングされる。

http://www.technobahn.com/news/2008/200806201954.html

236 :名無しの挑戦:2008/06/21(土) 03:02:15 ID:???
New discovery proves 'selfish gene' exists

A new discovery by a scientist from The University of Western Ontario provides conclusive evidence which supports decades-old evolutionary doctrines long accepted as fact.

Since renowned British biologist Richard Dawkins ("The God Delusion") introduced the concept of the 'selfish gene' in 1976, scientists the world over have hailed the theory as a natural extension to the work of Charles Darwin.

In studying genomes, the word 'selfish' does not refer to the human-describing adjective of self-centered behavior but rather to the blind tendency of genes wanting to continue their existence into the next generation.
Ironically, this 'selfish' tendency can appear anything but selfish when the gene does move ahead for selfless and even self-sacrificing reasons.

For instance, in the honey bee colony, a complex social breeding system described as a 'super-organism,' the female worker bees are sterile.
The adult queen bee, selected and developed by the worker bees, is left to mate with the male drones.

Because the 'selfish' gene controlling worker sterility has never been isolated by scientists, the understanding of how reproductive altruism can evolve has been entirely theoretical ? until now.

Working with Peter Oxley of the University of Sydney in Australia, Western biology professor Graham Thompson has, for the first time-ever, isolated a region on the honey bee genome that houses this 'selfish' gene in female workers bees.

This means that the 'selfish' gene does exist, not just in theory but in reality.
"We don't know exactly which gene it is, but we're getting close."

"This basically provides a validation for a huge body of socio-biology,"
says Thompson, who adds the completion of Honey Bee Genome Project in 2006 was crucial to this discovery.

http://www.eurekalert.org/pub_releases/2008-06/uowo-ndp062008.php

237 :名無しの挑戦:2008/06/21(土) 03:03:59 ID:???
Changing physical constant may be constant after all

Concerns over variation in one of the fundamental constants of physics have been allayed.
A new analysis has found no significant variation in the electron-proton mass ratio, also known as mu, over the last 6 billion years.

This contrasts with a result published in 2006 that said the ratio may have decreased by 0.002% in the past 12 billion years.

A team led by Michael Murphy of Swinburne University in Australia examined radio waves coming from a quasar, a giant black hole that glows brightly as it devours its surroundings, some 7.5 billion light years away.

The radiation had passed through a galaxy containing clouds of ammonia gas.
This absorbs some parts of its spectrum, leaving a characteristic "fingerprint" that depends very sensitively on the ratio of the masses of the protons and electrons in the molecules.

When the radiation passed through the ammonia 6 billion years ago, the absorbed parts of the spectrum were the same as they would be today.
That means the constant hasn't changed in that time.

New physics

This will come as a relief to many physicists, as the laws and constants of physics are generally thought to apply at all times and places in the universe.
"If we found mu ? or any other constant ? to vary, then that would be the end of the Standard Model," says Murphy.
"We would have to come up with an entirely new theory of physics."

There is good reason to trust the new result, Murphy says.
The wavelengths at which the ammonia molecules absorb radiation depend more strongly on the proton-to-electron mass ratio than with other molecules, such as the molecular hydrogen that was used for the 2006 result.
"Our constraint is 10 times better than those previously obtained," Murphy says.

Wim Ubachs, who led the 2006 analysis, agrees Murphy's result is "solid", but thinks there still might be a way to reconcile the two results.
There remains the possibility that the constant varied between 6 billion and 12 billion years ago but has not varied since, he says.

Murphy agrees this possibility remains. "Since we don't know how to expect mu to vary throughout the universe, we should not use one observation to suggest the others are wrong quite yet," he told New Scientist.

http://space.newscientist.com/article/dn14177-changing-physical-constant-may-be-constant-after-all.html?feedId=online-news

238 :名無しの挑戦:2008/06/21(土) 03:51:48 ID:???
Mental and physical exercise improves genetic mental impairment

Australian scientists have shown that mental and physical exercise can improve coordination and movement problems in Rett syndrome,
a devastating genetic brain development disorder that primarily affects females.

Using a mouse model of Rett syndrome developed by the Children's Medical Research Institute in Sydney,
researchers from the Howard Florey Institute in Melbourne found these mice responded positively to the effects of environmental enrichment.

A/Prof Anthony Hannan from the Howard Florey Institute said the onset and severity of coordination and movement problems was reduced by
giving the Rett syndrome mice a range of mazes, toys and exercise equipment to stimulate them both mentally and physically.

"Mari Kondo in my laboratory discovered that environmental enrichment significantly improved
the ability of the Rett syndrome mice to learn and maintain tasks that required coordinated movements," A/Prof Hannan said.

"We also found that a special brain chemical called BDNF,
which plays a role in the birth and survival of new neurons as well as modifying connections in the brain, was at similar levels in both normal mice and the enriched Rett syndrome mice.

"The Rett syndrome mice that did not receive environmental enrichment had lower levels of BDNF and performed poorly on movement and coordination tasks.

"This discovery shows that gene-environment interactions may be important for all brain diseases, including those caused by an inherited gene mutation.

"The next step is for us to look at the effects of environmental enrichment on anxiety and cognition in the mice, as these are common problems in Rett syndrome," he said.

Developer of the Rett syndrome mouse model, Prof Patrick Tam of the Children's Medical Research Institute,
said for the past seven years his research team, and especially Dr Gregory Pelka, had been investigating Rett syndrome genetics.

"We have already found a number of genes that may be linked to the development of Rett syndrome," Prof Tam said.

"More research in this area is urgently needed as Rett syndrome is the second most common form of severe mental disability in girls after Down syndrome in Australia," Prof Tam added.

http://www.eurekalert.org/pub_releases/2008-06/ra-map061908.php

239 :名無しの挑戦:2008/06/21(土) 03:52:12 ID:???
Science Podcast: Free Science Podcasts from Scientific American
http://www.sciam.com/podcast/
Scientific Americanのポッドキャスト。一般人向けの科学ニュースで聞き取りやすい。一話20分程度。

Scientific American: 60-Second Science
http://www.sciam.com/podcast/podcasts.cfm?type=60-second-science
同Sciamの60-Second Science。一話一分。

Science/AAAS | Science Magazine: About the Journal: E-Mail Alerts & RSS Feeds: Science Podcast
http://www.sciencemag.org/about/podcast.dtl
Science誌のポッドキャスト。一般人向けで、かなり平易な語り口。一話30分程度。

Science Update: The Science Radio News Feature of the AAAS
http://www.scienceupdate.com/index.php
同AAASのポッドキャスト。こちらの方が簡単な内容。一話5〜15分程度。

Nature Podcast
http://www.nature.com/nature/podcast/index.html
Nature誌のPodCast。Nature誌で取り上げた論文の解説が中心。ナレーションの発音に多少クセがある。テキストも公開されている。一話10分程度。

BBC World Service - Find A Programme - Science in Action
http://www.bbc.co.uk/worldservice/programmes/science_in_action.shtml
BBCのサイエンスニュース。内容は毎週の科学ニュース。Natureよりも聞き取りやすい。一話30分程度。

Discovery Channel Podcasts
http://www.discovery.com/radio/podcasts.html
ディスカバリーチャンネルのポッドキャスト。かなり早口。一話40分。

NLM Director's Comments podcast
http://www.nlm.nih.gov/medlineplus/directorscomments.html
MEDLINEに登録された論文の解説をNLMのディレクターが行うサイエンスニュース。一話5〜10分。

Museum of Science, Boston | Podcasts
http://www.mos.org/events_activities/podcasts
ボストン科学博物館のポッドキャスト。多少早口だが発音は良く聞き取りやすい。一話15分程度。

Microbeworld: Discover Unseen Life on Earth
http://www.microbeworld.org/
ASMの微生物学ポッドキャスト。高クオリティ。ビデオ配信。一話5分程度。

240 :名無しの挑戦:2008/06/21(土) 21:40:45 ID:???
Mysterious Brain Cells Linked to Blood Flow

Nearly a century after the discovery of strange star-shaped cells in the brain, scientists say they have finally begun to unravel their function.

Researchers from the Massachusetts Institute of Technology report in Science that it appears astrocytes?named for their stellar form?provide nerve cells
(neurons) with the energy they need to function and communicate with one another, by signaling blood to deliver the cell fuels glucose and oxygen to them.

When astrocytes were first discovered, it was believed that they were bit players in the brain.
But the new research indicates they may actually be major operators that, when out of whack, may help trigger mental disorders such as autism and schizophrenia.

Study coauthor Mriganka Sur, a neuroscientist and head of MIT's Department of Brain and Cognitive Science, says his team saw astrocytes in action while examining brain activity in ferrets.

Using technology called two-photon microscopy, Sur and his colleagues observed that astrocytes in the visual cortex
(part of the brain responsible for vision) activated and blood flow increased to nerve cells just seconds after the neurons had fired or sent out signals.

Sur believes the astrocytes?which are as plentiful in the brain as neurons?may control the strength and length of nerve cell communications.
Consequently, he says, if astrocytes fail, so, too, may nerve cell connections, potentially leading to still largely unexplained neurological disorders.

"A great many genes that have been linked to autism and schizophrenia are likely to be active in astrocytes," Sur says.
"We believe astrocytes will have a huge role in understanding certain brain diseases."

He says astrocytes may also shed light on brain activity captured on scans such as fMRIs (functional magnetic resonance imaging),
which measure blood flow allowing scientists to diagnose strokes (areas that are deprived of blood or oxygen) and regions activated during tasks and activities from solving problems to daydreaming.

The reason, according to a Science editorial by neuroscientists Fred Wolf and Frank Kirchhoff of Germany's Max Planck Institute:
the findings indicate fMRI "reflects the responses of both cell populations [neurons and astrocytes] in the brain."

Sur says that when the team blocked astrocytes, blood flow did not increase to firing neurons.
That means, he says, that "[fMRI is] really measuring astrocyte activation.
Thus, anything that influences astrocytes is likely to influence fMRI readings."

http://www.sciam.com/article.cfm?id=mysterious-brain-cells-li&sc

241 :名無しの挑戦:2008/06/21(土) 21:45:36 ID:???
Earth Will Survive After All, Physicists Say(1)

That black hole that was going to eat the Earth?
Forget about it, and keep making the mortgage payments ? those of you who still have them.

A new particle accelerator, the Large Hadron Collider scheduled to go into operation this fall outside Geneva, is no threat to the Earth or the universe,
according to a new safety review approved Friday by the governing council of the European Organization for Nuclear Research, or Cern, which is building the collider.

“There is no basis for any concerns about the consequences of new particles or forms of matter that could possibly be produced by the LHC,
” four physicists who comprised the safety assessment group wrote in their report. Whatever the collider will do, they said, Nature has already done many times over.

The report is available at http://lsag.web.cern.ch/lsag/LSAG-Report.pdf.

The physicists, who labored anonymously for the last year and a half, are John Ellis, Michelangelo Mangano and Urs Wiedemann, of Cern, and Igor Tkachev, of the Institute for Nuclear Research in Moscow.
In a press release, Cern’s director general Robert Aymar said,
“With this report, the Laboratory has fulfilled every safety and environmental evaluation necessary to ensure safe operation of this exciting new research facility.”

It is full speed ahead, they say, on the new machine, which is designed to accelerate protons, the building blocks of ordinary matter,
to energies of 7 trillion electron volts and then bang them together to produce tiny primordial fireballs, miniature versions of the Big Bang.
Physicists will comb the detritus from those fireballs in search of forces and particles and even new laws of nature that might have prevailed during the first trillionth of a second of time.

Some critics have argued, however, that Cern has ignored or downplayed the risk that the collider could produce a black hole that would swallow the Earth, or that it could create some other dangerous particle.

The safety group, however, pointed out that cosmic rays have produced equivalently energetic collisions with the Earth and other objects in the cosmos over and over again.
“This means that Nature has already completed about 1031 LHC experimental programs since the beginning of the Universe,” they write. But the stars and galaxies endure.

242 :名無しの挑戦:2008/06/21(土) 21:47:52 ID:???
Earth Will Survive After All, Physicists Say(2)

The new report, which is an update and expansion of a previous 2003 report, pays particular attention to the issue of black holes,
which could be produced according to some speculative variations of the already speculative string theory. Could one eat the Earth?
These same theories predict that the black holes would immediately disintegrate, the authors say.
But if stable black holes could somehow be produced, they would also have been produced by cosmic ray collisions.

The report draws heavily on a dense 96-page analysis by Steven B.
Giddings of the University of California, Santa Barbara, and Dr. Mangano, which will be available on the physics archive on Monday.
In that paper, Dr. Giddings and Dr. Mangano conclude, “Indeed, conservative arguments based on detailed observations and the best-available scientific knowledge,
including solid astronomical data, conclude, from multiple perspectives, that there is no risk of any significance whatsoever from such black holes.”

The difference between these two ways of making black holes is that the ones from cosmic rays would be going near the speed of light
and would shoot through the Earth with no effect, while collider black holes would be at rest relative to the Earth and could be captured.
But if such black holes from cosmic rays existed, the physicists concluded, dense cinders like neutron stars or white dwarfs would capture them and get eaten. But that doesn’t happen; such objects continue to exist.

The safety report was itself reviewed and approved by another panel of scientists outside Cern.
And so, after 14 years and $8 billion, the future of physics is almost here.

Cern’s engineers are in the process of cooling the superconducting magnets that power the protons around their 17-mile racetrack down to within 3 degrees Fahrenheit of absolute zero.
They are on track, they say to begin circulating protons in the machine in August and to begin colliding them a couple of months later.

Because the engineers have not yet finished “training” the magnets to carry the currents necessary to propel the protons to full energy,
the plan is for the colliding protons to have 5 trillion electron volts apiece initially, still five times more energetic than physicists have achieved before.

In the winter, when Cern traditionally shuts down for a period, the magnets will be trained for the full energy. In the spring the collider will start up again with 14-trillion volt collisions.
And physicists can finally stop holding their breaths.

http://www.nytimes.com/2008/06/21/science/21cernw.html

243 :名無しの挑戦:2008/06/21(土) 21:49:20 ID:???
Internet addiction is a 'clinical disorder'

Obsessive internet use is a public health problem which is so serious it should be officially recognised as a clinical disorder, according to a leading psychiatrist.

Sufferers spend unhealthy amounts of time playing online games, viewing pornography or emailing.

They suffer four symptoms: They forget to eat and sleep; they need more advanced technology or more hours online as they develop 'resistance'
to the pleasure given by their current system; if they are deprived of their computer, they experience genuine withdrawal symptoms;
And in common with other addictions, the victims also begin to have more arguments, to suffer fatigue, to get lower marks in tests and to feel isolated from society.

Early research into the subject found highly educated, socially awkward men were the most likely sufferers
but more recent work suggests it is now more of a problem for middle-aged women who are spending hours at home on their computers.

Psychiatrist Dr Jerald Block said some sufferers were so addicted to the internet that they required medication or even hospital treatment to curb the time they spent on the web.

He said: "The relationship is with the computer.
It becomes a significant other to them.
They exhaust emotions that they could experience in the real world on the computer through any number of mechanisms: emailing, gaming, porn."

He added: "It's much more acceptable for kids to talk about game use, whereas adults keep it a secret.
Rather than having sex, or arguing with their wife or husband, or feeding their children, these adults are playing games."

Dr Block, of the Oregon Health and Science University in Portland, in the USA, first made the claims in an editorial for the American Journal of Psychiatry.

British psychiatrists have previously reported that between five and 10 per cent of online users are internet addicts.

http://www.telegraph.co.uk/news/uknews/2152972/Internet-addiction-is-a-%27clinical-disorder%27.html

244 :名無しの挑戦:2008/06/21(土) 21:50:31 ID:???
Study shows that chronic grief activates pleasure areas of the brain

Grief is universal, and most of us will probably experience the pain grief brings at some point in our lives, usually with the death of a loved one. In time, we move on, accepting the loss.

But for a substantial minority, it's impossible to let go, and even years later, any reminder of their loss ? a picture, a memory ? brings on a fresh wave of grief and yearning. The question is, why?
Why do some grieve and ultimately adapt, while others can't get over the loss of someone held dear?

Reporting in the journal NeuroImage, scientists at UCLA suggest that such long-term or "complicated" grief activates neurons in the reward centers of the brain, possibly giving these memories addiction-like properties.
Their research is currently available in the journal's online edition.

This study is the first to compare those with complicated and noncomplicated grief, and future research in this area may help psychologists do a better job of treating those with complicated grief,
according to Mary-Frances O'Connor, UCLA assistant professor of psychiatry and lead author of the study.

"The idea is that when our loved ones are alive, we get a rewarding cue from seeing them or things that remind us of them," O'Connor said.
"After the loved one dies, those who adapt to the loss stop getting this neural reward.
But those who don't adapt continue to crave it, because each time they do see a cue, they still get that neural reward.

"Of course, all of this is outside of conscious thought, so there isn't an intention about it," she said.

The study analyzed whether those with complicated grief had greater activity occurring in either the brain's reward network or pain network than those with noncomplicated grief.
The researchers looked at 23 women who had lost a mother or a sister to breast cancer. (Grief is very problematic among survivors of breast cancer patients,
particularly among female family members who have increased risk based on their family history).
They found that, of that number, 11 had complicated grief, and 12 had the more normal, noncomplicated grief.

Each of the study participants brought a photograph of their deceased loved one and were shown this picture while undergoing brain scanning by functional magnetic resonance imaging (fMRI).
Next, they were scanned while looking at a photograph of a female stranger.

The authors looked for activity in the nucleus accumbens, a region of the brain most commonly associated with reward and one that has also been shown to play a role in social attachment, such as sibling and maternal affiliation.
They also examined activity in the pain network of the brain, including the dorsal anterior cingulate cortex and the insula, which has been implicated in both physical and social pain.
They found that while both groups had activation in the pain network of the brain after viewing a picture of their loved one, only individuals with complicated grief showed significant nucleus accumbens activations.

Complicated grief can be debilitating, involving recurrent pangs of painful emotions, including intense yearning, longing and searching for the deceased, and a preoccupation with thoughts of the loved one.
This syndrome has now been defined by an empirically derived set of criteria and is being considered for inclusion in the DSM-V, the psychiatric manual for diagnosing mental disorders.

O'Connor, who is a member of UCLA's Cousins Center for Psychoneuroimmunology, cautions that she is not suggesting that such reveries about
the deceased are emotionally satisfying but rather that they may serve in some people as a type of craving for the reward response that may make adapting to the reality of the loss more difficult.

http://www.eurekalert.org/pub_releases/2008-06/uoc--sst062008.php

245 :名無しの挑戦:2008/06/21(土) 21:51:06 ID:???
史上最強のチーズ「カース・マルツゥ」のお食事映像

チーズイタリアサルデーニャに伝わる、伝統のうじ虫入りチーズ「カース・マルツゥ(Casu marzu)」
(中略)を召し上がっている方たちの映像だそうです。

チーズバエたちの幼虫の活発なかもし運動により、高レベルの発酵と脂肪分解により、チーズは非常に柔らかくなり、若干の液体が滲み出すのもポイントだそうです。
約8ミリほどの半透明の白いウジ虫どもは、触ると最高で15センチほど飛び跳ねるのだそうで、目や鼻の穴に入ってしまわないよう、チーズを食べるときは顔面を保護すること推奨だそうです。
また、食べる前にチーズの幼虫を取り除く人もいるがそうせず幼虫ごと食べる人もいるそうで、お味はというと、「舌がひりひりさせ、どっか体に異常をきたすのではないかと心配しちゃうぐらい体が拒否反応を示しがちな、粘着性で刺激性のネトネトした物体」だそうです。
日本でこれをおいしくいただけるのは「もやしもん」の樹慶蔵くらいかと。

http://www.youtube.com/watch?v=4CGseBM85gc

蛆虫入りチーズ「Casu Marzu」の作り方
http://www.youtube.com/watch?v=wyL9Pn8kMZc

246 :名無しの挑戦:2008/06/21(土) 22:06:06 ID:???
>>24
元記事URL
http://www.zaeega.com/archives/50618566.html

247 :名無しの挑戦:2008/06/21(土) 22:06:42 ID:???
>>245
元記事URL
http://www.zaeega.com/archives/50618566.html

>>246は×

248 :名無しの挑戦:2008/06/21(土) 22:10:44 ID:???
IPトラフィックは2012年まで2年毎にほぼ倍増

2007年から2012年の間、IPトラフィックは年率46%で増加するとの見通しをCiscoが発表した。
マイコミジャーナル記事(http://journal.mycom.co.jp/news/2008/06/18/034/index.html)
ITmedia News記事(http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0806/18/news019.html)
2年毎にほぼ倍増するという計算である。
IPトラフィックの増加を引っ張るのは消費者のオンライン動画の需要であり、2012年には消費者トラフィックのうち9割近くがオンライン動画およびIPTV・P2P動画で占められると予測されている。
ビジネストラフィックもビデオ会議の増加などにより増加し、ビジネストラフィックだけに絞っても年率35%の増加となる。
増え続けるIPトラフィックによって、2012年の年間グローバルIPトラフィックは 500EB(エクサバイト)を超え、これは2002年比で100倍とのことである。

http://slashdot.jp/it/article.pl?sid=08/06/21/125223

249 :名無しの挑戦:2008/06/21(土) 23:49:11 ID:???
印刷して持っておきたいgitのチートシート

これは便利そう。印刷して手元に置いておきたいですね。
こういうコマンドはきちんと理解してストレスなく使えるようになりたいものです。

SVGバージョンは元サイトへどうぞ。
http://zrusin.blogspot.com/2007/09/git-cheat-sheet.html
gitについてはこちらもあわせてどうぞ。
http://www.ideaxidea.com/archives/2008/04/git.html

http://www.ideaxidea.com/archives/2008/06/git_1.html

250 :名無しの挑戦:2008/06/21(土) 23:49:49 ID:???
現代的コンピュータの始祖“Baby”誕生から60周年

本日2008年6月21日は、Small Scale Experimental Machine(http://en.wikipedia.org/wiki/Manchester_Small-Scale_Experimental_Machine)、通称“Baby”が誕生してからちょうど60年目にあたります。
ENIACが、そのプログラムをハードウェア的に配線をすることで格納していたのに対して、Babyは電子的にプログラムを格納できたため、今日のコンピュータが備えている要素を備えた最初のコンピュータとも呼ばれることがあります。
昔は赤ん坊だったコンピュータが今では現代社会を支えているかと思うと、なかなか興味深いですね。

http://slashdot.jp/hardware/article.pl?sid=08/06/21/1256221

251 :名無しの挑戦:2008/06/21(土) 23:56:18 ID:???
Planet Pluto fans rebel against 'plutoid' designation

Defenders of "planet Pluto" have not been appeased by its latest name-change, and are marshalling support for a major scientific meeting devoted to debating its place in the solar system.

Last week, the International Astronomical Union (IAU) designated Pluto and its cousin Eris as "plutoids".
"It sounds like 'haemorrhoids'," says Alan Stern, who is chief scientist for NASA's New Horizons mission to Pluto.
He says that planetary scientists have been left out of the IAU's decision-making. Now these scientists will get the chance to present arguments for and against at "The Great Planet Debate" in August at Laurel, Maryland.

The IAU won't be obliged to accept their conclusions.
"The IAU has done what it could to come forward with a working definition," says IAU general secretary Karel van der Hucht.
"In the meantime, it's a free world, anybody may organise meetings on the subject."

関連記事
>>113
http://dso.2ch.net/test/read.cgi/yangon/1211803833/113

http://space.newscientist.com/article/mg19826613.300-planet-pluto-fans-rebel-against-plutoid-designation.html

252 :名無しの挑戦:2008/06/21(土) 23:57:49 ID:???
loloopop an audio/visual installation

http://www.carlkrull.dk/loloopop.html

253 :名無しの挑戦:2008/06/22(日) 04:43:02 ID:???
新聞社/雑誌社サイトのトラフィック,Google Trendsの新機能で比べてみる

Google TrendsでWebサイトのトラフィックを見ることができるようになった。
Google Trends for Websitesが,どの程度,信憑性の高いデータか示すかかどうかは,正直なところ分からない。
(中略)
今後,Compete、Comscore、Alexaなどの既存Webトラフィック調査会社との比較検討が盛んに行われるだろう。
その結果を待ってから,Google Trends for WebsitesがWebサイト評価に利用できるかどうかを判断したほうがよさそう。

http://zen.seesaa.net/article/101221978.html

254 :名無しの挑戦:2008/06/22(日) 04:45:48 ID:???
表参道ヒルズに「オトキノコ」期間限定店−100種類の「音」を販売

動物の鳴き声や風の音、世界各地の街の音など、さまざまな「音」を販売する「オトキノコ」(目黒区)の期間限定ショップが6月20日、表参道ヒルズ本館地下3階「スペース オー」にオープンする。

オトキノコは、人気番組「ウゴウゴルーガ」の「おとのはくぶつかん」コーナーを担当していたことでも知られるサウンドプロデューサー藤原和通さんが立ち上げた「音の専門店」。
2003年には京都に直営店を出店したが、現在はウェブショップを中心にさまざまな「音」を販売している。

期間限定店では、藤原さんがプロデュースしたキノコ型の検索端末「ケンサクくん」を設置し実際に音を販売するほか、全周波数の音を振動で楽しめるポータブル・ハンドフォン・プレーヤー「ダヨン」(39,900円)も販売。
客はケンサクくんを使い、約100種類の音を映像とともに無料で体験、気に入った音をその場で購入し、携帯電話にダウンロードできる。

オトキノコ
http://www.otokinoko.com/
営業時間は11時〜21時(日曜は20時まで)。7月31日まで。

http://www.shibukei.com/headline/5343/

255 :名無しの挑戦:2008/06/22(日) 04:53:04 ID:???
高機能な“あとで読む”Firefoxアドオン「Read It Later」

あとで読みたいページをブックマークし、RSSフィード配信、異なるPCで同期といった高機能ぶりも備えた“あとで読む”Firefoxアドオン「Read It Later」がすごいです。
Read It Later Adds Firefox 3 Integration, Offline Readingというエントリー(http://lifehacker.com/396448/read-it-later-adds-firefox-3-integration-offline-reading)を読んで試してみたのですが、これはすごいですね。
いろいろな情報を集める仕事をしている人は、これがあるから「Firefox 3」を使っている‥‥なんていうケースも出てきたりして。

http://netafull.net/firefox-addon/026330.html


「あとで読む」アドオンを翻訳してみた

http://note.openvista.jp/2008/read-it-later-localized/

256 :名無しの挑戦:2008/06/22(日) 15:21:43 ID:???
ITのプロ、3人に1人が機密情報に不正アクセス=調査

IT(情報技術)専門職の3人に1人が、管理上保有しているパスワードを不正に使用し、同僚の給与情報や個人の電子メール、取締役会の議事録などの機密情報にアクセスしていることが、19日に発表された調査結果で明らかになった。

米情報セキュリティー会社サイバーアークがIT分野の上位専門職300人を対象に実施。
回答者のおよそ3分の1がこっそりと情報をせんさくしたことがあり、47%が業務に関係ない情報にアクセスしたことがあると答えた。

同調査はまた、10社中7社が機密データのやりとりに時代遅れで安全ではない方法を用いていると指摘。
やりとりには35%が電子メールを、別の35%は宅配便を、5%が郵便サービスを使っていると答えた。

http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-32375420080622

257 :名無しの挑戦:2008/06/22(日) 15:46:07 ID:???
He’s Pregnant. You’re Speechless. (1)

WHEN Thomas Beatie gives birth in the next few weeks to a baby girl, the blessed event will mark both a personal milestone and a strange and wondrous crossroads in the evolution of American pop culture.

Mr. Beatie ? as anyone who has turned on a television, linked to a blog or picked up a tabloid in the last few months is aware ? is a married 34-year-old man,
born a woman, who managed to impregnate himself last year using frozen sperm and who went public this spring as the nation’s first “pregnant father.”

That this story attracted attention around the world was hardly surprising. Who, after all, could resist the image of a shirtless Madonna, with a ripe belly on a body lacking breasts and with a square jaw unmistakably fringed by a beard?
For a time, clips of Mr. Beatie’s appearance on “Oprah,” where he was filmed undergoing ultrasound, as well as shirtless images of
him from an autobiographical feature in the Advocate magazine, were everywhere, and they were impossible to look away from.

Partly a carnival sideshow and partly a glimpse at shifting sexual tectonics, his image and story powered past traditional definitions of
gender and exposed a realm that seemed more than passing strange to some observers ? and altogether natural to those who inhabit it.

“This is just a neat human-interest story about a particular couple using the reproductive capabilities they have,” said Mara Kiesling, director of the National Center for Transgender Equality in Washington.
“There’s really nothing remarkable” about the Beatie pregnancy, she said.

Yet as the first pregnant transman to go public, Mr. Beatie has exposed a mass audience to alterations in the outlines of gender that may be outpacing our comprehension.
In the discussions that followed his announcement, what became poignantly clear is that there is no good language yet to discuss his situation, words like an all-purpose pronoun to describe an idea as complex as a pregnant man.

“When there’s a lot of fascination around a figure like Thomas Beatie,
” said Judith Halberstam, a professor of English and gender studies at the University of Southern California,
“it points to other changes already happening elsewhere in the culture.”

Among the changes Ms. Halberstam noted are medical innovations that have expanded the possibilities for body modification.
There are also studies that indicate, as Ms. Halberstam noted, that women respond sexually to the individual, before differentiating by sex.
And the broadening legal scope of marriage has also had its effects on people like Mr. Beatie, who says of himself,
“I am transgender, legally male, and legally married to Nancy,” but who might have trouble holding on to some of those assertions if he did something as simple as moving from Oregon.

258 :名無しの挑戦:2008/06/22(日) 15:49:16 ID:???
He’s Pregnant. You’re Speechless. (2)

Americans, Ms. Halberstam said, have long been fascinated by narratives of sexual transformation, at least since the era of Christine Jorgensen, an early male-to-female transsexual
(born George Jorgensen Jr. in the Bronx) whose sex change, performed by doctors in Sweden, prompted The Daily News to run a front page story under the headline “Ex-GI Becomes Blonde Beauty”
and made Miss Jorgensen as tabloid-notorious then as Mr. Beatie is, the man who “went abroad and came back a broad.”

The Jorgensen case in 1951 was treated as groundbreaking, just as Mr. Beatie’s was on “Oprah,” despite the well-established fact that physicians
at the German Institute of Sexual Science had performed successful sexual reassignment surgeries decades before.
If Miss Jorgensen’s story prefigured Mr. Beatie’s, it also pointed toward a future in which gender continues to change in response to changing laws and mores and, as important, new technology.

“The Beatie case seems like a way of having some of the Trans 101 discussions publicly, giving them one kind of a face and doing it in a way that’s not asking anybody for anything,”
said Eve Kosofsky Sedgwick, a professor at the City University of New York graduate school of English who has written extensively on gender.
“He’s pregnant, he seems happy. It’s not in happening in any kind of a judicial, let alone criminal, context so it’s not a matter of claiming a right. It’s a matter of exercising one.”

By bringing his story to the public and disclosing the particulars of his anatomical journey,
Ms. Sedgwick added, Mr. Beatie is “making visible the fact that a lot of people’s experience of making these decisions isn’t about getting a penis or losing a penis.”
For many transgender people, she said, “genital surgery is not what defines gender, and that will be news for lots and lots of Americans,” who may have trouble comprehending the idea that for some, anatomy does not define woman or man.

Mr. Beatie does not have a penis; his clitoris was surgically reconfigured to mimic a phallus.
And the person born in Hawaii in 1974 as Tracy Lagondino also altered his body with chest reconstruction surgery, took bimonthly testosterone injections for years to suppress feminine sex characteristics, grew a beard and saw his hairlinechange.
Like many transmen, he chose not to remove his female reproductive organs.
And so, when it was clear that his wife could not have another child (she has two grown daughters from a previous relationship), Mr. Beatie stopped hormone therapy until he could conceive.

259 :名無しの挑戦:2008/06/22(日) 15:50:19 ID:???
He’s Pregnant. You’re Speechless. (3)

“Not a lot of transmen get what’s called ‘bottom’ or ‘lower’ surgery,” Ms. Halberstam explained, referring to procedures like the one Mr. Beatie had, and to yet more radical interventions like hysterectomy.
“If they want a penis, they don’t want a micro-penis,” she said. If what they want is to be men, she added, they see no reason why that goal is compromised by keeping their ovaries.

Issues like these have made Mr. Beatie’s story so compelling; the sense that trans identity in the Webster sense of the prefix signifies some threshold state of being ? “across” or “beyond” or “through.”

Ms. Sedgwick said that if you look at postings on Web sites like Oprah Winfrey’s and The Huffington Post,
“It seems as though there are lots and lots of comments saying: ‘That’s not a man having a baby. That’s a woman having a baby.’ ”

Partly that reaction results from what Ms. Sedgwick calls a phobic response to changes in identities that for most people seem God-given and settled at birth.
Partly it is a matter “of people having to go through the stages of figuring things out,” she said.

As Ms. Kiesling, of the National Center for Transgender Equality, noted:
“The long-term benefit of this story is not ‘Pregnant Man Trims Hedge,’” referring to a widely circulated photo of a bearded and pregnant Mr. Beatie wielding a power tool.
“The Beatie story raises questions we’re all looking at now, in a lot of contexts,” about the welter of new possibilities produced by
a landscape in which legalized same-sex partnerships reshape traditional ideas about husband and wife and mom and dad.

Contacted at home in Bend, Ore., Mr. Beatie declined to comment for this article. He was resting, he said, and would reserve further comment until after the baby is born.
A book that he was contracted to write has been shelved, according to his publishers, St. Martin’s Press. And so once the “pregnant father” delivers, he can return to being the person his neighbors refer to as “a quiet, regular guy.”

By then his story may have served its purpose, Ms. Sedgwick said. It will have showed us that: “People experience gender very differently and some have really individual and imaginative uses to make of it.
That’s an important thing for people to wrap their minds around.”

http://www.nytimes.com/2008/06/22/fashion/22pregnant.html

260 :名無しの挑戦:2008/06/23(月) 16:12:49 ID:???
New paradigm for cell-specific gene delivery

Researchers from Northwestern University and Texas A & M University have discovered a new way to limit gene transfer and expression to specific tissues in animals.
In studies to determine how plasmids enter the nuclei of non-dividing cells, the group previously identified a region of a smooth muscle cell-specific promoter
that was able to mediate nuclear targeting of any plasmid carrying this sequence uniquely in cultured smooth muscle cells but in no other cell type.
In their current study to appear in the July 08 issue of Experimental Biology and Medicine, the team, led by Drs. David Dean and Jennifer Young
from the Department of Medicine at Northwestern University, in collaboration with Warren Zimmer from Texas A & M University,
now demonstrate that such restriction of nuclear entry using this specific DNA sequence can be used in blood vessels of living animals to direct gene transfer and expression specifically to smooth muscle cells.
They have also developed a novel gene delivery approach for the vasculature that uses an electric field to transiently permeabilize the plasma membrane of cells to allow entry of DNA.
Thus, this work establishes the control of nuclear entry of gene therapy vectors as a novel approach to target genes and gene expression to desired cell types in the body.

Vascular smooth muscle proliferative diseases, including atherosclerosis and restenosis, are among the leading causes of morbidity and mortality in the US.
Gene therapy may represent an important alternative for the treatment and prevention of these proliferative diseases of the vasculature.
It can be highly cell-specific, mimic or restore normal in vivo function, and can be permanent or transient depending on vector design.
Currently, a number of gene delivery systems for use on the arterial wall are being studied, but as yet their low efficiency in gene transfer and lack of cell-specific targeting and expression are major limitations.
According to Dr. David Dean, "The benefit of our newly described approach is that it can target specific cell types.
One of the most commonly envisioned treatments for these proliferative disorders is to deliver genes that kill or inhibit the dividing smooth muscle cells,
but we need to target only these muscle cells and not any other cell in the vessel wall and this approach will enable us to do just that".
The goal of the team is to design more effective gene therapy vectors for use in the vasculature by understanding the molecular mechanisms by which DNA and DNA-protein complexes are actively transported into the nucleus.
Dr. Warren Zimmer states "these results set the stage for our future use of this technology to deliver therapeutic genes to lessen the severity of restenosis which is the most common issue following angioplasty and placement of stents".
Dr. Dean continues, "Now that we have demonstrated proof of principle for this approach we can look for DNA sequences that act in other tissues and develop cell-specific treatments for any number of organs".
Dr. Steven R. Goodman, Editor-in-Chief of Experimental Biology and Medicine, stated "The exciting studies reported here are the first to demonstrate that non-viral
gene delivery can be made cell-specific by controlling the nuclear entry of plasmid DNA, and as such, establishes a new paradigm for cell-selective gene delivery.
Drs. Dean, Young, and Zimmer are to be congratulated on this ground-breaking study".

http://www.eurekalert.org/pub_releases/2008-06/sfeb-npf062008.php

261 :名無しの挑戦:2008/06/23(月) 16:47:38 ID:???
Drug reverses mental retardation caused by genetic disorder(1)

UCLA researchers discovered that an FDA-approved drug reverses the brain dysfunction inflicted by a genetic disease called TSC.
Because half of TSC patients also suffer from autism, the findings offer new hope for addressing learning disorders due to autism. Nature Medicine publishes the findings in its online June 22 edition.

Using a mouse model for TSC, the scientists tested rapamycin, a drug approved by the FDA to fight tissue rejection following organ transplants.
Rapamycin is well-known for targeting an enzyme involved in making proteins needed for memory.
The UCLA team chose it because the same enzyme is also regulated by TSC proteins.

"This is the first study to demonstrate that the drug rapamycin can repair learning deficits related to a genetic mutation that causes autism in humans.
The same mutation in animals produces learning disorders, which we were able to eliminate in adult mice," explained principal investigator Dr. Alcino Silva,
professor of neurobiology and psychiatry at the David Geffen School of Medicine at UCLA. "Our work and other recent studies suggest that some forms of mental retardation can be reversed, even in the adult brain."

"These findings challenge the theory that abnormal brain development is to blame for mental impairment in tuberous sclerosis," added first author Dan Ehninger, postgraduate researcher in neurobiology.
"Our research shows that the disease's learning problems are caused by reversible changes in brain function -- not by permanent damage to the developing brain."

TSC is a devastating genetic disorder that disrupts how the brain works, often causing severe mental retardation.
Even in mild cases, learning disabilities and short-term memory problems are common.
Half of all TSC patients also suffer from autism and epilepsy.
The disorder strikes one in 6,000 people, making it twice as common as Huntington's or Lou Gehrig's disease.

262 :名無しの挑戦:2008/06/23(月) 16:48:34 ID:???
Drug reverses mental retardation caused by genetic disorder(2)

Silva and Ehninger studied mice bred with TSC and verified that the animals suffered from the same severe learning difficulties as human patients.
Next, the UCLA team traced the source of the learning problems to biochemical changes sparking abnormal function of the hippocampus, a brain structure that plays a key role in memory.

"Memory is as much about discarding trivial details as it is about storing useful information," said Silva, a member of the UCLA Department of Psychology and UCLA Brain Research Institute.
"Our findings suggest that mice with the mutation cannot distinguish between important and unimportant data.
We suspect that their brains are filled with meaningless noise that interferes with learning."

"After only three days of treatment, the TSC mice learned as quickly as the healthy mice," said Ehninger.
"The rapamycin corrected the biochemistry, reversed the learning deficits and restored normal hippocampal function, allowing the mice's brains to store memories properly."

In January, Silva presented his study at the National Institute of Neurological Disorders and Stroke meeting, where he was approached by Dr. Petrus de Vries, who studies TSC patients and leads rapamycin clinical trials at the University of Cambridge.
After discussing their respective findings, the two researchers began collaborating on a clinical trial currently taking place at Cambridge to examine whether rapamycin can restore short-term memory in TSC patients.

"The United States spends roughly $90 billion a year on remedial programs to address learning disorders," noted Silva.
"Our research offers hope to patients affected by tuberous sclerosis and to their families.
The new findings suggest that rapamycin could provide therapeutic value in treating similar symptoms in people affected by the disorder."'

http://www.eurekalert.org/pub_releases/2008-06/uoc--drm062008.php

263 :名無しの挑戦:2008/06/23(月) 16:49:10 ID:???
Awesome Highlighterでウェブに簡単にマーカーを塗る

おそらく誰もが、あまりに多くの情報が手元にあることによって、何らかの影響を受けていることと思う。
これまで数多くのソーシャルブックマーキングサイトが出現してきたほか、Fleck(http://www.fleck.com/)やStickis(http://stickis.com/)といったソーシャルアノテーショントサイトも面白い動きを見せている。
どこもやろうとしていることは同じ。ウェブにある情報を整理してカテゴリー別に分類することだ。最近、Y Combinatorの支援するAwesome Highlighter(http://www.awesomehighlighter.com/)というスタートアップが注目を集め始めている。

Awesome Highlighterが提供するツールは、ユーザーがウェブサイトで情報にマーカーを塗り、後で見るために保存しておくか、友人と共有することができるというもの。
仕組みはいたって簡単だ。ここのサイトに行ってプラグインをインストールするか、マークしたいサイトのURLを入力する。
色を選んで重要な部分にマーカーを塗り、友人との共有用に作られるショートURLをコピーしたら、「pass it on」ボタンをクリックして、メール、Twitter、Facebook、Tumblr、Del.icio.us、LiveJournalなどを経由して友人と共有する。

Awesome Highlighterは、単純な仕事に集中して、それを実にうまくやってのけている。
ライバルの中には、マークしてコメントを付けるという簡単でわかりやすいもの以上のことをユーザーに求めるような、手順の複雑すぎるものもある。
Diigo(http://www.diigo.com/)は、ソーシャルブックマーキングサイトにマーカーとコメントの機能が付いているが、もっとずっとソーシャル寄りだ。
Diigoでは、サイトをブックマークして、友人と共有すると、友人たち全員がそのページにマーカーを塗ったりコメントを付けたりできる。

私がテストしたマーカー/コメントサイトの中には、使ってみて非常に複雑かつ非常に遅かったものがあった。
具体的にはDiigo、Stickis、 Google Networkの3つ。
Stickisを試した後ではAwesome Highlighterが新鮮な空気のように感じた。
マーカーを塗ることは、歴史的にみてもこの世で最も簡単なことだ。文字の書かれた紙があって、黄色いマーカーがあれば、重要な部分をなぞって目立たせる、それだけ。
Awesome Highlighterはこの発想の単純さを受け継いで作られているように思える。
最近スタンフォード大学のAcademic Technology Specialistプログラムで、Awesome HighlighterとDiigo、Google Notebookをレビユーした結果がここにある。

Awesome Highlighterを使うと、ユーザーがマーカーを塗ったものがRSSフィードになり、それをグループ協業アプリや学校環境でマッシュアップして使うことができる。
現在さらに有効な使い方を求めてソーシャル機能の追加を検討中だ。

ほかにも目立たないが同じくらい、あるいはもっと重要かもしれない使い方がいくつかある。
ユーザーに、重要な情報にマーカーを塗るツールを渡したら、何がでてくるか。表示やクリック数だけではない、人が本当に興味があると思ったことについてのデータが手に入るのだ。
これは、企業が従来は入手不可能だった情報を武器にできる可能性を持つものだ。
同社の共同ファウンダーの3人は、この技術を古参のメディア発信地(新聞、雑誌)にライセンスして、読者が記事を共有するようにしむけ、そのメディアのウェブサイトで読者が何を面白いと思ったかのレポートを提供できるようにする計画だ。

http://jp.techcrunch.com/archives/20080622awesome-highlighter-isawesome/

264 :名無しの挑戦:2008/06/23(月) 16:49:31 ID:???
Wii トワイライト・ハック、本体Ver3.3に対応

「トワイライト・ハック」対策を組み込んだWii 本体ソフトウェア 3.3アップデートから約4日、任天堂の対策をさらにすり抜ける3.3対応版ハック v0.1 betaが一般公開されました。
特定バージョンの『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』ディスクとSDカードがあれば、3.3に更新済み・無改造のWii本体にも「自作ソフトチャンネル」をはじめ任天堂非公認ソフトウェアをインストールできるようになります。

リンク先hackmii.com(http://hackmii.com/2008/06/twilight-hack-v01beta1/)のchangelogによれば、迂回できたのはディスアセンブルしたWii本体メニューを寄ってたかって精査して使えるバグの組みあわせを発見したため。
また本体アップデートがあれば簡単にパッチを当てられてしまう性質のものですが、今回迂回されてしまった対策が書かれてから実際のv3.3アップデートが始まるまで三カ月かかっているらしいことを考えればまたしばらくはなんとかなりそうです。
Wiiが壊れても泣かない自己責任上等なかたはリンク先から。

http://japanese.engadget.com/2008/06/22/wii-v3-3-twilight-hack/

265 :名無しの挑戦:2008/06/23(月) 16:50:08 ID:???
1994年から今日まで、ネットで流行ったネタがタイムラインで表示、観覧できる「インターネットミーム」

ネット世界中のウェブを駆け巡ったインターネットミーム(流行したネタ)の記事や動画をタイムラインで表示、ひとつひとつをクリックするとその記事や動画を見ることができるというウェブサイト(http://www.dipity.com/user/tatercakes/timeline/Internet_Memes)
YOUTUBEなどの動画投稿サイトができてから、ミームの数が以上に増え始めてるよな。
下にある+ボタンを押すと、ネタがどんどんでてきます。懐かしいのもたくさんあったさ。

http://www.zaeega.com/archives/50619949.htm

266 :名無しの挑戦:2008/06/23(月) 16:50:28 ID:???
idea*idea
Firefox 3で導入したアドオンまとめ
http://www.ideaxidea.com/archives/2008/06/firefox_3.html


Terrazine
「それ、Firefox3でも出来るよ?」とOpera信者に言い放つためのアドオン26個
http://d.hatena.ne.jp/TERRAZI/20080618/p2

267 :名無しの挑戦:2008/06/23(月) 16:50:56 ID:???
生殖細胞の誕生機構に関わる遺伝子群を解明

生殖細胞には、卵子と精子があることはご存じの通り。
そして、卵子は卵巣から生み出され精子が精巣から生み出されることは、保健体育の授業で習ったかと思う。だけど、生殖細胞の誕生が決定づけられる過程となると……これは今まで謎とされていた。

何がきっかけで細胞が体細胞ではなく生殖細胞になるのか?
多くの科学者が研究する中、理化学研究所の発生・再生科学総合研究センターでは、生殖細胞の誕生にかかわっている遺伝子群の解明に成功したのだ。

研究チームはマウスを使った実験で、マウスのさまざまな時期の胚を使い、この時期の始原生殖細胞(生殖細胞の起源となる細胞)で、どの遺伝子が発現しているのかを調べた。

その結果、始原生殖細胞の誕生過程に主に「Blimp1」と呼ばれる遺伝子が体細胞化をコントロールして、始原生殖細胞に分化させていることががわかった。Blimp遺伝子が、細胞が分化するときに生殖細胞の元である始原生殖細胞になるように誘導しているのだ。
また「Blimp1」を持たない胚で同様の実験を試してみたところ、Blimp遺伝子の時にもかなり不完全なものでありながらも始原生殖細胞へ分化していたこともわかった。

このふたつの実験により、Blimp遺伝子が始原生殖細胞への分化のメインの誘導役をはたしていることが判明した。
また、Blimp遺伝子抜きで実験したときに不完全な胚を作ったことから、Blimp遺伝子以外にも未知のシステムがあるのではないか? ということが判明したのである。

以上のように、生殖の元となる生殖細胞誕生のメカニズムが徐々に解明されつつあるのだ。
今回、研究チームは生殖細胞の誕生機構に関与している遺伝子とその動きを解明したが、今後、この研究成果を活かして、人体を構成するあらゆる細胞系譜を規定する遺伝子群の解明へとつながっていくに違いない。

http://ascii.jp/elem/000/000/144/144075/

268 :名無しの挑戦:2008/06/23(月) 16:51:26 ID:???
『シャイニング』をコメディに、『メリー・ポピンズ』をホラーに――映画編集コンテスト開催中

映画編集コンテスト『Open Cut』が開催されている。(http://www.opencut.org/)

素材:170GBのハードディスクに格納された90分間の映像。
課題:映像を編集して、人の心を動かす短編映画を制作する。
賞品:カメラ一式、インターネット・ムービー・データベース(IMDb)への収録、映画制作者Joe Carnahan(ジョー・カーナハン)氏を感心させるチャンス。

Open Cutのエグゼクティブ・プロデューサーを務めるCarnahan氏は、映画『NARC ナーク』[製作総指揮はトム・クルーズ]と、近日公開の『White Jazz』[原作はジェイムズ・エルロイの小説。邦訳文藝春秋]などの脚本家兼監督だ。

素材である『Susannah』は、Carnahan氏の愛弟子であるEvan Nicholas氏が、デジタルカメラ『RED ONE』で撮影した映像だ。

Open Cutには、編集した作品が現時点で200本近く寄せられている。

プロジェクト総責任者のTorrey Loomis氏がOpen Cutのアイデアを思いついたのは、ホラー映画『シャイニング』をファミリー向けコメディーに編集した短編(http://www.youtube.com/watch?v=zuaYk-yDAgc)を、『YouTube』で見たことだという。

Loomis氏はワイアード・ニュースの取材に対して次のように語った。「この『シャイニング』の短編と、ミュージカル・ファンタジー映画『メリー・ポピンズ』をホラー映画に編集した作品『Scary Mary(http://www.youtube.com/watch?v=2T5_0AGdFic)』を観て、
『映画を撮影し、その同じ映画から、それぞれ違ったショットやグラフィック効果、視野を使った数百バージョンの作品を人々に制作してもらったらおもしろいのではないか』と思った」

『Susannah』を編集したオリジナル作品の応募締め切りは、7月15日(米国時間)。

http://wiredvision.jp/news/200806/2008062319.html

269 :名無しの挑戦:2008/06/23(月) 18:05:25 ID:???
Facebook中国語版にパクリサイトの壁

Facebookが中国語版(http://zh-cn.facebook.com/)をリリースしている。
ところが、中国でFacebookというと、既にオリジナルのFacebookのそっくりサイトが存在する。

校内網(http://www.xiaonei.com/)
占座(http://www.zhanzuo.com/login.php)

つまり中国市場において、Google vs 百度 の検索サイト競争のような、Second Life vs HiPiHiのバーチャルワールドのような、そんなことが、SNSでもおきるようだ。

特にそっくりな、校内網だが、これを作った企業「Oak Pacific Interactive」に最近ソフトバンクが投資するということがニュースとなった。

ソフトバンクの中国での投資先はB2B取引のアリババがあった。
アリババは中国発にしては珍しい、むしろ唯一の、世界で売れる中国オリジナルの WEBサービスだと思う。そのソフトバンクが一転してFacebookのそっくりさんを作った企業にも投資とは正直よくわからん。

面白いことに、人民網は「Facebookは中国に進出した。
Facebookの世界的な成功は、”複製者”校内網と占座を生み出した」という記事を掲載(http://www.022net.com/2008/6-23/446039332752877.html)

なんだ、中国のメディアにさえもパクリサイトって認められてるのか。

http://blogmag.ascii.jp/china/2008/06/001489.html

270 :名無しの挑戦:2008/06/24(火) 01:38:25 ID:???
Android Delays Annoy Google, Crush Sprint
Silicon Alley
http://www.alleyinsider.com/2008/6/android_delay

Google's Mobile-Handset Plans Are Slowed
The Wall Street Journal
http://online.wsj.com/article/SB121418837707895947.html

Paranoid Android
Digital Daily
http://digitaldaily.allthingsd.com/20080623/paranoid-android/

271 :名無しの挑戦:2008/06/24(火) 01:38:53 ID:???
ニッチ! 100の検索サービス

19日(米国時間)、College@Homeにおいて100 Useful Niche Search Engines You've Never Heard Ofのタイトルのもと学習者向けに有益な100の検索サイトが紹介された。
検索サイトはGoogle、Yahoo!、MSNが最大プレーヤだが、もっとニッチな検索が要求される場合もある。
同ドキュメントではそういった分野に焦点を合わせて多種多様な検索サービスを紹介している。

(中略)

紹介されている検索サービスはどれも英語や英語圏の地域に特化しているため、そのまま日本でも活用できるものは少ない。
マルチ検索なども日本語に対応していないためそのままでは使えないものが多い。
候補は少ないが、Bloglines、Google Local、Google Booksなどは日本や日本語でもそのまま活用できるサービスだ。
それ以外では動画や画像検索はあまり言語に影響しないためそのまま活用できる。

紹介されているなかで、これ以外で興味深い検索サービスをあげるとKart00(http://www.kartoo.com/)とsimilicio.us(http://www.similicio.us/))になるだろう。
Kart00は検索結果を関係のイメージ図として生成するもので、有名サイトやその関係がわかるようになる。similicio.usは類似サイトを検索するサービスだ。
欲しい情報がある場合、類似サイトを探す目的で活用できるサービスだ。
日本ではそのまま使えないサービスが多いが、どういった検索サービスがあるのか知る上では興味深いドキュメントだ。

http://journal.mycom.co.jp/news/2008/06/23/025/index.html

272 :名無しの挑戦:2008/06/24(火) 01:39:15 ID:???
音の錯覚(サウンドイリュージョン)、繰り返して再生すると・・・

oto一度再生が終わったらもう一度リプレイ再生して聴いてみると・・・あらあら不思議、前に聞いた音程よりも上がって聞こえてくるとかいうサウンドイリュージョンだそうです。

http://www.youtube.com/watch?v=-RBOA1XszOA

何度も再生すると何度も音が上がって聞こえてくるよ。
あれ?音が遅れて聞こえてくるぞおは一国堂のネタだったんだよそんなことはいいですかそうですか。

http://www.zaeega.com/archives/50620563.html

273 :名無しの挑戦:2008/06/24(火) 16:47:04 ID:???
Androidフォンの登場、08年Q4か09年初頭に延期の可能性

子供を育てるには村という共同体が必要となるかもしれないが、オープンソースの携帯電話プラットフォーム

「Android」を立ち上げるため、新たなコミュニティーを形成することには、さらなる慎重さが求められそうだ。

Googleは、Androidを使った携帯電話の登場が「限りなく近づいている」と語り、その遅れを指摘する報道を否

定はしたものの、The Wall Street Journal(WSJ)は、2008年第3四半期の出荷ではなく、第4四半期か、あるい

は2009年初頭まで出荷時期が延びる可能性があると報じた。

一方で、AppleのiPhoneの開発者は、iPhone向けのアプリケーションを記述するのは、すでにMac OS Xのプラ

ットフォームを熟知しているため、容易であると示唆している。
Googleは、これまでは開発者を満足させる点で、それほど成功してこなかったものの、最近では外部の開発者

にも、より適応する姿勢を見せるようになってきている。
筆者は、どのようにGoogleが開発者コミュニティーと関わっていくつもりなのかを明示する上で、Androidは、

Googleにとっても、魅力あるテスト環境になるとにらんでいる。

報道されているように、Androidを搭載した携帯電話の登場は遅れることになりそうだが、AndroidがGoogleにも

たらす長期的な恩恵は、価値あるものとなりそうである。

筆者はLineoに勤めていた時、シャープのザウルスシリーズに対応する、業界初のLinuxをベースにした「スマー

トハンドヘルド」プラットフォームのリリースに携わった。
われわれはオペレーティングシステムを提供しつつ、包括的なソリューションの提供を目指して、Trolltechや

Opera、その他のパートナー企業と幅広く共同開発を進めた。
率直に表現するならば、その結果はすばらしいものとなったが、かなりの苦しみを伴う経験でもあった。

Googleは現在、その「苦しみ」の渦中にあるが、モバイル業界に存在する微妙な差異への理解を深めたり、

Googleが完全に支配するのではなく、影響を及ぼす開発者コミュニティーに関わっていくプロセスは、まもなく終

えることになりそうだ。
このプロセスを通じて、携帯電話市場にとっては、オープンで強力な、新しい存在が誕生することになる。
とにかく今は待つだけの価値がありそうだ。

関連記事
>>270
http://dso.2ch.net/test/read.cgi/yangon/1211803833/270

http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20375876,00.htm

274 :名無しの挑戦:2008/06/24(火) 16:50:18 ID:???
Yahoo! JAPAN、雑誌20誌の記事を閲覧できるWebサイト「X BRAND」

Yahoo! JAPANを運営するヤフーは、提携する雑誌20誌の記事を再編集して掲載する「X BRAND(エックスブランド) Presented by Yahoo! JAPAN(http://xbrand.yahoo.co.jp/ )」の提供を23日に開始した。利用は無料。

X BRANDは、ヤフーと企画制作会社の「TUGBOAT」が事業提携して、提供を行なうWebサイト。
GQ JAPANや東京カレンダー、DIME、NIKKEI BP selectなど20誌から提供を受けた記事を、X BRAND専属編集部が再編集して掲載していく。

記事は、各雑誌専用ページやカテゴリ単位での検索に対応。
また、1業種1社制のオフィシャルパートナーも募集しており、現時点では資生堂と全日本空輸、トヨタ自動車がパートナーページをすでに開設している。

ヤフーでは、Yahoo! JAPANと雑誌ブランドが協力し、本サービスをユーザーやパートナー企業に対して新たな価値を提供するクロスメディア媒体と位置付け。
今後も、機能やサービス拡充、企業ブランディング広告の開発を進める考えという。

http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/22262.html

275 :名無しの挑戦:2008/06/24(火) 16:50:41 ID:???
米Google、著作権切れの書籍を発見するための基礎データを公開

米Googleは23日、著作権の保護期間が切れてパブリックドメインとなった書籍を正確に発見するための基礎となるデータを公開した(http://booksearch.blogspot.com/2008/06/us-copyright-renewal-records-available.html)

パブリックドメインとなって自由に利用できる書籍を探すのは、それほど簡単なことではない。
著作権が切れる年は発行年を見ればわかるように思えるが、米国の著作権法は複雑だ。1923年から1963年の間に出版された米国の書籍に関しては、出版から28年が経過した段階で申請を行なえば、著作権を延長することができた。
しかしほとんどの場合、延長はされなかったと考えられている。そのため、おおざっぱに言えば、1923年から1963年の期間の書籍は、自由に利用できるはずだ。

しかし、法的に問題なく書籍を利用するためには、どの書籍の著作権が延長されたかどうかを確実に知る必要がある。
米国著作権庁の記録は、 1978年以降の分がインターネットで公開されているが、丸ごとダウンロードすることはできない。また、古い記録に関してはデジタル化されていないという問題もある。

そのためカーネギーメロン大学のUniversal Library Project、パブリックドメイン書籍を集めて公開しているProject GutenbergとDistributed Proofreadersの3者が、人海戦術でコンピュータに入力する作業を行なっていた。

GoogleのエンジニアであるJarkko Hietaniemi氏は、これら両方のデータを組み合わせて1つのXMLファイル(ZIP http://dl.google.com/rights/books/renewals/google-renewals-20080516.zip)にまとめ、今回、公開することになったと説明。
これらの記録には間違いが含まれている可能性もあるが、現時点で入手できる記録の中では最良のまとまったものではないかと考えられるとしている。

このデータを検索することによって、自分が関心を持つ書籍の全文が利用可能かどうかを確認することができるようになった。
パブリックドメイン書籍の公開という目標に向けて、大きな一歩を踏み出したと言えるだろう。

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/06/24/20039.html

276 :名無しの挑戦:2008/06/24(火) 22:14:59 ID:???
2chスレ「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」が書籍に

2chのVIP板で話題になった「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」が、同名の書籍として新潮社から発売される。

「2ちゃんねる」上で昨年末、話題になったスレッド「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」が、同名の書籍として新潮社から6月27日に発売される。
著者は「黒井勇人」で、Amazon.co.jpなどで予約受付中だ。1470円。

昨年11月から12月にかけ「マ男」と名乗る人物が「VIP」板上で展開したスレッドを書籍化した。
中卒ニートだったマ男が、母の死をきっかけに心機一転、資格を取ってプログラマーになったが、就職した先は「ブラック会社」と呼ばれるとんでもない企業。
連日徹夜の“デスマーチ”に苦しみ、上司や同僚との関係に悩みながらも、困難を乗り越えていく――という内容で、IT企業に勤めるネットユーザーなどの共感を呼んだ。

今年1月に2ch上にひろゆき氏が「ブラック会社に勤めちゃってたりする方、連絡くださいー。。。と。」書き込み、書籍化が期待されていた。
新潮社サイトには特設ページを設置。人物紹介などを掲載している。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0806/24/news069.html

277 :名無しの挑戦:2008/06/24(火) 22:46:17 ID:???
Can a Robot, an Insect or God Be Aware? (1)

Can a lobster ever truly have any emotions? What about a beetle?
Or a sophisticated computer?
The only way to resolve these questions conclusively would be to engage in serious scientific inquiry?but even before studying the scientific literature, many people have pretty clear intuitions about what the answers are going to be.
A person might just look at a computer and feel certain that it couldn’t possibly be feeling pleasure, pain or anything at all.
That’s why we don’t mind throwing a broken computer in the trash.
Likewise, most people don’t worry too much about a lobster feeling angst about its impending doom when they put one into a pot of boiling water.
In the jargon of philosophy, these intuitions we have about whether a creature or thing is capable of feelings or subjective experiences?such as the experience of seeing red or tasting a peach?are called “intuitions about phenomenal consciousness.”

The study of consciousness (see here and here) has long played a crucial role in the discipline of philosophy, where facts about such intuitions form the basis for some complex and influential philosophical arguments.
But, traditionally, the study of these intuitions has employed a somewhat peculiar method.
Philosophers did not actually go ask people what intuitions they had.
Instead, each philosopher would simply think the matter over for him- or herself and then write something like: “In a case such as this, it would surely be intuitive to say…”

The new field of experimental philosophy introduces a novel twist on this traditional approach.
Experimental philosophers continue the search to understand people’s ordinary intuitions, but they do so using the methods of contemporary cognitive science
(see also here and here)?experimental studies, statistical analyses, cognitive models, and so forth.
Just in the past year or so, a number of researchers have been applying this new approach to the study of intuitions about consciousness.
By studying how people think about three different types of abstract entities?a corporation, a robot and a God?we can better understand how people think about the mind.

In one recent study, experimental philosophers Jesse Prinz of the University of North Carolina-Chapel Hill and I looked at intuitions about the application of psychological concepts to organizations composed of whole groups of people.
To take one example, consider Microsoft Corporation. One might say that Microsoft “intends to adopt a new sales strategy” or that it “believes Google is one of its main competitors.”
In sentences such as these, people seem to be taking certain psychological concepts and applying them to a whole corporation.

But which psychological concepts are people willing to use in this way?
The study revealed an interesting asymmetry.
Subjects were happy to apply concepts that did not attribute any feeling or experience.
For example, they indicated that it would be acceptable to use sentences such as:
? Acme Corporation believes that its profit margin will soon increase.
? Acme Corporation intends to release a new product this January.
? Acme Corporation wants to change its corporate image.
But they balked at all of the sentences that attributed feelings or subjective experiences to corporations:
? Acme Corporation is now experiencing great joy.
? Acme Corporation is getting depressed.
? Acme Corporation is experiencing a sudden urge to pursue Internet advertising.
These results seem to indicate that people are willing to apply some psychological concepts to corporations but that they are not willing to suppose that corporations might be capable of phenomenal consciousness.

278 :名無しの挑戦:2008/06/24(火) 22:48:15 ID:???
Can a Robot, an Insect or God Be Aware? (2)

Perhaps the issue here is that people only attribute phenomenal consciousness to creatures that have the right sort of bodies.
To test this hypothesis, we can look to other kinds of entities that might have mental states but do not have bodies that look anything like the bodies that human beings have.

One promising approach here would be to look at people’s intuitions about the mental states of robots.
Robots look very different from human beings from a physical perspective, but we can easily imagine a robot that acts very much like a human being.
Experimental studies could then determine what sorts of mental states people were willing to attribute to a robot under these conditions.
This approach was taken up in experimental work by Justin Sytsma, a graduate student, and experimental philosopher Edouard Machery at
the University of Pittsburgh and in work by Larry (Bryce) Huebner, a graduate student at UNC-Chapel Hill, and all of the experiments arrived at the same basic answer.

In one of Huebner’s studies, for example, subjects were told about a robot who acted exactly like a human being and asked what mental states that robot might be capable of having.
Strikingly, the study revealed exactly the same asymmetry we saw above in the case of corporations.
Subjects were willing to say:
? It believes that triangles have three sides.
But they were not willing to say:
? It feels happy when it gets what it wants.

Here again, we see a willingness to ascribe certain kinds of mental states, but not to ascribe states that require phenomenal consciousness.
Interestingly enough, this tendency does not seem to be due entirely to the fact that a CPU, instead of an ordinary human brain, controls the robot.
Even controlling in the experiment for whether the creature had a CPU or a brain, subjects were more likely to ascribe phenomenal consciousness when the creature had a body that made it look like a human being.

What if something has no body?
How does that change our conceptions of what conscious experience might be possible?
We can turn to the ultimate disembodied creature: God.
A recent study by Harvard University psychologists Heather Gray, Kurt Gray and Daniel Wegner looked at people’s intuitions about which kinds of mental states God could have.
By now, you have probably guessed the result.
People were content to say that God could have psychological properties such as:
? Thought
? Memory
? Planning
But they did not think God could have states that involved feelings or experiences, such as:
? Pleasure
? Pain
? Fear

In subsequent work, the researchers directly compared attributions of mental states to God with attributions of mental states to Google Corporation.
These two entities?different though they are in so many respects?elicited exactly the same pattern of responses.

Looking at the results from these various studies, it is hard to avoid having the sense that one should be able to construct a single unified theory that explains the whole pattern of people’s intuitions.
Such a theory would describe the underlying cognitive processes that lead people to think that certain entities are capable of a wide range of
psychological states but are not capable of truly feeling or experiencing anything. Unfortunately, no such theory has been proposed thus far.
Further theoretical work here is badly needed.

http://www.sciam.com/article.cfm?id=can-a-robot-an-insect-or&sc

279 :名無しの挑戦:2008/06/24(火) 22:55:29 ID:???
20分間だけ使える使い捨てメールアドレスがすぐに作成できる「使い捨てメール」

関連記事
>>33
http://dso.2ch.net/test/read.cgi/yangon/1211803833/33

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080624_tsukaisute/

280 :名無しの挑戦:2008/06/24(火) 22:56:49 ID:???
「不良はモテる」説が裏付けられる

不良や「ワル」が持つ、ナルシシストで自己中心的な気質、結果のことはほとんど考えない衝動的な気質、そして嘘をついたり他人をコントロールしようとする策略家的気質の3つの特徴が強い人ほど性的パートナの数が多いということが調査で明らかになりました。
つまり、不良はモテるという通説が研究で裏づけられたことになります。

この3つの特徴を持つ人は、他者から避けられたり疎外されたりする可能性が高く、自然界であれば結果として食べ物にありつけずに天敵に狙われたり、配偶者を見つけられずに子孫を残せなかったりと、滅びていく性質と言えます。
しかし「ワル」な彼らは異性を惹きつけ、より多くの女性と短期間の関係を持つという量的アプローチを取ることで子孫を残すことに成功しています。
これらの性質が現代でも生き延びているということが、この方法が成功してきたことを表しているとのことです。
また、この法則は男性のみに見られ、国や文化を超えた共通なものだそうです。

これらの性質を持つ人の例として007のジェームズ・ボンドが挙げられているのですが、ジェームズ・ボンドの場合「イケメン」というさらに強力なカードも併せ持っていると思われます。

関連記事
>>192-193
http://dso.2ch.net/test/read.cgi/yangon/1211803833/192-193

http://slashdot.jp/science/article.pl?sid=08/06/24/0752206

281 :名無しの挑戦:2008/06/24(火) 22:58:08 ID:???
窓ガラスが発電、色変更も可能 - 韓国政府が新技術発表

建物のガラス窓で太陽光発電を行ったり、その電気を利用して窓ガラスの色を変えたりすることができる技術が韓国で発表された。

韓国政府の知識経済部によると、今回開発されたのは「建物一体型透明太陽電池(Building Integrated Photovoltaic : BIPV)」という技術。国立特殊大学の韓国科学技術院と、Samsung SDIからなる研究チームの手によるものという。

BIPVを利用したガラス窓は、薄く塗りつけた染料が太陽光を吸収して電気を作り出す。
これは、「染料感応太陽電池(Dye-Sensitized Solar Cell : DSSC)」と呼ばれるタイプの技術で、比表面積が大きいナノ粒子に吸着させた染料が可視光を吸収して電子を生成し、それが透明電極に伝わるという仕組みで電流を発生させる。
染料には「Sol-Gel素材」と呼ばれる素材が使用される。
Sol-Gel素材とは、化学反応により低温でガラスやセラミックを作る工法「Sol-Gel法」を応用して作製したもののことを指す。

研究チームはさらに、そこで生成される電気を利用して、ガラス窓の色合いを変えることができる「光電気壁色技術」を開発。
これにより、別途設備を設けることなく窓の色合いや明暗を調節することが可能になる。
発電が行えるうえ、建物の外観を華やかに演出したり、状況に応じて直射日光を遮断したりすることもできるようになる。

今回開発された技術は、知識経済部が2002年から「次世代新技術開発事業」として推進してきた「Sol-Gel源泉素材・工程技術開発」事業の一環だという。
同事業では次世代製品開発のための技術開発を目標に、知識経済部支援の下、民間企業が加わって5つの課題が進められている。
2008年8月までに、政府60億9000万ウォン(約6億3640万円/1円=0.1045ウォン)、民間企業44億6,000万ウォン(約4億6600万円)もの投資予算が立てられているということだが、今回の結果は投資した甲斐があったというものだろう。

知識経済部では「この技術が商用化に成功すれば、世界市場への積極的な攻略ができる」と、今後に大きな期待を寄せている。

http://journal.mycom.co.jp/news/2008/06/24/033/index.html

282 :名無しの挑戦:2008/06/24(火) 22:58:28 ID:???
Rubyに任意コード実行の脆弱性、1.8 1.9ともにアップグレード

Ruby 1.8系および1.9系の双方に任意のコードが脆弱性が発見された(CVE-2008-2662、CVE-2008-2663、CVE-2008-2725、CVE-2008-2726、CVE-2008-2664)。
同脆弱性をつかれるとDoS攻撃をうけたり任意のコードが実行される可能性がある。脆弱性が存在するバージョンは次のとおり。

* 1.8.4およびこれまでのすべてのバージョン
* 1.8.5-p230およびこれまでのすべてのバージョン
* 1.8.6-p229およびこれまでのすべてのバージョン
* 1.8.7-p21およびこれまでのすべてのバージョン
* 1.9.0-1およびこれまでのすべてのバージョン

対処方法はそれぞれ脆弱性が修正された1.8.5-p231、1.8.6-p230、1.8.7-p22、1.9.0-2へアップグレードすることとされている。
パッケージ管理システムを提供しているOSでは別途パッチを適用したアップグレードバージョンが用意されているため、同システムを使ってアップグレードを実施するといいだろう。

http://journal.mycom.co.jp/news/2008/06/24/025/index.html

283 :名無しの挑戦:2008/06/25(水) 19:27:08 ID:???
地下鉄切符や入場者管理用のスマートカード、ハッキングされる

オランダのセキュリティー研究者が、ロンドン地下鉄を終日無賃乗車した。
通勤者が運賃精算に使う「スマートカード」を、普通のノートパソコンを使って簡単に模造したのだ。

このハッキング行為は、セキュリティー上の重大な欠陥を指摘している。
同様のカードは、数多くの官公庁、病院、学校などに出入りするために使われているからだ。

地下鉄乗車用のスマートカードは『Oyster Card』と呼ばれ、1700万枚以上が発行されている。

ロンドン交通局では、このような悪用は乗客に脅威を与えるものではないうえ、「1回のカード偽造によって得られるものは、せいぜい1日の乗車に過ぎない」と述べている。
しかしこの脆弱性は、無賃乗車や、カードに記録されている可能性がある個人情報を盗み出すことだけに留まらない。

Oyster Cardには、安全対策が施された多くの場所に出入りするためのセキュリティー・カードで使われているのと同じ『Mifare』チップが入っている。
セキュリティーの専門家は、このような悪用は公共の安全にとって脅威となるため、カードを交換する必要があると指摘する。

セキュリティー・コンサルタントのAdam Laurie氏は『Telegraph』紙に対し、「(Mifareチップの)暗号技術は目的に合っていない」と話している。
「非常に脆弱性が高いため、悪意を持つ人間にすぐにでもハッキングされることが予想される。まだハッキングされていなければの話だが」

オランダ政府はこの悪用を真剣に受け止めており、政府の建物の安全対策に使われるスマートカード・システムを改良しているところだという。
オランダ内務省は報道記者に対し、「国家安全の問題だ。中央政府レベルの公務員12万人全員のカードを交換している最中だ」と述べている。

『Times』紙によると、[今回の出来事は、もともと、]オランダのラドボード大学研究者Bart Jacobs氏の研究チームが、オランダのある建物に入るためのカードを、普通のノートパソコンで模造したことだという。
この方法が成功した後、彼らはロンドンに行って地下鉄で同じ技術を試した。

研究チームは、ロンドン地下鉄で多数設置されているカードリーダーの1つをスキャンして、システムの安全を守るとされている暗号鍵を集めた。

これらの鍵をノートパソコンにアップロードし、いわば携帯型カードリーダーとして機能するようにした。
次に、チームのメンバーが別の乗客に軽く接触して、その乗客が持つOyster Cardの情報を無線で獲得した。
この情報が手に入れば、これを使って新しいカードを作るのは簡単だった。

Jacobs氏によると、同じ技術を使うことによって、安全対策が施された建物に出入りするためのスマートカードを模造できるという。

Jacobs氏は『Times』紙に対し、「携帯型カードリーダーを持った人物が、従業員に身体をぶつけ、相手になりすますことができる」と話している。
「自分の身分証明情報を盗まれても、何かが起こったことにはまったく気付かないだろう。技術レベルでは、いまのところ対処法はわかっていない」

http://wiredvision.jp/news/200806/2008062522.html

284 :名無しの挑戦:2008/06/25(水) 19:28:59 ID:???
「スマートカードの防御システム破り」をハッカーが動画で実演

衛星テレビの有料放送を「ハッキング」したChristopher Tarnovsky氏(37歳)は、物議を醸している人物だ。

南カリフォルニア出身のTarnovsky氏は、ある訴訟の渦中にあった人物だ。
その訴訟とは、Rupert Murdoch氏が所有する英NDS Group社と、ライバルの米EchoStar Satellite社の関連企業であるNagraStar社の間で展開されたもの。
両社は、料金を払わずに衛星テレビを無料で視聴する「海賊行為」をめぐって、5年間にわたって法廷で争ってきた。

2008年5月にようやく民事的な決着がつき、Tarnovsky氏と彼の元勤務先であるNDS Group社に対する、営業妨害の申し立てがほぼ退けられたあと、Tarnovsky氏は、ワイアードの独占インタビューに応じ、彼の研究室の様子をビデオカメラで撮影することさえ許可してくれた。

衛星テレビ産業が数十億ドル規模のビジネスになっている一方で、高度な技術を持つ「海賊」たちは、NDS社の『DirecTV』やEchoStar 社の『DISH Network』などから放送データを盗むハッキング手法を開発しデータを販売することで、何百万ドルも稼いでいるとされている。

有料テレビの海賊行為が全盛を極めた1990年代後半、海賊たちは資金を投じてブルガリアなどの国に高度な研究所を設け、最新世代のスマートカードの仕組みを破ってアクセス制御を回避する方法を開発した。

衛星テレビの海賊行為をめぐる戦いで、業界側から海賊側へと渡ることになったTarnovsky氏の奇妙な「航海」について、私は別の記事(英文記事http://www.wired.com/politics/security/news/2008/05/tarnovsky)を書いた。
[この記事によると、NagraStar社によるNDS Group社への営業妨害の申し立てとは、NDS社のカードがすでに海賊たちによってハッキングされ、データが盗まれていたため、
NDS社が、競合会社であるNagraStar社のカードをハッキングし、Tarnovsky氏が、NagraStar社のカードをハッキングする方法をネット上で公開したという内容。
裁判では、申し立ての多くの点について、証拠がないと判断された。Tarnovsky氏は昨年NDS Group社から解雇され、現在コンサルタント業を営んでいる。]

ビデオの中で、Tarnovsky氏は、自身が2003年に開発した、スマートカードからコードを入手するテクニックを披露している。違法ハッキングの第1段階だ。

今回の「いけにえ」は、DISH Networkを海賊行為から守るためにNagraStar社のカードに使用されていた、『Thomson』ブランドのチップ。これは、先述の訴訟の核心でもあった。

このチップはまた、米IBM社がノートパソコン用のアクセス制御カードで採用してきたものだが、このカードも、Tarnovsky氏が攻撃の手順を説明するビデオに映っている。

何重にも設けられたカードの防御システムが、Tarnovsky氏が行なう一連の作業に対抗しようとする様子を見てほしい。

Tarnovsky氏は、アセトン、発煙硝酸、フッ化水素酸、赤のマニキュア、縫い針などを使用している。硝酸は特に扱いに注意が必要な物質であるし、自宅では絶対にまねしないでほしい。

http://wiredvision.jp/news/200806/2008062521.html

285 :名無しの挑戦:2008/06/25(水) 19:31:17 ID:???
実験でブラックホールが発生し地球を飲み込む説、学術論文で否定される

欧州原子核研究機構(CERN)にて建設された大型ハドロン衝突型加速器(LHC)の実験によってブラックホールが発生し、地球を飲み込んで崩壊させる可能性があるという説が最近報じられているそうです。
多くの科学者はこのような事態は起きないとしていますが、それでも心配する人々によってLHC運用禁止を求める訴訟(NIKKEI.NET http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20080330STXKA009930032008.html)が起こされたりしています。
このような俗説を否定する論文がarXivに掲載されておりhttp://arxiv.org/abs/0806.3381()、その要点は次のようになっています。

LHCで生成されるものはすでに宇宙線で作られ存在しているものであり、もしLHCで発生したブラックホールが太陽の寿命内に全てを破壊するほどの作用があるとしても、同様のブラックホールはすでに宇宙線で作られているはずである。
ブラックホールは中性子星や白色矮星などの高密度天体によって活動を止められ、最終的にはそれらを吸収してしまう。
しかし、十分に古い中性子星の存在は観測されており、LHCでブラックホールが発生し、たとえそれが安定したものであったとしても、太陽の寿命内に地球を崩壊させる程の影響を及ぼす可能性はない。

安全なようで何よりですが、この状況をネタに映画が一本作れそうな話ですね。

CRENからは6月20日にプレスリリース(http://press.web.cern.ch/press/PressReleases/Releases2008/PR05.08E.html)が出ている。
冷却中の8つのセクターのうち、5つの温度が1.9Kに達し、残りもその温度に近づいていて、冷却完了後、8月には実験を開始できる予定だそうだ。

関連記事>>241-242
http://dso.2ch.net/test/read.cgi/yangon/1211803833/241-242

http://slashdot.jp/science/article.pl?sid=08/06/25/0444230

286 :名無しの挑戦:2008/06/25(水) 19:31:45 ID:???
論文捏造のファン元ソウル大教授、今度はクローン犬を製造?

ES細胞に関わる論文捏造でソウル大学教授の地位を追われた黄禹錫(ファン・ウソク)博士が中心となって設立された韓国のスアム生命工学研究院(Sooam Biotech Research Foundation)は19日、クローン犬を合計17匹を製造することに成功したと発表を行った。

米バイオ・アーツ(BioArts)社からの依頼を受けてクローン犬の製造を行ったもので、バイオ・アーツ社ではペットとして飼っていた犬をクローン犬として生き返らせることを事業化することを計画しているとしている。

スアム生命工学研究院ではオリジナルの犬とクローン犬の両方のDNAを米国と韓国の第三者機関に提供し、両方のDNAが同一のものであるとの確認してもらったとしている。

しかし、DNAの検査を行った韓国のコゲネ・バイオテック(Kogene Biotech)社では、試料として渡されたDNAを検査しただけで、検査を行ったDNAが別々の犬から採取されたものか、それとも同一の犬から採取されたものかまでは確認してはいないとも述べている。

バイオ・アーツ社の創業者は2004年にペットとして飼っていたネコをクローン・ネコとして生き返らせることを事業化することを発表していたが、クローン技術の面で障壁にあたり、事業は失敗していた。

黄禹錫ES細胞論文捏造事件:Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%84%E7%A6%B9%E9%8C%AB#ES.E7.B4.B0.E8.83.9E.E8.AB.96.E6.96.87.E6.8D.8F.E9.80.A0.E4.BA.8B.E4.BB.B6

http://www.technobahn.com/news/2008/200806251147.html

287 :名無しの挑戦:2008/06/25(水) 19:32:26 ID:???
音・においを商標に、特許庁検討 2010年の法改正目指す

特許庁は音やにおい、動きなど新しいタイプの商標を導入する検討に入る。
インターネットの普及などで企業が自社の製品やサービスを他社と区別する方法が多様化し、新しい権利の保護が必要になっているためだ。
商標の対象を文字、図形など「目に見えるもの」に限る従来方針を転換するため、7月に研究会を発足。2年後にも商標法改正案の提出をめざす。

日本で現在、商標登録によって権利を保護しているのは、文字、図形のほか、立体、記号やそれらを組み合わせたもの。
商標の対象が「目に見えないもの」にまで広がると、企業の商品、広告、販売戦略などに広範囲で影響を与えそうだ。

http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20080624AT3S2302L24062008.html

288 :名無しの挑戦:2008/06/25(水) 19:32:59 ID:???
中国がバッドウエア配布サイトの過半数をホスティング,Googleはワースト5に

米StopBadware.orgは米国時間2008年6月24日,バッドウエアに関する調査結果を発表した。
2008年5月に,バッドウエアを配布する約20万のWebサイトを調査したところ,中国が全体の52%をホスティングしていたという。
2位は米国の21%で,以下,ロシア,ドイツ,フランス,韓国(いずれも4%未満)が続いた。

バッドウエアを配布するWebサイトが最も多い10ネットワークのうち,6つが中国のネットワークだった。
ワースト1〜4を中国のネットワークが占め,5位にはGoogleのネットワークが挙がっている。

これらのネットワーク運営者の中には,感染サイトに対して直接的な対策をとれる企業もあれば,顧客にシステム機器や帯域幅を提供しているだけで感染サイトに関与できない企業もある。
例えば,SoftLayerやThePlanet.comは,データセンター・サービスや自己管理型ホスティング・サービスを提供する業者であり,そこで提供されているコンテンツには影響力を持たない。
一方,GoogleやPlanetなどは自社のネットワーク上でブログやWebサイトを運営しており,感染サイトを閉鎖するなどの手段を講じることができる。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Research/20080625/309448/

289 :名無しの挑戦:2008/06/25(水) 19:34:01 ID:???
マルウェア制作者たちのプロフェッショナル化が進む

日本エフ・セキュアは6月25日、F-Secureフィンランド本社が6月24日に発表した「2008年上半期データセキュリティ総括」の抄訳を公開した。
発表によると、2008年上半期はマルウェアがかつてない増加率を見せた。

F-Secureによると、最近のマルウェアの爆発的な増加は、必ずしも新たな種類の脅威が出現したことを意味するものではなく、主に既存のトロイの木馬、バックドア、
エクスプロイトやその他の脅威のパッキング、暗号化、ソースコードの難読化などの手法を組み合わせ、マルウェアが効率よく制作されているためだと分析している。

マルウェア内部に自己防衛技術が使用されるケースが増えているのは、マルウェア制作者たちのプロフェッショナル化が進んでいることの現われだという。
また2008年の上半期には、個人や企業および組織を集中的に狙うマルウェア攻撃の件数が増加した。

標的を絞ったマルウェア攻撃では、攻撃者はターゲットとなる被害者をプロファイリングし、受信者の名前や役職、あるいはその人の職務への関連などを利用してメールを送信している。
メッセージの内容は、受信者がいつもメール経由で受け取るようなものとなっている。
このような攻撃は、政治的、軍事的な理由でも使用されているという。

さらに2008年上半期には、パソコンに感染するいくつかの新しい手口や、携帯電話のOSへ不正にアクセスする「ジェイルブレイク」なども見受けられた。
F-Secureセキュリティ研究所の所長であるMikko Hypponen氏は、「状況は良くなっているとは言えず、ますます悪化しているという不快な印象を受ける。ただし、私たちは諦めるつもりはない」とコメントしている。

http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20375977,00.htm

290 :名無しの挑戦:2008/06/25(水) 19:34:31 ID:???
地デジの利便性を損ない、普及を妨げる原因となっている謎の私企業「B-CAS社」に行ってきました

2011年7月24日までに現在のアナログ放送は完全終了してしまい、地上デジタルに移行せざるを得なくなるわけですが、一体何のメリットがあるのかというと「画質が良くなるだけ」というのが現状です。
地デジはすべて暗号化されており、地デジ専用のチューナーでないと受信できません。
そのため、現在販売されている地デジチューナーにはすべて「B-CASカード」という謎のカードが同梱されており、B-CASカードを挿入していないと地デジは見ることができない仕組みになっています。

これが地デジの普及を妨げる原因となっています。
なぜかというと、B-CASによる暗号化解除の仕組みを搭載するためムダにチューナーの価格が押し上げられて高くなり、加えて無料放送なのに暗号化されることでコピー制限され、アナログ放送と同様の利便性が皆無になっているためです。
はっきり言うと百害あって一利なし、
地デジが普及しない諸問題の根源と言ってもほぼ差し支えないものになっており、一般の消費者にとってあまりにも邪魔な存在なので、総務相の諮問機関でもついに地デジ普及を妨げるB-CASを見直すことを明確に発表する事態となりました。

そして、このB-CASカードの発行や管理を行っているのが株式会社ビーエス・コンディショナルアクセスシステムズ、略してB-CAS社です。
これまで長い間、会社の公式サイトに住所を掲載せず、つい最近になってあらゆる方面からその不透明な体質が批判されて、ようやく登記上の本店所在地のみ公開を行ったわけですが、本当にその住所にあるのでしょうか?ちょっとのぞきに行ってきました。

(中略)

残念ながら中を撮影することはできなかったのですが、一体誰がB-CASで得をするのか、なぜこんな仕組みが必要なのか、そもそもB-CASとは何のために必要だったのか、今後どうなるのか?そのたりを含め、いろいろと調べていく予定です。
そのため、一般に報道されることのないB-CASの実態や各種情報、知られざる内部事情、財政に関してわかるヒントなどを募集していますので、タレコミしていただけると非常に助かります。

なお、Wikipediaの「B-CAS」の項目がものすごいことになっており、山ほど問題を抱えていることが容易にわかります。

B-CAS - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/B-CAS

無料で見られる地上デジタル放送のはずなのに、なぜ世界で唯一、日本だけが暗号化を施しているのでしょうか……。

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080625_bcas/

291 :名無しの挑戦:2008/06/25(水) 19:40:46 ID:???
UC San Diego computer scientist turns his face into a remote control

A computer science Ph.D. student can turn his face into a remote control that speeds and slows video playback.
The proof-of-concept demonstration is part of a larger project to use automated facial expression recognition to make robots more effective teachers.

Jacob Whitehill, a computer science Ph.D. student from UC San Diego's Jacobs School of Engineering, is leading this project.
It builds on technology for detecting facial expressions being developed at UC San Diego's Machine Perception Laboratory (MPLab), part of the Institute for Neural Computation, and housed in the UCSD Division of Calit2.

In a recent pilot study, Whitehill and colleagues demonstrated that information within the facial expressions people make while watching recorded video
lectures can be used to predict a person's preferred viewing speed of the video and how difficult a person perceives the lecture at each moment in time.

This new work is at the intersection of facial expression recognition research and automated tutoring systems.

"If I am a student dealing with a robot teacher and I am completely puzzled and yet the robot keeps presenting new material, that's not going to be very useful to me.
If, instead, the robot stops and says, 'Oh, maybe you're confused,' and I say, 'Yes, thank you for stopping,' that's really good," said Whitehill, the computer science Ph.D. student leading the project.

The work is being presented in June 2008 at two peer-reviewed academic conferences. On June 25, Whitehill presents his findings at the Intelligent Tutoring Systems conference.
On Saturday, June 28, Marian Stewart Bartlett, a co-director of the Machine Perception Laboratory, will present this work at the 2008 IEEE International Workshop on Computer Vision and Pattern Recognition for Human Communicative Behavior Analysis.

In the pilot study, the facial movements people made when they perceived the lecture to be difficult varied widely from person to person.
Most of the 8 test subjects, however, blinked less frequently during difficult parts of the lecture than during easier portions of the lecture, which is supported by findings in psychology.

One of the next steps for this project is to determine what facial movements one person naturally makes when they are exposed to difficult or easy lecture material. From here,
Whitehill could then train a user specific model that predicts when a lecture should be sped up or slowed down based on the spontaneous facial expressions a person makes, explained Whitehill.

To collect examples of the kinds of facial expressions involved in teaching and learning, Whitehill taught a group of people in his lab about German grammar and recorded the sessions using video conferencing software.

"I wanted to see the kinds of cues that students and teachers use to try to modulate or enrich the instruction. To me, it's about understanding and optimizing interactions between students and teachers," said Whitehill.

"I can see you nodding right now, for instance," said Whitehill during the interview. "That suggests to me that you're understanding, that I can keep going with what I am saying. If you give me a puzzled look, I might back up for a second."

http://www.eurekalert.org/pub_releases/2008-06/uoc--usd062408.php

292 :名無しの挑戦:2008/06/25(水) 19:44:01 ID:???
鍵管理不要のメール暗号化サービス

「メールの盗聴被害に遭い,その事後対策が非常に複雑だった実体験がサービス開発の原動力になった」。アミール・アヤロン社長兼CEO は,Zenlok Eメール暗号化サービスを提供する動機をこう語る。
同サービスは,メール暗号化の標準規約であるS/MIMEをベースに,独自の鍵管理プロトコルを組み合わせたもの。特徴は誰もが使えるシンプルさにある。

S/MIME自体は多くのメーラーが対応しているものの,「デジタル証明書の導入や鍵の管理に手間がかかるため普及していない」(アヤロン社長)。
そこでZenlokでは,S/MIMEのデジタル証明書やPGP(pretty good privacy)における暗号鍵のユーザー間認証のような,手間のかかる個人認証の要素を省いて暗号化に特化。
同社Webサイトからプラグイン・ソフトをダウンロードしてインストールするだけで使えるようにした。

ユーザーがZenlokのプラグインにメール・アドレスとパスワードを登録すると,そのアドレスにひも付いた暗号鍵(公開鍵と秘密鍵のペア)がZenlokのサーバー側に生成される。
この鍵をメール送信/閲覧時にダウンロードして暗号化および復号に使う。

送信相手がZenlokユーザー以外の場合は,まず送信相手用に仮の公開鍵/秘密鍵を生成。
その後プラグインのダウンロードを促す本文と暗号化メールを添付したメールを送る。
相手はプラグインをインストール後,仮の秘密鍵をセンターからダウンロードして,暗号化メールを復号・閲覧する。

既に同種の有償サービスもあるが,Zenlokは無償化と実績あるオープンソースの暗号化ツール・キット「OpenSSL」の採用などで差異化を図る。

当初は個人向けの無料サービスとして展開するが,2008年後半には企業向けに管理用マスター・キーなどを有償提供する予定。順次企業向けソリューションを充実させる計画である。

手軽さを重視したために実装しなかった個人認証の機能は,「手法や価格は未定だが,将来的に有償で提供する予定」(アヤロン社長)である。
その際は本人確認を経たデジタル証明書の発行が必要になるため,「独自に運営するのではなく認証局と提携することになる」(同氏)という。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080612/307869/

293 :名無しの挑戦:2008/06/25(水) 20:23:58 ID:???
Evernote,“記憶の記録”を支援するサービスの公開ベータ版をリリース

米Evernoteは米国時間2008年6月24日,メモ書きやスナップショットを使った“記憶の記録”を支援するサービス「Evernote(http://evernote.com/)」の公開ベータ版をリリースした。
招待ユーザーを対象にしたプライベート・ベータ版のテストには,過去4カ月で12万5000人を超えるユーザーが参加したという。

同サービスの認識および同期技術により,ユーザーはテキスト,スナップショット,デジタル・インク,音声として記憶を記録して,これらを容易に検索/共有できるようになるという。
Evernoteは,Webサービス,デスクトップ版,モバイル版が提供され,すべてのメモはネットワークと端末間で自動的に同期される。
画像内の印刷文字や手書き文字についても文字認識技術により検索可能となる。

このサービスは,EvernoteのWebサイトでユーザー登録すれば利用できる。無料と有料の2種類のアカウントを用意する。
無料アカウントでは,Windows,Mac OS,Webブラウザ,携帯電話端末の自動同期機能や画像検索機能など,プライベート・ベータ版で提供されていた機能を利用できる。
保存できるメモの数に制限はない。1カ月当たり最大40Mバイトの新規メモをアップロードできる。

一方,有料アカウント(月額5ドルまたは年間45ドル)では,1カ月にアップロードできる新規メモの量が最大500Mバイトに増える。
画像認識速度が向上し,すべての通信データがSSLで暗号化されるほか,ユーザー・サポートを受けられる。

Evernoteのデスクトップ版とモバイル版は, Evernoteのダウンロード・サイト(http://www.evernote.com/about/download/#a-macwin)から入手できる。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080625/309443/

294 :名無しの挑戦:2008/06/25(水) 20:32:08 ID:???
Galaxy map hints at fractal universe(1)

Is the matter in the universe arranged in a fractal pattern? A new study of nearly a million galaxies suggests it is

? though there are no well-accepted theories to explain why that would be so.

Cosmologists trying to reconstruct the entire history of the universe have precious few clues from which to

work. One key clue is the distribution of matter throughout space, which has been sculpted for nearly 14 billion

years by the competing forces of gravity and cosmic expansion. If there is a pattern in the sky, it encodes the

secrets of the universe.

A lot is at stake, and the matter distribution has become a source of impassioned debate between those who say

the distribution is smooth and homogeneous and those who say it is hierarchically structured and clumpy, like a

fractal.

Nearly all physicists agree that on relatively small scales the distribution is fractal-like: hundreds of billions of

stars group together to form galaxies, galaxies clump together to form clusters, and clusters amass into

superclusters.

The point of contention, however, is what happens at even larger scales. According to most physicists, this

Russian doll-style clustering comes to an end and the universe, on large scales, becomes homogeneous.

But a small team of physicists, including Francesco Sylos Labini of the Enrico Fermi Centre in Rome and Luciano

Pietronero of the University of Rome argue that the data shows the opposite: the universe continues to look

fractal as far out as our telescopes can see.

The best data for looking at the galaxy distribution comes from the Sloan Digital Sky Survey (SDSS), which is

constructing the largest 3D map of the universe. When completed, it will map the positions of about a million

galaxies and quasars.

When SDSS data was released in 2004, physicists David Hogg of New York University and Daniel Eisenstein of

the University of Arizona, both in the US, published an analysis of 55,000 luminous red galaxies suggesting that

the fractal pattern smoothed out at scales over 200 million light years.

But Sylos Labini and Pietronero were not convinced. They believed that the apparent smoothing was an illusion

caused by weak statistics ? the smoothing seemed to occur at the largest scales the survey was capable of

studying, where there were too few large regions to be able to reliably compare their densities, they said. Only a

bigger map could resolve the debate.

Now, SDSS has released its sixth round of data, which plots the locations of roughly 800,000 galaxies and

100,000 quasars, bright objects powered by violent supermassive black holes.

295 :名無しの挑戦:2008/06/25(水) 20:35:39 ID:???
Galaxy map hints at fractal universe(2)

According to their latest paper, which has been submitted to Nature Physics, Sylos Labini and Pietronero, along with physicists Nikolay Vasilyev
and Yurij Baryshev of St Petersburg State University in Russia, argue that the new data shows that the galaxies exhibit an explicitly fractal pattern up to a scale of about 100 million light years.

And they say if the universe does become homogeneous at some point, it has to be on a scale larger than a

staggering 300 million light years across. That's because even at that scale, they still observe arge fluctuations ? a cluster here, a void there ? in the matter distribution.

Most cosmologists interpret such fluctuations as being no more significant than small waves on the surface of the sea, but Sylos Labini and colleagues say that these are more like tsunamis.

Many cosmologists find fault with their analysis, largely because a fractal matter distribution out to such huge scales undermines the standard model of cosmology. According to the accepted story of cosmic evolution, there

simply hasn't been enough time since the big bang nearly 14 billion years ago for gravity to build up such large structures.

What's more, the assumption that the distribution is homogeneous has allowed cosmologists to model the

universe fairly simply using Einstein's theory of general relativity ? which relates the shape of space to the

distribution of matter.

Modelling a fractal universe with general relativity is possible in theory, but in reality it would be devilishly

complicated. That would leave cosmologists without a working model, like acrobats without a net.

To support the homogeneity assumption, cosmologists point to the smoothness of the cosmic microwave

background (CMB), relic radiation from the nascent universe. The CMB is perfectly uniform up to one part in

100,000, suggesting the early universe was nearly homogeneous.

"The standard picture of a homogeneous universe on large scales is holding up very well when tested with very large-scale observations
like those mapping the cosmic background radiation, X-rays and radio galaxies," says physicist Neil Turok of Cambridge University in the UK.

"If the observations of galaxies in optical surveys don't agree, there may be a number of possible explanations, without resorting to an extremely inhomogeneous, fractal universe," he told New Scientist.

296 :名無しの挑戦:2008/06/25(水) 20:37:37 ID:???
Galaxy map hints at fractal universe(3)

But inferring the matter distribution from the CMB is not always simple. CMB maps show a 3D distribution

projected onto a 2D surface, and it is possible for a clumpy 3D distribution to appear smooth when projected in 2D. The same is true of the X-ray background, which appears homogeneous in two dimensions.
Finally, using galaxies that are bright at radio wavelengths is also problematic, as it is difficult to measure their distances accurately enough to pinpoint their positions in 3D.

So what could produce such a fractal pattern in galaxy surveys like Sloan? Some of the clumpiness may be a sort of optical illusion known as the Bull's-eye effect, says Adrian Melott of the University of Kansas in the US.

That's because nearby galaxies fall towards each other due to their mutual gravitational attraction ? even as space itself expands.
That movement can enhance the apparent clumpiness of matter in surveys like Sloan, since those surveys rely on measurements of the galaxies' velocities to determine their distance from Earth.

But according to their paper, Sylos Labini's team says the Bull's-eye effect is only relevant on very small scales, about 16 million light years and below, and has no influence on the clumpiness at the large scales in question.

Melott disagrees, saying it should magnify clumpiness at any scale. But he adds that the effect only "enhances structures that [already] exist".

What's at stake if the universe is indeed a fractal on the largest scales? Besides a radical rethink of the laws and history of the cosmos, researchers have placed something more down-to-Earth on the line.

More than a decade ago, Sylos Labini and Pietronero wagered a bet with physicist Marc Davis of the University of California, Berkeley, US.
The bet, refereed by Turok, held that if the galaxy distribution turned out to be fractal beyond scales of approximately 50 million light years, Davis would owe Sylos Labini and Pietronero a case of California wine.

Should the fractal pattern begin to disintegrate at scales less than 50 million light years, Davis would receive a case of Italian wine ? which some would say is a better deal. Turok has yet to declare a winner.

http://space.newscientist.com/article/dn14200-galaxy-map-hints-at-fractal-universe.html

297 :名無しの挑戦:2008/06/25(水) 20:38:24 ID:???
視覚野におけるアストロサイトの反応調整およびその反応が血行動態シグナルにおよぼす影響

アストロサイトは、ニューロンの機能を支えるネットワークとして作用し、情報の表現や処理にはほとんど関与しないと長い間考えられてきた。
われわれは今回、フェレットの視覚野におけるカルシウムシグナルの挙動について、二光子法による画像化を行った。
その結果、アストロサイトがニューロンのように視覚刺激に反応し、その反応は、空間受容野によって互いに異なり、視覚刺激の方位や空間周波数などの特性に対して鋭敏な調整を行っていることを見出した。
さらに、アストロサイトは、刺激の方位に従い皮質の表面上に精密に配置されており、同様のニューロンの配置と近接していた。
また、内因性血行動態から見たシグナルの位置は、その空間限定的な刺激特異的成分が、アストロサイトの活性化に非常に敏感に反応していることを示した。
このことは、非侵襲的な脳画像化において非常に重要な位置シグナルとニューロンの組織化を結びつけるために、アストロサイトが重要な役割を果たしていることを示唆している。
さらに、アストロサイトのグルタミン酸トランスポーターを阻害すると、視覚刺激によって生じた近辺のニューロンの反応の強さと持続時間が影響を受けた。

http://www.mt-pharma.co.jp/general/science/08/2008_6_20/sci_jsumm.htm#1

298 :名無しの挑戦:2008/06/25(水) 20:43:31 ID:???
Researchers develop neural implant that learns with the brain(1)

Devices known as brain-machine interfaces could someday be used routinely to help paralyzed patients and

amputees control prosthetic limbs with just their thoughts. Now, University of Florida researchers have taken the concept a step further,
devising a way for computerized devices not only to translate brain signals into movement but also to evolve with the brain as it learns.

Instead of simply interpreting brain signals and routing them to a robotic hand or leg, this type of brain-machine interface would adapt to a person's behavior over time and use the knowledge
to help complete a task more efficiently, sort of like an assistant, say UF College of Medicine and College of Engineering researchers who developed a model system and tested it in rats.

Until now, brain-machine interfaces have been designed as one-way conversations between the brain and a

computer, with the brain doing all the talking and the computer following commands.
The system UF engineers created actually allows the computer to have a say in that conversation, too, according to findings published
this month online in the Institute of Electrical and Electronics Engineers journal IEEE Transactions on Biomedical Engineering.

"In the grand scheme of brain-machine interfaces, this is a complete paradigm change," said Justin C. Sanchez, Ph.D., a UF assistant professor of pediatric neurology and the study's lead author.
"This idea opens up all kinds of possibilities for how we interact with devices. It's not just about giving instructions but about those devices assisting us in a common goal.
You know the goal, the computer knows the goal and you work together to solve the task."

Scientists at UF and other institutions have been studying and refining brain-machine interfaces for years,

developing and testing numerous variations of the technology with the goal of creating implantable, computer-chip-sized devices capable of controlling limbs or treating diseases.

The devices are programmed with complex algorithms that interpret thoughts.
But the algorithms, or code, used in current brain-machine interfaces don't adapt to change, Sanchez said.

299 :名無しの挑戦:2008/06/25(水) 20:44:31 ID:???
Researchers develop neural implant that learns with the brain(2)

"The status quo of brain-machine interfaces that are out there have static and fixed decoding algorithms, which assume a person thinks one way for all time," he said.
"We learn throughout our lives and come into different scenarios, so you need to develop a paradigm that allows interaction and growth."

To create this type of brain-machine interface, Sanchez and his colleagues developed a system based on setting goals and giving rewards.

Fitted with tiny electrodes in their brains to capture signals for the computer to unravel, three rats were taught to move a robotic arm toward a target with just their thoughts.
Each time they succeeded, the rats were rewarded with a drop of water.

The computer's goal, on the other hand, was to earn as many points as possible, Sanchez said.
The closer a rat moved the arm to the target, the more points the computer received, giving it incentive to determine which brain signals lead to the most rewards, making the process more efficient for the rat.
The researchers conductedseveral tests with the rats, requiring them to hit targets that were farther and farther away. Despite this increasing difficulty, the rats completed the tasks more efficiently over time and did so at
a significantly higher rate than if they had just aimed correctly by chance, Sanchez said.

"We think this dialogue with a goal is how we can make these systems evolve over time," Sanchez said. "We

want these devices to grow with the user.
(Also) we want users to be able to experience new scenarios and be able to control the device."

Dawn Taylor, Ph.D., an assistant professor of biomedical engineering at Case Western Reserve University, said the results of the study add a new dimension to brain-machine interface research.
That UF researchers were able to train rats to use the robotic arm and then obtain significant results from animals lacking the mental prowess of primates or humans is also impressive, she said.

"It's a clear demonstration of a methodology that will work in situations when other implementations would fall apart," Taylor said.

関連記事
>>9
http://dso.2ch.net/test/read.cgi/yangon/1211803833/9

http://www.eurekalert.org/pub_releases/2008-06/uof-rdn062408.php

300 :名無しの挑戦:2008/06/25(水) 20:45:40 ID:???
荒俣宏のオークション博物誌
2008/6/25(水)
とうとう飛んじゃいました!!

http://blogs.yahoo.co.jp/aramata_hiroshi/53834875.html

301 :名無しの挑戦:2008/06/25(水) 20:46:01 ID:???
Marcel Broodthaers Le Corbeau et le Renard (1967)
http://www.ubu.com/film/broodthaers_corbeau.html

Janek Schaefer Audio Works (1985-2003)
http://www.ubu.com/sound/schaefer_j.html

302 :名無しの挑戦:2008/06/25(水) 21:22:51 ID:???
マイクロソフトが「SQLインジェクション」を警告、対策ツールを公開

マイクロソフトは2008年6月25日、Webサイトを狙った「SQLインジェクション」攻撃が増加しているとして注意を呼びかけるとともに、対策ツールを公開した。

SQLインジェクションとは、Webアプリケーションの脆弱性を悪用して、Webサーバーと接続しているデータベースに不正なアクセスを試みる手口。
攻撃が成功すれば、サーバー上でほとんどの操作が可能となる。例えば、データベースに保存された情報を盗んだり、Webページを改ざんしたりすることできる。

ここ数年、SQLインジェクション攻撃は大きな問題となっており、被害が後を絶たない。
そこで今回、マイクロソフトでは注意喚起の情報を公開するととも、ASPで開発されたWebアプリケーションを検査するツール「Microsoft Source Code Analyzer for SQL Injection」の提供を開始した。
同ツールは、ASPのソースコードを静的に分析し、 SQLインジェクションの原因となるような個所を検出すると警告を出力する。

加えて、同社のWebサーバーソフト「IIS」への不正な要求を遮断するツール「URLScan」の新バージョンとなるバージョン3.0ベータ版を公開。
従来版でも、Webサーバーへの攻撃をある程度遮断できるが、新バージョンでは、SQLインジェクション攻撃を防ぐのに有用なオプションを追加したという。

さらに、米ヒューレット・パッカードが開発した検査ツール「HP Scrawlr」の利用も推奨している。
同ツールは、ユーザーが指定したWebサイトにアクセスして、そのサイトがSQLインジェクション攻撃の影響を受けるかどうか調べるもの。
前出の「Source Code Analyzer for SQL Injection」とは異なり、調べたいサイトのソースコードがなくても検査できることが特徴。
ただし米サンズ・インスティチュートによれば、同ツールは基本的な検査しか行わないので、簡易的な調査でのみ利用すべきだとしている。

いずれの対策ツールも無料で利用できる。ツールのダウンロード方法や詳細については、マイクロソフトの情報(http://www.microsoft.com/japan/technet/security/advisory/954462.mspx)を参照してほしい。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080625/309474/

303 :名無しの挑戦:2008/06/25(水) 21:23:14 ID:???
バイリンガル、話す言語により性格変えている可能性=米研究

2つの文化に順応し2つの言語を話す人たちは、話す言葉によって無意識に性格も変えているという研究結果を、米国の研究者が明らかにした。

同研究は、ニューヨーク市立大学バルーク校とウィスコンシン大学ミルウォーキー校のチームが、バイリンガルのヒスパニック系女性グループを対象に実施。
結果を専門誌「ジャーナル・オブ・コンシューマー・リサーチ」で発表した。

それによると、被験者の女性たちは英語を話すときよりもスペイン語で話すときに、自分がより積極的に自己主張すると答えた。
また、この変化はバイリンガルでも1つの文化のみに適応する人たちよりも、バイリンガルで2つの文化に順応する人々の間でより顕著だったという。

http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-32425020080625

304 :名無しの挑戦:2008/06/26(木) 20:49:58 ID:???
Morbid thoughts whet the appetite

Can watching TV news or crime shows trigger overeating?
According to new research in the Journal of Consumer Research, people who are thinking about their own deaths want to consume more.

Authors Naomi Mandel (Arizona State University) and Dirk Smeesters (Erasmus University Rotterdam, the Netherlands) conducted several experiments in Europe and the United States where participants wrote essays on their feelings about their own deaths.
They then checked off items on a grocery list or ate cookies.
Consumers who wrote about their own deaths wanted to buy more and ate more than those who wrote about a painful medical procedure (the control group).

"People want to consumer more of all kinds of foods, both healthy and unhealthy, when thinking about the idea that they will die some day," write the authors.

The researchers found people with low self-esteem, in particular, tend to over-consume after death-related thoughts.
Mandel and Smeesters explain the effect using a theory called "escape from self-awareness."
"When people are reminded of their inevitable mortality, they may start to feel uncomfortable about what they have done with their lives and whether they have made a significant mark on the universe.
This is a state called 'heightened self-awareness.'
One way to deal with such an uncomfortable state is to escape from it, by either overeating or overspending," they write.

The study also revealed that placing a mirror in front of the participants reduced the desire to over-consume.

"Consumers, especially those with a lower self-esteem, might be more susceptible to over-consumption when faced with images of death during the news or their favorite crime-scene investigation shows," the authors conclude.

http://www.eurekalert.org/pub_releases/2008-06/uocp-mtw062508.php

305 :名無しの挑戦:2008/06/26(木) 20:52:17 ID:???
Neuroscientists discover a sense of adventure

Wellcome Trust scientists have identified a key region of the brain which encourages us to be adventurous.
The region, located in a primitive area of the brain, is activated when we choose unfamiliar options, suggesting an evolutionary advantage for sampling the unknown.
It may also explain why re-branding of familiar products encourages to pick them off the supermarket shelves.

In an experiment carried out at the Wellcome Trust Centre for Neuroimaging at UCL (University College London), volunteers were shown a selection of images, which they had already been familiarised with.
Each card had a unique probability of reward attached to it and over the course of the experiment, the volunteers would be able to work out which selection would provide the highest rewards.
However, when unfamiliar images were introduced, the researchers found that volunteers were more likely to take a chance and select one of these options than continue with their familiar ? and arguably safer ? option.

Using fMRI scanners, which measure blood flow in the brain to highlight which areas are most active, Dr Bianca Wittmann and colleagues showed that when
the subjects selected an unfamiliar option, an area of the brain known as the ventral striatum lit up, indicating that it was more active.
The ventral striatum is in one of the evolutionarily primitive regions of the brain, suggesting that the process can be advantageous and will be shared by many animals.

"Seeking new and unfamiliar experiences is a fundamental behavioural tendency in humans and animals," says Dr Wittmann.
"It makes sense to try new options as they may prove advantageous in the long run.
For example, a monkey who chooses to deviate from its diet of bananas, even if this involves moving to an unfamiliar part of the forest and eating a new type of food, may find its diet enriched and more nutritious."

When we make a particular choice or carry out a particular action which turns out to be beneficial, it is rewarded by a release of neurotransmitters such as dopamine.
These rewards help us learn which behaviours are preferable and advantageous and worth repeating.
The ventral striatum is one of the key areas involved in processing rewards in the brain.
Although the researchers cannot say definitively from the fMRI scans how novelty seeking is being rewarded, Dr Wittmann believes it is likely to be through dopamine release.

However, whilst rewarding the brain for making novel choices may prove advantageous in encouraging us to make potentially beneficial choices, it may also make us more susceptible to exploitation.

"I might have my own favourite choice of chocolate bar, but if I see a different bar repackaged, advertising its 'new, improved flavour', my search for novel experiences may encourage me to move away from my usual choice," says Dr Wittmann.
"This introduces the danger of being sold 'old wine in a new skin' and is something that marketing departments take advantage of."

Rewarding the brain for novel choices could have a more serious side effect, argues Professor Nathaniel Daw, now at New York University, who also worked on the study.

"The novelty bonus may be useful in helping us make complex, uncertain decisions, but it clearly has a downside," says Professor Daw.
"In humans, increased novelty-seeking may play a role in gambling and drug addiction, both of which are mediated by malfunctions in dopamine release."

http://www.eurekalert.org/pub_releases/2008-06/wt-nda062008.php

306 :名無しの挑戦:2008/06/26(木) 20:57:22 ID:???
Existing Drug Reverses a Form of Mental Retardation in Mice(1)

A drug already on the market for a completely unrelated condition could be used to treat a form of mental retardation linked to autism?if the results of a study in mice hold up, researchers report.

Scientists used rapamycin?a medication doctors prescribe to patients who have had transplants to prevent their bodies from rejecting the new organs?to treat learning disorders associated with a disease called tuberous sclerosis complex (TSC) in mice.
TSC is a rare genetic disorder that causes brain tumors, seizures, learning disabilities, skin lesions and kidney tumors in the 50,000 Americans and one million people worldwide who have the disease.

Half of those with TSC are autistic, and as many as one in five people with the condition also suffer from mental retardation, so the hope is that rapamycin may be used to treat learning disabilities and short-term memory
deficits in all kinds of autism as well, says neurobiologist and co-author of a study in Nature Medicine, Alcino Silva of the David Geffen School of Medicine at the University of California, Los Angeles.

Silva and his colleagues created mice with TSC by removing one copy of the gene TSC2.
(If researchers delete both copies of the gene, the resulting mice die shortly after birth.)
When the both copies of the gene are turned on in either mice and humans, they produce and regulate proteins that help strengthen connections between nerve cells, which the brain needs to remember and learn.

The TSC mice performed poorly in various learning tests, such as recalling where a platform was in a pool of water and distinguishing between cages based on what was inside them. In the mice, Silva says,
"learning and memory are disrupted just like they [are] affected in most patients with tuberous sclerosis."

So why try rapamycin?
The team got the idea, Silva says, after they realized the drug regulates one of the proteins that the TSC gene does, just in different parts of the body.
When they tried the experiment in animals three to six months of age?well into adulthood for mice, according to Silva?rapamycin leveled the playing field between normal and TSC mice in as little as three days.

307 :名無しの挑戦:2008/06/26(木) 20:57:49 ID:???
Existing Drug Reverses a Form of Mental Retardation in Mice(2)

"What was surprising is that we could give rapamycin to adult mice and reverse their condition," Silva explains. "We did not know…that this drug would be equally effective for the learning disabilities" as it is for tissue rejection.

Rapamycin costs about $1,000 per month for transplant recipients.
It suppresses the immune system in the body?which is necessary to thwart tissue rejection.
There are, however, the expected side effects from a drug that suppresses the immune system: impaired wound healing, infections, mouth sores and, in rare instances, skin cancer.

In addition to the learning deficits, Silva says his team has "early, positive signs" from mouse models that rapamycin may also be able to treat the kidney tumors, skin lesions, brain tumors and epilepsy associated with TSC.
David Franz, director of the Tuberous Sclerosis Clinic at Cincinnati Children's Hospital Medical Center, adds that the drug reduced kidney and brain tumors in small clinical trials he has conducted.

The results of the new work are similar to findings in two other diseases related to autism?fragile X syndrome and Rett syndrome.
Scientists were able to reverse mental retardation in mice suffering both of those illnesses, as well.
Put together, Silva says, these results suggest that researchers are beginning to find brain malfunctions that cause autism?and may be possible to reverse.

These studies "suggest that we're about to have a paradigm shift in how we look at developmental disorders, like autism," he explains.
These illnesses should no longer be viewed as something a person is born with, according to Silva, who believes these disorders can be eliminated by altering the brain's biochemistry.

Franz agrees that rapamycin can modify TSC.
He thinks, however, that Silva may be overreaching in extending its benefit to all autism sufferers.
"You might make them better," he says, "but I don't think you're going to normalize them."

The next step, Silva says, is a clinical trial of rapamycin in humans with TSC.
That study is already underway at the University of Cambridge in England.

http://www.sciam.com/article.cfm?id=existing-drug-reverses-a&sc

308 :名無しの挑戦:2008/06/26(木) 21:02:06 ID:???
Even vegetarians may not be safe from 'mad cow' prions

Fancy a dose of prions with your vegetables?
A new study suggests that infectious prions - thought to be the causative agents in mad cow disease and human vCJD ? can survive wastewater decontamination and wind up in fertiliser, potentially contaminating fruit and vegetables.

The prions would be present in such low quantities that they are unlikely to pose a health threat, but as a precaution,
"we should prevent the entry of prions into wastewater treatment plants," says microbiologist Joel Pedersen, of the University of Wisconsin in Madison, US, who led the research.

Prions could end up in wastewater treatment plants via slaughterhouse drains, hunted game cleaned in a sink, or humans with vCJD shedding prions in their urine or faeces, Pedersen says.

Previous studies have suggested that prions can survive heat treatment and caustic chemicals, but to see how prions fare during sewage treatment,
Pendersen's team spiked sludge from a local treatment plant with infectious prions, and then subjected the toxic brew to a typical wastewater treatment regimen.

This typically involves three weeks of filtration, separation and incubation with microbes that break down contaminants in the sludge, resulting in clean water and "biosolids" free of most human pathogens, which can be used as a fertiliser.

When Pedersen's team tested the sewage soup at various stages, they found the water was clean, but the biosolids were contaminated with prions.

"The sludge digestion seems to have no effect on the prion protein," he says.

Prions from culled livestock could also lurk in landfills, says Pederson, whose team is testing whether prions survive in dumps.
Recent mad cow disease scares in Britain, Canada, and the US resulted in culls of thousands of potentially tainted animals, and many ended up underground.

http://www.newscientist.com/channel/health/dn14210-even-vegetarians-may-not-be-safe-from-mad-cow-prions.html

309 :名無しの挑戦:2008/06/26(木) 21:05:08 ID:???
LHCの実験停止の仮処分申請は無効、米国政府が裁判所に抗弁書を提出

欧州原子核研究機構(CERN)がスイスとフランスの国境沿いに建設を行った大型ハドロン衝突型加速器「Large Hadron Collider」で予定されている極小ブラックホール生成実験を行った場合、
ブラックホールが周囲の物質を取り込みながら成長し、最終的には地球をも飲み込む程に成長。
地球崩壊をもたらす原因になるとして米国に在住する元原子力関係者が実験開始の一時停止を求める仮処分をハワイ州地方裁判所に提訴してた訴訟に関連して、米国政府は24日、裁判は無効だとする抗弁書を裁判所に提出した。

抗弁書は40冊、合計数百ページにも及ぶ膨大な文書。

抗弁書のなかで米国政府は、LHCに対する米国政府の出資比率は限定的なもので、米国政府がCERNに対してLHCでの実験停止を求めることはできないこと。
LHCはスイスとフランスの国境沿いに建設が行われたもので米国の裁判所は外国の科学実験施設に対して、実験の停止を命じる法的根拠はないこと。
原告らの主張は実験に基づいた科学的主張ではなく、推論であること。
例え、米国の裁判所が実験停止の仮処分命令を出したとしてもCERNには米国の裁判所命令を履行する義務はなく、CERNは実験を実施することが可能、と主張し、この裁判の正当性そのものに疑問を呈した。

原告らはLHCで予定されている極小ブラックホール生成実験を実施した場合、実験の過程でアップ、ダウンとストレンジから成る異質のストレンジレット(Strangelet)と呼ばれる陽子を生成され、
このストレンジレットは近くに存在する物質を取り込みながら成長することによって地球をも飲み込む巨大ブラックホールに成長する可能性があると主張。
その上、改めて実験の安全性を多数の科学者を交えて検証する期間、CERNが実験を強行しないように実験の一時中止を求める仮処分を裁判所に求めている。

原告らはまた、LHCには米国の連邦政府機関も一部、出資を行っており、出資者の権限として実験の一時停止を求めることは十分に可能だと説明している。

米国内で実験停止を求める訴訟が起こされたことに関して、CERNでは裁判は「ナンセンス」だと述べた上で裁判の進展状況に関わりなく今のところ8月頃からの開始を予定している実験開始に向けた最終準備を進めている。

関連記事
>>285
http://dso.2ch.net/test/read.cgi/yangon/1211803833/285

関連記事
>>298
http://tmp7.2ch.net/test/read.cgi/kitchen/1212478591/298

http://www.technobahn.com/news/2008/200806261849.html

310 :名無しの挑戦:2008/06/26(木) 21:05:40 ID:???
次に聴く曲はInstinctivに選んでもらおう

新しいスタートアップInstinctiv(http://www.instinctiv.com/)が今日(米国時間 6/26)サービスを公開し、同時に第1ラウンドのエンジェル出資が行われたことを発表する。
同社のサービスであるInstinctiv Shuffleは、iPhoneアプリケーションで(現時点ではJailbreakされたiPhoneのみ)、ユーザーの聴いている曲の傾向をみて、次にどの曲を聞きたいかをアルゴリズムを使って予測する。
ユーザーのムードを予想して、何を聴きたいかを完璧に当てると同社は言い切る。

この会社はJustin SmithlineとPeter Brodskyの2人が設立し、Cayuga Venture Fund、Rosetech Venturesおよびエンジェル投資家のグループから75万ドルを調達している。

iPhone用の音楽アドオンサービスで出資を受けたのはこれが初めてではない。
イスラエルのスタートアップ TuneWikiが、ユーザーにiPhoneに楽曲の歌詞をダウンロードさせるサービスで、今年Benchmark Capitalから資金調達している。

http://jp.techcrunch.com/archives/20080626let-instinctiv-choose-the-next-song-you-listen-to/

311 :名無しの挑戦:2008/06/26(木) 21:06:01 ID:???
スペイン、類人猿の「権利」を保護する決議案を採択

スペイン議会の環境委員会は25日、人に最も近いサルである類人猿の生命と自由を守る取り組み「類人猿プロジェクト」を支持するとの決議案を採択した。
人間以外についてこのような権利擁護の必要性を議会が求めるのは世界初とみられる。

同プロジェクトは、科学者や哲学者らが、これまで人間にのみ与えられてきた権利を、遺伝子的にも人間に最も近い類人猿にも適用されるべきと訴え立案されたもの。 

同プロジェクトのスペイン人責任者、ペドロ・ポザス氏は「動物愛護問題に奮闘する中、また類人猿の保護にとって、これは歴史的な日だ」と述べた。

超党派の議員などにより支持された決議案は立法化される見通しで、政府は1年以内に同国での類人猿に対する禁止条項など法令集の改正を行うことになる。

今回の法案では、サーカスやテレビコマーシャル、映画などのために類人猿を飼育することが禁止され、違反した場合、刑罰の対象となる。
一方、国内の動物園で飼育されているとされる約315匹の類人猿については違法にはならない。

http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-32439020080626

312 :名無しの挑戦:2008/06/26(木) 21:06:44 ID:???
Highlights: 脳:報酬指向学習はニューロンの変化による

目標指向型の課題を行う能力には個人差があるが、このような報酬指向学習をもたらすニューロンの変化については、まだよくわかっていない。
Tyeたちは、報酬である砂糖を自分で取るようにラットを訓練して、報酬指向学習が扁桃体の活動の活発化とシナプス強化に依存していることを明らかにした。
扁桃体は、情動学習に重要な役割を果たす脳領域である。
個々の動物が到達した学習レベルは、シナプス強度の増強の程度とよく相関していた。
報酬指向学習の際の脳の変化について解明が進んだことは、生まれつき報酬学習が欠損している場合、あるいは薬物依存や摂食障害のような報酬学習の異常を治療する方法の開発に役立つだろう。

全文:http://www.nature.com/nature/journal/v453/n7199/full/nature06963.html

http://www.natureasia.com/japan/nature/updates/index.php?id=66945&issue=7199

313 :名無しの挑戦:2008/06/26(木) 21:07:51 ID:???
一年で最も雨の多い梅雨シーズンに新しい天気予報サービス
世界初! 10分単位の天気がわかる“10分天気予報”開始
〜 目先1時間以内の雨の予報は“人間の目”の方がコンピューターより精確 〜

株式会社ウェザーニューズ(所在地:東京都港区、代表取締役社長:草開千仁)は、一年で最も雨の多い梅雨のシーズンを上手に乗り切ってもらうため、
この度、携帯電話サイト「ウェザーニュース」の「雨プロジェクト」内にて、日本初となる10分単位でのピンポイント降雨予測情報『10分天気予報』(http://wni.jp サービス利用料:無料)を6月26日(木)からスタートします。
『10分天気予報』は、雨がいつ降るかをきめ細かく確認できるサービスで、降雨が予想される2時間前にサービスが稼動し、10分単位でのきめ細かな気象予測を提供するものです。
『10分天気予報』は、全国各地の携帯電話利用者から寄せられた降雨状況に関するリポートをもとに行います。
一般の方と共に雨雲を追跡することで、気象レーダーでは補足していない雨雲や、補足していても、実際に降っていないなど、貴重な情報を予測に反映することができます。

http://weathernews.com/jp/c/press/2008/080626.html

314 :名無しの挑戦:2008/06/26(木) 21:08:15 ID:???
グローバルサインが次世代暗号アルゴリズム対応証明書発行を開始

GMO インターネットグループの GMO ホスティング&セキュリティの連結子会社で、電子認証サービスを展開するグローバルサインは2008年6月26日、次世代暗号アルゴリズム「SHA-2」対応のテスト証明書発行サービスを開始した。

SHA は、暗号化に用いられる操作であるハッシュ関数群。
SHA-0、SHA-1、SHA-2といわれる規格群があり、SHA-1は IPsec や SSL、PGP に利用されている。

内閣官房情報セキュリティセンターは、このハッシュ関数について情報セキュリティ政策会議決定として発表された「暗号アルゴリズム SHA-1 および RSA1024 に係る移行指針」で、2013年までに次世代暗号アルゴリズムに移行を完了する計画が示している。

今回発表したのは、ハッシュ関数の次世代規格「SHA-2」テスト証明書の無償発行。

同社は、ブラウザや証明書を利用するデジタル機器の開発に、実際の仕様に近い証明書を使ってのテストを実施することにより、積極的な次世代暗号アルゴリズムへの移行を推進する。

http://japan.internet.com/webtech/20080626/2.html

315 :名無しの挑戦:2008/06/26(木) 21:08:39 ID:???
アンチウイルスソフトの検出力ランキング2008年6月版、ベスト10発表

セキュリティソフトの比較検証を行う独立機関の最大手「AV-Test.org」によるアンチウイルスソフトの検出力ランキング2008年6月11日版が発表されました。
一体どのような結果になっているのでしょうか?気になるベスト10を見てみましょう。

ドイツAV-Test調べによる、2008年6月11日現在の検出率順位
1位:G DATA アンチウイルス2008(99.21%)
2位:Kaspersky アンチウイルス7.0(98.96%)
3位:Norton アンチウイルス2008(98.89%)
4位:Windows ライブ ワンケア(98.53%)
5位:F-Secure インターネットセキュリティ 2008(98.09%)
6位:McAfee ウイルススキャンプラス(95.77%)
7位:ウイルスバスター2008(92.42%)
8位:ウイルスセキュリティ ZERO(90.50%)
9位:NOD32アンチウイルス V2.7(88.85%)
10位:ウイルスキラーゼロ(85.32%)

この検出力テストを行ったAV-Test.orgというのはセキュリティソフトの比較検証を行う独立機関の最大手で、オットー・フォン・ゲーリケ大学(ドイツ)のプロジェクトとしてスタートした産学協同機関。
いろいろな企業・団体・報道機関などの依頼を受けてセキュリティソフトの分析を行い、そのデータを提供しているらしく、下記に詳しい記事があります。

ITmedia +D PC USER:AV-Test研究員インタビュー:国内セキュリティソフトの“格付け”は、ちょっとヘン? (1/2)
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0705/18/news078.html

Virus Watcher Japan: アンチウィルスソフトの評価機関AV-Test研究員に聞く
http://virus-watcher.net/archives/2007/06/avtest.htm

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080626_avtest/

316 :名無しの挑戦:2008/06/26(木) 21:10:14 ID:???
How switching language can change your personality

Bicultural people may unconsciously change their personality when they switch languages, according to a US study on bilingual Hispanic women.

It found that women who were actively involved in both English and Spanish speaking cultures interpreted the same events differently, depending on which language they were using at the time.

It is known that people in general can switch between different ways of interpreting events and feelings ? a phenomenon known as frame shifting.
But the researchers say their work shows that bilingual people that are active in two different cultures do it more readily, and that language is the trigger.

One part of the study got the volunteers to watch TV advertisements showing women in different scenarios. The participants initially saw the ads in one language ? English or Spanish ? and then six months later in the other.

Researchers David Luna from Baruch College, New York, US, and Torsten Ringberg and Laura Peracchio from the University of Wisconsin-Milwaukee, US,
found that women classified themselves and others as more assertive when they spoke Spanish than when they spoke English.

"In the Spanish-language sessions, informants perceived females as more self-sufficient and extroverted," they say.

For example, one person saw the main character in the Spanish version of a commercial as a risk-taking, independent woman, but as hopeless, lonely, and confused in the English version.

関連記事
>>303
http://dso.2ch.net/test/read.cgi/yangon/1211803833/303

Are you a different person when you speak a different language?
http://www.eurekalert.org/pub_releases/2008-06/uocp-aya062508.php

http://www.newscientist.com/channel/being-human/dn14202-how-switching-language-can-change-your-personality.html

317 :名無しの挑戦:2008/06/26(木) 23:02:40 ID:???
Company tests eye-controlled 'wearable' gadgets

Rolling your eyes to turn up the volume of a portable music player and tapping your fingers to turn on a DVD player are among technologies Japan's top mobile carrier is testing for "wearable" gadgets.

In one version, sensors and chips inside headphones detect electrical current produced by movements of the wearer's eyeballs, says Masaaki Fukumoto, executive research engineer at NTT DoCoMo.

"We are working on a cell phone of the future," he said at a suburban Tokyo research center.

NTT DoCoMo believes wearable control technology will be adapted for mobile devices that download music, play video games and allow users to shop online and keep up with their e-mail.

In a demonstration Tuesday for the Associated Press, researcher Hiroyuki Manabe wore a giant headset covered with wires to show how computer graphic lines in a monitor connected to the headset darted wildly whenever his eyes moved.

He turned up the volume on a digital music player by rolling his eyes, and he jerked his eyes twice to the right to fast forward.

The new technology may also enable cell phone cameras to read bar codes used in Japan to get product information, download music and coupons when the user simply looks at the codes, researchers said.

Fukumoto showed a wearable cell phone shaped like a ring about the size of a ping pong ball.
When a wearer sticks his fingers in his ears, the sound travels as vibrations through his bones and into his ears, where it is heard as sound again.

Another iteration of the technology appears in a wristwatch that can detect the wearer's thumb and forefinger tapping together to work as a remote controller for such gadgets as a DVD player.

The days when wearable technology looks like fancy cumbersome space-suits are over.
The latest look is everyday and inconspicuous, blending into the routine, Fukumoto said.

"Japanese don't like to stand out," he said.

But when such technology will become real products, if ever, is still unknown, he said.

http://edition.cnn.com/2008/TECH/ptech/06/25/wearablecontrols.ap/index.html

318 :名無しの挑戦:2008/06/27(金) 01:19:35 ID:???
「表情認識」でリモコン制御が可能に
この技術が進めば、ロボット教師が人間の学生の理解度を判断しながら講義を行うことができるようになる。

カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)の機械認識研究所は、顔の表情を認識し、表情の変化によってビデオ再生を操作する技術の実証実験を行った。

同校のコンピュータ科学専攻、ジェイコブ・ホワイトヒル博士を中心に開発されたシステムを使うと、ビデオ再生のスピードを、ビデオ鑑賞者の特定の表情の変化に対応させることができる。
例えば、「困った顔」の場合にはスロー再生になる、といったことが可能。

表情認識システムでは、笑い顔の程度、瞼の開閉、眉毛の上下などを認識できる。

ホワイトヒル博士はロボット教師を開発する上でこの技術が必要になると考えている。
人間の学生がロボット教師の講義を受けているときに、話の内容について行けなかった場合、学生の表情を認識して講義のスピードを落としたりできることを目指している。

次の段階は、困難な状況に陥ったときに人間がどのような表情をするかを解析することだ。
その表情をしたときに、講義のビデオがスローダウンするようになれば、ロボット教師への道が一歩進むことになる。

関連記事
>>291
http://dso.2ch.net/test/read.cgi/yangon/1211803833/291

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0806/26/news078.html

319 :名無しの挑戦:2008/06/27(金) 01:20:54 ID:???
気鋭の竹藤佳世監督の軌跡を辿る特集上映

8mmによる自主制作から出発し、インディーズシーンで活躍してきた竹藤佳世監督の新作と旧作がまもなく公開される。

『東京オリンピック』『日本万国博』などの演出家・山岸達児氏が脳梗塞で倒れ、半身不随なってからの闘病生活を映画化した、竹藤佳世長編第一作『半身反義』が7月5日(日)より池袋シネマ・ロサにて公開される。
河瀬直美監督『殯の森』の監督助手、若松孝二監督の最新作『実録・連合赤軍』のメイキング・ディレクターなど壮絶な現場を経験してきた竹藤氏。
そんな彼女の源流を探るべく、アップリンクXでは『半身反義』公開にあわせ、6月28日(土)より竹藤佳世の特集上映を開催する。

竹藤佳世 映像個展『Flower of Life』
6月28日(土)〜7月25日(金)
連日16:30より上映
上映作品:
■6月28日(土)〜7月11日(金)
『骨肉思考』(1997年/8mm)『彼方此方』(2002年/16mm)
■7月12日(土)〜7月25日(金)
『穀家 KARAYA』(2000年/16mm)『カラコワシ』(2001年/16mm)
会場:アップリンクX(東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル2F)
料金:特別鑑賞券1,000円/一般1,300円/学生1,100円/シニア1,000円
※竹藤佳世 映像個展『Flower of Life』の半券提示で当日650円にてご覧いただけます
※新作『半身反義』の半券提示で当日1,100円でご覧いただけます
★映画『半身反義』の音楽を手がけたサウンドデザイナーの阿尾茂毅氏(河瀬直美監督『殯の森』録音)によるスペシャルライブを開催。
日時:6月28日(土) 開場13:30/開演14:00
会場:アップリンク・ファクトリー(東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル2F)
料金:1,500円

http://www.webdice.jp/dice/detail/528/

320 :名無しの挑戦:2008/06/27(金) 05:13:55 ID:???
ヤフオク終了まで30分以内で100円以下の商品を探し出す「ヤフオクサーチ」

オークション終了まで30分以内で100円以下の商品を簡単に探しすことができるというかなり面白いネットサービスです。
「これは一体誰が買うんだ……?」というようなものから「あれ?今すぐ入札した方がもしかして勝ち組になれるのか?」というようなものまで、ヤフオクのさまざまな暗黒面を見ることができます。

ポイントは、それぞれの検索結果へのリンクが妙なAA(アスキーアート)になっているという点。
なかなか辛口なコメントから、思わず吹き出しそうなものまで、いろいろと用意されています。

詳細は以下から。
ヤフオクサーチ
http://yahoo.fool.jp/

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080627_yahoo_fool_jp/

321 :名無しの挑戦:2008/06/27(金) 05:16:16 ID:???
踊りの力で地球を救うクラブ

「みんなの踊りエネルギーを一つにして、地球を救え!」を地で行くクラブが7月にロンドンでオープンになります。
「Club4Climate(http://www.club4climate.com/)」という、最近流行のエコを全面的に取り入れたクラブプロジェクトで、「ドクター・アース」を名乗る人物の手によりプロデュースされたもの。
目玉は振動で発電するダンスフロアですがこれはまだ計画段階。
とりあえずは「カップは全部ポリカーボネイト」「金属・プラスティック・紙製品はすべてリサイクル」「低電圧照明」などでエコに取り組んでいます。
発電ダンスフロアが完成の暁にはクラブで消費される電力の一部をこれで賄う予定。

このドクター・アースなる人物、見た目はむしろ「我々のクラブで地球を温暖化されたくないなら100万ドル用意しろ」とか言い出しそうな外見ですが、
Club4Climate のサイトに掲載されている彼の経歴によれば相当な才人な上にフリーメーソンのメンバーであり、シャーマンであり格闘技のマスターでもあるというニューエイジ全開な人のようです。

これで、Orange Dance Charge(http://japanese.engadget.com/2008/06/24/orange-dance-charge/)と合わせて踊りを愛する人々からエネルギーを搾取分けていただくシステムは完成を見たと言えましょう。
今後、さらに発電を促進するための新たなダンスの開発が待たれます。

http://japanese.engadget.com/2008/06/26/power-generating-dance-floor/

322 :名無しの挑戦:2008/06/27(金) 07:36:55 ID:???
Fact or Fiction: Men Have a Biological Clock(1)

The female biological clock?its tick-tock marking the decline of fertility that grows louder as a woman reaches middle age?is deeply ingrained in popular consciousness.
Take this scene from the film Bridget Jones's Diary: Bridget's Uncle Geoffrey reminds her that as a career girl she "can't put it off forever," alluding to her declining fertility.
His wife Una chimes in: "tick-tock, tick-tock," her finger wagging like a metronome.

The biological clock, although just a metaphor, refers to a real phenomenon: Women over 35 years of age are only half as likely to become pregnant in the most fertile part of their menstrual cycle than women younger than 26.

So do men suffer from the same thing?

"For women, a biological clock is a decline in fertility and an increased chance of having genetically abnormal babies as they age," says Harry Fisch, director of New York City's Male Reproductive Center and author of The Male Biological Clock:
The Startling News About Aging, Sexuality, and Fertility in Men. "And that's exactly what's happening with men."

So how did Indian farmer Nanu Ram Jogi sire a healthy child at the age of 90 last year?
Such a feat would be impossible for a woman, even in an age when Carmela Bousada, 67, gave birth to twins in January 2007 after lying about her age to the doctors who gave her in vitro fertilization.
Whereas fertility declines along with testosterone levels as men age, it doesn't drop to zero.

Still, Jogi is definitely the exception rather than the rule.
One study found that the odds of fatherhood for those under the age of 30 was 32.1 percent compared with 20 percent over the age of 50, signifying a 38 percent drop in male fertility across that age gap.

One study examined 97 men between the ages of 22 and 80 and found that as they aged their semen volume decreased by 0.001 ounce (0.03 milliliter) per year from an average total of 0.09 ounce (2.7 milliliters)
and their "total progressively motile sperm count"?a rough index for the fertility potential of one's sperm based on its movement?decreased about five percent with each year they aged.

Fisch and his colleagues have also found that the children of women over 35 whose babies' fathers were also of that age were more likely to have Down's syndrome than offspring whose fathers were younger.

323 :名無しの挑戦:2008/06/27(金) 07:37:24 ID:???
Fact or Fiction: Men Have a Biological Clock(2)

In other studies, older men were more likely to father children with mental illness or other deficits.
Roughly 11 children out of a thousand conceived by men over age 50 developed schizophrenia compared with under three children out of a thousand for fathers under 20 in one study from the Archives of General Psychiatry.
And the children of men 40 years or older were nearly six times more likely to have autism spectrum disorders than kids begot by men under 30.

So do men's sperm get staler over time? To maintain sperm levels, cells known as germ cells must continue dividing.
After all, men find ways to dispose of sperm?ahem?and once ejaculated they only survive for several days.
By the age of 50, these germ cells will have divided 840 times.
Each one of those divisions is an opportunity for something to go wrong.
"There's more of a chance to have genetic abnormalities the more the cells divide," Fisch says. In sperm these mutations dot the genes with changes in the basic structure of the DNA?and can lead to problems in the resulting offspring.

Bioengineer Narendra Singh of the University of Washington in Seattle and his colleagues compared the sperm of men of different ages.
Sure enough, sperm in men older than 35 had more DNA damage than that from younger men.
And although unhealthy sperm are supposed to commit cell suicide, some of the sperm they looked at had lost that ability to "take one for the team"?meaning they'd be around to fertilize an egg.
"This may lead to offspring with defective DNA, which may translate to mental and physical defects," Singh says.

Can men prevent this damage? No, but they may be able to mitigate it.
There are factors within men's control that can accelerate adverse effects: alcohol, smoking, drugs and environmental pollution?even coffee consumption.
So avoid them, says Singh.

Still, even after correcting for various lifestyle factors, the DNA of sperm are increasingly damaged with advancing age.

"The question is, can we reverse the [male] biological clock?" asks Fisch, who is studying various ways to keep sperm healthy.

Perhaps Bridget Jones's Uncle Geoffrey and Aunt Una should have chastised her love interest, Mark Darcy, too, for procrastinating procreation.
That "tick-tock, tick-tock," it would seem, applies to both sexes.

http://www.sciam.com/article.cfm?id=fact-or-fiction-men-have-biological-clocks&sc

324 :名無しの挑戦:2008/06/27(金) 07:40:49 ID:???
Quantum computing breakthrough arises from unknown molecule(1)

The odd behavior of a molecule in an experimental silicon computer chip has led to a discovery that opens the door to quantum computing in semiconductors.

In a Nature Physics journal paper currently online, the researchers describe how they have created a new, hybrid molecule in which its quantum state can be intentionally manipulated - a required step in the building of quantum computers.

"Up to now large-scale quantum computing has been a dream," says Gerhard Klimeck, professor of electrical and computer engineering at
Purdue University and associate director for technology for the national Network for Computational Nanotechnology.

"This development may not bring us a quantum computer 10 years faster, but our dreams about these machines are now more realistic."

The workings of traditional computers haven't changed since they were room-sized behemoths 50 years ago; they still use bits of information, 1s and 0s, to store and process information.
Quantum computers would harness the strange behaviors found in quantum physics to create computers that would carry information using quantum bits, or qubits.
Computers would be able to process exponentially more information.

If a traditional computer were given the task of looking up a person's phone number in a telephone book, it would look at each name in order until it found the right number.
Computers can do this much faster than people, but it is still a sequential task.
A quantum computer, however, could look at all of the names in the telephone book simultaneously.

Quantum computers also could take advantage of the bizarre behaviors of quantum mechanics - some of which are counterintuitive even to physicists - in ways that are hard to fathom.
For example, two quantum computers could, in concept, communicate instantaneously across any distance imaginable, even across solar systems.

Albert Einstein, in a letter to Erwin Schrodinger in the 1930s, wrote that in a quantum state a keg of gunpowder would have both exploded and unexploded molecules within it
(a notion that led Schrodinger to create his famous cat-in-a-box thought experiment).

This "neither here nor there" quantum state is what can be controlled in this new molecule simply by altering the voltage of the transistor.

Until now, the challenge had been to create a computer semiconductor in which the quantum state could be controlled, creating a qubit.

325 :名無しの挑戦:2008/06/27(金) 07:41:21 ID:???
Quantum computing breakthrough arises from unknown molecule(2)

"If you want to build a quantum computer you have to be able to control the occupancy of the quantum states," Klimeck says.
"We can control the location of the electron in this artificial atom and, therefore, control the quantum state with an externally applied electrical field."

The discovery began when Sven Rogge and his colleagues at Delft University of Technology in the Netherlands were experimenting with nano-scale transistors that show the effects of unintentional impurities, or dopants.
The researchers found properties in the current-voltage characteristics of the transistor that indicated electrons were being transported by a single atom, but it was unclear what impurity was causing this effect.

Physicist Lloyd Hollenberg and colleagues at the University of Melbourne in Australia were able to construct a theoretical silicon-based quantum computer chip based on the concept of using an individual impurity.

"The team found that the measurements only made sense if the molecule was considered to be made of two parts," Hollenberg says.
"One end comprised the arsenic atom embedded in the silicon, while the 'artificial' end of the molecule forms near the silicon surface of the transistor.
A single electron was spread across both ends.

"What is strange about the 'surface' end of the molecule is that it occurs as an artifact when we apply electrical current across the transistor and hence can be considered 'manmade.' We have no equivalent form existing naturally in the world around us."

Klimeck, along with graduate student Rajib Rahman, developed an updated version of the nano-electronics modeling program NEMO 3-D to simulate the material at the size of 3 million atoms.

"We needed to model such a large number of atoms to see the new, extended quantum characteristics," Klimeck says.

The simulation showed that the new molecule is a hybrid, with the naturally occurring arsenic at one end in a normal spherical shape and a new, artificial atom at the other end in a flattened, 2-D shape.
By controlling the voltage, the researchers found that they could make an electron go to either end of the molecule or exist in an intermediate, quantum, state.

This model was then made into an image by David Ebert, a professor of electrical and computer engineering at Purdue, and graduate student Insoo Woo.

Delft's Rogge says the discovery also highlights the current capabilities of designing electronic machines.

"Our experiment made us realize that industrial electronic devices have now reached the level where we can study and manipulate the state of a single atom," Rogge says. "This is the ultimate limit, you can not get smaller than that."

http://www.eurekalert.org/pub_releases/2008-06/pu-qcb062608.php

326 :名無しの挑戦:2008/06/27(金) 18:27:31 ID:???
そんなバカな! 日本で常温核融合に成功?

とんでもないニュースだ。
日本で常温核融合らしき現象が確認されたというのだ。
6月11日、北海道大学大学院工学研究科の水野忠彦助教は、ステンレス合金の炉の中に水素を封入。
70気圧に加圧し、白金と硫黄を触媒に多環芳香族炭化水素の一種フェナントレンを0.1グラム投入して660度まで加熱した。
その結果、加熱をやめた後も炉内の温度は700度まで上昇、通常の化学反応の100倍相当、すなわち240キロジュールの熱量と炭素の同位体である炭素13が大量に発生したという。

科学者さえダマされる疑似科学の代表格として挙げられるのが常温核融合だ。
核融合といえば、1億度とかそういう超高温ですごい磁場をかけて起こす熱核融合が研究されているのだが、実は、それですらがまだ理論の域を出ていない。
それなのに、1000度以下の低温(タバコの火だって800度もあるのだ)で核融合反応が起きるとされるのが常温核融合である。

1989年に最初に発表され、それ以降、世界中の科学者が追実験を行なったのに誰も成功せず、今では歴史的なダマしだとされている。
以来、常温核融合は学会のタブー扱いをされてきた。
本当に常温核融合なのか?

「金属の中で核反応が起きる、いわば金属内核反応と呼ぶべき現象なんです」
と水野助教。それは常温核融合ではないんですか?

「呼び名は常温核融合なんですが、熱核反応とは別の物です。パラジウムや白金を触媒にして電気分解すると、今までなかった物質が出てくるんですね。
燃料電池や金属腐食では、そのような従来の化学反応では説明できないことが起きるんですが、今回の実験でその説明ができると考えています。温度や圧力が高いと加速度的に反応が起きるので、核融合と呼べなくはないですが……」

すでに民間企業を中心に研究が進んでいる現象なのだそうだ。
では、今までの科学がひっくり返るわけじゃない?
「今までのサイエンスの範疇です。超伝導のような現象だと思ってください。金属の中で起きるので、金属のどこで何が起きているのか、その機構を調べる必要があります」

常温核融合はオカルト科学の扱いですが、先生のお立場は大丈夫なんでしょうか?
「やる人が全然いないので、私ぐらい年とってくると、まあいいかと。一度傷つくとイメージ回復が大変ですよね」

常温核融合で未来のエネルギーが! ではなく、触媒に関する新しい知見が得られたとするのが正しいようだ。
それにしてもすごいことで、水野助教の発見は新しい燃料電池の開発につながるかもしれない。
誰か早く追実験して欲しい。
なお今回の実験結果は8月に開かれる国際常温核融合学会で発表される。

http://ascii.jp/elem/000/000/146/146085/

327 :名無しの挑戦:2008/06/27(金) 18:28:06 ID:???
USCが開発した「レイア姫の3D映像技術」、動画で紹介

南カリフォルニア大学のICTグラフィックス研究所が開発した低コストの3Dボリュームディスプレー技術は、子どもたちがホログラムに抱く夢を現実に近づける、ビジュアル・サイエンスとSFのすばらしい融合だ。
その映像処理プロセスは単純なものではないが、おもに3つの主要な要素からなる――回転鏡、高速DLPプロジェクター、それに、360度をカバーする画像表示に必要となる正確な投影軸を、(観察者の位置さえも考慮に入れて)きわめて精密に割り出す計算方法だ。

長年にわたってさまざまな企業が実現可能な3次元映像技術の開発を試みてきたが、表示エリアが小さい、コストがかかる、ぼんやりとした幻影しか見えないため映像との一体感が味わえない、といったいくつかの限界を抱えていた。
最新の試みとしては、フィンランドのVIATRONICS社が開発した、2次元画像を、宙に浮かんだ3次元映像として再構成する『Heliodisplay』や、ニューヨーク大学所属の科学者Jeff Han氏の開発した、赤外線レーザーを使って空中で粒子を「照らし出す」『Holodust』などがある。

しかし南カリフォルニア大学のプロジェクトは、これらの試みとは異なるアプローチを取っており、よりリアルだ。
高速回転する鏡に映像の各フレームを投影し、鏡の表面に毎秒5000個近い数の画像を映し出すことで、これらの画像が合わさり、実空間に3次元の物体を作り出しているのだ。

動画
http://www.youtube.com/watch?v=YKCUGQ-uo8c

鏡から映し出される画像は、「空間中の複数の視点に向けて」飛び出す。
南カリフォルニア大学の研究チームは、各画像をさまざまな高さで描画し、表示エリアに返ってくるすべての投影された光線を追跡する公式を編み出して、これを使って観察者が正しく立体映像を見られる位置を割り出している。
また、このシステムはリアルタイム(200 Hz)で映像を更新する。
そのため、観察者の視点の高さと距離に合わせてシステムが調整され、「宙に静止する」画像(あるいは、「投影された視点」を調整する画像)を作り出している。

このような方法を採用したことにより、同じ場所にいるすべての人が、適切な視点からホログラム映像を見られるようになる。
また、各要素に必要とされる正確な隠面処理や、適切なシェーディング処理も可能となる。
さらに重要なことは、同時に観賞が可能になることだ。
しかも、空中戦の立体映像を見るのに、間抜けで付け心地の悪い3D眼鏡を使う必要はない。

最終的に、立体ホログラフィーにおけるこの画期的進歩は、この技術にとって当然の結論へと向かう大きな鍵の1つとなるだろう。
[『スター・ウォーズ』の]レイア姫のホログラム映像ががわれわれのもとに現れ、「あなたたちが唯一の希望です」と語りかけてくるのも時間の問題だ。

関連記事
>>21 >>23 >>72
http://dso.2ch.net/test/read.cgi/yangon/1211803833/21
http://dso.2ch.net/test/read.cgi/yangon/1211803833/23
http://dso.2ch.net/test/read.cgi/yangon/1211803833/72

http://wiredvision.jp/news/200806/2008062723.html

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

"In humans, increased novelty-seeking may play a role in gambling and drug addiction, both of which are mediated by malfunctions in dopamine release."



udden urge to pursue Internet advertising.
These results seem to indicate that people are willing to apply some psychological concepts to corporations but that they are not willing to suppose that corporations might be capable of phenomenal consciousness. he reality of the loss more difficult.

とだ。

い。

@        l                                 l /   l

↑これの元ネタ教えてください。 /test/read.cgi/yangon/1211803833/">★スマホ版★
掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)